ウィンカーベースプレート塗装 完成

 こちらもお待たせしました!ウィンカーベースプレートの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は未塗装のプラスチック素地状態で、小傷等があったので「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった作業で下地を整えてから上塗りを行いました。

 尚、車体に装着されると見えるのはこちらの側面のみで、上面についてはウィンカーで隠れるようになります。

 多分厚みの薄いこちらの方が下側になるかと思います。

 こちらが後ろ側で、

 こちらが前側です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となっております。先日ワークショップをされた塗装屋さんもその輝き・質感に驚いておりました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フェラーリ360モデナキー塗装 完成

 先日本塗りを終えていたフェラーリ360モデナの鍵です。

元々着いていた跳ね馬のエンブレムの裏側に接着剤(スーパーX)を塗り、

元の位置に貼付け、2日程寝かしたら完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

元々はシルバー色だった物に、「サンドブラスト処理→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行い、

フェラーリ純正色「ロッソスクーデリア」(カラーコード:263657)で塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 尚こちらの色はソリッドカラーの赤では無く、下地にシルバーを塗ってその上に半透明な赤を塗り重ねる3コート塗装となります。

 パッと見はソリッドカラーの赤に見えますが、光に当たると下地のシルバーに光が反射して明るい赤に見えます。

 側面はカクカクとした変なラインになっていたので、ペーパーを掛けて自然なラインに直しておきました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

日産L型ヘッドカバー結晶塗装 本塗り

 アルカリ洗浄液に浸け置きをしておいた日産L型エンジン用ヘッドカバーです。その後リン酸処理を行っておきました。

 まずは全体にプライマーを塗布し、

 続けてシルバーの結晶塗装を行い、140℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。先程のレヴォーグのインマニは樹脂部品だったので全体から赤外線ヒーターを当てていますが、金属製品であれば熱が伝導するのでヒーターは上側からのみで大丈夫です。

ただしこちらも時間は20分程で、後日もう一度恒温器で熱を掛けます。多分なのですが、140℃で40分熱を掛けるよりも140℃20分を二日に掛けて2回行った方がカリっと焼き上がるんですよね。今回のように凸部の研磨をする場合には塗膜がしっかり固まっていた方がやり易いのです。

二度焼き後に凸部を研磨して光らせ、露出したアルミ素地部分にはクリアーを筆で塗っておきます。尚、今回のパーツはOHCの部分が一段高くなっているので研磨は2回に分けて行います(一緒に研ごうとすると塗膜傷が付いてしまいますので)。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

スバルレヴォーグ樹脂製インマニ結晶塗装 本塗り

 昨年中にサンドブラストにて足付け処理を行っておいたスバルレヴォーグの樹脂製インテークマニホールドです。その後流水で洗浄し、シリコンオフをスプレーガンに入れて上からスプレーして洗い流すようにして脱脂をしておきました。足付け処理と同様、この形状でウエスを使って脱脂清掃すると言うのは現実的ではありません(と言うかそれでは単に油膜を伸ばすだけですので)。

 サンドブラスト処理前と同様にマスキングをし、全体に2コート(2周)程プラスチックプライマーを塗布し、結晶塗装の本塗りを行います。

 素材が金属であれば熱伝導が起こるので上から赤外線ヒーターを当てれば全体を140℃以上に出来ますが、今回のような樹脂部品の場合はそれが出来ません。

なので全方向から赤外線ヒーターを当てて120℃~140℃程の熱が掛かるよう調整が必要です。画像では下からだけですが、実際は上下左右挟み込むようにして熱を掛けています。

全体に熱が掛けて結晶目が出た状態です。

以前はさらに赤外線ヒーターで熱を掛け続けていましたが、現在は恒温器があるので今度はそちらで二度目の焼きを行います。二度焼きは130℃で30分程行います。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMW MINメッキグリル枠塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!BMW MINのメッキグリル枠の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

飛び石傷が結構多かったのですが、プライマーとは別にサフェーサーの塗装&研磨も行っているのでその跡は全く感じられないと思います。

 メッキ用の下地処理を行わず、密着剤を塗ってそのまま上塗りを行えればご案内している半額くらいの費用で塗装出来るのですが、一度塗装がペリペリと剥がれると補修するのは難しいので当店では対応していません。

 尚当店での塗装では普通にフェザーエッジが出せますので、後で傷を付けてしまったなどの場合でも補修が可能です。下地が出来ていないと延々チヂレが起きるので部品を交換するしか方法はありません(ラッカーならシンナーで落とせるのでそれなら大丈夫な場合はあります)。

 以前当店で塗ったメッキ部品を、回りまわって知り合いの塗装屋さんが補修するという事があったのですが、補修の仕方を説明したその時に「タカハタ君、凄いね。フェザーエッジが普通に出るよ!」と感動していました。やっている事は全然特殊な事では無いのですが、多分そこまで手を掛けるという発想が無いのかも知れません。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となっています。

【お任せ仕上げコース】ですので磨き処理はしていなく、塗りっ放しのそのままです。塗って直ぐに熱を掛けるともう少し艶が引けてしまうのですが(塗膜中の溶剤が急に出てくるので表面を荒らしてしまうのです)、一晩置いてから熱を掛けるようにしてからはある程度の艶を保持したまま仕上げられるようになりました(勿論ベースコートでドライ吹きをしない事が必須ではありますが)。

一緒にお預りしておりますテールランプもそろそろ着手しますのでそちらもどうぞもう少々お待ちくださいませ!