S-WORKS VENGE VIAS③

前回の続きで、いよいよ本塗り工程となります。上の画像はキャンディーグリーンの下塗りまでが完了したフレームです。クリアーも塗ってあって、ロゴが要らなければこれで完成と言う事でも大丈夫な状態です。

艶のあるまま塗装をしても密着しませんので、少し勿体ないですが再び全体にペーパー&スコッチを当てて足付け処理を行います。

全体が足付け処理されて塗装がよく密着する状態です。その反面汚れも付き易く落ち難い為、扱いは十分に気を付けます。

 元々あった位置にロゴを塗装で入れ直す為、最初に撮影した画像や数値をデータ化した物を準備します。

 予め作製しておいたマスキングシートも準備します。

 そしてフレームとフォークに、まずはベースクリアーを塗布します。

 ベースクリアはその名の通りベースコートのクリアーで、要は色の付いていないベースコートです。

先にベースクリアーを塗っておくとこれから塗るベースコートの馴染みが良い為、ロゴの輪郭が綺麗に仕上がります。

 ベースクリアーを十分に乾燥させテープフリーな状態になったら所定の位置に合わせてマスキングシートを貼っていきます。

 ロゴの白を塗り、マスキングを剥がしました。

 画像の一部に黒い点がありますが、これは被塗物では無くカメラのレンズ無いにゴミが混入した為です。

クリアーを塗って本塗り完了です。

追加でご依頼頂いたPioneerのペダリングモニターセンサーカバーも同じようにロゴを塗装で入れ直しています。時々「ロゴは残して」といったお問合せを頂きますが、ロゴを通常ロゴを残すことは出来ません。元のロゴを新たに作成し、塗装で入れ直さなければなりません。

一日自然乾燥させた後、60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

 その後必要に応じて磨き処理を行い、完成となります。

S-WORKSカーボンフレーム&フォーク塗装 完成

 

完成画像については上記ページで紹介しておりますので宜しければどうぞご参照下さいませ。

S-WORKSのRAW画像加工

 

また今回のキャンディーグリーンは実際に見た色味と撮影した色味では大分変ってしまって見えた為、その後色の見え方などを検証しています。

その後フレームが組み上がったとの事で、オーナー様から画像とコメントを頂きました。

「先ほど宅配便でフレームが無事に届きました。早速開けてみました。感動しました。メール等で何度もおっしゃっていたとおり実物の方が断然綺麗でした。
塗装を依頼した時にお送りした2016ツール最終日にサガン選手が乗ったVENGE VIASの画像に限りなく近いグリーンだと思います。ここまで色合わせ頂きとても感謝しております。大事に乗ります。ありがとうございました。」

との事です。

また後日こちらの画像もいただきました。お手数を頂き誠に有難う御座います。

この度のご依頼、誠に有難うございました!

S-WORKS VENGE VIAS②

前回に引き続き、キャンディーグリーンに塗装したS-WORKS VENGE VIASのカーボンフレームとフォークの作業内容の紹介となります。

今回のフレーム塗装でご指定頂いている塗色はキャンディーカラーのグリーンで、オーナー様からは以下ページの色を参考にとご指示を頂いております。

https://matome.naver.jp/odai/2146741650393168701/2146938553598436603

http://www.cyclowired.jp/image/node/20676

キャンディーカラーとは透明な塗料を用いて、光が塗膜を通る事によって生じる色変化を表現する塗装です。

例えば上記の画像ではシルバーメタリックの上に透明なイエローを重ねてゴールド色に表現しています。メタリック自体に色は混ぜている訳ではありません。

 キャンディーカラーは通常の補修用塗料とは違い、それ専用の物を使います。今回はカスタムカラーではメジャーなハウスオブカラーを使いました。

 色は「黄味寄り青」と「青味寄りの緑」を混ぜて作ります。

それぞれ配合率を変えた塗料で色見本を作成します。

キャンディーカラーは塗料中の含有量やコート数(膜厚)で色が変わる為、同じ配合でも違う塗り方をした色見本も作成します。

平面だけでは判り難いので、立体的に見える色見本も作成しました。

  最後にはクリアーも塗り、色を比較していきます。

と言う訳で最終的にこちらの色に決定となりました。配合はキャンディーグリーンが2に対してキャンディーブルーを1の割合となります。

 そしてサフェーサーを研ぎ終わったフレームです。

 サフェ研ぎの際に露出したアルミ部分にはプライマーを塗っておきます。

 まずは下色のシルバーを塗ります。STANDOXで最も粒子の大きい(粗い)原色MIX598です。

 メタリックはフレーク顔料が大きいとその分肌が荒れやすい為、塗装の際は極力ウェットコートで行います。画像では艶がありますがクリアーでは無くベースコートです。

 そしてシルバーの上にキャンディーカラーのグリーンを塗り重ねていきます。

 規定の色味になるまでベースコートを行い、

 最後にクリアーを塗って下塗り完了です。

 今回はロゴ入れの塗装も承っていますが、一度に行うと仕上りが悪くなる為、二回に分けて行います。

また今回は追加でペダリングモニターセンサーのカバーも同色で承りました。こちらのpioneerロゴも改めて塗装し直します。

その後60℃40分程熱を掛けて塗膜を強制乾燥硬化させ、さらに数日寝かします。

下準備をする前に4回目の計量を行ってみました。

剥離作業前の重さが1138.3gで、旧塗膜を剥離後は1057.2gで81.1g減、サフェーサーを塗って研いだ後は1112.9gとなり、その後キャンディーグリーンの下塗りを行ってこちらの数値となります。

ただしこの状態だとイモネジが3個入ったままで、こちらが4g×3=12g、実際は1148.1gになります。今回塗ったキャンディーグリーン(ベースコート+クリアー)の塗装分が35.2gといった感じです。

ちなみにオーナー様からは重量増については全くの不問で、単に私が興味がある事と、参考の為に計量を行っています。

本塗りに続きます。

S-WORKS VENGE VIAS③

S-WORKS VENGE VIAS①

キャンディーグリーンに塗装を施したS-WORKS VENGE VIASのカーボンフレームとカーボンフォークです。一連の作業を纏めて紹介致します。

 こちらが元の状態です。

ロゴは同じように復元しますが、再塗装の際にロゴを残す事は出来ませんので、これらを一旦データ化して改めて塗装で入れ直します。

尚、この型のフレームは今回が二度目の施工で、ある程度のデータは一回目に作ってあるのでそれらのデータ作成費は掛かっていません。新たにデータを作製する場合は塗装費とは別に「データ作成費」が必要となりますのでご注意下さいませ。

尚、以下が最初に施工した時の案件で、宜しければご参照下さいませ。

SPECIALIZED S-WORKS ①

こちらのロゴは以前作製(復元)していなかった為、今回改めて一から作製します。

撮影したロゴの画像をPCに読み込み、ソフトを使って輪郭をトレースしてべクトルデータを作製します。

さらにそれらのデータを使い、フレームに配置する位置やサイズなどもデータ化しておきます。

さらに色付けをして完成時のイメージを判り易くしてみました。

当然ですが一度塗装を剥がしてしまうと元の姿は判らなくなってしまう為、とにかくデータとして集め、残しておきます。

 フロントディレイラーのステーはリベット止めで、外す事は問題無いのですが取り付け時にカーボンを割ってしまう恐れがある為、ここは前回同様にマスキングで行う事にしました。

またボトムブラケットの部分はベアリングを外す事は出来ますが。枠となる部分はフレームに接着されている為、塗装する上ではベアリングを外しても余り意味が無いのでここもマスキングで対応します。

作業前には重量も量っておきました。

素材が金属であれば溶剤やサンドブラストによる剥離作業が出来ますが、カーボン素材ではそのどちらの方法も出来ない為、手作業で研磨・剥離していきます。

旧塗膜を剥離した後にも重量を量っています。今回フレームから剥がした塗膜の重さは81.1gとなります。

 良く脱脂清掃し、各部をマスキングします。

 まずは金属部品が使われている箇所にプライマーを塗ります。

  続けてサフェーサーを塗ります。

サフェーサーはSTANDOXのシステムフィラー、2液硬化型のウレタン樹脂です。

 60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートとして全体に黒をドライコートで塗布しておきます。

 サフェーサーを研磨します。

 サフェーサーを研ぐ際には硬い当て板をペーパーに当て、凸凹した素地を平滑に研ぎ出します。

 曲面も最初は平らに砥ぎ付け、最後に角を取るようにしてシャープで美しい曲線を表現させます。

最初は空研ぎの#320→#400でラインの粗研ぎをし、さらにその後は#600で細かいラインを、最後に#800でペーパー目を均します。

サフェーサーを研ぎ終えた時の重量は1112.9gとなりました。

本体は塗れる状態になりましたが、まずはキャンディーグリーンで下塗りを、ロゴの塗装はその後となります。

また今回は単なるキャンディーグリーンでは無く、ペーター・サガン氏が乗るレーサーモデルの色に近づけたいと言う事で、2色のキャンディーカラーを配合してオーナー様が希望される色味に近づけました。

色については以下ページにある画像を参考にとご指示頂いています。

https://matome.naver.jp/odai/2146741650393168701/2146938553598436603

http://www.cyclowired.jp/image/node/206762

調色作業と下塗りに続きます。

S-WORKS VENGE VIAS②

LOOK 585③

②に続き、完成の紹介となります。

本塗り後に60℃40分程の熱を掛け、必要に応じて磨き処理を行ったら完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々はこのようなデザインだった物を、

オーナー様のご要望に応じてロゴを作製し、事前にイメージイラストを作製しました。

新車時の塗装が良く無かった事もあり、結局塗膜の殆どを削り落として下地からのやり直しとしています。

 このフレームはラグ部の継ぎ目のなる箇所があり、一度だけのサフェ研ぎではラインの形成が難しかった為、一旦クリアーを下塗りして微細なラインを再現しています。特に鋭角な谷ラインをシャープに美しく仕上げる事に意識しました。

 アウター受け(ワイヤーガイド)については基本的には取り外して作業するのですが、取り付け時にカーボンチューブが割れる恐れがある事、また今回のようにチューブの端が接着剤で埋まってしまっていてリベットを揉んで外した際に裏側の破片が回収できない(破片がチューブの中に残る)と言う事もあり、最初から最後まで取り外さずに作業を行いました。

ただしアウター受け部分は手作業で旧塗膜の剥離は難しい為、そこのみをサンドブラストで処理しています。

ロゴ部分は黒では無く「スモーク」で、強い光に当たった場合のみ素地のカーボン目が見えるようになっています。

ヘッドチューブのロゴは元のデザインのままで、ただし二個あった物を一つとしてシンプルなデザインにしています。色のフルカラーロゴのグレーと御揃いにしています。

 この辺はアルミでは無くカーボン素材なのでサンドブラストは使えず、窪みや穴の部分はリューターの先端にペーパーを巻くなどして手作業で行っています。

 元々あったフルカラーのロゴは純正のデカールでは無く塗装で再現しています。

 色は元々貼ってあったデカールとシールを参考に、それぞれの色から近似色を選んで作製しています。

 クリアーは高品位なタイプのSTANDOXクリスタルクリアーを使い、まるで磁器のような美しい光沢感を表現しています。

 ベースカラーのホワイトはロールスロイスのARCTICA(カラーコード:9561001)を使用しまいた。

ロゴ部分は新車時のような段差は無く、シャープな輪郭で美しく仕上がっていると思います。

最初の状態も紹介しますね。

元々の塗装ではロゴ部分に激しい段差があったり、

最後に塗られているクリアー層が密着不良でペリペリと剥がれているような状態でした。

剥がれた所を見ると下から艶のある塗膜が見れる為、最終クリアーを塗る前に足付け処理は行われていない事が判ります。

私的な見解ですが、恐らくデカール等を貼って最終クリアーを塗る前には足付け処理では無く「密着剤」が使われていて、それが経年による劣化で塗装が剥がれて来たものと思われます。

接着剤と違い塗膜自体に密着効果は少ないですから、塗装の前に足付け処理を行うのはとても重要です。

 塗装の塗り方に関しても、隠ぺい性の違いによる塗り方の順番やマスキング・スプレー方法によって無駄な膜厚を極力抑え丁寧に塗る事によってシャープで美しく段差の少ない仕上がりに出来ます。

ロゴに関しては折角各色の塗料を作ったと言う事で、

本塗りのついでにアクリルプレートにも塗装を行って、

今後の為に色見本を作製したり、

レーザー加工機でカットしたアクリル板を使って立体ロゴを作製したりもしました(これは仕事とは関係ありません)。詳しくはこちらの社外記でどうぞ。

さらにデータを使い回し、カッティングシートでタッチペン用ボトルのパッケージシールを作製したりも出来ます。

その後オーナー様から組み付け後の画像とコメントも頂きましたので紹介させていただきます。

「フレームは先週の先々週の金曜日に無事届いておりました。とても奇麗です。次の日には、組付け完了して乗り始めてました。

 写真を送ろうと思ってたのですが、iPhonの限界と天気が良すぎて思ったような質感の写真になりません。改めて今日(曇り)にコンデジで撮ったので送ります。 肉眼なら晴の日にも奇麗に見えるんですがね。
良い仕事をしていただきありがとうございました。気持ちよく自転車に乗れるようになりました。また色を塗りたいものが出来たらお願いしたいと思います。」
との事です。わざわざ有難うございました!
確かに今回の塗色は少々特殊で、通常ソリッドカラーには使われないエフェクトホワイト(STX MIX810。DUPONTだとAM3のマイクロチタン)が大量に使われていて、透かすと青く、光が反射すると黄色味が出ると言う透明な白味が表現されています。こういった配合は殆ど見かけない為、車でも自転車でも同じような色をした車体は殆ど存在しないと思います。
この度のご依頼、誠に有難うございました!

LOOK 585②

LOOK 585①の続きとなります。

下地のサフェーサー研ぎも完了し、いよいよ本塗りの為の準備となります。

付属のアウター受けは隙間が目立つ為、シーラーを塗布しておきます。

使うのは1液変性シリコーンシーラーで、これは塗装の下への塗布が可能なタイプです(通常のシリコーンシーラーの上には塗装は出来ません)。

しっかりと充填し、

余分をシリコンオフとウェスで拭き取ります。

シートポスト部の仕上りが悪かったため、先にここを塗っておく事にしました。

ベースコートの黒を塗布し、乾燥したらマスキングをします。

そして本塗り準備完了です。

事前に作成したデータから各マスキングシートをカットします。

ダウンチューブはカーボン地を活かした「抜き」の為、オス型のマスキングシートを貼り付けます。

ベースコートの白を塗布し終えました。

多少なり修正を加え、近くで見るとこのように仕上がっています。ロゴは黒く見えますがここは透過性のスモーク塗装で、カーボン地が透けて見えるようになっています。

ヘッドチューブはグレーを塗布し、

シートチューブの後ろ側にフルカラーのLOOKロゴを塗装で入れます。

枠の黒を塗り、

それぞれマスキングを貼り直して、

ベースコートが完了です。

全てのマスキングを剥がし、

念の為ベースクリアーを塗布し、

クリアーをコートして本塗り完了です。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、必要に応じて磨き処理を行い、数日寝かしたら完成となります。

LOOK 585③へ続く