1/43ポルシェミニカー塗装 完成

 先日本塗りを終えていました1/43サイズのポルシェミニカーです。

組み付け自体は先日終わっていて、最後にドアミラーをエポキシ接着剤で取り付けました。

 そして完成です。大変お待たせ致しました!

最初の状態も紹介しますね。

こちらのポルシェ911ターボSのミニカーには赤の設定が無いらしく、最初は知人の方に塗装をお願いしたとの事ですが(画像奥の物)、中々思うようには仕上がらなかったらしく、改めてポルシェジャパンのディーラー経由で本国(恐らくはドイツ)から2台のミニカーを取り寄せ、今回のご依頼に至りました。

車体のサイズは全長が10cm程で、上手く分解出来るかどうかは不明だったのですが、最悪「一台を部品取りにしてもう一台を完成させる」と言う方法でご了承を頂きまして今回のご依頼を受付する事に至りました。

 分解はボディ単体(アルミ)にまで出来たので、溶剤に浸けて旧塗膜を剥離する事も出来たのですが、今回はそこまでマニアックなご依頼でもありませんでしたので足付け処理のみで上から塗り重ねています。

 色はポルシェ純正色の「ガーズレッド」(カラーコード:80K)で、使用している塗料はSTANDOX、作業内容は基本的に実車に行う塗装と同じ内容になります。車体毎の色ブレは当然ありますが、本物の車と並べてもほぼ同じ色に見える筈です。

塗装する部品点数自体は少ないので結構楽かと思っていたのですが、やはりと言うか分解組み付け作業がとても面倒でした。もしもワークショップなどでやるとしたら、塗る事だけで精一杯ですかね。

 ちなみに今回の物は1台がプレゼント用で、もう一台はご自分用と言う事のようです。

 リヤにあるエンブレムは新たにデータから作成し、デカールをクリアーの下に貼り付けています。内容については以下の記事で紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

 フードバッジは元々貼ってあったシールが再利用出来たので、こちらは最後にクリアーの上に貼付けてあります。

 それにしても付属品(外装品)が思っていた以上に良く出来ていてビックリしました。これが一台¥6,000程で販売出来ると言う事に驚きです。やはり対象が世界となると販売台数も相当な数となり、製造コストも随分と落とせるのですね。

 であれば「赤」の仕様もあって良さそうな物だと思いましたが、実車ではこの色自体が少ないのかも知れません。確かに普通の人には乗れないような色ですし(目立ち過ぎるかと…)。

 一応調べてみたところ、ターボSの新車価格は¥26,300,000との事でした。コメントのしようが・・・。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

モデルガンパーツ塗装 完成

 大変お待たせしました!モデルガン用のパーツ6点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々同じような艶消し黒の状態だったのですが、こちらのオーナー様は何度か当店をご利用頂いておりまして、また以前には同じようなモデルガンのパーツの塗装も承っていますので、恐らくは既存の物よりも新たに塗装した質感が気に入っておられるか、他部品との統一化を図るような感じだと思います。

 こちらは新たに塗装した物です。

打ち込まれているネジは、根元部分は本体と一緒に塗装し、ネジ山の個所はマスキングして塗らないようにしています。

 今回の塗装は艶消し仕上げですが、クリアーは塗らずベースコートに直接硬化剤を入れて仕上げた【激安コース】の仕様となっています。

 ただし打ち込まれたボルトの質感を変えられたいとの事で、ここのみ半艶クリアーを塗った2コート仕上げとなっています。

 こちらはグリップ部の部品で、金属製に見えますが樹脂素材です。最初の状態も紹介しますね。

恐らくは木柄のフィルムを水圧転写で貼り付け、最後につや消しクリアーを塗って仕上げた物だと思われます。

こちらも同じ艶消し黒で統一されました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

1/43ポルシェミニカー×2 本塗り

 分解~足付け処理を行っておいた1/43サイズのポルシェミニカー2台です。

 良く脱脂清掃し、本塗り開始です。

 ミラーは外した状態で塗装します。一応こちらにはプラスチックプライマーを塗っておきました。

 まずは下塗りとして少し黄色味の付いた白を塗ります。具体的にはVWのハーベストムーンベージュです。

 ボンネットのフチなどに溜まったクリアーは当て板を使って#800で研いでフラットにしています。

 そしてベースコートの塗布が完了です。色はポルシェ純正色の「ガーズレッド」(カラーコード:80K)となります。

 十分乾燥させた後、場所を二階に移します。

トレーに張った水に少量の木工用ボンドを溶かし、予め作成しておいたデカールを浸けます。

デカールの作成については下記の社外記で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

デカール用の接着剤(マークセッター)を使い、 所定の位置に貼り付けます。

 マークセッターの容器には第二石油類と記載されている為、恐らくはアルコール系の半水溶性といった溶剤系の接着剤で、揮発乾燥または融着乾燥といった接着になりますが、木工用ボンドの方はエマルジョン系接着剤の為、乾燥では無く「重合反応」となり、クリアーを塗るまでの乾燥(重合反応)時間は少し長めに取るようにしています。

塗料や接着剤がくっ付いたり固まったりするのには「乾燥」「重合」「硬化」等といった種類があって、例えば1液ラッカーであれば「乾燥」になる為シンナーを掛ければ再び塗料が溶けますが、水性塗料は一旦乾けば水で溶けないのでこれは「重合」(多分ですが乳化重合)となり、STANDOXなどの自動車補修用塗料は「主剤と硬化剤」を混ぜて反応させる「硬化」となる為、水性塗料の場合と同じく一旦固まれば溶剤で溶けたりはしません(剥がす事は出来ますが「溶ける」とは違います)。

ちょっとこの辺の解釈は難しいのですが、ある程度理解しておけばチヂレや硬化不良などのトラブルを未然に防げるようになったりします。

 と言う訳で一日置いた後、クリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で、一応ボテっとした仕上がりにならないようシンナーの希釈率を少し高くしておきました。先日本塗りをしたメガネと同様、15%の所を20%にしています。

 ただ耐タレ性能の高いクリアー程レベリング&表面張力が働き、どうしてもフチに溜まりがちにはなります。この辺がアクリルウレタンベースで来た国産塗料と、ポリウレタンベースで来た外資系塗料の大きな違いでもあって、前者は塗装ブースが無い環境でもゴミが付かないよう「速乾」を特徴としていますが、後者は塗装中にゴミが付かない状況=塗装ブースありきでの塗装を想定している為、表面乾燥が遅くゴミも付き易いと言う反面、レベリング性能を高める事によって「塗ったそのままで美しい仕上がり」を実現出来るようになっています。

と言っても最近の国産塗料も良くなっているとは思うのでそこまでの話では無いと思いますが…(その辺は全然判らないのですいません…)。

 見る限りではゴミも付いていないので、このまま磨き無しで完成とする予定です。

 デカールも浮かず綺麗に仕上がっていると思います。

 現状ではデカールの段差は判りませんが、乾燥硬化後には多少なりその跡が出ると思います。

ただ貼ってある面が湾曲しているのでこれも磨き無しで判らない仕上がりになるとも思っています(まだ熱を入れていないので何とも言えませんが)。

 ドアミラーはかなり小さいですが、蛍光灯が写り込んで一丁前にそれらしく見えたり(笑)。

 さすがに物が小さくので、いつものレンズ(18-105mm)では撮影が難しく、今回はマクロレンズ(40mm)を持ち込んでいます。

 一応色見本用として注型ミニカーにも塗っておきました。

しかもデカールが余っていたのでそれも貼って(笑)。

この後熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、サイドダクト部をつや消し黒に塗って各部を組み付けたら完成予定です。もう少しお時間掛かると思いますがどうぞもう少々お待ちくださいませ!

1/43ポルシェミニカー 下準備

 先日分解~デカールの作成が完了していた1/43ポルシェカレラターボのミニカーです。

 外したドアミラー4個の内の一つの根元が少々心許なかった為、新たに土台部分を作っておく事にしました。

 使うのはメガネ用のM1の細いネジで、

ドアミラーに0.8mmの穴を開けてネジ山を造り、

  ボディ側から固定しよう!

と思ったのですが、微妙な角度調整が難しかった為、

 ネジの頭はカットし、

 若干折り曲げて外側から挿すようにしました。塗装後にエポキシで固定するようにします。

 ボディはアルミ製の為、このまま溶剤槽に浸けて旧塗膜を全剥離しても良かったのですが、今回は本物の自動車を直すのと同様に新車塗膜は残した状態で塗装する事にしました(まあそこに拘る必要は無いのですが)。

ただフチにクリアーが表面張力で盛り上がった個所があった為、当て板を使って全体を#800で研いでいます(この方が面倒だったかも知れません…)。

その後布状の研磨副資材(アシレックス)でペーパー目を均し、さらにペーパーが入らない細部はいつものようにナイロンブラシとウォッシュコンパウンドで足付け処理を行います。

 ちょっと判り難いのですが、ドアミラーも同様に行います。

ネジで土台を作ったミラー取り付け部は、若干穴が見えてしまう恐れがあった為、一応パテを塗っておきました。本塗り前にまた穴を開けてドアミラーの位置も確認しておきます。

それではまた作業進行しましたら紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

モデルガンパーツ ボルト部塗装

 先日艶消し黒で本塗りを終えていたモデルガンのパーツです。艶消しクリアーは塗らない仕様ですが硬化剤は添加しているのでその後熱を掛けておきました。

アルミ本体の一部にスチール製のボルトが打ち込まれていて、オーナー様からは「ここの質感を他と違うようにしたい」との事で半艶黒の塗装で承っていました。

ボルトの頭の径を測り、カッティングプロッターでカットしたマスキングシートを貼り付けます。

ボルト頭部分を足付け処理し、 他の部分をマスキングしたら本塗り開始です。

 色は同じですが再びベースコートの黒を塗り、

 半艶クリアーを塗って本塗り完了です。

半艶クリアーもつや消しクリアー同様、塗ってから徐々に艶が消えていきます。

この後自然乾燥させた後にマスキングテープを剥がし、再度熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!