スバルインプレッサインマニ結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!スバルインプレッサ22Bのアルミ製インテークマニホールド、結晶塗装で本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

この系統のインマニはいつもこんな感じで塗装がベロベロに剥がれてしまっています。

 今回は一部に粉っぽい腐食が出ていた事と、今後も長く乗り続けられるとの事でサンドブラスト処理も行いました(任意で選べます)。

 また今回はサンドブラスト処理を行った為、ネジ穴の面にもプライマーを塗り、そこは結晶塗装では無く艶消しの黒で仕上げています。ガスケットが付く面は塗装していません。

 画像だと余り発色が無いように見えますが、実際にはもっと鮮やかな赤に見えます。先日お納めしたカローラフィールダーヘッドカバーのオーナー様からも、

「鮮やかな赤色、こちらの思っていた通りの色合いで安堵しました。画像では、やはり鮮やかさは伝わりにくいですね。ありがとうございます!」

とのお言葉を頂戴しました。わざわざ有難う御座いました!

 塗り方としては、プライマー時も本塗り時もこんな感じで裏返した状態で先に裏側を塗装してひっくり返して表側塗るような方法にしています。

   スプレーガンのパターンは狭くして(細くして)、突起した個所の側面など全方向から狙い打つように全体が均一な塗膜になるようにして塗っています。

 予想以上に疲れる作業で、もう少し歳を取ったら上手く出来ない気がするのでいずれ結晶塗装はお受付出来なくなるかも知れません(5~10年くらいは大丈夫だと思っていますが、その場合は何卒ご了承下さいませ)。

 インジェクション装着部には粉状の腐食が出ていたのでそこにもプライマー&黒を薄膜で塗装しています。

ガスケット装着面以外にはサンドブラスト&プライマーが塗ってありますので、今後同じように塗装がペリペリと剥がれたりはしないと思います。

今日はもう遅いので、明日電話にて完成のご連絡を差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

HONDA H22A Engine cover

 ホンダのH22Aエンジンヘッドカバーです。純正の新品状態で、黒の結晶塗装が施されています。

 ホンダ系エンジンヘッドカバーの結晶塗装は比較的剥がれ易く(逆にシルバーに塗られている物は剥がれ難いです)、廃シンナーを再利用して貯めた溶剤槽に浸けておくと上記のように綺麗に塗膜が剥がれてくれます。剥離剤やサンドブラストは必要ありません。

 ただしそのまま塗装すると新車時と同じように塗膜が密着しませんので、化成処理の方法としてリン酸を使って素地調整を行いました。全体的に黒くムラっぽいのはリン酸によって不導体被膜が形成され、この後に塗装するプライマーの密着性を高めます。

 全体にプライマーを塗り、

 結晶塗装の青を塗り、140℃程の熱を掛けると結晶目が現れます。

 塗り方が悪いと結晶目にムラが出来てしまう為、凸文字部分などは全方向からスプレーするような感じで塗っています。

 その後凸文字部分を研磨して光らせて完成となります。

 凸部を研磨した個所へのクリアー筆塗りはサービスで承っております。お気軽にご用命くださいませ。

 プラグホールやボルト固定部は、腐食が出ていたりサンドブラスト処理を行った場合にはプライマーの塗装と艶消しの黒を薄膜で塗るようにしていますが、新品で綺麗な状態の物は今回のようにアルミ素地を残すようにしています。

 結晶目を近くで見るとこのような模様になっています。

そう言えば装着される車両はてっきりアコードかと思っていたのですが、どうやらその後の情報で4型プレリュードに装着されているらしいです。

BMW M6 前後バンパースポイラー 発送準備

BMW M6バンパースカート 補修塗装

先日本塗りを終えていたBMW M6の前後バンパースカートです。その後熱を入れて磨き処理も行っておきました。

現在このサイズはお受付しておりませんので、これを梱包する術が無くて困っていたのですが、以前間借りをさせて頂いていた会社の方から丈夫な緩衝材(プチプチ)を大量に頂き、また巨大な段ボールもわざわざ先日持って来て頂いて何とか梱包作業を終えました。色々有難う御座いました!

ちなみにバンパーは重なって見えますがそれぞれは殆ど接触していません。今回の塗装は軟化剤をかなり入れているので、圧力が掛かると跡がついてしまうのでその点でも気を遣う必要がありました。ちなみに耐擦り傷の高いクリアー(クリスタルクリアーも)はそれ自体が元々柔軟性がある為、完全硬化後でも強い力が当たり続けるとその跡がついてしまうので梱包には気を遣います。

発送もいつものクロネコヤマトさんでは運べませんが、宛先は取り付けを行う工場に直送と言う事で西濃運輸さんが使えますから、来週早々手配をしたいと思います。

尚、こちらと一緒にご依頼頂いているサイドスカートも順次作業進行していますので、そちらも本塗りが終わり次第改めて紹介したいと思います(今回のバンパースカート以上に強烈でした・・・)。

シビックブレンボキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!シビック用ブレンボブレーキキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は赤色で、いつものようにクリアーだけが剥がれたような状態でした。ただ使用感的には程度は良い物に見受けられます。

 ベースカラーのシルバーはVW社のリフレックスシルバー(LA7W)で、

 ロゴの赤はフェラーリのロッソコルサを使用しています。塗料は普通の2液アクリルポリウレタン製、いつものSTANDOXです。

 サンドブラストはキャリパー全体に行っていて(ブレーキ屋さんに委託しています)、ただ車体との固定部を塗ってしまうと固着してしまうとの事なので(これもブレーキ屋さんからそう指摘されていました)今までそこは塗っていませんでしたが、サンドブラストを掛けた個所のアルミ素地が露出したままなのは余り気分が良く無いので、今はそこにもプライマーを塗装し、薄膜でベースコートの黒(これもSTANDOX)を塗るようにしています。前回ご依頼頂いた時にはしていなかった仕様ですね。

 自然光だとクリアーの艶が判り難いので室内でも撮影してみました。

 白とシルバーは光が反射し過ぎて質感を画像で表現するのが難しいです。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店を御利用頂き有難う御座いました!

スターバックスタンブラー塗装 完成

 大変お待たせしました!先日に引き続き、二本目のスターバックスのタンブラー(製品はサーモス社製)の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はステンレス素地にクリアー塗装を施し、正面にSTARBUCKSのロゴがプリントされていました。

 色はエルメスのショップを参考に、オレンジをベースにマルーン系エンジ色でロゴ&ネームを塗装で入れました。

 本来であれば底のシールは剥がしたい所ですが、近年のボトルは内部を真空にして断熱効果を上げている為、これを剥がすと穴が露出して断熱効果が低下してしまうので今回はマスキングで対応しています(新品のみの対応となります)。

以前施工した象印のステンレスボトルのように、既存の塗膜がボロボロになってしまっている場合は塗膜自体を剥がさないといけない為、このシールも剥がす必要があります。当店では再度真空には出来ませんのでご了承くださいませ。

画像は控えさせて頂いておりますが、ボトル正面にはスワロフスキーの取り付けも承っております。塗装屋が行うにはリスキーな作業なので通常はお受付しておりませんが(再塗装は出来ませんので失敗が許されません)、今回のような仕様であれば対応出来たりもします。

 一応自然光でも撮影をしてみました。

ぱっと見は茶色に見えますが、青味があって透明感のあるマルーン系の塗色となります(隠蔽性も高そうでとても低いです)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店を御利用頂き有難う御座いました!