チェイサーコーナーレンズ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!チェイサーのコーナーレンズの塗装も本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はかなり派手な反射板のクリアーレンズタイプでしたが、

キャンディーオレンジ の塗装により、純正のようなアンバー色のレンズに仕上がりました。

 また高品位なアクリルポリウレタンクリアーの質感により、プラスチックと言うよりかはガラスに近い質感に仕上がっていると思います。

透過性の塗装は下から反射する光が強ければ強い程綺麗に見えるので、今回レンズは透明感のある綺麗なキャンディーカラーに仕上がっていると思います。

おなじような事で、メッキの上にキャンディーカラーを塗ると非常に美しい色の表現が出来るのですが、金属の上に直接トップコート(色やクリアー)を塗っても塗装は十分に密着しない為、注意が必要です(当店ではお受付しておりません)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMWサイドマーカー塗装 完成

 こちらもお待たせしました!BMW純正サイドマーカーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々クリアーレンズだった物に透過性の塗装=キャンディーカラーのオレンジを塗る事でアンバー色のウィンカーレンズにしています。

またBMWのサイドマーカーはボディと接する面に明るいグレー色のゴムが溶着されていますので、そこはマスキングで残すようにしています。

 フチに貼ったブツ切りのマスキングはクリアー塗装後にすぐに剥がし、激しいバリなどが出来ないようにしています。

それではこちらも後程完成メールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

レンズ系透過性塗装 磨き作業

先日本塗りを終えていたテールランプ等のレンズ類です。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ゴミが付いた個所は#1500→#2000→#3000でペーパー掛けをし、その後3種類のコンパウンド&3種類のバフを使って磨き処理を行います。

近日中には完成の紹介も出来る予定ですのでどうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMWサイドマーカー 本塗り

 こちらもお待たせしました!BMWの純正サイドマーカーも無事本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

このサイドマーカーはフチに1ミリくらいの幅で白いゴムが溶着されていますので、そこはマスキングをして対応します。

 プラスチックプライマー塗布後、先程紹介したチェイサーのコーナーレンズと同様に、最初はイエロー寄りのオレンジキャンディーから塗り始めます。

 その後丁度良いオレンジの色味になったら、最後にクリアーを塗ってフチに貼ったマスキングテープを剥がします。貼ったそのままにしてクリアーが固まってしまうと、マスキングの際の仕上りがガタガタになったり、テープが上手く剥がせなくカッターの刃を入れないといけなくなったりと、無用なリスクが増えてしまいます。

私が塗装を始めた当時は、今よりも業界全体が仕上りに対して緩い感じで、テールランプなども着けたまま塗装するなんて事をディーラーの内製工場で普通にやっていました(通常テールランプを着けたまま塗るなんて事はあり得ません)。

ガラスなどはさらに脱着が面倒なので着けたまま塗るケースが多く、ウェザーストリップ(フチのゴム)はブツ切りのマスキングで、塗った後もそのまま強制乾燥→クリアーが固まって見切りがガタガタになる!なんて事が日常茶飯事でした。マスキングテープが綺麗に剥がれない場合はカッターを入れるなんて事も普通で、私的にどうなのかと思っていましたが、その後登場したアメリカ人の上司が非常に細かい方で、「塗装部位に着いている物は全て外してから塗れ!」と言う事で色々改善されました。

当時の現場は大混乱になりましたが(塗装屋としては有難かったのですが、部品の脱着をする板金屋さんは非常に怒っていました)、その時のお陰で今の基礎が出来たのだと感謝しております。

それではこちらも完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

日産サイドマーカー 本塗り

 こちらもお待たせしました!日産純正のサイドマーカーも無事本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

シリコンオフを使って十分に脱脂した後、プラスチックプライマーを塗って本塗り開始です。

 先程紹介したチェイサーコーナーレンズと同様、最初は赤味の少ないオレンジキャンディーから始めます。画像だとイエローにしか見えませんが、赤味は少なくても強く影響される為、この状態で塗り重ねていっても一応はオレンジ色になります。

 先程の状態で3コート程塗り重ね、足りない赤味をその後調整して2コートを塗り重ね、塗膜構成は「ベースコート5回(オレンジ)+クリアー2回」の合計7コートとなっています。

実はトップコートのクリアーに直接オレンジを入れればたった2コートの塗装で終了するのですが、それだとフチなど表面張力でクリアーの厚みが付く箇所の色が濃くなったり、微妙な調整が出来ないので思ったような仕上がりにならなかったりします。

【お任せコース】の場合は色味の調整は行わないのでここまで気を遣う必要は無いのですが(その部費用を下げています)、今回は一部で色味の調整を行う【標準コース】でのご指定があったので他も同様に行っているという訳です。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どれも完成は来週半ば辺りを予定しております。どうぞもう少々お待ちくださいませ!