Mercedes Benz Engine Air Cleaner Box

benz369 以前ご依頼頂いたメルセデスベンツW124のエンジンエアークリーナーボックスです。本体を3コートキャンディーブルー、AMGプレートは黒ベースにSTANDOX MIX818のシルバー、スリーポインテッドスターもMIX818のシルバーに塗装しました。

benz30元は未塗装の梨地で、これにこのまま色を塗っても艶々にはなりませんので、まずは平滑な下地にする所からの作業となります。

スリーポインテッドスターは単なる嵌め込みでしたが中々抜け難く、傷付けないよう取り外すのが少々難儀でした。

benz291 まずは表面のザラザラとした梨地を#120~#240で研磨します。平らな所はダブルアクションサンダーを使い、その他は手研ぎで行います。細かい個所はさらにヘラを使って行い、とにかくこの後の下塗り塗料がよく食いつくよう表面に傷を付けておきます。

benz293 その後スコッチとウォッシュコンパウンドを使ってさらに細かい箇所の足付け処理をしつつ、脱脂洗浄も行います。シリコンオフで油分は取れますが、泥汚れなどは水溶性の洗浄が有効です。

benz298必要な個所をマスキングし、まずは全体に満遍なくプラスチックプライマーを塗布します。

benz301 続けて2液ウレタンサフェーサーを、十分に乾燥時間を置きながら5~6コート程塗り重ねます。

benz302 今回はエアークリーナーボックス以外の部品も大量にご依頼頂きました。

benz303 スリーポインテッドスターもザラザラな梨地なので表面を研磨し、「プラスチックプライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」の工程で平滑に仕上げます。

benz305 その後熱を入れてサフェーサーが硬化したら全体を研ぎ着けます。

benz307 最初から手研ぎでは時間が掛かり過ぎるので、平面はダブルアクションサンダー#320~#400を使って粗研ぎします。

benz308 さらにその後#600~#800の水研ぎで細部まで研ぎ出し、全体のペーパー目を均します。

benz326 ただしエアークリーナーボックスは思った以上に成型時の出来が悪く(しかしこれが梨地樹脂製品の一般的な仕上がりです)、そのままでは歪が目立ってしまうのでさらに修正する事にしました。

benz328軟化性のあるポリエステルパテを塗って平滑に研磨し、再度サフェーサーを塗って下地を作ります。

benz319 今回はキャンディーカラーのブルーをご指定頂きまして、塗料はハウスオブカラーの塗料を使いました(STANDOXの塗料に混ぜて使います)。

benz338 カラーベース(下色)にはシルバーでは無く、日産の純正色でもあるモンテレーブルー(カラーコード:B17)のブルーメタリックを使いました。画面下の青がそうです。

benz337また仕上がった時の色合いを確認する為、透明なアクリル板にキャンディーブルーのみを単色で塗りました。これを3種類作製しています。

benz391 カラーベース(下色)であるブルーメタリックのに、この透明な青=キャンディーブルーを重ねる事によって仕上がりの色味を確認します。

benz339実際に透明な色板をブルーメタリックの上に重ねてみました。

既存の色の上に透明な色を重ねる事によって通常の2コート塗装では表現出来ない鮮やかで深い青味を表現できます。

benz347 色が出来上がったらいよいよ本塗り開始です。隅々までよく脱脂をし、サフェーサーを塗っていない箇所には再びプラスチックプライマーを塗布します。

benz348 車体に装着されれば表側しか見えませんが、気分的に気持ちが悪いので裏側も一緒に塗っておきます。

benz352 まずはベースカラーとなるブルーメタリックを塗布します。これが日産純正色のモンテレーブルー(カラーコード:B17)のベースカラーです。

benz365 先ほどの塗膜の上に透明な青い塗装=キャンディーブルーの塗膜を重ね、さらにクリアーを塗って本塗り完了です。

カラーベースで3コート、キャンディーコートで4コート程、クリアーで2コートといった塗膜構成となっています。

benz285 AMGのプレートは別工程で作業しています。

benz345 こちらも一度では綺麗に仕上がりませんので、何回かの塗装工程を経て艶々に仕上げています。

benz368 付属品を組み付け、完成となります。画像の加工などは一切せず撮影してサイズを縮小しただけですが、普通のブルーメタリック(パール)とは色味が違うのが判ると思います。

benz370 パテ処理とサフェーサーの二度打ちのお陰で美しいラインに仕上がりました。

benz371 カーボン製の社外品などもあるかも知れませんが、純正品に拘る方は多いと思いますので、そういった点では塗装はお役に立てるかも知れません。

benz372尚、キャンディーカラーは通常の塗装に比べて褪色し易いので、クリアーには耐UV性の高いクリアー(クリスタルクリアー)を使用しています。

benz376その他の部品は同じくキャンデイーブルーとキャンディーオレンジに仕上げています。

benz378キャンディーカラーでは通常の2コートメタリック・パールでは出せない鮮やかな色味や深みを表現する事が出来ます。勿論手間も増えますので通常よりも費用は高く、また長い年月で見ると色褪せるというデメリットもあります。

benz377それぞれの塗色(塗装)については色見本も作成していて、現在紫外線に当てた暴露テストも行っていますが結果は良好です。そもそも紫外線に当たらないエンジンルームの中なので心配はしていませんが、念の為と言う事ですね。

ER34 RB25エンジンパーツ 本塗り

rb2532 先日下塗りを終えていたスカイラインER34のタペットカバーです。塗膜が完全硬化したのでまずはホースパイプ部分を黒く塗っておきます。

rb2533 と言うか特段ここを黒に塗る必要は無く本体部分と一緒に同色に塗ってしまっても構わないのですが(機能的には全く問題ありません)、全部が同色になると何かやっちゃった感があって余り好きでは無いんですよね。

rb2534 と言う訳で各部をマスキングしていよいよ本塗り開始です。

rb2536 途中からオイルキャップも合流しまして、ただあちらは表面にシボ模様~オイルマークが入っているのでそれはそのまま残すという事で足付け処理のみの下地処理となっています。ハジキシラズ(ウォッシュコンパウンド)でしっかり処理しておきました。

rb2537 そしてまずは最初のベースコート塗布です。今回は日産純正色の「ベイサイドブルー」(カラーコード:TV2)で、これは3コートキャンディー塗装となりますから最初にこのベースカラーを塗布します。スバルのWRブルーに似た感じでしょうか。

rb2538 そしてその上に塗るクリアーブルーです。3コートホワイトパールの時と同様、ベースクリアーに数パーセントのブルーを添加した、所謂「透明な青」です。

ちなみに今回はこれの上にさらにウレタンクリアーを塗る3コート仕様ですが、データによってはウレタンクリアーに直接青を入れる2コートキャンディーも出来ます(昔はその仕様で何度か塗りました)。

rb2539 そしてクリアーブルーの塗布が完了です。先ほどのベースカラーだけに比べると断然色に深みが出たのが判ると思います。表面が明るくて透かしが黒くなる(深みが出る)のがキャンディーカラーの特徴で、金属がこれに似た見え方をするので着色アルマイトっぽく見せる場合にはこのようなキャンディーカラーが有効です。

rb2540 その他のパーツも同様に塗ります。ちなみにプラグカバーはホワイトパールなのでそちらは別にして塗りますが、あちらはさらに赤いラインを入れる作業があるので改めて紹介したいと思います。

rb2541 そしてクリアーを塗布して本塗り完了です。さすがキャンディーカラーと言うか、アピール感はかなりあると思います。

rb2542 キャンディーカラーの場合は以前R129ベンツの時に紹介したようにハウスオブカラーなどを使ったりもしますが、青系に関しては純正の塗料(当店の場合はSTANDOX)でも透明度があるのでキャンディー塗装は比較的綺麗に仕上げられます。今回は日産純正色なのでそのデータに沿った色を使っています(オールSTANDOXと言う事です)。

rb2543タイミングベルトカバーなどについては成型自体が酷い凄いので仕上がった感じもデロデロとしてしまっていますが、実際にエンジンルームに装着されれば他の補機類と組み合わさって(主に黒色系パーツ)良い感じに纏まると思います。

これらのパーツは完全硬化すれば完成となりますが、プラグカバーの方はこれからがメイン(!)の作業となりますので、完成まではもう少し掛かるかと思います。

どうぞもう少々お待ち下さいませ!

W124エンジンルーム内パーツ 組み付け

benz393 先日本塗りを終えていたメルセデスベンツW124のエンジンルーム内のパーツです。クリアーが完全硬化したので磨き処理を行い、外してあった部品を取り付けます。

benz367ちなみにエアークリーナーボックス中央に着くスリーポインテッドスターですが、若干ペーパー目が残っていた箇所があったので塗り直しました。使用した塗料が高輝度っぽいシルバーのMIX818だったので、やはりと言うか普通よりもペーパー傷を拾い易いみたいですね。

足付け処理をし、再度MIX818のシルバーで塗り直しました。

benz394 とりあえず小物の付属品取り付けは完了していて、後はエアークリーナーボックスに先ほどのスターと、後はどうしても反りが戻ってしまうAMGのプレートの貼り付けですね。

それにしても凄い色味をしていますが、これはキャンディーカラー特有ですので

どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ベンツW124 パープル色 下準備

benz316メルセデスベンツW124のエンジンルーム内のパーツの色については、先日のオレンジ色に引き続き、今度は紫色の色を検証しています。

上の画像はそれぞれ「細かいシルバー」と「粗いシルバー」の上に同じ紫系のキャンディーカラーを塗った状態で、ただどうもパッとしませんよね。これくらいならわざわざキャンディー塗装にはせずとも普通の2コートパールでも出せそうな色なのです。

ちなみにもっと紫を塗り込んで濃くすると確かにキャンディーっぽい深みが見られるのですが、そこまでいくともう真っ黒で、自動車の外板(ボディ)であればそれでも良いのかも知れませんが、これが暗いエンジンルームの中となると全くキャンディー塗装の良さが感じられないのでは・・・と思ったのです。だったら普通の2コートメタリックパールで良いんでは無いかと・・・。

benz318 と言う事で、今回新たに導入したのがこちらのハウスオブカラーのコバルトブルーです。カスタム塗装では定番の塗料ですね。ちなみにいつもは贔屓の塗料屋さんにお願いしているのですが、今回はどうしても急いで欲しかったのでアマゾンプライム会員の超お急ぎ便(いや、超は無いですが)で購入しました。

benz319 特性としては見ての通りの発色性で、今回余りパッとしない紫を、少し青味寄りにして何とか明るい色味を醸し出そう!と言う作戦です。

ただ懸念されるのは褪色で、青は特に色褪せ易い色ですから私的にはこれまでも極力使いたくは無かったのです。一応今回は紫外線の当たらないエンジンルームの中の部品と言うことなので、多少それを考慮して検討してみる事にしました。ただ熱ではどうなんですかね(と言うのも未知数です)。

benz320それにしてもさすが王道!と言うか、見ての通りブルーは如何にもキャンディーカラー!と言うような綺麗な発色をしてくれます。しかも実物は画像の3倍くらい綺麗なんですよ。

benz317ただ先ほど紹介したような懸念事項からブルー単体では使いたくは無いので、ムラサキ単色の状態からブルーのキャンディーを混ぜて色を作ってみました(これが大変で・・・)。

benz321 その中でも良い感じと思ったのはこちらの「紫2:青1」の割合で、これなら多少濃い目で塗り込んでも色味(色相)は確認出来ますから、何とか暗いエンジンルームの中でも映えてくれるのでは?と思う次第です。むしろ余り派手なのは・・・と言うことであれば丁度良いかも知れません。

benz322 先ほどの「紫2:青1」を透明な樹脂で作った物に塗ってみました。透明感を残したかったので色は薄めですが、やはり普通のキャンディーカラーに比べて発色が良く無いのが判りますよね。

benz323 対してこちらのコバルトブルーはとても綺麗です。ただしその分色褪せも強い筈なので、これ単体での使用はお勧め出来ない、と言う事ですかね。

benz324 ちなみにこちらは先日先に検証しておいたキャンディーオレンジのカラーで、真ん中が粗目のメタリック、右が細かいメタリックのシルバーを下に塗ってあります。ギラツキ感が違うのが判ると思います。

benz325メタリック粒子が細かい方(上)も上品で綺麗ではあるのですが、今回はエンジンルームの中なので派手な方の粗いメタリック(下)を採用しようと思います。

それではご意見・御希望御座いましたらその旨ご連絡頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願い致します!

NDロードスター サイドマーカー一式塗装承ってます

road229 少し前に到着しておりましたマツダの新型NDロードスターのウィンカーとリフレクターレンズ(反射板)一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ただし今回の反射板はオーナー様自ら光るように改造された「サイドマーカー」の仕様で、またウィンカーのレンズも透明なタイプに変更されています。

road230 今回のご依頼はこれらのレンズをボディカラーと似たような「青」への塗装で、一応色味の確認としてタッチペンもご用意頂くという周到ぶりです。

road237ウィンカーは元々中が見えないレンズだったらしいのですが、わざわざ社外品からレンズを取り外して(と言うよりは剥ぎ取って)接着加工されています。凄いですね・・・。

road231 ただこのレンズをブルーに塗ってしまうと多分発光色は「グリーン」になってしまうと思うので、今回はそこまでならないオレンジに光るギリギリまでのブルーに留めておきます。なのでかなり薄くはなりますかね。ちなみに経年で褪色が懸念されますがそれも御了承済みです。

road232 そしてこちらが元リフレクターレンズで、今は灯火するようになったサイドマーカーです。統一する為に以後こちらは「サイドマーカー」と呼ばせて頂きますね。

ただこちらのサイドマーカーはレンズの構造上、赤のLEDを灯火してもかなり暗くて、とてもじゃないですがこれにブルーを塗ったら紫にしかならないのでは・・・。と言う現状でした。

road233 が、その後オーナー様が強力なタイプのLED球を手配して頂きまして(手前の如何にもと言うのがそうです。笑)、お陰で最初よりは断然光量を確保する事が出来ました。

road234 ちょっと判り難いのですが、手前の方が強力なLED球です。肉眼で見ると全然違いますのでご安心下さい。

road235 そしてこちらはオレンジ色の方(フロント?)です。これはLEDの光量がよく判りますよね。手前が強力なタイプです。

road236 照明を落として撮影してみるとその光量の差は明確です。いやー、安心しました。

ただ実際に塗ってみてどう光るのかと言うのは非常に微妙で、正直それは無理でしょう・・・と言うことだったのですが、オーナー様的に費用はある程度掛かってでも・・・!と言う事で(何だか最近そういう方ばかりなのです)、今回は特別に「通電しながら本塗り」と言う方法で試してみたいと思います。いやはや、一体どうなる事やら・・・(と言いつつ結構楽しみでもあるのですが)。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!