テスラハンドルカバー塗装 完成

先日本塗りを終えていたテスラ用のアウタハンドルカバーです。裏側に元と同じ厚み(1.6ミリ)の両面テープを貼りつけます。

 大変お待たせしました!テスラ用のアルミ製アウターハンドルカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はカーボン柄の水圧転写&クリアー塗装が施されていましたが、雰囲気が悪かったので表面を#800で研磨して平らに均してから再塗装を行っています。

 色はボディ同色の「ディープブルーメタリック」(カラーコード:PPSB)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 元々あったハジキの跡やウネリ、素地の粗なども払拭出来たと思います。

 自然光下でも撮影してみました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

テスラ ハンドルカバー 本塗り

 先日お預りしておりましたテスラ用の社外品アウターハンドルカバーパネルです。

素材はアルミで、表面にはカーボン柄が水圧転写されてクリアーが塗られているのですが、フチを折り込んである構造のせいか、またはクリアーの塗り方が変なのか(多分両方)、全体的に変なウネリが生じています。

 余り研ぎ過ぎると下地を出してしまいチヂレ等の心配がありますが、当て板を使ってある程度は平滑になるよう研ぎ付けておきます。ペーパーは切れる方の#800を使っています(切れる方はコバックスで、ソフトな方は3Mの#800を使っています。同じ番手でもメーカーや製品によって切削性や傷の深さなど性質が異なります)。

 硬い当て板を使った場合は、やはり同じ番手でも傷の入り方が変わる為、この後は#800を手研ぎで行い、最後はフチも含めて凄くソフトな#800(布状の研磨副資材=アシレックスレモン)を使ってペーパー目を均し、フチの足付け処理を行います。

 台にセットし、最終脱脂を行ったら本塗り開始です。

 まずはベースコートを塗布します。

色はテスラ純正、ボディ同色の「ディープブルーメタリック」(カラーコード:PPSB)で、パール2種、メタリック2種、合計8原色で構成されています。艶が引けているのはフリップコントローラー(MIX008)が入っているからです。

フリップコントローラーにはメタリック粒子をギラつかせる効果があり、また透かしを白くし正面を暗くすると言う性質も併せ持っています。また「艶消し」といった副作用もあって、これ自体はクリアーを塗れば関係は無いのですが、クリアーを塗らない場合に(【激安コース】など)、艶を消したい場合に使うと有効です。塗装性能自体に弊害を起こさないで使える裏技みたいな感じで、例えば先日完成したAMGのブレーキキャリパーサポート(ブラケット)の黒ですが、もっと艶を消したい場合にはこれを使ったりします。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。大変お待たせしました!

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

裏側に回り込むように塗っていますので、フチと断面にもしっかりと色とクリアーを塗れていると思います(塗装の弱い部分は断面で、10年とか20年とか経年で剥がれてくるとしたらこういった切れ目から問題が起こる場合が多いです)。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ルーフアンテナ(TOYOTA 4T7) 塗装 完成

 先日本塗りを終えていたビートソニック社のドルフィンアンテナTYPE9です。外した部品を組み付けて完成となります。お待たせしました!

色はトヨタ純正色の「ディープゴールドパールクリスタルシャイン」(カラーコード:4T7)で、下色を含めた3コート塗装となっています。

最初の状態も紹介しますね。

元々は未塗装のABS樹脂だった物に、

 #800相当(アシレックスレモン)で足付け処理、プラスチックプライマーを塗って上塗りを行っています。

 こちらの前にお納めした同社ドルフィンアンテナタイプ3のオーナー様からは、「改めて拝見させて頂きましたが、非常に感動しました。塗装が美しくて見とれてしまいました。」とのお言葉も頂戴しました。

 私も塗装を仕事にする前までは、こういった艶のある塗装はまさか人の手で塗られた物とは思っていませんでした。てっきり何かの機械にセットして、無菌室のような場所でロボットが塗っていると思ったのです(まあ実際それに近い作業ではありますが。笑)。

 尚こちらは【お任せ仕上げコース】ですので磨き処理はしていません。画像も撮影したそのままで、塗りっ放し、撮りっ放しといった状態となります(画像はサイズを半分に縮小しています)。

 自然光下でも撮影してみました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

カーボンミラーカバー クリアー塗装 完成

 大変お待たせしました!カーボンドアミラーカバーのクリアー塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々クリアーの艶あり仕上げだったのですが、恐らく樹脂自体がクリアーゲル(ポリエステル樹脂)の為に耐候性が弱く、説明書にも「クリア塗装を推奨」と記載がある為、今回御依頼頂く事となりました。

こちらも塗装前の画像で、表面にはカーボン目の凸凹やちょっとした粗がありました。

 一度だけのクリアー塗装だと素地の粗が残ってしまう恐れがある為、今回はクリアーで下塗りを行う「二度塗り」で対応しました。

 通常はサフェーサーで下地を作る所を、その代わりにクリアーを使ったという方法です。特に特別な手法とかそう言う訳ではありませんが、肌を残したまま塗り重ねると「デロデロ」とした仕上りになるのでその点だけ注意が必要です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 カーボンの素地に時々白い点が見えますが、あれは裏の背景が透けて見えるだけですので問題ありません。ミラーに装着されれば見えなくなります。

 実物のクリアーはかなり質感が良く、塗装屋さんでは無くても明らかにその違いが判ると思います。

 自然光下でも撮影してみました。いつもの流し台のところです。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

カーボンミラーカバー 本塗り

 先日下塗りのクリアー塗装を行っていたカーボンドアミラーカバーです。その後二度焼き(60℃40分強制乾燥×2)を行っておきました。

再び表面を#800で研磨して肌を均し、ペーパー目が深く入らない布状の研磨副資材(アシレックスレモン)を使って全体を足付け処理します。フチから裏までしっかりと、ですね。

 下準備まで終わらせた状態でホコリの付かない場所に保管し、先程紹介したルーフアンテナのベースコート(色)の塗装が終わったら合流します。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 下地を研ぎ均したお陰で最初にあった凸凹した肌も払拭出来ていると思います。

この後一晩自然乾燥で寝かし、後日60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させます。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!