R34スカイラインテールランプ等一式 塗装承ってます

 先日到着しておりましたR34スカイラインのテールランプ、フロントウィンカー、サイドマーカー、バックランプ&リヤフォグ、ハイマウントランプの合計9点です。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

 テールランプは純正の新品で、内部を加工されているとの事です。

 フロント・サイドのウィンカーは前期型のオレンジレンズの物との事です。

 バックランプ&リヤフォグも加工された物との事で、クリアーレンズに変更されているとの事です。

 ハイマウントランプとサイドマーカーに着いているウェザストリップ(ゴム)は接着剤が着いているようなので、こちらはフチが捲れるようにしてマスキングで対応したいと思います。

スモーク濃度については「極薄目と薄目の中間」で、先日完成してお納めした「デリカのテールランプくらい」とのご希望も頂いておりますのでそちらを参考にしようと思います。完成時の記事を紹介させて頂きますね。

デリカテールランプスモーク塗装 完成

スモークはべた塗りで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で承っております。

今回のように型の違う製品を同じ様な濃度のスモーク塗装にする場合は、それぞれの塗り方を変えるようにして濃度を合わせます。

例えば上の画像のフロントウィンカーとサイドマーカーとでは元々の濃さ(黒さ)が違う為、同じようにスモークを塗ってしまうと仕上りも濃さがバラバラになってしまいます。

濃さの調整はコート数や塗料中のスモーク含有量で行い、またそれは事前には計りようが無い為、塗りながら調整しなければなりません。スモークの見え方はテールランプの構造(反射板や壁、レンズとの距離など)に依存する為、事前に作製した色板などでは意味が無いのです。

同様に、テールランプだけを塗る場合でも、クリアーレンズ部だけが明るい(眩し過ぎる)場合にはそこだけスモークを多めに塗ったりして調整しています。「長年の経験で」とか「職人の勘」みたいな事は曖昧過ぎて私的に好きではありませんが、この辺は実際に作業しながらでしか対応が出来ない事でもあります。単に黒くするだけなら簡単なのですが、実際は色々と考えて行っているのでかなり疲れる塗装でもあります。

こちらは以前ご依頼を頂いたF50ブレーキキャリパーで、仕様変更に伴って現在は取り外して保管されているとの事ですが、「装着時の雰囲気やバランスは現在のものより気に入っておりました。」とのお言葉も頂戴しました。わざわざ画像の送付有難う御座いました!

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。次のレンズ系塗装のターンは既に埋まってしまっておりますが、この量ですのでこちらは単体で本塗りを行うかも知れません。どうぞ作業着手まで今しばらくお待ちくださいませ。

改めましてこの度もご贔屓頂き有難う御座います!

アバルト(フィアット)テールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!アバルト595C フィアットの純正テールランプスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

レンズはクリアーのカバータイプで、周りのフチが白くなっているのが特徴です。この白が気に入らないというオーナー様も多いのではないでしょうか。

濃度は「標準濃度」で、しっかりと黒さを出していますが、

 透明感のある仕上りとなっていますので、上品さも感じられるかと思います。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 ちなみに立てて撮影した場合はそれぞれ置く場所を逆にするのですが、今回のように安定の悪い物は倒れる(落ちる)危険性があるのでこちら側からのみの撮影としています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ランドクルーザーテールランプ塗装 完成

 こちらもお待たせしました!トヨタランドクルーザーの純正テールランプ塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 スモークの濃度は前回と同様「薄目」で、

 クリアーも高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

   影になると黒味が強く見えますが、

前回と同様「薄目」の濃度で、ダマ・ムラも感じられない透明感のあるスモークに仕上がっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂き有難う御座いました!

TOYOTA86テールランプスモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!トヨタ86の社外品テールランプスモーク塗装も本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々レンズ全体が赤くなっていたテールランプで、レンズの表面は艶が引けたような状態になっていましたが、

 「極薄目と薄目の中間」の濃度のスモーク塗装と、高品位なクリスタルクリアーの質感で、最初の状態からはかなり雰囲気が変わったと思います。

恐らく最初の状態よりも透明感を感じられるようになったのではないでしょうか(レンズ表面は細かいシワのような状態になっていて、今回の塗装でそれを払拭出来ました)。

スモークはムラもダマも感じられない仕上りになっているかと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

レガシィテールランプ(from北海道)塗装 完成

 大変お待たせしました!レガシィツーリングワゴン用の社外品テールランプの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はテールランプの上半分がクリアーレンズになっていたのですが、

 内部の反射板の枠に沿ってウィンカー部分を残し、それ以外を透過性の赤=レッドキャンディーに、また全体に「極薄目」の濃さでスモーク塗装も行っています。

こちらも塗装前の状態で、このクリアーレンズ部分のみを周りの赤に合わせて塗っています。

言われても元々この部分が透明だったとは判らない仕上りに出来ているかと思います。

 薄くスモークを塗っている事で、残ったクリアーレンズ部分も落ち着いた感じになっているかと思います。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!