BRZ内装パーツ 艶消し黒 本塗り

 先日カーボンシートを剥がしてサフェーサーを塗っておいたスバルBRZのインテリアルパネルです。表面には黒のガイドコートを塗っています。

 元々そうだったのか、もしくはカーボンシートを剥がす為に通常では行わない#80シングルアクションサンダーを使った為なのかは判りませんが、表面はかなり凸凹している為、#320と固い当て板を使って全体のラインを修正します。

 その後は水研ぎでさらにラインを均します。

 こちらのメータークラスターも同様に、#400の空研ぎから始め、

 #600→#800の水研ぎでラインを均し、最後に当たりの優しい布製研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均します。ちなみにこの布製ペーパーで研いでもサフェの塗り肌はそのまま残るので最初から使ってはいけません(またはラッカーサフェならとても柔らかいので大丈夫かも知れません)。

 最初の取り外しておいたモニター枠を取り付けます。元々溶着で着いていたので、同じようにABS樹脂棒を溶かして固定します。

これらは別々に塗装しても良いのですが、塗装後の取り付け時に傷が付いたりしたら嫌なので先に着けておく作戦です(元々着いたまま塗るつもりでしたし)。

 メータークラスターはどうやって固定しようかと色々考えた結果、以前セドリックのグリルメッシュを塗った時に使ったフレームが残っていたのでそちらを利用する事にしました。

 メーターパネル開口部の折れ曲がった個所は、表からだとどうやってもスプレー出来ない為、裏側から塗る必要があります。

また今回は塗装後に磨き処理の出来ない艶消し塗装の為、ゴミを着けないよう立てて塗る事にしました。一挙両全みたいな感じでしょうか。

 インテリアルパネルも同じように、最後は吊るして塗れるようクリップを固定しておきます。

脱脂洗浄後、溶着して取り付けたモニター枠部にプラスチックプライマーを塗布し、本塗り開始です。

 まずはベースコートを塗布します。

 ベースコート時に大きなゴミが付いた場合にはペーパーで削り落としますが、ちょっとした毛埃などはこういった専用のウエス(タッククロス)を使って除去出来ます。知り合いの塗装屋さんに紹介したら凄い物だと驚いていました(昔のはベタベタしていたので小さい物には不向きでしたが、水性塗料が出てからは各社からソフトなタイプが登場しました)。

 ベースコートが終わったらクリアーを塗布します。かなりアクロバットな感じですが、ゴミを着けないにはこれがベストな塗り方だと思っています。

 同様に、裏からフチまで回り込むようにクリアーを塗布します。

 その後徐々に艶が消えていきますが、乾いているように見えても表面はまだヌルっとするので、このままの状態で半日程は吊るしておきます。

 と言う事でしたが、ちょっと気になった事があったのでこの後こちらは塗り直しています。

 画像で見ても判るようなレベルでは無く、むしろそのままでも判る人が居るのかは不明な程度でしたが、今回は【標準コース】でのご依頼ですので後日塗り直す事にしました(ですので他のご依頼品に比べて期間が長くなっております。申し訳御座いませんでした)。

メーターパネルは良い具合に、いつものようにツルっとした艶消しに仕上がっておりますのでご安心下さいませ。

 そして後日熱を掛けて塗膜を完全硬化させた後、改めて表面を研磨して足付け処理を行いました。

気になっていたのは「ライン」で、一部固い当て板を使った後のカクカクした感じが残っていたのでそちらを修正しました。

本塗り後は撮影はしていませんが(ゴミが付くのが嫌なので近寄らないようにしてそのまま強制乾燥に至っています)、先ほど紹介した仕上りと同様(以上)ですのでどうぞご安心下さいませ。

それでは後日完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。また今回同時にご依頼頂いているPRO_Fitオリジナルカーボンプレートも完成していますのでそちらも併せて紹介致します。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサ内装パーツ塗装 完成

 大変お待たせしました!スバルインプレッサWRX STI(GVB)S206の内装パーツ5点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介させて頂きますね。

 元々色のみ(クリアー無し)の塗装がされていて、そのまま塗っても大丈夫だったのですが、

良くみるとリヤドアインナーハンドルパネルは表面凸凹しているので、こちらは「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地を均してから塗装する事にしました。

 下地処理のお陰で、純正品とは思えない美しいラインをした部品になったかと思います。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で、オーナー様の御希望通りピアノのようなブラックに仕上がっているかと思います(厳密にはピアノの塗装に使う塗料がポリエステル系だとすると、今回使用しているポリウレタンの方が美しい質感に感じられると思います)。

 ステアリングスポークカバーは足付け処理のみでの塗装となりますが、

 高品位なアクリルポリウレタンクリアーのお陰でかなりの艶々に仕上がっているかと思います。

 そしてこちらは後から追加でご依頼を頂いた、スターター&ミラースイッチパネルです。

こちらも最初の状態を紹介しますね。

こちらも純正の状態で艶消しの黒が塗ってあって、素地は梨地では無いので足付け処理だけしてそのまま塗装しています。

 また今回こちらはメーターの照度を調整するボリューム部分にあるマークの再現も承りました。

マークはデカールを作製し、ベースカラー(黒)とクリアーの間に貼ってあります。制作方法については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

インプレッサ内装パネル ロゴデータ作成

 デカールは貼った部分が厚みで段差になる為、磨き処理を行っています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

液晶モニター&リモコンスイッチ 本塗り

 先日下準備を行っていた車載用液晶モニターのカバーパネル類とリモコンスイッチです。

 最終脱脂を行い、プラスチックプライマーを塗ったら本塗り開始です。

 ちなみに殆どの部品はサラっとしたABS樹脂製ですが、こちらのみヌメリ感を感じますので、恐らくはPP(ポリプロピレン)かと思います。

 元々はグレーだったようですが、外面は色褪せてベージュのようになっています。

 まずはベースコートを塗布します。色はGeneral Motorsの「Dark Beige」(カラーコード:64DN)の配合データから作成し、それを基に調整しています。色の作成についてはこちらの記事で紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

尚、画像手前の部品は色見本として一緒にお預りした物で、一応クリアーを塗る前に確認をしておきました。

 こちらはリモコンスイッチです。表面はペーパーを掛けましたがプリントされた文字は簡単には取れなかった為、無理に削るのは避けて足付け処理のみに留めています。

 プラスチックプライマー塗装後、黒のベースコートを塗布しました。

ベースコートが十分に乾いたら、工場の二階に移動してデカールの貼り付けを行います。

 予め作成しておいた型を使ってデカールを元の位置に貼り付けました。

 同じくリモコンスイッチも、

 こんな感じでデカールの貼り付けが完了です。

大抵はここまでを午前中に行うようにして、デカール(またはベースコート)を乾燥させている間に昼食休憩を取るというような感じとなります(なので昼食が17時になるという事もあります)。

 そして最後に艶消しクリアーを塗って本塗り完了です。大変長らくお待たせ致しました!

元々あるシボ模様を埋めないよう、クリアーはいつもより控えめに塗っています。

どの部品に関しても「指定個所以外はそのまま塗って構わない」との事でしたが、どうにも気持ちが悪いので一応各部マスキングをしています。

 シボ模様も良い具体に残せたと思います。

 割れていた個所や端の抉った跡なども目立たなくなっているかと思います。

 デカールはシボ模様も綺麗に残し、オリジナルな感じに出来たと思います。

 リモコンボタンも同じく艶消しクリアーを塗って仕上げます。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

液晶モニター&リモコンスイッチ 下準備

 先日ロゴデータとデカールを作製しておいた、車載モニターのカバーパネルとリモコンスイッチ2個です。

 表面のシボ模様はそのまま活かすので、ナイロンブラシとシリコンオフで細部を清掃、#1300相当の布状研磨副資材(アシレックスオレンジ)を使って足付け処理を行います。

 格子の裏側には布が貼ってあったりするので、今回は下地処理を余り派手には行わず、脱脂に重点を置いて細部は密着剤を併用するようにします。

 また一部に亀裂があったので、

 構造用エポキシ接着剤(3Mオフホワイト)を使って固定しておきました。

 固まった後に軽くペーパーで研磨しておきます。

またその他ピックツールで抉ったような個所もあったので、そちらはパテを詰めて目立たないようにしておきます。

 脱脂清掃後、工場の二階に移動してマスキング作業を行います(画像の順番が違いますがイメージし易いようにしていますので気にされなくて大丈夫です)。

 こういったシールも残すよう承っておりますので、

 サイズを計測してIllustratorでデータを作製し、カッティングプロッターを使ってマスキングシートを切り出します。

 先にマスキングテープを貼ってから余分をカッターでカットと言う方法もありますが、溝がしっかりしていないと難しいのと、フリーハンドだと角のアールが綺麗に切れないので、時間があれば今回のような方法の方が綺麗に出来ます。何より被塗物に傷を付ける危険が無いので安心です。

 多少長さが違っても二枚を重ねたりすれば良いのでそんなに手間ではありません。

 この辺りの金属部分もマスキングで承っています。金具部分のカバーにも一部欠けなどが見受けられますので、外そうとは試みたようですが割れる危険があるのでマスキングで、と言う流れになったのだと思います。貼れる隙間が狭いので1ミリ幅のマスキングテープなどを使っています。

 フリーハンドで綺麗な円を切り取るのは難しいですが、これも径を測ってデータを作り、機械に切って貰えれば簡単です。いずれAIが進化すれば J.A.R.V.I.S.みたいに声を掛けるだけで切り取ってくれる時代が来るのではと(まあ今でも十分過ぎる程助かっていますが)。

 と言う感じでマスキング作業が完了です。

また今回はこちらの「PUSH」のロゴの再現も承っておりますので(画像は作業前の物です)、

先日作成したデカールを使い(こちらも画像は先日の物です)、

透明なフィルムを貼って位置が判るよう目印をつけ、元々あったPUSHの文字の上にデカールを貼り付けます。さらに剥がれないよう、その上からも透明なフィルムを貼り付けます。

さらに裏側にも透明なフィルムを貼り、元位置が簡単に判る転写シートの完成です。

本塗り時にはPUSHのロゴが消えてしまいますが、これがあれば簡単に元の位置にデカールを貼り付けられると言う寸法です。先日作成したインプレッサ内装パネルの照度マークと同じ方法で、ノギスで測るよりも簡単&正確に出来ます。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

インプレッサ内装パーツ 本塗り

 先日サフェーサーを塗布していたスバルインプレッサWRX STI(GVB)S206の内装、リヤインナードアハンドルパネルです。成型時の凸凹があるので、#320→#400のペーパーを当て板に貼って研ぎ付けます。

その後は柔らかいスポンジパッドを使って水研ぎ#600→#800手掛け、最後に当たりの柔らかい(研磨粒子が均一)布状の足付け処理用研磨副資材(アシレックスレモン)でペーパー目を均します。

そして台にセットして本塗り準備完了です。裏側のサフェーサーが塗られていない個所にはプラスチックプライマーを塗布しておきます。

こちらの3点はツルツル素地の上に色(クリアー無し)が塗られているので、下地処理はアシレックスによる足付け処理のみとしています。一応フチ~裏側にはプラスチックプライマーを塗っておきます。

 まずはベースコートの黒を塗ります。ウェット2コートで隠蔽しますが、念の為いつも3コートは塗っています。

 ベースコートが十分に乾いたら、ドアミラースイッチパネルのみ二階に移動して、デカールの貼り付けを行います。

デカールを貼る位置は、先日作製しておいたこちらを利用します。

 切り取ったデカールを専用の接着剤と木工用ボンドを溶かした水で貼り、

 先程のフィルムを重ねて位置を調整します。

この後は常温で、風のみを2時間程当てて乾燥させます。当初は一日寝かしたり強制乾燥したりもしましたが、色々試した結果、今の気温(20℃以上)ならこの条件で問題ありません。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 成型時の歪が酷かったインナーハンドルパネルはサフェのお陰で良い雰囲気に仕上がっているかと思います。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 そしてスターター&ドアミラースイッチパネルです。

照度マークも良い具合に再現出来たと思います。

ちなみに私が小物の塗装を始めた頃には、こういったロゴマークの再現に関する情報が殆ど無く、一体どうやって作っているのか全く判りませんでした。出来あがった後の画像はあるのですが、肝心の途中過程や使っている機材などは紹介していないので随分と苦労しました(まあ普通はそれが当然なのかも知れませんが)。

ただその後、主に模型の塗装している方々のサイトでALPS社のドライプリンターなどを使っている事を知り、それらを参考にして現在のような施工が可能となりました。途中クリアーを塗った後にブリスターが発生したりデカールが浮いたりと大変な事もありましたが、ここ数年でようやく安定して出来るようになった次第です。

それでは完成しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!