W211 E63ブレンボキャリパー 本塗り

 先日よりブレーキ屋さんに預けていたメルセデスベンツW211 E63 AMGのブレンボキャリパー一式です。サンドブラスト処理~洗浄~マスキングまでを行って頂きました。

 そのままでも塗れる状態ですが(ブレーキ屋さんから直でのご依頼の場合はそのまま塗ります)、仕上がった時に多少なりとも艶が出るよう表面をダブルアクションサンダー#120と#180手研ぎである程度研磨します。

 ブラケットの方は旧塗膜の剥離はせず、足付け処理のみ行います。スコッチとナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使い、泥汚れも一緒に落とします。

 脱脂清掃後、塗装ブースにセットします。

 今回はキャリパーとブラケットは共締めで車体に固定される為、ボルトは外した状態で塗装します。

 まずはプライマーを塗り、

 塗膜の厚みを着けたく無い個所に、ベースコートの黒を塗布します。

 黒が乾いたらそれらの個所をマスキングします。

 ブレーキパッドを固定するシャフトを通す穴はクリアランスがかなりしっかりしているので、そこを塗装してしまうとシャフトが入らなくなり、組み付ける方が困るそうです。なのでこちらもプライマーとベースコートの黒のみとしておきます。

ブラケットも全体にプライマーを塗り、先に裏側を塗っておきます。

 ブラケットは艶消しの黒で承っておりますので、ベースコートに直接硬化剤を20%程入れてクリアーは塗らない仕様とします(激安コース仕様)。こちらはこの時点でブースから出して恒温器に入れておき、後で一緒に熱を入れます。

 キャリパーの方はまずは下色にピンクを塗り、

 bremboレッドの近似色を塗装し、十分に乾燥させたらロゴを塗装します。

ロゴの作成については以下のページで紹介していますので宜しければご参照くださいませ。

W211 E63ブレンボキャリパー ロゴデータ作成

 ここまででベースコートが完了です。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 吊るして塗るとどうしてもクリアーが垂れ易いので、最初の1コート目には乾燥硬化の早い硬化剤(具体的にはMS5-25)、2コート目のクリアーには肌(レベリング)が良くなるよう遅い硬化剤(MS15-30)といった使い分けをしています。

 ちなみにクリアーの乾燥硬化速度を変えるには硬化剤の他にシンナーを変える方法もありますが、クリアーの混合率が「主剤:硬化剤:シンナー」=「2:1:0.45)と言う事もあり、シンナーを変えるよりも硬化剤を変えた方が影響力は緩やかで塗り方もコントロールし易いと思います(勿論気温が上がればどちらも上げていいきますが、季節の変わり目で気温の変動が大きい今の時期はシンナーよりも硬化剤を変えた方が断然塗り易いです)。

当店の場合だとクリアー用の硬化剤は3種類、シンナーは3種類を使っています。一つのクリアーで9通りの仕様が選べるという感じですね(実際はそこまでいきなり気温が変わる訳では無いので、毎日の作業ではせいぜい2~3通りです)。

 車体を塗る場合は塗装面積が大きくなり、肌を繋げたり塗装ミストの馴染みを良くする必要がある為、さらに遅いタイプの硬化剤やシンナーが必要となります。

ボルトもプライマー塗装後、キャリパーと同色の赤に塗装しています。穴の中の側面は塗膜の厚みが付かないようクリアーを薄目にしておきました。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

マツダRX-7 リヤブレーキキャリパー塗装承ってます

 先日到着しておりましたマツダRX-7 FD3S用の純正リヤブレーキキャリパーです。

尚こちらのオーナー様は昨年にロードスターのヘッドカバーを結晶塗装の赤で御依頼頂いた方で、今回はこちらのキャリパーを「艶有りの赤」で御依頼頂きました。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

 以前施工した同型のキャリパーは付属品が着いたままでのご依頼となりましたが、今回はピストンも外れてかなりスッキリした状態となります。

 色に関しては、こちらのフロントに取り付け予定のブレンボキャリパーを見本として一緒にお預りしました。

以前塗った事のある形状かも知れませんが新品状態で見るのは初めてで、いつも見ている赤よりも青味がある印象を受けます。

 と言う訳で、早速色の確認をしておきました。

厳密な調色作業は別途「調色費」が必要となりますが、既存の色見本から色を選んで採用する方法であれば無料で対応出来ます。また配合データがあればいつでも同じ色を再現出来ますので今後何かあった時にも安心です。

 いつもブレンボのキャリパーに採用しているのはこちらの赤で、やはりと言うか今回のキャリパーと比べてみると大分キャリパーの方が青いのが判ると思います。

と言う訳で他の色見本を探してみると、こちらのフェラーリロッソコルサ(カラーコード:322)の方が色が近く、今回はこちらを採用したいと思います。

キャリパーは塗装前の下地処理としていつものブレーキ屋さんにサンドブラスト処理をお願いする予定です。

ブレーキ屋さんについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。

ブレーキキャリパーの下地処理

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

W211 E63ブレンボキャリパー ロゴデータ作成

 先日お預りしておりましたメルセデスベンツW211 E63 AMGのブレンボキャリパーです。

今回は塗装に合わせてロゴの形状も現行のアーチ形状タイプに変更で承っていますので、下地処理(旧塗膜の剥離)をする前にそちらを作製します。

キャリパーの形状によってはフロントとリヤに同じ物が使えるのですが、今回はリヤキャリパーの形状が緩いタイプだったので、それぞれ別のデータを作製します。

サイズはオリジナルが判らなかったので、既存と同じくフロントを105ミリ(もしかしたらオリジナルは104ミリ)、リヤは94ミリの横幅としています。

 それをプリントアウトし、

切り取ってキャリパーに合わせます。良い具合に出来ていると思います。

尚念の為ですが、時々こういったデータやカッティングシートを売って欲しいというお問い合わせがあるのですが、それには対応が出来ません。当店で行う事はあくまでもオーナー様から頂いたオーダーを、塗装の付帯作業として行うのみとなります。何卒ご了承下さいませ。

ロゴデータが出来たので、次はいつものブレーキ屋さんにて下地処理をお願いする予定です(ただ業者様からもキャリパー一式の御依頼が入っていて、そちらを先に進行すると思いますのでこちらはその後の入れ替えでお願いする予定です)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

W211 E63ブレンボキャリパー塗装承ってます

 先日到着しておりましたメルセデスベンツW211 E63 AMGのブレンボキャリパー一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 今回はこちらをブレンボレッドに、またAMGのロゴはカーブしたタイプに変更して黒の塗装で承っております。

 ストレートタイプのAMGロゴのデータはありますが、アーチ形状タイプは持っていないので、今回はこちらの制作も承っています。またフロントとリヤでは微妙に形が違うので2種類のデータを作る予定です。

フロントキャリパーにはキャリパーサポート(ブラケット)が着いていて、こちらは旧塗膜は剥がさず、足付け処理のみ行って艶消しの黒に塗装する予定です。

尚、「洗浄→サンドブラスト→マスキング」までの作業はいつものブレーキ屋さんにお願いする予定で、内容については以下の記事が判り易いかと思いますので紹介をさせて頂きますね。

ブレーキキャリパーの下地処理

色については、いつもの「ブレンボレッド」近似色を採用する予定です。こちらも以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。

色見本 作製

まずはロゴデータを作製し、それが出来たらブレーキ屋さんに送る予定です。

作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

F50ブレンボキャリパー塗装 完成

 こちらもお待たせしました!F50ブレンボキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は赤だった物にシルバーの塗装が施されていたのですが、下地処理が中途半端だった為か、結構ショッキングな状態でした。

塗装表面がガタガタしているのは旧塗膜が中途半端に残っていたからで、それだけならまだ良いのですが、サンドブラスト処理が行われた状態で見てみると、内側の方には腐食による浸食なども見受けられました。こちらはブレーキ屋さんがサンドブラストで綺麗に除去してくれていますのでご安心下さいませ。

深い傷は多少残りましたが、サンダーで抉った痕の殆どは旧塗膜で止まっていたのが幸いでした。

 画像だと判らないのですが、こちらもロゴ部分はアルミ素地をサンダーで削って均しておきましたので、その部分は艶のある仕上りになっています。

 アルミ素地の梨地を平滑にするにはサフェーサーが必要ですが、キャリパーの場合は耐久性の事を考えるとエポキシ系の使用が理想的で、ただそうなるとかなりのコスト高になりますから、それであれば梨地を均す程度でプライマーを薄膜に留める程度の方が良いかと思います。

 艶だけを出したいのであればクリアーの二度打ち(クリアー塗装→完全硬化→クリアー塗装→完全硬化)といった方法もありますが、キャリパーの塗装としてはメリットは少ないので余りお勧めはしません(勿論ケースバイケースで、ご要望があれば対応は致します)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!