自転車フレーム 調色作業

 自転車屋さんからご依頼を受けている事故車両のカーボンフレームですが、オリジナルのデザインは残しつつ損傷部を綺麗に直す必要がある為、まず元の色を作る必要があります。

ちなみに四輪自動車であれば配合データがあるので色を作る事が出来ますが、自転車の場合はそれが無いので一から色を作らなければなりません。しかも今回は3コートホワイトパールなので中々難儀な作業でもあります。

 3コートパールは単なる白の「カラーベース」と、その上に透明な「パールベース」を塗り重ねて色を表現する為、まずは下層のカラーベースから色を作る必要があります。

 ただし実際の所はパールまでしっかり塗らないと色は判らない為、行ったり来たり(作ったり捨てたり)を延々繰り返すような作業が続きます。

 しかもホワイトパールは含有量や塗り方によっても色味が変わるので、ある程度まで色が出来たら今度は本塗り作業よろしくその辺の微調整も必要になってきます。

上の画像は右がカラーベース(白)のみで、左がそれにパールベース(透明)を塗り重ねた色板です。

基本的にはパールを塗り重ねると透かしは暗く、正面は明るくなる傾向にあります(まあそんな単純な話では無いのですが・・・)。

尚ホワイトパールの原色も4種類あって、しかもそこに白や黒、さらにはフリップコントローラー(パールの見え方を変える添加剤のような顔料)も入れたりと、とてもじゃないですが色の変化を全て記憶し続けるのは不可能なので、それぞれの色板にはメモを記してどれとどれの組み合わせが良いとかを探しながら作業を進めていきます。

ちなみに一般的な自動車ボディであれば塗装範囲を広くして暈す事も出来ますが、今回の自転車フレームは細かいカラーリングやロゴ、再現出来ない柄入りのデカールなどがある為、塗装範囲を広くとれない(とてもマスキングで出来るような事では無い)と言う事も作業を難しくしています。

ただホワイトパールに関しては何とか色が出来まして、後は赤と黒なので一応は先が見えています。

損傷部(傷)についてはカーボン層まで剥離をしましたが、前記した理由から塗装範囲を極力小さくする必要がある為(と言っても仕上がりや後々に影響するようなやり方はしていません)、パテ・サフェーサーは使わず「研磨→クリアー塗布→完全硬化→研磨」の工程を3回繰り返してラインを整えました。以前施工したTREKフレームの塗膜を全部剥がしてカーボン地のクリアー仕上げにしたような感じですね。

尚各ロゴに関しては、元々あった物を撮影して「Illustratorで輪郭をトレース→カット→現物合わせ」を繰り返し、ピッタリ合うマスキングシートを作製します。こちらは以前行ったLOOKのカーボンフレームの作業と似ていますかね。

幸いにして納期には余裕を頂けましたが、年末年始を利用してもう少し作業を進めたいと思います。

BMWアッパーカウル 調色作業

大変お待たせしておりました。BMWのアッパーカウルは作業着手しておりますのでご安心下さいませ。

アッパーカウルは新品ですが、色が車体色と違う為、今回はこちらのフロントフェンダーを一緒にお借りしてこちらの色を基に調色作業を行います。

まずは色がちゃんと見えるよう表面を磨きます。

表面がくすんでいたので良く判りませんでしたが、かなり粗いメタリックが使われているようです。

また粒子自体がゴールドっぽく見えているので、着色メタリック(ゴールド)か、もしくはパールが使われているのかとも思いましたが、恐らくこれは透明度の高いマルーン系原色が使われているからだろうと予測して、取り敢えずそれらは使わない事にしました。ちなみにですが今回の塗色は配合データが存在しません。

メタリックの粒子を選ぶ際にはこういった原色色見本帳を使います。

取り敢えず一番粗いMIX598を使ってみます。

尚、色を見る時には専用の調色ライトを使います。

最初に使った原色の一部は要らなかったようで、途中で一度色を作り直し、また最終的にはメタリックの粒子感(サイズ)を少し抑えたかった為、二段階したのメタリックMIX811を使いました。MIX593では無くMIX812でも無くMIX811だった理由としては、MIX593に特徴が似ているからで、色の変化を大きく崩したくなかったからです(メタリック原色はサイズだけでは無く粒子の形などそれぞれ特徴があります)。

終わってみたら使った原色は少なく5色のみでした。左の原色MIX822はマルーン寄りの茶色で、透明度が高いのが特徴です(故に隠ぺい力は悪いです)。

ちなみ先ほど色を見た方向が「正面」で、こちらが「スカシ」となります。通常は白またはメタリックアディティブ(MIX008)を入れてスカシを調整しますが、今回はそれも必要ありませんでした。

ちなみに白はスカシの粒子感を濁らせたい時に使い、メタリックアディティブ(DUPONTだと4530S)は白くはさせたいけどメタリックのキラキラ感を残したい場合に使います。ただし後者は正面が黒くなると言う特徴もある為、そのバランスも考える必要があります。

また色の見方は調色ライトだけでは無く、自然光の下や他の人工照明など、それぞれ違う環境下でも確認する必要があります。

そしてストライプラインのゴールドです。こちらは「調色」と言うよりかは色の作成といった感じですかね。「似たような色」と言う事で余り作業時間は掛けません。

メタリック粒子は先ほどとは真逆に、一番細かいMIX595を使います。正面の輝きも鈍く、また刷毛目も出難いといった特徴がある為、今回のピンストライプに採用されたのでは、と言う予測も立てています。

先ほどの色だと色味(色相分と彩度)が強かった為、シルバーと黒を足して彩度を落としました。また正面を少し明るくしたかったので、メタリック原色は二つ上の物(MIX590)を足しています。

序でなので実際に色板にスプレーしてみて確認も行っています。スティックで塗った場合だとメタリック粒子は倒れたままなので色は濃く(暗く)見えがちで、スプレーで塗るとメタリック粒子は立つ為に正面が明るく色相・彩度は低くなります。またベースコートはウェットな状態と表面が乾いた状態では色の濃さが大きく変わる為、スティックで色を見る場合はその辺の特徴も踏まえておく必要があります。それぞれビックリするくらい色は変化しますので。

使った原色はこんな感じで、あと画像に写っていませんが黒も使っています。

塗装の調色で難しい事は、一つの原色を入れた場合全体のバランスも崩れるという事で、単に「黄色味が欲しい」といって黄色を入れると全体の明度も上がってしまう為、その分「黒」を入れたり「茶」も入れたりと、色々考えなければなりません。

以前の自動車の塗装をしていた頃のプロフィットで、バンパーを交換して塗装した際にそのオーナー様から「フェンダーと色が違う」と言われた事がありまして、勿論調色作業は行ったのですが、そちらのオーナー様は美術の先生をされている方でしたので色を見る目には非常に厳しく、それであれば「両フェンダーへのベースコート暈し」をお勧めしたのですが、「いや、後微妙に青味が欲しいだけだから」と言う事でバンパーを塗り直す事にしました。

が、私的にその色は難しい事も判っていましたし、彩度調色を行っても良い方向に行くか判らないと申しまして、その結果「一緒に調色を行う」(!)と言う事になりました。勿論通常はお受付もしていません。どうしてもご納得されなかった事と、私的にも是非納得して頂きたいという事で、確か夜の9時からスタートして3時くらいまでやったと思います。

結果としては最初よりはよくなったのですがやはり色は違っていて、ただしその先生も「青くしたくも単に青を入れれば良い訳では無いんですね」とご納得して頂けました。

しかし塗装屋さんなら判ると思いますが、一度入れた色は元に戻せなくても一般の方は「やっぱりさっきの状態に戻したい」と言われますので、最初に作った色からは少しずつ色を残すようにして、延々枝分かれして塗料が増えていくような事となりました。またそれぞれの色には説明書きも加え、最終的に現場はこの世の物とは思えないような光景になりました(笑)。仕事としてはあり得ない(やってはいけない)ような事ですが、今となっては良い思い出です。

と言う訳で色は出来ましたので、次はストライプラインの検証を行いたいと思います。念の為2ミリと3ミリのラインテープを追加で発注しておきました(結構沢山使うかも知れなく途中で切れたら大変な事になりますので…)。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

カフスボタン 色作成

 先日お預かりしておりますカフスボタンの色を作製します。

 色の見本はレゴブロックで、オーナー様から頂いているご要望としては「これよりも鮮やかに」との事ですので彩度を高くしています。ここからブロックに色を似せるなら白を入れますが、白は彩度を落とすので一滴も入れません。

使ったのはこの原色2色だけで、これだけだと隠ぺい力がとても悪いのですが、それについては下色を使ってカヴァーする事にします。

色の微調整については別途「調色費」が掛かりますが、今回のように簡単な色の作成(「調色」ではありません)であれば無料で対応しています。目安としては5分以内の作業です。そもそもスティックで色を見るなんて事は普通しなく、ちゃんとスプレーガンで色を塗り、さらにクリアーまで塗って乾燥させて比色するのが基本です。

ただそういった厳密は調色作業はとても時間が掛かり、その費用自体が塗装費を超えてしまう為、余り現実的ではありません。塗装費が1万円でも調色費が2万円となると合計費用は3万円ですから殆どの方は「高過ぎる」と感じると思うのです。そうなるとご依頼に至らなくなってしまう為、今回のような簡易的な色の作成や色見本帳のお貸出しを無料で対応するようにしています。

それでは作業進行しましたらまた紹介させていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

エクシーガ シフトパネル 再塗装

 先日本塗りを終えていたエクシーガの内装パーツ一式ですが、こちらの部品だけブリード(ニジミが生じた為、再塗装を行っています。

 ニジミ止めシーラーを使用しようかと思いましたが今回は極軽度だった為、そのまま普通に塗装を行いました。

ちなみに酷い場合は全体がグレーになったり黄ばんだり、赤い塗装の場合はピンクになったりします。最近の板金屋さんはちゃんと計量器を使うので大丈夫になりましたが(多分)、昔はポリパテの硬化剤を目検討で行うケースが多く、硬化剤の入れ過ぎでパテを塗った部分が塗装後に変色するという事もよく見かけました(しかし板金屋さんは非を認めないと言う…苦)。

ちなみに塗装で使う塗料自体にもそういった注意事項はあって、例えばSTANDOXの塗料では一部のベースコート、具体的には「BLブラック」と「リアルブラック」はこのブリードが生じます。一般的な補修塗装の現場においては、最初に黒を塗ってからその上に違う色を塗ると言う事は殆ど無いので気にしませんが、自転車フレームなどのように色を塗り重ねる塗装の場合は注意が必要ですかね。

それではこちらも完成次第他の部品と共に改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

塗料作成 完了

bilstein 以前キャリパーの塗装をご依頼頂いた方から「タッチペン用の塗料を作成して欲しい」といったご依頼がありましたので紹介させて頂きます(キャリパーはその後も綺麗な状態との事でお褒めのお言葉も頂戴致しました。有難うございます!)。

尚、塗料の作製については、量は少なくてもかなりの金額となりますので(市販の20倍くらいです)、余程の事が無ければお勧めは致しません。これは塗料自体の金額と言うよりも色を作る為の手間となりますので、何卒ご理解頂ければと思います。

bilstein1 今回はGT-Rに装着していたビルシュタインのショックをオーバーホールされたとの事で、その際にはショックケースも再塗装されたとの事なのですが、どうやら組み付けの時に傷が付いてしまっているとの事で、カーショップでタッチペンを探したとの事ですが近い色が見つからず、また今後飛び石傷用などにも使うと言う事で今回のタッチペン用塗料の作成となりました。

bilstein2ちなみに通常のタッチアップ用の塗料は「ベースコート」用の物で作りますので、それだと艶は出ません。

ただ現状ショックケースに塗られた塗装を見ると艶がある(?)感じですので、今回は艶の出る1コートソリッド用の塗料(STANDOX VOC 2Kエナメル)で作る事にしました。

standox_4ちなみにスタンドックスの塗料(を含む殆どの自動車補修用塗料)は、

・ベースコート用

・1コートソリッド用(エナメル)

上記2種類がシステムが用意されています。

上の画像の棚にはその2種類どちらの塗料もセットされていて、ちょっと判り難いのですが、濃い緑色のラベルがベースコート用の塗料で、明るい黄緑色のラベルが2Kエナメルの塗料となります。

ちなみにこの2種類の塗料ですが、例外なものにDUPONTのセンタりという塗料があって、これは「顔料」は一種類で、それに混ぜる樹脂(バインダー)をそれぞれ変えて使い分けると言う特殊なシステムです。保管する塗料は一種類で良いので場所もコストも取らず一見便利そうなのですが、使ってみると色々無理があるのも理解する事が出来ます(一応10年くらいは使いましたので・・・)。

factory-50尚、先ほどの塗料棚は自宅に置いてある物で、こちらの工場にある方はそれの半分くらいのサイズとなります。

これは知り合いの板金塗装屋さんに頂いたミキシングマシーンが予想以上に大きく、だったらという事でその後2Kエナメルは工場に持ってきています。

standox3-1ちなみに塗料を並べている棚は単なる台では無く、モーターと連動して塗料を攪拌出来るようになっていて、塗料の蓋についたプロペラ(=アジテーターカバー)が回り、一度に全ての塗料を攪拌してくれるようになっています。

こちらに資料が無かったので、以前当工場にいらっしゃったアートトイペインターのGUNさんが撮影した動画を紹介したいと思います。なんだか社外記みたいになってしまいすいません・・・(これもれっきとした仕事ですので)。

bilstein3 と言う訳で原色を混ぜて色を作成します。

bilstein4 本来はスプレーガンを使って色板にスプレーして色を見るのですが、今回は「そこまでは」と言う事で簡易的な色の作成となっています。

bilstein5と言う訳で完成です。

ボトルについては現在別件で色々と検討しているのですが、取り敢えず使い勝手の良いタミヤとミスターホビー用の物を使ってみました。中蓋が外蓋に着いているので手を汚さずに使えるのが便利だと思います。

中央のボトルが20ccで希釈無し、左のボトルは10ccで少しシンナーを入れてあります。毎回ボトルを開けて使うと口が汚れて締まり難くなるので、小分けしながら使うと綺麗に長く使えると思います。

右側のボトルの透明な液体はスタンドクスのハードナー(硬化剤)で、主剤に対して50%(タッチペンなら大体で大丈夫です)混ぜて使うと塗膜をしっかり硬化させる事が出来ますが、タッチペンならわざわざ使わなくても大丈夫だとは思います。

尚、主剤と硬化剤を混ぜると固まってしまいますので、使う分だけ少量紙コップなどに移し、それを適当に筆で混ぜて使うのが宜しいかと思います(硬化剤の着いた筆を容器に直接入れないようにして下さいませ!)。

画像には写っていませんが、別途希釈用(と筆も洗える)シンナーもご用意いたします。

容器やラベルなどもう少し検討してちゃんとしたらウェブショップのページでもご案内したいと思います。ただ普通に配合して作るだけの物は扱わない予定ですので(それはどこでもやっていますので)、「どうしても」と言う場合のみご利用頂ければと思います。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!