TOYOTA86 Brembo Calipers

トヨタ86用ブレンボキャリパー一式です。

現状は既に何かしらの塗装が施されていますが、bremboロゴのサイズが規定より大分大きかったり、

アルミ素地からの腐食が全体的に発生しています。何も処理しないまま塗装されてしまったのかも知れません。

 ブレーキの洗浄・下地処理(サンドブラスト処理)については、以前知人の工場に間借りしていた時にお世話になっていたブレーキ屋さんにお願いしています。以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。

ブレーキキャリパーの下地処理

 平面部分にはダブルアクションサンダー#120→#180を使って研磨し、角などは#240で手掛け研磨します。

 その後全体を脱脂洗浄して残った個所をマスキングし、ブースにセットします。

 まずは全体にプライマーを塗布します。

 車体に固定する個所にクリアーを塗ると固着してしまう為、ここはベースコートの黒を薄膜で塗ってマスキングをしておきます。

 色は「オレンジパール」で承っていますので、オレンジ・イエロー・レッドの原色にイエローパール・着色オレンジメタリックを加えて作製しました。右が最初に作った色で、左が本塗り時に急遽作り直した色です。

 ベースコートを塗り終わりました。

 キャリパーにあったサイズのマスキングシートを作製し、

 位置を合わせて、

 キャリパー全体ンいマスキングをして黒メタリック(VW:LC9Z)を塗布します。

 再び塗装ブースに戻し、

 クリアーを塗って本塗り完了です。

 この後一晩おき、60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

さらに数日寝かしたら完成となります。

 また今回はキャリパーと同色で色見本キーホルダーの制作も承りました。塗装の御依頼を頂いた方のみ限定でのお受付となります。

また今回は裏面にロゴ入れ(デカール)もご依頼頂きました。配合データ付きですので当店が無くなっても同じ色で再現が可能です(STANDOXの塗料に限りますが・・・)。

色見本ミニカーの塗装については以下ページ社外記で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

色見本キーホルダー 本塗り

またその後、別のお客様から今回と同じオレンジをご指定頂いての御依頼もありました。↓

ブレンボキャリパー塗装 完成

またこちらのお客様からは後日装着後の画像とコメントも頂けました。装着されたのはBMW MINIだった模様です。

MAZDA RX-7ブレーキキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!マツダRX-7の純正ブレーキキャリパー一式の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

フロントキャリパーはグラインダーで削り込まれていた物を、

サンダーで深い傷やラインを均し、

自家塗装されたリヤキャリパーは、

いつものブレーキ屋さんにてサンドブラストで全部剥がして貰いました。

 リヤキャリパーもオーナー様自ら研磨を行っていたようでツルツルに仕上がっています。

 リヤブレーキを仮組みしてみました(全然関係ない細いボルトを挿し込んで固定しています)。

 車体にボルトで固定される箇所には膜厚を付けないようプライマー&ベースコートの黒を薄膜で仕上げています。

 オーナー様のご希望によりSUMITIMOの文字も残すようにしました。

またリヤキャリパーには、古いマツダのロゴをデカールで入れています。

幅がかなり狭く8ミリくらいしか無かった為、ロゴのサイズは6.5ミリにしています。

言われないと気が付かない程ですが、こういうのは愛着が沸きますよね。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

MAZDA RX-7ブレーキキャリパー 本塗り

 先日ブレーキ屋さんに下地処理をお願いしていたマツダRX-7の純正ブレーキキャリパーです。

リヤキャリパーは素材が鉄の為、錆が発生する前にプライマーを塗りたかったので早めに作業を進めていました。

フロントキャリパーは事前に#120で素地を整えていたので、その後#180~#240で均しておきます。

十分に脱脂清掃し、ブース内にセットします。

各部マスキングもしています。

純正のブレーキキャリパーは分割するタイプになっている為、ブレンボなどのキャリパーよりも手間が掛かります(費用も大きくなります)。

まずは全体にプライマーを塗布します。

フロントキャリパーも隅々までしっかりとプライマーを塗ります。

塗膜厚を着けたくない個所にはベースコートの黒を薄膜で塗装し、

マスキングを行います。

再び台にセットします。

本当はプライマーを塗った時点で一旦保管しておこうと思ったのですが、作業の流れを止めてしまうのが気持ち悪かったのでそのまま進行する事にしました。予定より2週間くらい早めの作業となっております。

色は紫色で、頂いたイメージ画像があったのでそれを基に色見本帳から近似色を探します。

が、やはりと言うかこういった系の色は自動車ボディカラーには殆ど存在しない為、一から作る事にしました。

オーナー様からのご指定としては、「画像の近似色で、気持ち濃く」とご希望を承っておりまして、ローターはピンク、リヤキャリパーのロゴは白なのでそれらも映えるよう少し濃くしておきます。

ベースコートを塗布し終え、十分に乾燥させたら凸部を研磨します。

周りを養生し、

#180から始めて最後は#800で仕上げ金属素地を光らせます。

リヤキャリパーに入れるロゴのデータを作製します。

一番左がオーナー様がご用意して頂いた画像で、当初は「塗装」を想定していたのでこちらのデザインで行う予定でしたが、そもそも塗装で出来るサイズでは無かった為に、それであればと言う事で真ん中のロゴを基として、一番右のロゴをベクトルデータとして新たに作成してデカールで対応する事としました。

サイズはこんな感じで3種類用意し、

実際に所定の位置に合わせて丁度良い物(6.5mm)を選びます。余りギリギリになっても格好悪いので10%くらい余白を作るようにしています。

サイズが決まったらデカール用紙にドライプリンターを使って白で印刷します。ドライプリンターによるデカールの作成については以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照くださいませ。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

専用の接着剤を使い、デカールを貼り付けます。

念の為ですが、こちらはマツダの古いロゴマークで、「マツダ 古いロゴ」と検索するとこのロゴ形状のエンブレムなどが見つけられると思います(私も知りませんでした・・・)。

参考までに頂いたイメージ画像と見比べてみました。

ちなみに「エヴァンゲリオンの色に似ているかな?」と思いましたが、

比べてみると全然違います。「色」をそれ単体で感じる事は非常に難しく、こうやって他の色と見比べる事でその色がどちらに向いているのかが判断出来ます。

再びブースの中に戻し、クリアーを塗って本塗り完了です。

アルミ素地が露出したには密着剤を塗った上でクリアーを塗布しています(プライマーが塗れない以上致し方ありません)。

リヤキャリパーはこういった形状の為、中々塗り難かったですが、

オーナー様のご要望通り艶々に塗れたと思います。

この後は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

マツダブレーキキャリパー 素地調整

先日お預かりしておりましたマツダRX-7のフロントブレーキキャリパーです。

元々あった梨地をオーナー様自らグラインダーで削っていて、ただその後忙しくなって作業が出来ない状況になってしまっていたとの事で、この後の作業を託されました。

 シングルアクションのサンダーは切削力が強い反面、局所的に掘ってラインを崩してしまったり深い傷を付けてしまうので、中々扱いが難しい所があります。

 今回行った工程としては、

・シングルアクションサンダー#80→#120

・ダブルアクションサンダー#80→#120

上記のサンダーが当たらない個所はミニサンダーとオービタルサンダー、さらに当て板に#120を貼って手研ぎ、リューターなどを使います。

画像の左上が施工後で、右が施工前です。

 同じく左側が施工後で、右が施工前の状態です。

 使った工具はこんな感じです。

 凸文字は下のSUMITOMOの小さい文字も残されたいとの事で、何とかそれを避けて素地を均しました。

サンダーによる修正が完了したので、この後はいつものブレーキ屋さんに送ってサンドブラスト処理等の下地処理をお願いします。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

シビックブレンボキャリパー塗装 完成

 大変お待たせしました!シビック用ブレンボブレーキキャリパーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は赤色で、いつものようにクリアーだけが剥がれたような状態でした。ただ使用感的には程度は良い物に見受けられます。

 ベースカラーのシルバーはVW社のリフレックスシルバー(LA7W)で、

 ロゴの赤はフェラーリのロッソコルサを使用しています。塗料は普通の2液アクリルポリウレタン製、いつものSTANDOXです。

 サンドブラストはキャリパー全体に行っていて(ブレーキ屋さんに委託しています)、ただ車体との固定部を塗ってしまうと固着してしまうとの事なので(これもブレーキ屋さんからそう指摘されていました)今までそこは塗っていませんでしたが、サンドブラストを掛けた個所のアルミ素地が露出したままなのは余り気分が良く無いので、今はそこにもプライマーを塗装し、薄膜でベースコートの黒(これもSTANDOX)を塗るようにしています。前回ご依頼頂いた時にはしていなかった仕様ですね。

 自然光だとクリアーの艶が判り難いので室内でも撮影してみました。

 白とシルバーは光が反射し過ぎて質感を画像で表現するのが難しいです。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店を御利用頂き有難う御座いました!