ハイマウントストップランプ塗装承ってます

先日到着しておりました社外品のテールランプです。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

ご依頼内容はこちらのレンズ部分を透過性の赤=レッドキャンディー塗装で、クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様で承っております。

以前ご依頼頂いた案件も紹介させて頂きますね。

前回はこちらのPTクルーザー用テールランプのウィンカー部分を、クリアーレンズからオレンジキャンディーへの塗装でご依頼頂きました。丁度6年前の事です。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度もご贔屓頂き有難う御座います!

BMW E46 テールランプ レッド&スモーク塗装承ってます

先日到着しておりましたBMW E46 Touring用社外品LEDテールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は少々変則的なので、イメージイラストを作製しました。

こちらの大きいテールランプは上側のウィンカーレンズ部分を「オレンジが透過・認識できる薄目の赤」で、

 こちらの小さい方のテールランプは、

バックランプ部をクリアー抜きにし、周りは下側の赤と同程度の濃さにします。さらにテールランプ全体に薄いスモーク塗装も承っております。オーナー様からは「BMW M4(F82)のテールランプ」「ウインカー部が薄めのレッド(濃い目のピンク)で、全体的にダークな色目」と言った内容でも承っております。大きい方のテールランプは赤を薄くしてその上にスモークを塗れば良い具合になるのでは、と考えております。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BRZテールランプ&バックランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!スバルBRZのテールランプ(86メイクアップレンズ)とバックランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介させて頂きますね。

こちらのテールランプは3年前にレッドキャンディー仕様(スモーク無し)でご依頼頂いたのですが、テールランプ丈夫の色味が褪色されたとの事で、今回新たにレッド&スモーク塗装でご依頼を頂きました。

 また今回はさらに耐候性の高いレッドキャンディーの塗料を導入し、事前に使用テストも行った上で採用をしています。

スモークの濃さは「極薄目」で、純正の風合いを残した仕上りに出来ていると思います。

元々のバックランプは中の一部が赤くなっていて、外側はクリアーレンズカバータイプだった物を、

内部反射板のラインに合わせて透過性の赤=レッドキャンディーを塗布し、さらに全体に薄くスモーク&クリアーでコートしています。

 スモークも「黒さ」と言うよりは深みが増す程度なので純正風に拘る方でも嫌な感じはしないと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂き有難う御座いました!

BRZテールランプ&バックランプ レッド&スモーク塗装 本塗り

 こちらもお待たせしました!スバルBRZのテールランプ(86メイクアップレンズ)も本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

こちらはウィンカー部分のクリアー抜きに柱が無く突き抜けた仕様となっている為、マスキングシートを貼った上にさらにマスキングテープで延長します。バックランプは先日ラインテープだけ貼っておいたので周りを養生します。

 プラスチックプライマーを塗り、透過性の赤(レッドキャンディー)を塗布します。

 マスキングを剥がしたら再びプラスチックプライマーを塗り、今回はスモーク塗装も承っていますので2コート塗布します。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 今回使用したキャンディーレッドは新たに導入した物で、当初色見本で見た限りでは色味が薄くて朱色っぽい感じがしましたが、その後テストをしてみると今までと同様か、もしくは今まで以上に赤が濃いようで使用感は良い具合です。

バックランプもクリアーレンズ部分に薄くスモークが掛かってガラスっぽい質感に近くなったと思います。

それではこちらも完成次第改めて紹介しますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

テールランプ関係 下準備

 先日に引き続き次回本塗り予定の透過性塗装関係の下準備を行っています。裏側のマスキングが済んでいたので被塗面の足付け処理を行いました。

 ウィンカーやハイマウントランプなどの小さなパーツは手で持って塗れるように固定します。早速先日作成した長ワイドクリップを使ってみました。

 ただしワイドクリップだけでは落ちる可能性もある為、ガムテープとマスキングテープで補強します。

 最後に持ち手のアルミ平板棒を筒状のボール紙(ロールマスカーの芯棒)に固定してスタンドに挿せるようにしておきます。

 ちなみにクリップで挟めない物に関しては今まで通りガムテープだけの固定で、ただしバランスが悪いと熱を入れている時に落ちてしまったりするので(塗装屋さんなら誰しも一度は経験があるかと)、こんな感じでバランスの良い位置で固定するのが基本となります。これなら落ちません(落ちた事はありません)。

 準備が出来たテールランプ類は一旦乾燥炉(恒温機)の中に入れてホコリが付かない状態で保管しておき、その間にブース内の清掃をしておきます。テールランプを置くスタンドと台に着いたザラザラとした塗装ミストをスチーム洗浄機で落とし、さらに奥にある排気浄化装置と床もスチームを掛けて綺麗にしておきます。この辺の大掛かりな清掃は大抵テールランプを塗る前のタイミングで行っています。

塗り分けを行う物に関しては予めマスキングシートをカットしておき、画像のBRZのバックランプのようにフリーハンドでマスキングをする物に関しては見切りの部分だけ先にラインテープ(2ミリ)で貼っておきます。周りを養生するのは本塗りの当日に行います。

明日は先に別の案件を行う予定なので、テールランプ関係の本塗りは朝から作業が出来る明後日に行う予定です。どうぞもう少々お待ちくださいませ!