日産S20ヘッドカバー塗装 完成

 大変お待たせしました!日産スカイラインGT-R(KPGC10)のS20ヘッドカバー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はグレーの半艶に再塗装されていた物を、

旧塗膜の剥離~サンドブラスト処理を行い、

「プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行って下地を平滑にし、

 艶々の仕上りにしました。

 色は色はスバルの「ダークグレー」(カラーコード:61K)でご指定頂き、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承りました。

 ヘッドカバーの向きを反対に変えました。

 こういった部品の場合は「当時と同じ様に」といったご要望が多い気がしますが、これらのヘッドカバーが着く車両(ハコスカ)はそういった事を既にやりきってしまわれたようで、今回のように「艶々に」といったご依頼は結構多いです(ただし費用も大きくなるのでご依頼に至るケースは稀です)。

 原色の中では一番粗いメタリック(MIX598)が使われている為、近くで見るとメタリックの荒々しさを感じられます。

 艶が出ると粗が余計に目立つので、鋳造製品をそのまま塗ってもこのようには仕上りません。特にこの型のヘッドカバーはプラグホールとプラグホールとの間に「凹み」があって、それがそのまま残ると格好悪いです。

現在同じように、ランエボ(マグネシウム製)のヘッドカバーと、ランエボⅩの樹脂製ヘッドカバーも「艶々」でご依頼を頂いておりまして、マグ製の方は初のキャンディーピンク塗装で、こちらも業者様からのご承諾を頂けましたので後日紹介したいと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

スバルサンバー ヘッドカバー結晶塗装承ってます

 先日到着しておりました、スバルサンバーのエンジンヘッドカバーです。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

ご依頼内容はこちらを日産「ナデシコピンクパールメタリック」(カラーコード:NAR」のような感じの結晶塗装で、また「SUBARU ☘CLOVER4」の文字周りの、一段高くなった長方形の部分を研磨して鏡面状に光らせ、最後にクリアーを筆で塗っておきます。

ちなみにこちらのオーナー様は以前同車のブレーキ周りの塗装をご依頼頂いた方で、今回と色は違うのですが、参考までにそちらの記事も紹介させて頂きますね。

SUBARU Brake Parts

この時の仕上りも非常に喜んで頂けたようで、今回はこれよりも少しピンクを濃くと言う事で違う色でご指定を頂きました。マーチとかノートに採用されたピンクのようですね。ただしあくまでも結晶塗装ですので「近似色」といった色となります。

ヘッドカバー裏を見るとオイルが固まったような汚れがありますが、アルカリ洗浄槽に浸け置きしてこちらも綺麗にしておきますのでご安心下さいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度もご贔屓頂き有難う御座います!

ランエボⅩ樹脂製ヘッドカバー サフェ入れ

 先日お預りしておりましたランサーエボリューション10用樹脂製エンジンヘッドカバー(と、業者様からご依頼を頂いているMg製ランエボヘッドカバーとトヨタ5Mヘッドカバーと私物の黒鍵盤)です。

ヘッドカバーは新品状態でも油っぽいのでアルカリ洗浄槽で浸け置きしておきました。その後エアーブローで内部やネジ穴などの水を飛ばし、風通しの良い場所で乾燥させておきます。

 ヘッドカバー上部には内部の骨の模様(段差)があり、これをこのまま艶々に塗装するとかなり気持ちの悪い仕上りになってしまう為、今回は上面のみ「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった作業を行う事にしました。

 削ってみるとその段差模様が良く判ります。今回は素地が梨地では無いのでそのまま塗っても艶は出ますが、これがそのまま残ると思うと寒気がします。

 と言う訳で、目立つ上面は#120→#180→#240で研磨しました。

一見すると平らに削れているようですが、今回は切削性の悪いPA=ポリアミドの為、これで平滑に出来ているという訳ではありません(逆に切削性の良いABSであれば結構平らに削れていたりはします。ただしそんな簡単に平滑になる訳では無いのでウネリは残りますが)。

 その後はヘッドカバー全体を足付け処理します。

アルカリ洗浄である程度の油分は取れていますが、ここで空研ぎを行うとちょっとした傷でも毛羽立ちが起きてしまう為(オレフィン系樹脂の特徴です)、研磨粒子の当たりが柔らかくなるよう(摩擦熱が抑えられるよう)ウォッシュコンパウンドとスコッチを使っての足付け処理とします。

 手が入らない個所はヘラとスコッチを、さらに入り組んだ個所はナイロンブラシを併用します。

近年メジャーとなった布製の研磨副資材(アシレックス)ですが、空研ぎでの使用は勿論、水研ぎでも使えます。むしろ研ぎ粉のカラミが無くなるので、熱可塑性樹脂の足付け処理には水を使った方がやり易いです。

画像は、ナイロンブラシでは入らず、かといってスコッチでは当たり弱い個所はヘラにアシレックスを巻いて使っているところです。

その後再び綺麗に洗浄し、良く乾かします。

 今回サフェを塗るのは上面だけなので、周りをマスキングします。サフェの見切りは段差が出来ないようテープを半分に織り込み、アールが着いた個所はスポンジテープを貼り付けます。スポンジテープは3Mで「ソフトテープ」なる専用の物がありますが、今は殆ど使う事が無いので建築用資材(ボードの隙間にシーラーを打つ前に入れる物?)を代用しています。これを使うのですら工場立ち上げる時以来です。

念の為樹脂の表面には火炎処理を行い、プラスチックプライマー塗布後、サフェーサーを7コート程塗り込みました。格子状の模様は殆ど取れているようですが、大きなウネリが見られるので、サフェ研ぎである程度自然な感じに均せればと思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

いすゞ117クーペ ヘッドカバー結晶塗装 本塗り

いすゞ117クーペ ヘッドカバー結晶塗装承ってます

先日完成したデリカのテールランプと一緒にご依頼頂いておりました、いすゞ117クーペのヘッドカバーです。

今回のヘッドカバーは腐食が酷かった為、一旦サンドブラスト屋さんにて強力な直圧ブラストをお願いしていました。尚、当店のブラストは吸い上げ式なので激しい腐食の場合は取り切れない恐れがあり、その場合は専門店にお願いしています。

 裏側にも腐食が出ていたので、こちら側もサンドブラストをお願いしていました(サンドブラスト作業は任意で、ご希望の場合はその旨申し付け下さいませ)。

 凸部は通常塗装後に削りますが、今回はこの辺りの浸食も酷かったので先にある程度削っておく事にしました。画像は軽くサンダーを当てた状態です。

サンドブラストを掛けていない場合、この浸食された部分には腐食がそのまま残ってしまっている訳で、再発する可能性が非常に高いです。以前施工したcannondaleのフレームがまさにそれですね。見た目だけは綺麗になり、しかも数年は症状が出ないのである意味厄介です。

 #80である程度削って浸食部分を削り落とし、#120で均します。

 その後リン酸処理を行い、洗浄してよく乾かしたら本塗り開始です。

 まずはプライマーを塗り、

 結晶塗装を行い、140℃で30分程熱を掛けて本塗り完了です。大変お待たせしました!

 結晶塗装の場合は塗ってから早い段階で熱を掛けないと結晶目が安定しないので、本塗りと焼きはセットで行います。

この後いつもなら恒温機に入れて二度目の熱を掛けますが、今回はこれのみの施工だった為、このままもう一度赤外線ヒーターで140℃30分程の熱を掛けておきました。結晶塗装自体は業者様から4点くらい入っているのですが、今回はちょっとタイミングが合わなかったのでこちらも遅れ気味となっていました。

次は凸部を研磨して鏡面状に光らせ、アルミ素地にクリアーを筆塗りしてそれが硬化したら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

S20ヘッドカバー 本塗り

 先日サフェ研ぎまでを終わらせておいた日産ハコスカ用のS20エンジンヘッドカバーです。最終脱脂処理を行い、いよいよ本塗りとなります。

 サフェ研ぎの際にはアルミ素地が露出している個所もあるので再びプライマーを塗布します。これは部分的にでも構わないのですが、サフェーサーの上に重なっても問題は無いので全体に塗ってしまいます。ただし肌を荒らすと仕上りに影響が出る為(艶引け)、全体に塗るのは1コートのみとしています。

最初は様子を見る為に適当なベースコート(今回はメルセデスのブルーブラック)を塗り、色が着く事で素地の粗が判りますから、そこからさらに研ぎ作業を行います。ここからが結構長い作業となります(今回で2時間程)。

 研ぎ痕などを除去したら、ご指定頂いた塗色(スバル「ダークグレー」61K)を塗りベースコートが完了です。

 ベースコートを十分に乾燥させたら凸部の周りをマスキングし、研磨します。

 番手は#240から始め、最終#1300相当で仕上げます。

 アルミ素地を光らせる際にはペーパーは新しい物を使う必要がある為(パテや塗装の研ぎと違って傷が残り易いのです)、本塗り中にも関わらず色々と物が溢れます。

 研磨した際の研ぎ粉はエアーブローだけでは落ちないので、タッククロス(不織布に粘着剤が塗布された塗装作業専用の物)を併用して塗装面をクリーニングし、アルミ素地が露出した個所には密着剤を塗って、最後にクリアーを2コート塗ったら本塗り完了です。お待たせしました!

 アルミ素地の個所は塗装後に研磨して光らせるという方法でも良いのですが、腐食して曇っていくなら多少でもそれを遅らせられればと言う事でクリアーを塗っています。クリアー自体に防錆効果はありませんのでご注意下さい。

この後は一晩以上自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を強制乾燥させます。

それでは完成次第改めて紹介をさせていただきますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!