メガネフレーム塗装 完成

 先日本塗りを終えていたnoegoのメガネフレーム一式です。その後何度かの熱を入れつつ寝かし、十分に塗膜が締まり切ったので組み付けを行いました。

 そして本日完成です。大変長らくお待たせ致しました!

最初の状態も紹介しますね。

元々は茶色やオレンジの艶消し仕上げで、フロントに着くパネルはキャンディーレッドでしたが、こちらも艶消しの仕上げだったので比較的大人しい見た目ではありました。

今回はフレーム全体をキャンディーレッドに塗装し、元々オレンジ色だった部分をゴールドにしました。

 クリアーには高品位なタイプの「クリスタルクリアー」を使用する事で、濡れたような艶々の質感になっています。

 単体だとバランスが悪いので透明樹脂製のマネキンに装着してみました。

 キャンディーレッドとゴールドの組み合わせは、いわゆる「アイアンマン」のカラーリングとなります。

 透明な赤の下に塗ってある輝きの強いシルバーに光が反射する事で、鮮やかな赤が表現されるようになっています。

再び最初の状態の画像です。

とにかくサイズが小さいので、曲線の塗り訳部分を普通のマスキングテープで貼るのは難しく、今回はこの形に合わせたデータを作ってマスキングシートを作製したのが肝だったと思います。フランジ(段差)の塗り分けも自然な感じで出来たと思います。

 ちょっと画像数が多いのですが、自然光で見てみたらこちらの方がキャンディーカラーの質感が判り易かったのでもう少し紹介をさせて頂きます。

 室内で撮る時は多方向から照明を当てているのでコントラストが判り難いのですが、自然光だと一方向から光が当たるのでこの方が透過性の塗装は綺麗に見えるかも知れません。尚、現物は画像よりもさらに美しく感じられると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

GSX-S1000テールランプ レッドキャンディー塗装承ってます

 先日到着しておりましたスズキSGX-S1000のテールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼はキャンディーレッドのべた塗りで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で承っております。今回はスモーク無しで、純正テールランプ同様のレッドテール化といった感じですね。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ダイハツタントテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

こちらもお待たせしました!ダイハツ純正タントエグゼカスタムの純正テールランプとハイマウントストップランプ、レッド&スモーク塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はこのような派手なクリアーレンズタイプだったテールランプを、

前記型(?)と同じようなデザインでの塗り分けをご指定頂き、

一旦はレッドキャンディー塗装で仕上げ、

 さらに「標準濃度」のスモークにして仕上げています。

 またハイマウントランプもテールランプに合わせてレッド&スモークに塗装しています。

立てるのは難しかったので、洗濯機に寄りかけるような感じにして撮影しました。

見る角度によってはかなり黒さが出ていますが、

透明感のある赤の色味もしっかり感じられるようになっています。また高品位なタイプの「クリスタルクリアー」により、美しい質感も感じられると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ヴェルファイアテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 大変お待たせしました!トヨタの新型ヴェルファイア純正テールランプ、レッドキャンディー&スモーク塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーレンズタイプで、内部で黒くしたり反射板を入れたりと結構工夫はされているのですが、この「色が無いテールランプ」に違和感を感じる方は結構多いようです。

 今回は色の塗り分け位置の確認の為にこちらのテールランプカバーを一緒にお預りしたのですが、恐らく着けてみたイメージが違う!と言う事で、今回の御依頼に至ったのだと思います。

カバータイプは確かに便利なのですが、質感が少々残念なのと、あとは隙間に埃が入った時とかを想像すると許せなかったのではと・・・。

 また今回はレッドキャンディー塗装後に全体に薄くスモークも掛けている為、単に赤で塗るだけよりも落ち着いた雰囲気になっていると思います。

 サイズが結構大きいので撮影の為の配置が難しく、取り敢えず上下で位置を変えてみました。

 塗り分けのラインも違和感無く出来ていると思います。

 言われなければ塗装したとは思われない仕上りになっていると思います。

 同じヴェルファイアオーナーが見たら二度見するのではないでしょうか。

 こちらのリヤゲート側(内側)のテールは自立したのでこの状態で撮影出来たのですが、

 クォーターパネル側(外側)のランプは自立しないのでどうやって撮影しようか悩んだ結果、このような具合となりました。

以前の型のテールランプもそうだったのですが、ヴェルファイアのテールランプは内部でわざと反射板を入れないで黒くしている部分があり、他のテールランプに比べると多少渋く見えるのですがやはりと言うかプラスチック感は否めず、その点今回の塗装ではレンズにスモークが入る事によってコントラストが効いて断然格好良くなったと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

タントテールランプ&ハイマウントランプ 本塗り

こちらも先日までに土台部分のマスキング~レンズ面の足付け処理を行っておいたタントの純正テールランプです。

よく脱脂清掃後、予め確認をしておいた位置に沿ってラインテープを貼っていきます。

ちなみにラインテープは通常のマスキングテープと違い、紙では無くプラスチック(ポリプロピレン)で出来ています。コシが強く厚みもあるので使い難い面がありますが、ポリプロピレンの「塗料がくっ付かない」と言う特徴とこの厚みを利用して、今回のようなブツ切りマスキングでも見切りのラインが綺麗に仕上がるようにしています。

ここまでの作業を前日に行っておき、

 残った個所(面)は本塗り当日にマスキングを行います。足付け&脱脂された面は塗装の密着が良くなっている反面、長い時間マスキングテープを貼っておくと糊がくっ付いて余計なトラブルが生じてしまう為、貼っている時間は極力短くしておく必要があります。

 再度脱脂清掃を行ったらプラスチックプライマーを塗布し、

 まずは透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。

このままクリアーを塗れば純正そのままのような仕上りになりますが、

 今回は比較的濃い目の「標準濃度」のスモークでご指定を頂いておりますので、ちょっと勿体ないですが比較的しっかりとしたスモークを塗り重ねていきます。

目安にしているのは以前施工したレクサスRCFのテールランプ一式です。

 濃度が決まったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 今回のターンでは、クリアーは全て高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となっています。

 比較的濃いスモークですが、赤く塗ったところもしっかり表現出来ていて、まさかこれが元々クリアーレンズだったとは思えない仕上りに出来ていると思います。

ハイマウントランプのスモークもテールランプに合わせています。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!