セドリックグリルメッシュ 下塗り

 先日旧塗膜の剥離を行っていたセドリックのグリルメッシュです。

現状は金属が光っているような状態で、これにプライマーを塗っても十分には密着しませんから、細部までの足付け処理としてサンドブラストを行います。

 縦横裏表8方向からブラストを当てました。

 素地の表面が凸凹になり、この後塗装するプライマーの投錨効果(アンカー効果)が期待できます。

 その後シンナーで洗い流すように洗浄し、直ぐにプライマーを塗ります。

 まずは置いた状態で、片面ずつ隅々までプライマーを塗布します。

 その後は針金を通して吊るし、

 サフェ―サーを塗布します。

 サフェーサーは当初ウェットオンウェット用のノンサンディングプライマー(サフェーサー)を使う予定だったのですが、今回軟化剤を入れたかったので、いつも通りのシステムフィラー(どちらもSTANDOX製品)を使う事にしました。

ノンサンディングプライマー(サフェーサー)では軟化仕様にした記憶が無く、またマニュアルを見てもそれらしい記述が無かったので念の為止めておいたという次第です。

ちなみに色が濃いのは2Kエナメルの黒(ワンコートソリッド用塗料)も若干混ぜているからで、ちょっと専門的な事になりますが、この塗装の内容は「システムフィラー+VOC2Kエナメル黒+ソフトナーニュー+ハードナー」となっています。

 さらにその後、同じく軟化仕様にしたクリアーを塗りました。

 サフェーサーに色を着けたのは見た目を判り易くする為だけで、素地が白だと細かい個所が判り難いのでグレーにしているだけです。クリアーの前に色(ベースコート)を入れるか、もしくはクリアーでは無く1コートソリッド(色の着いたクリアーのような物)を塗るという方法もありますが、今回は工程も省けて機能性も高められるこの方法にしたという訳です。

なぜこんな面倒な事をしているかと言うと、元々あった塗膜は恐らくドブ漬けで塗られていて、普通にスプレーで塗っただけではあの厚みを表現が出来なく(かといって当方がドブ漬けをするのはあり得なく)、それの再現の為に十分な膜厚を充填出来るようこのような工程にしています。

クリアーはレベリングが良く、且耐タレ性能も高い「クリスタルクリアー」を使い、さらにシンナーは規定の15%希釈を5%に減らしてわざとボッテリした仕上りになるようにしました。

が、やはりスプレーコートだけではまだちょっと足りなく(それでもウェットで8コート塗ってます)、この後一旦熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、再び全体を足付け処理してもう一度下塗りクリアーを塗ろうと思います。

本塗りでは少し特殊な3コート塗装で、またそれは半艶クリアー仕上げなのでそこで膜厚を着けるような塗装をするつもりは無く、なので下塗りでしっかり下地を作っておきたいと思った次第です。

ちなみに一度の塗装で塗膜を厚くし過ぎるとトラブルが生じる恐れがある為(ブリスターやクラック等)、どちらにしろこの辺で一旦熱を掛けて一塗膜として完成させる必要がある訳で、またこういった塗膜が厚くなってもワイヤーメッシュの動き(歪)に追随するよう軟化性を持たせたと言う訳です。ちょっとややこしくてすいません。

それではまた作業進行しましたら紹介をさせて頂きますね。少し予定よりも長くなりますが、どうぞもう少々お待ち下さいませ!

オデッセイビームライトガーニッシュ 下地処理

 先日裏側に貼ってあったスポンジテープを剥がしておいたホンダ純正品、装飾クロムメッキ素地仕上げのオデッセイのフロントビームライトガーニッシュです。

 下地処理をした上で、まずは裏側と表側にプライマーを塗布します。

 さらにその上にサフェーサーを塗布し、一日以上寝かした後に熱を入れて塗膜を硬化させます。

尚、今回のような「単色べた塗り」であれば【お任せ仕上げコース】でも対応は可能で、今までの御依頼頂いた同型製品についてはこのコースでのご依頼となっていますが、今回は【標準コース】でのご指定となっていますので、プライマーの塗り方やサフェーのコート数など、いつもより多めに行っています。

【お任せコース】と【標準コース】の違いとしては、塗装後の磨き処理を省くかどうかと、それ以外にも作業の違いによってその都度費用も変わります。今回はオーナー様より「後で後悔したくないので丁寧に」と承っていますので、その分の作業を加えた金額設定となっています。

ただ全ての作業でそれを行うと、結局「自動車の塗装」と同じ金額設定となってしまう為(レーバーレート×時間、いわゆる「指数」を適用したお見積もりです)、小物に特化して塗装を行うメリットが少なくなってしまいます。

そこで【お任せコース】といったコース設定を設ける事により、高品位な塗装(簡単に言うとベンツやBMW、フェラーリなどを塗るような内容)を、極力安価で提供出来るようにするよう各コースを設定するようにしました。

ちなみに【最高仕上げコース】は「実作業に掛かった時間×¥8,000」といった算出方法となりますので、お見積もりは全ての作業が終わった後、ご納得行くまでお付き合いはしますが当然かなりの金額となるので余り現実的ではありません。大手メーカーが何度やっても納まらなく、もうお手上げとなった案件などを当店が代わりに行うといったご依頼が殆どです。

 研ぎ作業を行う前に全体に黒をスプレーします。研ぎ具合を確認する為のガイドコートですね。

 最初は#600で水研ぎし、

 その後#800水研ぎ→布状の研磨副資材(アシレックスレモン)を使ってペーパー目を均します。

右が研ぎ終わった後で、左が研ぐ前のガイドコートを塗られた状態です。こうやってサフェーサー表面に何かしらが塗ってあれば研ぎ忘れが防止出来ますし、また研いでいる最中もラインの崩れや深い傷などを確認する事が出来ます。また必要に応じて途中で再びガイドコートを行う事もあります。これをせずにサフェを研ぐと言う事は殆どありません。

この後両方とも研ぎ終わったら一旦ホコリの付かない所に保管し(工場二階の保管部屋か恒温器の中)、タイミングが来たら本塗りとなります。まだもう少し先になるかと思いますが、どうぞもう少々お待ちくださいませ!

旧塗膜剥離作業

 先日調色作業を行っていたセドリックのグリルメッシュです。

その後溶剤槽に浸け込み、強い力を掛けないようワイヤーブラシで擦って既存の塗膜を剥がしました。この後はサンドブラスト処理を行います。

こちらは先日お預りしておりましたR31スカイラインのヘッドカバーで、やはり同じように溶剤槽に浸け込んでおき、ワイヤーブラシで擦って既存の塗膜を剥がしてあります。この後多少ペーパーでサンディングし、リン酸処理を行う予定です。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

オデッセイビームライトガーニッシュ 下準備

 先日お預りしておりましたオデッセイのフロントビームライトガーニッシュです。

近々別件でメッキパーツの御依頼品が届きそうなので下準備として裏側に貼ってあるスポンジモールを剥がしておく事にしました。

 通常こういった薄手の両面テープ物はシリコンオフを浸み込ませておくと比較的簡単に剥がれてくれるのですが、このパーツに使われているテープはそう簡単にいきません。いつも大変です。

 両面テープの台紙を剥がしても糊成分がベッタリ残り、ウェスで拭いても絡むだけで全然綺麗に落とせません。

なので拭き取ったティッシュをその都度使い捨てるようにして糊を少しずつ除去し、最後は溶剤槽の上に吊るした状態でスプレーガンとシンナーで全体を洗い流すようにして洗浄します。素材はABS樹脂ですが、装飾クロムメッキが施されている場合は多少シンナーが掛かっても大丈夫です。

ちなみに最初からシンナーを使うと両面テープの糊が溶けてさらにひどい事になります。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

溶剤槽浸け置き剥離

 先日調色作業を終えて、旧塗膜を剥離する為に溶剤槽に浸けておいたセドリックのグリルメッシュです。あれから二週間程浸け置きしておきました。

 やはりと言うか膜厚が非常に厚い為、既存の塗膜は殆ど剥がれていません。よく見ると塗膜の途中に雫状の垂れた跡があるので、相当粘度の高い塗料にドブ漬けで膜厚を着けているようです。

こういう場合は一ヶ月置いても余り変化は見られない筈なので、塗装が剥がれ易いようきっかけを作ってあげる必要があります。

 ただしサンダーなどを使うと網の形が変形してしまう事、またワイヤーブラシ程度では刃が立ちませんので、今回は少し特殊なスクレーパーを使います。

 先端は一般的なカミソリでは無く、少し厚みのある超硬刃がついています。

 以前自転車フレームの劣化して固まったステッカーを剥がす為に買いましたが、刃が強過ぎる為にアルミ素材には向かなく、その後は殆ど使っていませんでした。スウェーデンのバーコ社の物です。

 塗装を剥がすというよりかは「切れ目を作る」と言うような感じで、全体に軽く刃を当てるようにして削ります。

 素地が見えればそこには塗膜の断面が出来る為、ここからシンナーが浸透して塗膜を剥がれ易くしてくれます。

完全に剥がれるまでにはもう少し時間が掛かりそうですが、とにかく形を崩さないよう注意して作業しておりますので、どうかもう暫くお待ち頂ければと思います。

そしてR31スカイラインのヘッドカバーです。こちらはアルカリ洗浄槽の浸け置きで油汚れを洗浄した後、先ほどのセドリックメッシュグリルと共に溶剤槽に浸けておきました。

画像だとしっかりと塗装が残っているように見えますが、大分ふやけて来ているのでもう少し浸けておけば綺麗に取れてくれると思います。この後ワイヤーブラシである程度塗装を剥がし、再び廃溶剤を貯めたタンクに沈めておきました。

それではまた作業進行しましたら紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!