AMG Brembo Brakes

メルセデスベンツW211 E63 AMGのブレンボキャリパー一式です。

 元々あるロゴはストレートのタイプで、

 今回はこれを新しいタイプのカーブしたロゴに変更で承りました。オリジナルの物を参考にデータを作ります。

 作成したロゴをプリントアウトし、

切り取ってキャリパーに合わせて確認します。上のフロントキャリパーは鋭角なカーブで、下のリヤキャリパーは緩やかなカーブとなっています。

車型色見本 塗装

色に関しては、以前8ポッドの新品キャリパーで確認していた赤を採用します。

 いつものブレーキ屋さんにて洗浄&サンドブラスト処理を行って頂きました。

ブレーキキャリパーの下地処理についてはそれ専門の方に委託してお願いしています。詳しくは以下の記事をご参照下さいませ。

ブレーキキャリパーの下地処理

 その後ペーパーを掛けて表面を研磨し、

 良く脱脂清掃後、

 プライマーを塗布します。

 ボルトで固定する箇所には膜厚を着けたくない為、ベースコートの黒のみを塗って塗膜の厚みを抑えます(元々ここはブレーキ屋さんからの指示で塗装していなかったのですが、そのままだと腐食してしまうので今はこうしています)。

 ここで改めて各部をマスキングします。

 赤が隠ぺいし易いよう、下色を塗ります。

 ベースコートの赤を塗布後、十分に乾いてテープフリーな状態になったらロゴ入れの塗装を行います。

 ロゴは黒で塗装しました。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

 その後60℃40分程の熱を掛け、さらに数日寝かしたら完成となります。

  後日オーナー様からは、「ひとつの梱包をほどいて仕上がったキャリパーを拝見致しました。大変きれいに仕上がっており、部屋に飾っておきたいほどの出来でした。ありがとうございました。」といったお言葉も頂戴しました。こちらこそこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!

SUBARU Brembo Calipers

 スバルのリヤ用純正ブレンボキャリパーです。

 下地処理は、いつものようにブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理を行って貰います。ブレーキ屋さんについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さい。

ブレーキキャリパーの下地処理

 その後全体を研磨し、十分に脱脂清掃を行っておきます。

 色はProject μのイメージカラーであるブルーグリーンの近似色と言う事で、ブレ―キ屋さんから正規のタッチアップ塗料を譲って貰い、それに合わせてSTANDOXで色を作製します。小さいカップの方が正規の塗料で、右が今回の為に作製した色です。

 塗装ブースにセッティングをし、

 まずはプライマーを塗布します。

 ボルトで締め付ける部分にはベースコートの黒を薄膜で塗装し、マスキングをしておきます。

ベースカラーのブルーグリーンを塗布し、

ロゴはVWのキャンディホワイトで塗装します。

ここまでがベースコートで、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

本塗り後は一日自然乾燥し、翌日以降に60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

   

マツダRX-7 リヤブレーキキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!マツダ純正RX-7用リヤキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

 元々未塗装だったキャリパーを、

いつものようにブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理を行い、

全体にプライマーを塗装→膜厚を着けたくない個所はベースコートの黒のみの塗装としてマスキングをしておきます。

色に関しては、今回は一緒にお預りをしたbrenboのフロントキャリパーの赤に近い色を見本から選んで採用しています。

いつものブレンボキャリパーのレッドに比べると、今回は若干青味が強くなっています。 いつものブレンボレッドについてはこちらの記事でも紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。そちらはもっと朱色っぽい赤となります。

ちなみに今回のリヤキャリパーはRX-7のFD3S用との事ですが、これをロードスターに流用するケースが多いようです。少し前からマツダがロードスターのレストア部門を立ち上げたので、もしかしたら今後こういった需要が増えるかもですね。

 ただし見ての通り純正キャリパーは部品点数が多く、また形状も複雑&素材が鉄と言う事で、アルミ製のブレンボキャリパーに比べて塗装は手間が掛かります。

 費用を抑えると言う事であれば、車体から外さずにマスキングして塗るという方法もありますが、その場合はどうしても塗れない個所がある事、またサンドブラスト作業は出来ませんので今回のような作業は不可能です。

 ちなみにですが、自家塗装などで鉄にそのまま色を塗ってもいずれ剥がれてしまいますのでご注意下さい(金属への塗装はプライマーの塗装が必須です)。また密着剤にはそれ自体に防錆効果はありませんので、腐食を気にされるのであれば鉛やクロムなどの防錆顔料を含んだプライマーの塗装が必要です。ラッカーサフェーサーでも塗らないよりはマシなので、まずは油分や汚れを落とし、しっかりと足付け処理をしておくと良いかと思います。

 日が陰って来たので室内での撮影に切り替えました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

マツダRX-7 リヤブレーキキャリパー 本塗り

 先日お預りしておりましたマツダRX-7の純正リヤキャリパーです。いつものブレーキ屋さんにお願いし、サンドブラスト処理を行って頂きました。

 先程の画像でマスキングテープが貼られていた個所は一旦剥がし、ペーパーで足付け処理を行い、また新たに行ったマスキングは少し変則的にしています。錆を発生させないようにしつつ、オーナー様のご意向に沿うような感じですかね。

 今回は素材が鉄(鋳鉄)で、既に錆が発生していたと言う事もあり、念の為プライマーには腐食に強い浸透型エポキシプライマーを使用しました。通常のプライマーに比べて艶があるのが判ると思います。

ただしこれをこれからマスキングする個所に塗ると、そこに貼ったテープがくっ付いたまま固まってしまう為、この時点ではマスキング個所への塗装は避けるようにしています。

 その後はいつものプライマーを、これからマスキングする個所と、さらに全体にも薄く塗布します。

 続けて膜厚をつけたくない個所に黒のベースコートを塗布します。

 その後テープフリーな状態になったらマスキングを行います。

 ただしエポキシプライマーを塗った個所は完全に固まっている訳では無いので爪を立てたりしないよう注意して行います。

 マスキングが終わったら再び吊るし、

 まずは下色としてピンクを塗ります。

 さらに赤を2コート程塗り重ね、

 念の為一緒にお預りしたフロントキャリパーに装着するブレンボの色を並べて確認します。いつものブレンボレッドより青味が強い感じで、今回は近似色としてフェラーリ純正色のロッソコルサ(カラーコード:322)を採用しています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 鉄の鋳物なので素地の凸凹が強いですが、フロントキャリパーとの一体化、また防錆面でも今回の塗装には意味があるかと思います。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

W211 E63 AMGブレンボキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!メルセデスベンツW211 E63 AMGのブレンボキャリパーとブラケット・取り付けボルトの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々シルバーで、AMGのロゴはストレートのタイプだった物を、

 ブレンボ純正の赤の近似色で塗装し、AMGのロゴはカーブタイプに変更しています。

 キャリパー取り付けボルトはブラケットと共締めの為、外した状態で頭だけ塗装をしました。ブラケットの艶消し黒はクリアーを塗らない【激安コース】の仕様となります。

カーブタイプのAMGロゴは今回初めてだった為、データから作成して対応をしました。次回からデータ作成費は必要ありません。

 フロントのAMGロゴは少しカーブがきつく、

 リヤは緩やかなカーブになっています。今回はフロントとリヤで別々のロゴデータを作製しました。

 車体にボルトで固定する個所は塗膜の厚みを薄くする為、プライマー塗装後にベースコートの黒を薄膜に、赤&クリアー塗装時にはマスキングをして仕上げています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!