ランエボⅩ樹脂製ヘッドカバー 本塗り

 先日サフェーサーを塗布しておいた三菱ランサーエボリューション10の樹脂製ヘッドカバーです。

その後60℃40分程の熱を掛けてサフェーサーを硬化させ、表面にはガイドコートとして黒のベースコートを軽く塗ってあります。

 まずは当て木と#320で空研ぎを行います。ラインが高い所は削れ、低い所はガイドコートが残り、ちょっとあり得ないくらい凸凹なのが判ると思います。

鏡みたいにフラットに仕上げようとすると下地が露出してしまうので、高い個所と低い部分とを自然に繋げるようなライン出しを行っています(なのて当て板が少し短めです)。

その後スポンジパッド(柔らかい当て板)と#400を使い、緩やかなラインに均します。

 続けて#600の水研ぎで細かいライン出しを行い、#800で目消しを行います。

この後再び全体を洗浄してよく乾かします(作業は数日に分けて行っています)。

 プラグホール周りのマスキングは、いつものようにフランジ状になった個所の「谷のライン」を境界線にしようかと思ったのですが、

 丁度レーザー加工機を使う機会があったので、一緒にマスキング用の型を作る事にしました。

 こんな感じで、塔のようになった部分より0.5ミリ程食み出るような感じにドーナッツ状の輪っかを嵌め込めるにします。

 その後よく脱脂清掃し、マスキング、さらに最終脱脂を行います。

 先程作ったマスク型はこんな感じで固定します。ほんの少しだけ食み出ているというのが肝で、ピッタリだとクリアーがくっ付いてしまいますし、出過ぎると邪魔になってその周りが綺麗に塗れません。

 被塗面の足付け処理は行っていますが、念の為足付けがし難かった個所に火炎処理を行っています。

ちなみにこの火炎処理ですが、非常に良い物なのですが余り塗装業界では普及はしていません。理由はやはり「火」を使う事で、実際マスキングテープ周りは燃えてしまいますから、危なくて車の塗装には使えないですよ。

 その後プラスチックプライマーを塗り、ベースコート、そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 色はダイハツの「ディープブルークリスタルマイカ」(カラーコード:B79)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

このブルーメタリックは非常に綺麗な色で、使われているパール顔料は勿論、青の原色も透明感の高いタイプの物が良い具合に組み合わされているようで、まるでキャンディーカラーのような風合いを感じられます。凄く良く考えて作られた色なのでは無いでしょうか。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

いすゞ117クーペ ヘッドカバー 凸部研磨

いすゞ117クーペ ヘッドカバー結晶塗装 本塗り

先日本塗りを終えていたいすゞ117クーペーのヘッドカバーです。140℃30分で二度焼き後、他に熱を入れる物があったのでそのまま60℃40分の熱も掛けておきました。

 凸部の周りをガムテープでマスキングし、

 #120→#180→#240→#320→#400と空研ぎし、さらに布製の研磨副資材(アシレックス)の#320相当→#800相当→#1300相当で艶を出していきます。水や皮脂や溶剤が着くと酸化被膜がムラになってその痕が残ってしまうので、表面はエアーブローのみ、また湿度の高い日は早めに処理するよう心掛けます(やはり痕が残り易いです)。

最後にクリアーを筆で塗り、再び60℃40分程の熱を掛け、さらに数日寝かしたら完成となります。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

日産S20ヘッドカバー塗装 完成

 大変お待たせしました!日産スカイラインGT-R(KPGC10)のS20ヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレーの半艶に再塗装されていた物を、

旧塗膜の剥離~サンドブラスト処理を行い、

「プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行って下地を平滑にし、

 艶々の仕上りにしました。

 色は色はスバルの「ダークグレー」(カラーコード:61K)でご指定頂き、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承りました。

 ヘッドカバーの向きを反対に変えました。

 こういった部品の場合は「当時と同じ様に」といったご要望が多い気がしますが、これらのヘッドカバーが着く車両(ハコスカ)はそういった事を既にやりきってしまわれたようで、今回のように「艶々に」といったご依頼は結構多いです(ただし費用も大きくなるのでご依頼に至るケースは稀です)。

 原色の中では一番粗いメタリック(MIX598)が使われている為、近くで見るとメタリックの荒々しさを感じられます。

 艶が出ると粗が余計に目立つので、鋳造製品をそのまま塗ってもこのようには仕上りません。特にこの型のヘッドカバーはプラグホールとプラグホールとの間に「凹み」があって、それがそのまま残ると格好悪いです。

現在同じように、ランエボ(マグネシウム製)のヘッドカバーと、ランエボⅩの樹脂製ヘッドカバーも「艶々」でご依頼を頂いておりまして、マグ製の方は初のキャンディーピンク塗装で、こちらも業者様からのご承諾を頂けましたので後日紹介したいと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

スバルサンバー ヘッドカバー結晶塗装承ってます

 先日到着しておりました、スバルサンバーのエンジンヘッドカバーです。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

ご依頼内容はこちらを日産「ナデシコピンクパールメタリック」(カラーコード:NAR」のような感じの結晶塗装で、また「SUBARU ☘CLOVER4」の文字周りの、一段高くなった長方形の部分を研磨して鏡面状に光らせ、最後にクリアーを筆で塗っておきます。

ちなみにこちらのオーナー様は以前同車のブレーキ周りの塗装をご依頼頂いた方で、今回と色は違うのですが、参考までにそちらの記事も紹介させて頂きますね。

SUBARU Brake Parts

この時の仕上りも非常に喜んで頂けたようで、今回はこれよりも少しピンクを濃くと言う事で違う色でご指定を頂きました。マーチとかノートに採用されたピンクのようですね。ただしあくまでも結晶塗装ですので「近似色」といった色となります。

ヘッドカバー裏を見るとオイルが固まったような汚れがありますが、アルカリ洗浄槽に浸け置きしてこちらも綺麗にしておきますのでご安心下さいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度もご贔屓頂き有難う御座います!

フェラーリ430リモコンキー 本塗り

 先日サフェーサーを塗っておいたフェラーリ430のリモコンキー本体とカバーです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、全体に黒をパラパラと塗ってガイドコートをしてあります。

 #600の耐水ペーパーと当て板を使ってラインを形成し、#800で均し、入り組んだ個所は布状の研磨副資材(アシレックスレモン)を使って足付け&目消しを行います。

 良く脱脂清掃し、台にセットします。

 ボタン部分は隙間が狭くなるとゴムカバーが嵌らなくなる恐れがあるので、中央部分は塗らないようにします。

 鍵本体には黒いラバー被膜がコーティングされていますが、劣化してボロボロだった為それらは剥がし、今回はカバーと同様艶々の赤に塗装するよう承っております。

 裏側も含め、一部プラスチック素地が見えている個所もあったので、最初にプラスチックプライマーを塗布し、続けてベースコートを塗ります。色はフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:300)です。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 鍵の本体側面は平らでは無く、逆アールのラインになっています。元々の艶消し黒だと目立ちませんでしたが、艶ありの塗装になるとこれが目立って格好良く見えるようになります。

裏からも塗って穴の内側までしっかり艶々に仕上げておきます。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、数日寝かした後に傷付き防止リングの取り付けを行います。

傷付き防止のリングについては以下のページで紹介しておりますので宜しければどうぞご参照下さいませ。

フェラーリリモコンキー ステンレスリング作成

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!