180SXテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!日産180SX用の社外品テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

内部反射板の造りなどが少々安っぽい感じだったのですが、

 全体を透過性の赤に塗装し、さらにその上にスモークを塗り重ねる事で黒味のあるレッドテールに仕上げています。

 尚中央のウィンカー部分はレッドキャンディーの塗装を薄くする事で、アンバー色の灯火を極力妨げないようにしています(保証する事ではありません)。

 具体的には、レッドキャンディーは通常5~6コートに塗り重ねるところを、今回のような場合ではウィンカー部分を2~3コートにします。

ちなみに仕上がった時の見た目としては、その部分の赤が薄いと感じる事はありません。内部の反射板に「壁」が無い為、周りから入り込んだ光は中で全て赤くなっているので、部分的に赤が薄くても周りと同じように見えるのです。

ただそれでもオレンジ色に光らない!と言う場合は、通常の赤いレンズでもアンバーに光らせてしまうという高輝度タイプのアンバー電球が売っていますので、そういった物を御利用されると宜しいかと存じます(ただしそういった電球は結構高く、出来れば純正の電球でもオレンジに光らせたいという事でこういった仕様にしています)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

Nワゴンテールランプ レッド&オレンジ&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!ホンダNワゴンの純正テールランプ、レッド&オレンジ&おまけスモーク塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々クリアーレンズだった純正テールランプを、下部をレッド&クリアー抜き、上部をオレンジ、最後に全体に薄くスモークを塗りました。

 黒いプラスチック製のカバーは劣化して表面が白っぽくなっていた為、軽く磨いておきました。

 ちょっとサイズ的に縦長なのでこの場所では狭く、改めて室内でも撮影し直しました。

 純正品の良い点としては、水漏れがしない、LED球が切れない(切れるような事があると直ぐに対策品に移行します)、機能的・デザイン的に失敗が無いという処でしょうか。

既存の電球タイプなら球が切れても交換できるのですが、内臓式LEDの場合は球が切れると部品自体を交換と言う事になるのでどうしてもリスクが避けられません。時々レンズと土台を切り離す「殻割り」と言う物を見かけますが、あれはかなり特殊な事例ですので…(ヘッドライトを分解するのとはまるで別の次元で、外すというよりかは切って繋げるといった作業です)。

尚こちらのオーナー様からはさらに追加でアウターハンドルとリヤガーニッシュのボディ同色塗装もご依頼頂いておりますので、引き続きそちらも作業進行次第また紹介させて頂きます。

まずはこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ZX-14Rレンズ類塗装 完成

 こちらもお待たせしました!Kawasaki NINJA ZX-14Rの純正テールランプ&ウィンカーレンズ一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。元々はどれもクリアーレンズタイプの物で、

 テールランプは透過性の赤=レッドキャンディー塗装をベースに、

 最後に薄くスモーク(おまけスモーク)を塗っています。

ちなみにテールランプ下部についていたスポンジモールは塗装前に剥がし、新たにちゃんとした物で作り直しておきました。

 ウィンカーレンズも元々クリアーだった物を透過性のオレンジに塗装し、

 その上に薄くスモークを塗っています。

 「おまけスモーク」はレッドキャンディー塗装やオレンジキャンディー塗装の上に「ついでに塗る」仕様で、それぞれの塗装費の合計に¥8,000の追加費用にて施工可能です。今回は部品点数5個ですが、¥8,000の追加費用のみで全てに対応出来ます。

スモーク濃度の指定は出来ませんが、「標準コース」以上であれば「極薄め~薄目」の間で調整が可能です。

 リヤのウィンカーはレンズ単体で反射板が無い為、そのまま置くと色味が判らないので下に白い紙を敷いて撮影しています。

 実際に車体(土台)に装着されればフロントウィンカーと同様に輝いて見えますのでご安心下さいませ。

ちょっと判り難いのですが、下に光が反射する物を置くと透過性の塗装(キャンディー塗装)は色味が判るようになります。逆を言えば黒の上にキャンディー塗装を塗ってもほぼ意味がありません。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホンダNワゴンテールランプ 本塗り

 こちらもお待たせしました!ホンダNボックスの純正テールランプも無事本塗り完了しております。

こちらは部品が到着してから本塗りまでかなり早くなっておりますが、一歩遅ければ一ヶ月程後になっていた事もありまして、この辺は当方の都合と言うよりかは他のご依頼者様によってタイミングが決まりますので、納期にバラつきがある事はどうかご理解下さいませ。

 まずは上段部分をマスキングした状態でプラスチックプライマーを塗布し、続けてレッドキャンディー塗装を完了させます。

その後上段のマスキングを剥がし、今度は下段(赤)部分をマスキングして再びプラスチックプライマーを塗布し、オレンジキャンディーを塗装します。

 今度はクリアー抜き部分のマスキングを剥がし、再びプラスチックプライマーを塗布します。やはりと言うか結構手間と時間が掛かっています。

最後に全体に薄くスモークを塗り、そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

途中の括れた部分には黒いプラスチックパーツが着くのでそこは色が塗っていなくでも大丈夫ですのでご安心下さいませ。

パッと見は純正テールランプなので普通の方は気づかないかも知れませんが、同車オーナーが見たらまさかこれが純正テールランプだとは判らないと思うのでビックリするかも知れません。

それではこちらも完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ZX14Rテールランプ&ウィンカーレンズ 本塗り

 こちらもお待たせしました!Kawasaki ZX-14Rのテールランプとウィンカーレンズ×4も無事本塗り完了しております。ご安心下さいませ。

 ウィンカーレンズは「オレンジキャンディー+おまけスモーク」で、

 テールランプは「レッドキャンディー+おまけスモーク」で承っています。

 オレンジキャンディーについては以前GRBインプレッサのテールランプ&ミラーウィンカーレンズをご依頼頂いた時に調整した「オレンジ:イエロー=1:1」の仕様で行います。

 画像では2コートした状態で、ここからさらに塗り重ねていくと、

 こんな感じに純正ウィンカーのような色味になります。

 4コート程塗り重ねてここまでの色味にしました。

 こちらのテールランプはレッドキャンディー塗装で、やはりこちらもこの後スモークを塗っていきます。

 先ほどのレッドの上にスモーク2コートを塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。断然渋みが出たのが判ると思います。

 ウィンカーのオレンジもスモークで黒味を増しました。

先ほどのフロントウィンカーに比べるとこちらの方が黒味が少なく見えますが、塗り方自体は同じなので、恐らく内側に貼った反射フィルムがレンズにくっ付いているからだと思われます。どうぞご安心下さいませ。

それではこちらも完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!