いすゞ117クーペ ヘッドカバー 凸部研磨

いすゞ117クーペ ヘッドカバー結晶塗装 本塗り

先日本塗りを終えていたいすゞ117クーペーのヘッドカバーです。140℃30分で二度焼き後、他に熱を入れる物があったのでそのまま60℃40分の熱も掛けておきました。

 凸部の周りをガムテープでマスキングし、

 #120→#180→#240→#320→#400と空研ぎし、さらに布製の研磨副資材(アシレックス)の#320相当→#800相当→#1300相当で艶を出していきます。水や皮脂や溶剤が着くと酸化被膜がムラになってその痕が残ってしまうので、表面はエアーブローのみ、また湿度の高い日は早めに処理するよう心掛けます(やはり痕が残り易いです)。

最後にクリアーを筆で塗り、再び60℃40分程の熱を掛け、さらに数日寝かしたら完成となります。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

いすゞ117クーペ ヘッドカバー結晶塗装 本塗り

いすゞ117クーペ ヘッドカバー結晶塗装承ってます

先日完成したデリカのテールランプと一緒にご依頼頂いておりました、いすゞ117クーペのヘッドカバーです。

今回のヘッドカバーは腐食が酷かった為、一旦サンドブラスト屋さんにて強力な直圧ブラストをお願いしていました。尚、当店のブラストは吸い上げ式なので激しい腐食の場合は取り切れない恐れがあり、その場合は専門店にお願いしています。

 裏側にも腐食が出ていたので、こちら側もサンドブラストをお願いしていました(サンドブラスト作業は任意で、ご希望の場合はその旨申し付け下さいませ)。

 凸部は通常塗装後に削りますが、今回はこの辺りの浸食も酷かったので先にある程度削っておく事にしました。画像は軽くサンダーを当てた状態です。

サンドブラストを掛けていない場合、この浸食された部分には腐食がそのまま残ってしまっている訳で、再発する可能性が非常に高いです。以前施工したcannondaleのフレームがまさにそれですね。見た目だけは綺麗になり、しかも数年は症状が出ないのである意味厄介です。

 #80である程度削って浸食部分を削り落とし、#120で均します。

 その後リン酸処理を行い、洗浄してよく乾かしたら本塗り開始です。

 まずはプライマーを塗り、

 結晶塗装を行い、140℃で30分程熱を掛けて本塗り完了です。大変お待たせしました!

 結晶塗装の場合は塗ってから早い段階で熱を掛けないと結晶目が安定しないので、本塗りと焼きはセットで行います。

この後いつもなら恒温機に入れて二度目の熱を掛けますが、今回はこれのみの施工だった為、このままもう一度赤外線ヒーターで140℃30分程の熱を掛けておきました。結晶塗装自体は業者様から4点くらい入っているのですが、今回はちょっとタイミングが合わなかったのでこちらも遅れ気味となっていました。

次は凸部を研磨して鏡面状に光らせ、アルミ素地にクリアーを筆塗りしてそれが硬化したら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

DATSUN 3100 Valve Cover

 お預かりした時は既にサンドブラストで処理されていて、腐食防止の為に全体に油が塗られていました。

 その後アルカリ洗浄槽に浸け置きして油を除去し、リン酸処理を行っています。

 まずはプライマーを塗布し、

 全体に結晶塗装を行い、140℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

結晶塗装は熱硬化型のメラミン樹脂塗料の為、規定の熱に達しないと塗膜が完全には硬化せず、十分な強度が得られません。

 その後凸部を研磨します。最初はダブルアクションダンサーを使って塗膜を除去し、

その後は当て板を使って一方向に砥ぎ付けます。

最初にダブルアクションサンダーの#80→#120を使って研磨し、その後は手研ぎで#120→#180→#240→#320→#400の順に行います。

最後にアルミ素地にクリアーを筆で塗っておきます。

 クリアーが硬化したら完成です。

 色はグレーシルバーとなります。

オーナー様からは「仕上がりに大変満足しております。」とのお言葉も頂戴致しました。

いすゞ117クーペ ヘッドカバー結晶塗装承ってます

 先日お預りしましたいすゞ117クーペのヘッドカバーです。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

 今回は車体に着いている物では無く塗装用として新たにご用意頂いたもので、ただ腐食が結構酷いのでいつものブラスト屋さんにて強力な直圧サンドブラストで腐食を根こそぎ取り除いて貰おうと思っています。

 アルミでもここまで粉を噴いていると再塗装しても再発の可能性が高く、当店にある吸い上げ式のサンドブラストでは取り切れない(削り切れない)恐れがある為です。

 裏やフチにも腐食が発生している為、こちらもブラスト処理をお願いしようと思います。

色は「現状と似たような色味で結晶塗装に」との事で、塗装を剥がす前にそれの近似色を色見本帳から選んでおきました。既に色が違いますが、そもそもこれは結晶塗装の色見本では無く、これくらい(またはこれ以上)の誤差は生じますのであくまでも目安といった感じです。

ちなみにこちらのオーナー様は以前も何度か当店をご利用頂いておりまして、そちらも紹介させて頂きますね。

いすゞフロントグリル塗装 完成

こちらは元々ボロボロだった物ですが、一旦下塗りを行ってからボディカラー同色の「マッターホーンシルバーM」(カラーコード:821)の艶消しクリアー仕上げとしました。またこれの前には同じ部品を艶消しの黒でもご依頼頂いていまして、ただそちらだと砂埃が目立つと言う事でその後こちらのシルバーでご依頼を頂いたという訳です。

ISUZU 117 Coupe Tail Lights

あとはこちらの純正テールランプの塗装もご依頼頂いていました。最初の状態は余り良く無い物でしたが、素地を整えて極薄いスモークと高品位なアクリルポリウレタンクリアーの質感で綺麗に仕上げらたと思います。

また今回はこちらとは別にデリカのテールランプの塗装も承っておりますので、そちらの後程紹介をさせて頂きますね。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。この度も当店をご贔屓頂き有難う御座います!

MAZDA MX-5 Engine Cover

ヘッドカバー上部に可変バルブ機構の付いたNBロードスター用のヘッドカバーです。 新品をご用意頂きました。

 凹み文字部の塗装については、これまでは結晶塗装の後に塗る方法を行っていましたが、その後フェラーリリモコンキーカバーに熱可塑性の樹脂を詰めたり、ロータスの樹脂製エンジンカバーにポリエステル樹脂を流して型を作ったりと、色々な方法で対応した経緯があったので、今回はここにポリエステルパテを詰めてマスク型を作る事にしました。

 まずはパテが上手く剥がれるよう、離型剤を塗ります。

 周りをマスキングし、ポリパテを詰めます。

 固まって剥がすとこのように型が取れます。

ポリパテの余分を削り落とし、文字だけの状態にしました。

 離型剤を綺麗に落とします。

 ピッタリ嵌めると塗装で埋まってしまうので、下に詰め物をして少し浮くような状態にしました。

部品は新品でしたが油が付いていたので、アルカリ洗浄槽に浸け置きをして油分を取り除き、その後リン酸を使って化成処理を行っています。

プライマーを塗布します。

可変バルブ機構のパーツも同じようにリン酸処理→プライマー塗装を行います。

プラグホールの内側は結晶塗装では無く、ベースコートの黒(艶消し黒)を塗装しておきます。

その後黒く塗った部分をマスキングし、さらに凹み文字部をシルバーで塗装します。

凹み文字部にパテで作ったマスク型を嵌め込みます。

可変バルブ機構の部品も同じようにシルバーで塗装します。これらシルバーの部分はクリアーは塗らない【激安コース】の仕様となります。

 結晶塗装の赤を塗りました。

 その後140℃程の熱を掛けると結晶目が出て来ます。

 文字のマスク型を少し浮かしておいたお陰で溝が埋まらずに仕上がりました。

 結晶塗装はしっかりと膜厚を着けつつ、全体を均一な膜厚にする事で美しい結晶目を表現します。

 塗膜が硬化したら文字部のマスク型を外します。

 何カ所かには塗料が食み出ている為、これらを修正します。

 全体を大まかにマスキングし、

赤が食み出た部分にシルバーで塗装します。

結局殆どの部分で修正を行いました。

 そして完成です。

 パッと見はアルミ素地が残っているように見えるのですが、プライマーが塗装されているので純正品のように経年劣化で腐食・黒ずみが発生したりしません。

 シルバーに使用したメタリックは、粒子が細かく輝きの強いSTANDOX MIX818を採用しています。