レンズ系 透過性塗装 下準備

先日マスキングまでを行っていたテールランプ等レンズ系の御依頼品一式です。レンズの表面とフチを#800~#1300相当の布状研磨副資材(バフレックスレモン&オレンジ)で足付け処理を行いました。

それぞれの作業内容はほぼ記憶から無くなってしまっていますので、本塗り前に全て再確認をし、以下のような作業指示書を作製しておきます。


■ ロードスターテールランプ

・「極薄目と薄目の中間」のスモーク塗装べた塗り クリスタルクリアー
日記掲載の以前の施工例の画像を参考に

■Nワゴンテールランプ レッド&スモーク

・上部のウィンカー部分はレッドには塗らず「スモークのみ」
・下部はバックランプ部をクリアー抜きでレッドキャンディー&おまけスモーク
クリスタルクリアー

日記掲載の、以前の施工例を参考に

■ポルシェボクスターテールランプ (第一回目)

・まずは「C型」のフチのみを「濃い赤」に
・色味は日記掲載の、以前施工したフィアットテールランプのような感じに
下部の赤とクリアーレンズ部を同じ色味にするように。日記掲載のイメージイラストも参考の事。 クリスタルクリアー

■ジェイド ミラー部ウィンカー

「薄目より少し濃く」(当初は「薄目」だった物を変更)
「クリスタルクリアー」
矢印形のLEDの基盤が目立たなくなるぐらいの濃さに


といった感じです。

これをブース内の棚のところに貼り、見ながら作業を行います。

 Nワゴンのテールランプは、バックランプ部をクリアー抜き(マスキング)にするので、予めデータを作ってマスキングシートを作製しておきます。

まずはフリーハンドで見切りたいラインに3ミリ幅のラインテープを使ってマスキングをし、

 その上にズレないように紙を貼り、鉛筆の芯を擦るようにして輪郭をトレースします。所謂石刷りと同じ方法で、凄く古いお墓などに刻まれた文字が風化しても、これをする事で読み取れたりするらしいです(と、そう言うのが得意な叔母さんに教えて貰いました)。

 輪郭線を描いた紙をスキャナーで読み込み、Illustratorなるソフトを使ってデータを作製します。

出来あがったデータからカッティングプロッターを使ってマスキングシートをカットし、実際に貼り付けて形が合っているか確認します。

ちなみに左上の貼ってある小さい方は、以前施工したNワゴンカスタムのテールランプに使った物で、試しに切り出してみましたが、やはりと言うかサイズが全然違います。「このデータを基に・・・」なんて事も考えて切り出してみましたが、サイズどころか形も全く違うので使い物にならず、今回新たに一からデータを作った次第です。

テールランプ関係の塗装はまだもう少し先ですが、作業が進行次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レンズ系 透過性塗装 下準備

 次の透過性塗装(スモーク&レッド)のターンで本塗り予定のテールランプ等レンズ類のパーツです。ポルシェは少しタイミングが早いのですが、二回に分けて塗装を行うのでまだまだかなり時間が掛かる予定です。

R34スカイラインのレンズ類は、かなりの数(9点で、レンズは11点)があるのでこちらの次のターンで一気に本塗り予定となります。ジェイドのミラーウィンカーはサイズが小さいので次回に一緒に塗らせて頂く事としました。

 ロードスターのテールランプは比較的綺麗でしたが、隙間に泥が残っていたのでブラシを使った水洗いで綺麗にしておきました。

 新品のテールランプはエアーブローのみ行いますが、レンズ内部に埃が入るとマズイので、

 先に穴を塞ぎ、

 そこからテールランプ全体をマスキングするようにします。

今回のポルシェのテールランプもそうですが、ベンツ、BMW、AUDI、VWなど、ドイツ車のテールランプは何故か穴がスカスカに開いていて、逆に日本車のテールランプはかなり密閉された造りになっています。

他のテールランプもマスキングを終え、次はレンズ表面の足付け処理となります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ポルシェボクスターテールランプ塗装承ってます

 先日よりお預りしておりましたポルシェ968ボクスターの純正テールランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼自体は結構前から頂いていたのですが、今回は車体を追突されたとの事でそちらの修理と、テールランプを本国から取り寄せていたとの事で少し時間が掛かっておりました。ポルシェ純正部品ですが、クリアーレンズ部には若干のスモークが入っています。

ご依頼内容はこのような感じで、縁を濃いレッド&スモークに、またクリアーレンズ部も範囲を小さくして全体的にデザインを変更します。少し前に完成したレガシィツーリングワゴンのテールランプの塗装内容に似ていますが、それをさらに複雑にした感じです。

 全ての塗り分けを一度の塗装で行うのは難しいので、今回は本塗りを2回に分けて行います。一応現時点で想定している工程を紹介しておきますね。

 まずはフチを「レッドキャンディー+スモーク」で「黒い赤」に塗装し、ここで一旦クリアーを塗って区切ります。

単にフチを塗るだけのようですが、クリアーレンズ部と既存の赤いレンズ部を同じ様に塗ってしまうとそれぞれ色味が合わないので、まず上のクリアーレンズ部のみフチをレッドに塗って、さらにその後下側も含め「C字型」全体を通してレッドに、続けてスモークを塗って赤を黒くし、最後にレンズ全体をクリアーで覆います。ここで一旦熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、再度足付け処理を行います。

 その後、クリアーレンズ部の一部(ウィンカーの横)をレッドに、さらにその下側の既存の赤いレンズ部も一緒に塗って色味(色相)を合わせ、

最後にレンズ全体に薄くスモークを塗り、二回目のクリアーを塗ります。

通常の塗色であれば色を塗り重ねればそれで終わりなのですが、テールランプなどで行う透過性の塗装は塗り方によって色が変わる為、色の調整が難しくなります。また失敗をすると元に戻せないので、慎重に成らざるを得ないのです。

それぞれのスモーク濃度については、以前施工した時の画像を参考にして紹介したいと思います。

フチは「縁取りとその外側は一段濃く」とご指定を頂いておりまして、仕上りのイメージとしては以前施工したこちらのフィアットテールランプのフチくらいを想定しています。単なる黒では無く「赤い黒」といった感じです。

その他の部位は、以前施工したインプレッサのテールランプに施した「レッドキャンディー&スモーク」をイメージしています(ただし今回のテールランプはこういっった透明レンズ+派手なメッキ反射板ではないのでこういった透明感は出せず、あくまでもイメージとなります)。

クリアーレンズ部は既に若干のスモークが掛かっているので、それに少しだけスモークを重ねて、画像にあるくらいの濃さに見えるような感じにしようと思います(現状で既に「極薄目」程のスモークがあるので、それを「極薄目と薄目の中間」にするような感じです)。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ゼンハイザーE835Sマイク塗装 完成

 大変お待たせしました!ゼンハイザーE835のスイッチ付マイクの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

ボディはガンメタで、グリルボールが黒になっていました。

スイッチ部はマスキングでの対応となっています。

 自然光下で撮影してみました。

 自然光だとコントラストが強くなる傾向にあります。

こちらは室内のストロボを使った撮影となります。カメラのイメージセンサーの掃除をしたお陰で気になっていたホコリの写りが払拭し、今後仕事にも活用していこうと思います。

ただストロボを使った撮影だと、キャンディーカラーの特徴である「色の深味」を上手く表現出来ません。この辺はまだまだ勉強が必要そうです。

画像はどれも撮ったそのままで、サイズのみ半分くらいに縮小しています。

尚、実物はどの画像よりも美しく感じられると思いますのでどうぞご安心下さいませ(質感・色味共にまるで別物です)。

ちなみにこの画像のみカメラのレンズを変えていて、今回新たに60mmのマクロレンズを入手してみました(と言ってもかなり型遅れの中古品なのですが・・・)。後日社外記にて紹介しようと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

レガシィテールランプ(from北海道)塗装 完成

 大変お待たせしました!レガシィツーリングワゴン用の社外品テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はテールランプの上半分がクリアーレンズになっていたのですが、

 内部の反射板の枠に沿ってウィンカー部分を残し、それ以外を透過性の赤=レッドキャンディーに、また全体に「極薄目」の濃さでスモーク塗装も行っています。

こちらも塗装前の状態で、このクリアーレンズ部分のみを周りの赤に合わせて塗っています。

言われても元々この部分が透明だったとは判らない仕上りに出来ているかと思います。

 薄くスモークを塗っている事で、残ったクリアーレンズ部分も落ち着いた感じになっているかと思います。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!