日産L型ヘッドカバー 2トーン塗装承ってます

先日到着しておりました日産のL型六気筒エンジンのヘッドカバーです。この度も当店をご贔屓頂き有難う御座います!

こちらのオーナー様はいつもハコスカのS20エンジンの塗装をご依頼頂いている業者様ですが、今回はこちらのL型を、また結晶塗装では無く艶有りの塗装で承っています。以前ご依頼頂いた施工例がありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

NISSAN GT-R(KPGC10) S20 Engine Cover

ヘッドカバー本体色はホンダのミラノレッド(カラーコード:R81)で、凸部はいつものようなアルミ素地では無く「白」の2トーンカラーで承っています。「NISSAN・OHC」の文字とその上下にあるフィンの天面部分ですね。

ベースと凸部の塗り分け方法としては幾つか方法があって、


↓【凸部を先に塗って天面をマスキングする方法】

BMW M Power head cover& intake manifold


↓【先にベース部分を塗装して、天面とその側面も塗る場合】

TOYOTA AE86 LEVIN GRIle BADGE


↓【先に凸部の色を塗り、後でそれを除去する方法】

BRABUS Emblem


↓あと土台部分には触れず、文字の天面のみ塗装するといったレアなケースや、

Mercedes-Benz 500E Air Cleaner Cover


↓型を樹脂で作ってスプレーすると言う事もやっています。

LOTUS ELISE Engine Cover


今回は先にヘッドカバー全体を白(とクリアー)で仕上げ、その後再び足付け処理をしてから全体に赤を塗って凸部天面を研ぎ出しクリアーを塗ると言う「2度塗り」の方法で行う予定です。

これのメリットとしては、一回目の塗装がサフェーサーの代わりとして多少なり下地を作ってくれるので、細かい傷や粗などを目立たなくしてくれる効果があります。以前施工したRB25のヘッドカバー一式の塗装と同じような感じですかね。尚、素地調整としてはサンドブラスト処理と、下地はいつも通りリン酸処理とプライマーの塗装は行います。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。この度も当店をご贔屓頂き有難う御座います!

サフェ入れ準備

お待たせしておりますサフェ入れ予定の各パーツ一式です。作業着手しておりますのでご安心下さいませ。

順番としてはセルシオの内装部品を始める予定だったのですが、サフェーサーを塗る案件が溜まってしまいましたので先にこちらの作業を進め、サフェーサーを寝かしている間にセルシオの方を作業進行しようと思っております。

いずれもお待たせして申し訳御座いませんが何卒もう少々お待ち頂ければと思います。

ハリアーサイドマーカースモーク 本塗り

 こちらもお待たせしました!トヨタハリアーのフェンダーサイドマーカーも無事本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

 スモークの濃さについては「前回と同様かそれより少し濃く」と言う事で、その時の完成画像を参考に濃さを調整していきます。

 イメージとしては「標準濃度より少し濃く」といった感じになります。

ちなみにレンズ裏側にあるスポンジは接着されて取れない為、クリアー塗装後すぐにマスキングを剥がして見切りが綺麗に仕上がるようにしています。

画像だと濃く見えますが見る角度によって中の反射板が効いてもっと明るく見えます。内部が見えるカバータイプのレンズは濃度の変化が楽しめるが格好良いですよね。

それではこちらも完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

TOYOTA86 ヘッドライトインナー 本塗り

 大変お待たせしました!トヨタ86のヘッドライトインナーパネル、無事本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

ちなみにこちらのパーツ、元々はスパッタリングメッキが施されていまして、そちらはオーナー様自ら除去して頂きました。当店ではこちらの作業には対応しておりませんのでご了承下さいませ(外装部品などの装飾クロムメッキと違い、ハイター等で簡単に落とせる筈ですのでDIYでも可能だと思われます)。

 足付け処理は平面はペーパー(実際は布状の足付け処理用副資材のアシレックスレモン)で行い、ギザギザした個所はスコッチとウッシュコンパウンド&ナイロンブラシで処理します。

 足付け処理を完了し、よく洗浄した状態です。

 ウッシュコンパウンドに含まれた研磨粒子をナイロンブラシで擦る事で、ペーパーでは届かないギザギザ谷の奥までしっかり足付け処理が出来ます。ただし相当の動きが必要ですが(利き腕が腱鞘炎に…)。

 良く脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布したらまずベースコートとなる黒を全体に1コート、さらに塗り分けをする丸い穴の周りをもう1コート塗ってその個所を完全隠蔽させます。

 今回はリング部分を3コートSPFシルバーで承っています。

配合は以前施工したプレオのルームミラーの時と同様、SPFシルバー1に対してバインダー(透明樹脂)分を4とします。

プレオルームミラー&ダミーシガーソケット塗装 完成

SPFシルバー単体100%で塗らず、バインダーで薄めている理由としては、下地の黒を完全に隠蔽してしまわないよう、また塗りムラが出ないようにする為です。下地の黒を透かして見えるようにすればそれだけ金属感が強くなるという寸法です(ただしシルバーが薄過ぎるとダマになってしまうので注意が必要ですが)。

 SPFシルバーは口径0.3mmのSATAガンで、この時点では周りに飛ぶように塗ってしまいます。ドライコートにならないよう注意ですね(ミストが乗ると密着性が落ちます)。

 シルバーが十分にテープフリー(指触乾燥のカッチリしたような状態)となったら、予め用意しておいたマスキングシートを貼り付けます。

ちなみに塗り分け位置は「プレスラインの山の頂点部分」としていますが、もう少し内側の「プレスラインが完全に終わった所」にすれば丁度86mmでした。まさかですが、TOYOTA86とかけている訳では…(何でもありません)。

 その後全体に再びベースコートの黒を塗り、マスキングシートを剥がしました。機械カットしたマスキングシートを使った為、手作業では信じられないような綺麗なカーブ線を描けていると思います。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 しかし実際に塗ってみて判ったのですが、このギザギザの箇所、肌を悪くしたら磨けませんし、かといって垂らした場合はもはや再起不能…。実は進退窮まるような塗装作業だったと言う事に気が付きました。何かあったら一体どうなっていたんでしょう…。

 クリアーは高品質なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。ベースカラーの黒は元のグレーっぽい黒に比べると引き締まり感が出て、さらにギラギラとした艶感のあるアクリルポリウレタンクリアーで高級感が出たのでは、と思う次第です。

SPFシルバーはメッキとは違い、イメージとしては「使い勝手の良い金属感のあるシルバー」といった感じです。通常ベースコートの黒の上に高輝度シルバーを重ねても余り金属感は出ないのですが、その辺が改良されて使い易くなったといった感じでしょうか。尚MIX818よりも金属感が出ますが、ただしその分デリケートにはなります。

一応それぞれレビューしたリンク先を以下に紹介しておきますね。

今日は塗ったばかりなので一晩自然乾燥させ、明日以降に熱を入れる予定です。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ムルシエラゴテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!ランボルギーニムルシエラゴの純正テールランプ、レッド&スモーク塗装で完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はクリアーカバータイプのテールランプで、ウィンカー部分はレッドを薄くする事でアンバー灯火が判るようにします(ただし灯火を保証する訳ではありません)。

 ウィンカー部分のレッドは2コート、その他が4コートで、またその上に塗っているスモークはウィンカー部を3コート、その他を2コートとしています。クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーを使用しています。

元々は市販の赤いシールを貼っていたようですが、それとは全く仕上りが違いますのでどうぞご安心下さいませ。ちなみに今気が付きましたが、実車に装着される場合は上下逆ですね。失礼しました…。

内部のレンズカットのせいか黒いフレームのせいか判りませんが、パッと見少々レトロ感を感じるデザインでしたが・・・、

今回の塗装でその辺も全く気にならなくなったと思います。むしろ黒いフレームで引き締まって見えて良いのではないでしょうか。

すいません、上下逆でした…(ホコリが着くのが嫌なので撮影後直ぐに梱包してしまうので撮り直しが出来ませんでして…)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!