ホンダシビックメッキエンブレム 本塗り

 先日までにプライマー&サフェーサーを塗布していたシビック用ホンダメッキエンブレムです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、表面にガイドコートとして黒をパラパラと塗っておきました。

 下地の装飾クロムメッキを出してしまうとまたプライマーからのやり直しとなる為、それに注意しつつサフェを研いでいきます。最初は#800の水研ぎで、その後布状の研磨副資材(アシレックス)で逆アールになった個所の研ぎや、ペーパー目を均します。

 良く脱脂清掃し、本塗り開始です。

 今回はボディカラー同色の「ホワイトオーキッドパール」(カラーコード:NH788P)で承っておりまして、こちらは3コートパールとなるので、まずはカラーベースの白を塗布します。黒が入っていてグレーっぽい白になります。

 その上にパールベースを塗布します。

 そして最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 下地処理さえなければ単に塗るだけなのでそんなにコストは掛かりませんが、装飾クロムメッキの部品でも、通常の塗装と同様の密着性を保持するには結構面倒な下地処理が必要で、その分費用も大きくなってしまいます。

「取り敢えず半年持てば」と言う事であればネットオークションなどで売られている物でも構わないと思いますが、実際に購入した方曰く、届いたその時に既に塗装がビニールにくっ付いて剥がれていた(本当)、と言う事もありますので、注意は必要だと思います(結局その後新品部品を購入して当店への御依頼となりました)。

この後60℃40分程の熱を掛け、さらに数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

フィットテールランプ&ルーフアンテナ塗装承ってます

 先日到着しておりましたホンダフィットの純正テールランプとIMPULのルーフアンテナです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 テールランプは純正のクリアーレンズタイプで、オーナー様曰く、「最初はホームページにあるNBOXの極薄め~薄めの間にしようかと思ったのですが」との事ですが、既に若干のスモークが入っている事、また「あまり黒くしたくないのと、ガラスの様な質感が目的なので」との事で「極薄目」の濃度で承りました。またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っています。

 ルーフアンテナはホンダ純正の「プレミアムホワイトパール」(カラーコード:NH624P)に、またIMPULのロゴは平滑に仕上げて消してしまう内容でご依頼を頂いております。新品のまま大事にしていた物のようで、その覚悟が伺えます。

 土台のゴムは、裏側のネジを外してプレートごと取り外せました。

こういった文字はそのままパテで埋めると後でその痕が出たりするので、まずは文字ごと削り落として緩やかな凹み状にし、その上でパテを使って平滑に仕上げます。これについては以前施工したプジョーのステアリングスポークカバーの記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さいませ。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせていただきますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ジェイド ステンレスドアガーニッシュ&ミラーウィンカー塗装承ってます

先日到着しておりましたジェイド用のステンレスドアガーニッシュとドアミラーウィンカーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ドアガーニッシュはメッキに見えますが薄いステンレスを加工した物で、

 裏側には両面テープが貼ってあり、そのままドアに付けられるようになっています。

装飾クロムメッキとは違い、素材としては鉄に近い物ですから、下地は足付け処理を行ってプライマーを塗り、そのまま上塗りを行う方法とします。ご依頼頂いた内容は黒の艶ありで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っております。

同じ様な物としては、以前ピラーカバーを塗装した案件がありますのでそちらの記事を紹介させて頂きますね。

ステンレスプレート(ピラーカバー)のその後

 そしてこちらはドアミラーウィンカーです。ウィンカーカバーに埋め込まれるタイプのレンズですね。

スモーク濃度は「薄目より少し濃く」で、こちらもクリアーは「クリスタルクリアー」で承っております。

 スポンジテープは糊面に触れないようにして剥がし、塗装後に元の場所に貼付けられるよう保管しておきます。

 また今回は灯火の確認も行っておきました。画像はポジションランプで、矢印部分が白く光ります。

 こちらはウィンカーで、同じく矢印部分がオレンジ色に光ります。

こちらはルームランプと連動する、足元を照らすランプですね。どれも球切れは見当たりませんでした。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

メッキエンブレム&シフトパネル サフェ入れ

ホンダシビックメッキエンブレム塗装承ってます

先日お預りしておりましたシビック用のホンダ純正メッキエンブレムです。

 メッキ素地用の下地処理とプライマーを塗装し、

 続けてサフェーサーを塗布します。

このままウェットオンウェットで上塗り(本塗り)まで行う事も可能ですが、プライマーとサフェーサーの塗装で塗り肌が出来てしまっている為、一旦ここで熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、全体を研いで肌を平滑にした上で改めて本塗りを行うようにします。

裏側はグロメットで固定されるピン部分のみマスキングをし、プライマー、サフェーサー共に裏まで回り込むように塗っています。

 こちらは先日届いたばかりのアルファロメオのシフトパネルで、タイミングとしては少し早いのですが、一緒にサフェーサーを塗りたかったので並行して作業をしています。

元々塗装は剥がされていましたが、成型時のウネリがありそうだったのでダブルアクションサンダー#180で研磨しておきました。

 台にセットし、こちらはプラスチック用のプライマーを塗布します。

 続けてサフェーサーを5コート程塗り込みます。

樹脂部品はその成型方法からして、各面はフチが盛り上がり、真ん中が凹むという形状になっています。これはホンダのメッキエンブレムも同様で、一見すると平らに見えるラインも、実際には「 】 」みたいな形になっていて、気にしないでそのまま研ぐと角だけ下地が露出してしまいます。

対応策としては、コシの強い水研ぎペーパーでは無く、布製の研磨副資材(アシレックス)などを使うのですが、最初からそれを使うとサフェーサーの塗り肌が残ってしまうので、ケースバイケースで使い分けるようにしています。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ホンダシビックメッキエンブレム塗装承ってます

先日到着しておりましたホンダ純正シビック用メッキエンブレムです。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

こちらのオーナー様は以前同シビックのメッキモール一式を艶ありブラックでご依頼頂いた方で、今回はこちらをボディカラー同色の「ホワイトオーキッドパール」(カラーコード:NH788P)で承りました。

またメッキ素地に直接上塗りを行っても塗料は密着しませんので、前回と同様、メッキ素地用の下地処理を行ってからの塗装となります。

尚、前回ご依頼頂いたメッキモールを装着された画像も頂いておりますので、後日画像投稿&レビューのページでも紹介させて頂きたいと思います、。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度もご贔屓頂き有難う御座います!