日産サニーヘッドカバー結晶塗装 完成

 大変お待たせしました!日産サニー用エンジンヘッドカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は未塗装の状態で、洗浄→リン酸処理を行ってからのプライマー塗装としています。

 色は結晶塗装の黒です。

 オイルキャップ口についていたOリングは塗装前に外しておき、完成後にまた嵌めておきました。特に問題無く使えると思います。

 「DATSUN OHC」の凸文字は面研後にクリアーを筆で塗ってあります。

遠目で見るとつや消しに見えますが、近くで見ると意外と艶があるのが判ると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

日産サニーヘッドカバー 凸部研磨

 先日結晶塗装の本塗りを終えていた日産サニーのヘッドカバーです。

凸文字の周りをガムテープでマスキングし、ペーパーと当て板を使ってアルミ素地を光らせます。

今回は凸文字と周りのフィンが同じ段となるのでエアーツールは使えず、幅の細い木片を使い、最初から最後まで手研ぎのみで行います。

 アルミ面が露出した状態だとそこから腐食が始まるので、それの進行を遅らせる為にアルミ素地にクリアーを塗っておきます。クリアーは通常使う2液ウレタンクリアーです。

この後さらに60℃40分程の熱を掛けてクリアーを硬化させます(ただしこちらはサービスとなっておりますので単品で熱を入れる事は無く、何かしら他の物と一緒に窯に入れて行いますので少しお時間を頂く事となります)。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

日産サニーヘッドカバー結晶塗装 本塗り

先日お預りしておりました日産サニーのヘッドカバーです。

その後アルカリ洗浄槽で浸け置き洗浄し、リン酸処理を行いました。

 まずは全体にプライマーを塗り、

 続けて結晶塗装の黒を塗ります。

通常のウレタンクリアーであれば1コート塗った後に15分くらいのフラッシュオフタイム(コート間の乾燥時間)をおいてから2コート目を塗りますが、結晶塗装の場合は連続して6コートくらいを塗り重ねます。

ウレタンクリアーは主剤と硬化剤で固まる2液反応型ですが、結晶塗装は熱で硬化するタイプの1液性メラミン系の塗料となります。

 その後熱を掛けると100℃20分くらいで結晶目が現れ、さらに140℃30分くらいの熱を掛けて硬化させます。

今回はこれと別にスバルのアルミ製インマニを同時に塗装していて、そちらと交互に塗りながら熱を入れていたので既に二度焼きも完了しています。

この後「DATSUN OHC」の文字部分を削ってアルミ素地を光らせ、その部分にクリアーを筆で塗って硬化したら完成となります。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

SUBARU 22B STi Intake Manifold

 スバルインプレッサ22B STi Versionのアルミ製インテークマニホールドです。

現在似たような部品を業者様からお預りしておりますが、そちらはスバルインプレッサWRX STIの物で今回の物とは形が違いました。

尚こちらは以前施工した案件で、改めて作業内容を纏めて施工例としている記事となります)。今日は業者様からの作業がメインで紹介する記事がありませんでしたのでこちらの紹介となっております。

  インプレッサ22BはWRX typeR STi VersionⅣをベースに400台限定で販売されたスペシャルマシンで、こちらのインマニはそれの二台目に着いていた物との事です。

 インジェクション取り付け部付近には若干の腐食が出ていて、オーナー様としてはこれからも長く乗られていくとの事でサンドブラスト処理(軽め)もご希望されました。

 その後アルカリ洗浄層にて浸け置き洗浄を行い、さらに溶剤槽への浸け込みで旧塗膜を剥離しました。

 各部をマスキングし、ブラストキャビネットに入れます。

 腐食している個所を重点的にサンドブラスト処理を行います。

 裏側も同様に処理します。

 その後リン酸処理を行い、よく洗浄します。

 ガスケットが装着される個所にマスキングを行い、

 まずは全体にプライマーを塗布します。

 良く乾燥させ、

 続けてネジ穴周りに艶消しの黒を塗布します。

通常は単にネジ穴をマスキングをするだけですが、今回はサンドブラスト処理を行っているのでその部分にはプライマーを塗布し、また膜厚を極力着けないよう薄膜で済むベースコートの黒を塗装しています。

 予め作成してあるマスキングシートを用意し、

 艶消しの黒に塗った個所をマスキングします。

 腐食が出ていた個所にもプライマーを塗った為、今後腐食の発生は抑えられると思います。

 そして本塗りです。結晶塗装の赤を塗布し、140℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 さらに後日もう一度140℃程の熱を掛けて完成となります。

 色は「鮮やかな赤」の結晶塗装となります。

 フェラーリのヘッドカバーを塗る際に使用する赤です。

その後オーナー様からご連絡を頂き、綺麗に仕上がっていて驚いた、非常に嬉しいとご報告を頂きました。わざわざ有難う御座いました!

ホンダクロスカブヘッドカバー 結晶塗装 完成

 こちらもお待たせしました!クロスカブ用ホンダ純正ヘッドカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は新品のアルミ素地で、現状は綺麗なのですが鋳造製品の為に表面は未処理の状態で、この後アルミが酸化して輝きが無くなり、そしてブツブツとした腐食が発生していきます。

 塗装の主要な目的としては「美観」「保護」「識別」の三つで、今回の場合だと前者の二つがメインとなりますが、カブの場合はヘッドカバーが剥き出しなので遠目から見た時にこの映えた赤が目立って見つけやすい!と言う点を入れると全てに当て嵌まるかも知れません(少々強引ですか。笑)。

 色は「鮮やかな赤」となっております。

 小さい物だとどうしても「塗り過ぎる」と言う傾向にある為、今回レヴォーグの樹脂製インマニと一緒に塗装していますが、こちらはシンナーの希釈率を上げて多少薄膜になるよう調整しています。

 被塗物が小さいと一見楽そうに見えますが、その分どうしても粗が目立つので思っている以上に気を遣っています。念の為ですが各画像は縮小以外修正はしていません。

アルミ素地を削り出して光らせたHONDAの文字には、腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆で塗っています。こちらはサービスとなりますので、結晶塗装凸部研磨をご依頼の際には是非ご利用下さいませ。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!