W211 E63ブレンボキャリパー 本塗り

 先日よりブレーキ屋さんに預けていたメルセデスベンツW211 E63 AMGのブレンボキャリパー一式です。サンドブラスト処理~洗浄~マスキングまでを行って頂きました。

 そのままでも塗れる状態ですが(ブレーキ屋さんから直でのご依頼の場合はそのまま塗ります)、仕上がった時に多少なりとも艶が出るよう表面をダブルアクションサンダー#120と#180手研ぎである程度研磨します。

 ブラケットの方は旧塗膜の剥離はせず、足付け処理のみ行います。スコッチとナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使い、泥汚れも一緒に落とします。

 脱脂清掃後、塗装ブースにセットします。

 今回はキャリパーとブラケットは共締めで車体に固定される為、ボルトは外した状態で塗装します。

 まずはプライマーを塗り、

 塗膜の厚みを着けたく無い個所に、ベースコートの黒を塗布します。

 黒が乾いたらそれらの個所をマスキングします。

 ブレーキパッドを固定するシャフトを通す穴はクリアランスがかなりしっかりしているので、そこを塗装してしまうとシャフトが入らなくなり、組み付ける方が困るそうです。なのでこちらもプライマーとベースコートの黒のみとしておきます。

ブラケットも全体にプライマーを塗り、先に裏側を塗っておきます。

 ブラケットは艶消しの黒で承っておりますので、ベースコートに直接硬化剤を20%程入れてクリアーは塗らない仕様とします(激安コース仕様)。こちらはこの時点でブースから出して恒温器に入れておき、後で一緒に熱を入れます。

 キャリパーの方はまずは下色にピンクを塗り、

 bremboレッドの近似色を塗装し、十分に乾燥させたらロゴを塗装します。

ロゴの作成については以下のページで紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

W211 E63ブレンボキャリパー ロゴデータ作成

 ここまででベースコートが完了です。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 吊るして塗るとどうしてもクリアーが垂れ易いので、最初の1コート目には乾燥硬化の早い硬化剤(具体的にはMS5-25)、2コート目のクリアーには肌(レベリング)が良くなるよう遅い硬化剤(MS15-30)といった使い分けをしています。

 ちなみにクリアーの乾燥硬化速度を変えるには硬化剤の他にシンナーを変える方法もありますが、クリアーの混合率が「主剤:硬化剤:シンナー」=「2:1:0.45)と言う事もあり、シンナーを変えるよりも硬化剤を変えた方が影響力は緩やかで塗り方もコントロールし易いと思います(勿論気温が上がればどちらも上げていいきますが、季節の変わり目で気温の変動が大きい今の時期はシンナーよりも硬化剤を変えた方が断然塗り易いです)。

当店の場合だとクリアー用の硬化剤は3種類、シンナーは3種類を使っています。一つのクリアーで9通りの仕様が選べるという感じですね(実際はそこまでいきなり気温が変わる訳では無いので、毎日の作業ではせいぜい2~3通りです)。

 車体を塗る場合は塗装面積が大きくなり、肌を繋げたり塗装ミストの馴染みを良くする必要がある為、さらに遅いタイプの硬化剤やシンナーが必要となります。

ボルトもプライマー塗装後、キャリパーと同色の赤に塗装しています。穴の中の側面は塗膜の厚みが付かないようクリアーを薄目にしておきました。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

Panasonicクロモリフレーム&フォーク サフェ研ぎ

 先日エポキシプライマーとサフェーサーを塗布しておいたPanasonicのクロモリフレームとフォークです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして全体に黒のベースコートをパラパラとドライコートで塗っています。

 最初は粗研ぎで#320~#400のペーパーを使って空研ぎをします。微妙なラインは手で触って確認しますが、ガイドコートがしてあればちょっとした凹みや傷などを視覚的に簡単に見つける事が出来ます。

 細かい個所はヘラやペーパーのコシなど使って研ぎ、最後は布状の研磨副資材(アシレックススカイ→レモン)でペーパーの目消しを行います。水は使いません。

 こちらはフレームの方です。こちらも全体にガイドコートがしてあります。

 塗装(と下地処理)の費用は作業時間で変わる為、今回のようにラグがある場合はその分研ぎ難く時間も掛かりますので費用も上がります。

これはどの作業でも同じ事で、例えば自動車の内装パーツなどで、梨地のザラザラを平滑にしてピアノのような艶々の黒に仕上げる場合、平面的な物であればダブルアクションサンダーなどのエアーツールが使えますが、パワーウィンドウスイッチのように突起があったり窪みがあったりと、形が複雑な物は全て手作業で行わなければならない為に時間が掛かり、その分費用が高くなります。特に運転席側のウィンドウスイッチパネルには大抵全席分のスイッチ(4個)がありますから大変です(よく指が攣ります)。

 ガイドコートは最初だけでは無く、研いでいる途中にも行います。

 最初に使った空研ぎ#320のペーパー目は最終#800(アシレックスレモン)では取れないので、途中の研ぎ作業での傷残し防止にもガイドコートは役立ちます。

 指だけで研ごうとするとどうしてもそこだけ彫ってしまうので、研ぎ難い場所こそ当て板(こういった場合はアクリル板の破片やジラコヘラの白)を使って平らに研ぐようにします。

ちなみに当初はPanasonicのロゴを入れる予定でしたが、そちらは違うロゴに変更となりまして、それに関してはこちらでは内容を伏せさせて頂きますので今後の紹介は多少なりとも内容が限られてしまうかも知れません。何卒ご容赦くださいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

カーボンミラーカバー 本塗り

 先日下塗りのクリアー塗装を行っていたカーボンドアミラーカバーです。その後二度焼き(60℃40分強制乾燥×2)を行っておきました。

再び表面を#800で研磨して肌を均し、ペーパー目が深く入らない布状の研磨副資材(アシレックスレモン)を使って全体を足付け処理します。フチから裏までしっかりと、ですね。

 下準備まで終わらせた状態でホコリの付かない場所に保管し、先程紹介したルーフアンテナのベースコート(色)の塗装が終わったら合流します。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 下地を研ぎ均したお陰で最初にあった凸凹した肌も払拭出来ていると思います。

この後一晩自然乾燥で寝かし、後日60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させます。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ルーフアンテナ(TOYOTA 4T7) 本塗り

 先日お預りしておりましたビートソニック社のドルフィンアンテナTYPE9です。

表面を#800相当の布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理し、脱脂処理後、プラスチックプライマーを塗って本塗り開始です。

 色はトヨタ純正色の「ディープゴールドパールクリスタルシャイン」(カラーコード:4T7)で、こちらの塗色は3コート塗装となります。

上の画像は下色となるソリッドカラ―の茶色で、この上に干渉イエローパールやバイオレットパールなどが含まれたベースカラーが重ねられます。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

パッと見は濁った茶色に見えますが、光に当たるとパールが光って上品な色合いになります。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フォレスターステアリングスイッチ ハザードマーク抜き

フォレスターステアリングスイッチ 分解

先日ボタンカバーを取り外しておいたフォレスターのステアリングスイッチです。

 ハザードのロゴは予めデータを作製しておいたので、それをプリントアウトし丁度良いサイズに合わせます(画像は印刷した紙をハサミで切ってボタンに乗せただけの状態です)。

 サイズが決まったのでカッティングプロッターでマスキングシートをカットします。

ただやはりと言うかかなりサイズ小さいので、角の切り込みを貫通させるなど色々工夫をして20個くらいカットし、一番良いのを選びました。

 順番が逆ですが、スイッチカバーの上面を#800で研磨して黒の塗装を除去しています。

 裏から光を当ててみると、ムラも無く良い具合なのが確認出来ます。私的な見解としてはかなり奇跡的です(普通は駄目なパターンが多いのですが・・・)。

 形が細かいのでペーパーでは無くナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って周りを足付け処理します。油も綺麗に除去しておきます。

 台にセットし、プラスチックプライマー→ベースクリアーを塗布します。

 曲がらないようガイド役の枠も一緒にカットしておきました。

 所定の位置に貼付けます。ちなみにデータ上で中心に配すると見た目ではマークが下寄りになってしまうので、中心よりも0.5ミリくらい上に配置しています。この辺の目の錯覚的な事はデザイナーさんなら良く判りますよね。

 ベースコートの黒を塗り、

 マスキングシートを剥がします。

が、やはりと言うかどうにも形状に歪んだ感が・・・。

ちなみにハザード―マークは高さが約6・5ミリで、中心の▲は多分1ミリほど、これをカッティングプロッターで正三角形にカットするのはやはり難しかったようです。

全体で見れば気にならない程ですが、「これだけ塗りました」となるとどうしても細かい所が目立ってしまうんですよね。

 と言う訳で改めてレーザーでカットしようとも考えたのですが、そう言えば今回は色が黒なのでデカールが使える事に気が付きました。「抜き」と言う事ですっかり塗装でなくてはと思い込んでしまいましたが、以前施工したBMWパニアケースに取り付けたPRO_Fitロゴ入りカーボンエンブレムの時と同じような感じで併用すれば良かったんですね。

 と言う訳で外枠だけを黒の塗装で仕上げ、

 ハザードマークの内側は、いつものドライプリンターを使ってデカールを使う事にしました。

デカールの作成については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

単に小さなデカールを一枚貼るだけなのですが、結構大掛かりな作業になっていたりします。

 と言う訳で無事にハザードマークの「抜き」が完了しました。

尚、周りの黒く塗った所がムラっぽくなっていますが、これはデカール用の接着剤や木工用ボンドとかの膜ですので気のされなくて大丈夫です。クリアーを塗れば見えなくなりますし、むしろしっかり塗っておかないとクリアーを塗った時に剥がれてしまいますので(フチのチヂレですね)。

途中でも何度かチェックをしていますが、下から光を当てても黒は透けないように出来ています。

ただ今回デカールを使った事で「段差」が出来てしまっていますから、このまま艶消しクリアーを塗ったらそれが残ってしまう為(艶消し仕上げは磨けないので)、一旦普通の艶ありクリアーを塗って完全硬化させ、それを研いである程度平滑にしてから艶消しクリアーを塗る事にします。

クリアーは後日他の物を本塗りする時に一緒に塗らせて頂く事にします。どうぞもう少々お待ちくださいませ!