ウィンカーベースプレート塗装 完成

 こちらもお待たせしました!ウィンカーベースプレートの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は未塗装のプラスチック素地状態で、小傷等があったので「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった作業で下地を整えてから上塗りを行いました。

 尚、車体に装着されると見えるのはこちらの側面のみで、上面についてはウィンカーで隠れるようになります。

 多分厚みの薄いこちらの方が下側になるかと思います。

 こちらが後ろ側で、

 こちらが前側です。

クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となっております。先日ワークショップをされた塗装屋さんもその輝き・質感に驚いておりました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

フェラーリ360モデナキー塗装 完成

 先日本塗りを終えていたフェラーリ360モデナの鍵です。

元々着いていた跳ね馬のエンブレムの裏側に接着剤(スーパーX)を塗り、

元の位置に貼付け、2日程寝かしたら完成となります。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

元々はシルバー色だった物に、「サンドブラスト処理→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行い、

フェラーリ純正色「ロッソスクーデリア」(カラーコード:263657)で塗装しました。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 尚こちらの色はソリッドカラーの赤では無く、下地にシルバーを塗ってその上に半透明な赤を塗り重ねる3コート塗装となります。

 パッと見はソリッドカラーの赤に見えますが、光に当たると下地のシルバーに光が反射して明るい赤に見えます。

 側面はカクカクとした変なラインになっていたので、ペーパーを掛けて自然なラインに直しておきました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

CORSAIR Obsidian 900D PC CASE⑤

CORSAIR Obsidian 900D PC CASE④

前回の④までの紹介でケース本体の塗装作業は一旦完了し、その数か月後、新たに特注のフロントパネルの塗装をご依頼頂きました。

CORSAIRのPCケースに合わせて5ミリ厚のアルミ板を加工して特注されたようです。

 本体にワンタッチで固定出来るジョイントがボルトで埋め込まれています。

 デザインについてはオーナー様よりJPEG画像を入稿して頂き、それを基に各ロゴをベクトルデータで作製しました。

 埋め込まれているローレットタイプのボルトは頭が飛び出ているので、

 研磨して平滑にしておきます。

全体を#120~#180で研磨・足付け処理を行いました。

裏表共にプライマーを塗布し、

表面にはサフェーサーを塗装します。

 その後熱を掛けてサフェーサーを完全硬化させ、当て板とペーパーを使って全体を平滑に研ぎ出します。

 表面をマスキングし、

 先に裏側を塗装します。

ベースコートの黒を塗り、クリアーを塗って裏側の本塗りが完了です。

後日熱を掛けて塗膜を完全硬化させておきます。

 作製したロゴデータでマスキングシートとデカールを作製します。

 配置や色を確認しておきます。

 下側に入れるロゴにはかなり小さい文字がある為、そこは塗装では無くデカールで対応します。

 大きい文字に関しては塗装で行うのでマスキングシートを作製し、

小さい文字はドライプリンターを使ってデカールに印刷をしました。

 先に塗っておいた裏側をマスキングします。

裏表を一緒に塗装出来ない事は無いですが、吊るして塗るのと置いて塗るのとでは仕上りが変わる為、それぞれを別けて塗っています。

 良く脱脂清掃し、配置を確認します。

 まずはロゴカラーの赤を塗装し、テープフリーな状態になったらオス型のマスキングシートを貼り付けます。

 さらに全体にベースコートの黒を塗り、

 マスキングシートを剥がします。

先に赤を塗ったのは隠蔽性によるもので、黒の上に赤を塗ると塗膜が厚くなってしまうので今回は先にロゴの赤から塗っています。

 続けて下側のロゴを塗装します。こちらはメス型のマスキングシートです。

 小さいロゴはデカールで行いますが、印刷と塗装で色が違っていたら困るのでそちらも確認しておきます。

デカールを切り抜き、

専用の接着剤と使って貼り付けます。

塗装ブースに戻し、クリアーを塗って本塗り完了です。

デカールを貼った個所は段差が出来ているので、この後熱を掛けて完全硬化後に磨き処理を行います。

 今回のこちらは【標準コース】でのご依頼となる為、ゴミが付いた箇所や段差がある部分にはペーパーを掛けて磨き処理を行います。

そして完成です。

デカールの段差も殆ど気にならなくなりました(ただし完全に平滑にするにはもう一度クリアーを塗って研ぎ&磨き作業が必要です)。

CORSAIR900D PCケースフロントパネル塗装 完成

完成画像については上記ページで紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

また後日オーナー様から画像とコメントも頂戴しましたので紹介をさせて頂きます。

 「01」の赤色も想像していた通りの色合いで、とてもいいです!

  デカールの部分もまったく違和感が無いです。

  PCケース本体への取り付けも大丈夫でした。

  この度は、本当にありがとうございました!

 


こちらこそこの度の御依頼誠に有難う御座いました!

CORSAIR Obsidian 900D PC CASE①

CORSAIR Obsidian 900D PC CASE②

CORSAIR Obsidian 900D PC CASE③

CORSAIR Obsidian 900D PC CASE④

ホースパイプ金具部塗装 完成

 こちらもお待たせしました!バイク用サスペンションのプリロードアジャスターに着くホースパイプ金具部の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ素地の状態で、サンドブラスト・リン酸処理をした後にプライマーを塗装して艶ありの黒に塗装しました。

 画像だとワッシャーが無いのですが、元々着いていた物は元に戻してありますのでご安心下さいませ。

 こういう形状でペーパーを使っての足付け処理は難しい為、足付け処理にはサンドブラストを使っています。

 尚アルミ素材であればリン酸処理が有効ですが、表面にアルマイト処理が施されていると殆ど効果がありません。ヘッドカバーはアルマイト処理がされていないのでリン酸が効く訳で、またそれ故に経年で金属の輝きが無くなっていく訳です。アルミは表面処理なしでもごく薄い酸化皮膜を作りますが、使用される雰囲気の影響を受け易い為に腐食が発生します。

ちなみにヘッドカバーにアルマイト処理が施されいないのは、鋳物だと黒くなったり色の濃淡にバラツキが生じたりする為なのだそうです。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMW MINメッキグリル枠塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!BMW MINのメッキグリル枠の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

飛び石傷が結構多かったのですが、プライマーとは別にサフェーサーの塗装&研磨も行っているのでその跡は全く感じられないと思います。

 メッキ用の下地処理を行わず、密着剤を塗ってそのまま上塗りを行えればご案内している半額くらいの費用で塗装出来るのですが、一度塗装がペリペリと剥がれると補修するのは難しいので当店では対応していません。

 尚当店での塗装では普通にフェザーエッジが出せますので、後で傷を付けてしまったなどの場合でも補修が可能です。下地が出来ていないと延々チヂレが起きるので部品を交換するしか方法はありません(ラッカーならシンナーで落とせるのでそれなら大丈夫な場合はあります)。

 以前当店で塗ったメッキ部品を、回りまわって知り合いの塗装屋さんが補修するという事があったのですが、補修の仕方を説明したその時に「タカハタ君、凄いね。フェザーエッジが普通に出るよ!」と感動していました。やっている事は全然特殊な事では無いのですが、多分そこまで手を掛けるという発想が無いのかも知れません。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となっています。

【お任せ仕上げコース】ですので磨き処理はしていなく、塗りっ放しのそのままです。塗って直ぐに熱を掛けるともう少し艶が引けてしまうのですが(塗膜中の溶剤が急に出てくるので表面を荒らしてしまうのです)、一晩置いてから熱を掛けるようにしてからはある程度の艶を保持したまま仕上げられるようになりました(勿論ベースコートでドライ吹きをしない事が必須ではありますが)。

一緒にお預りしておりますテールランプもそろそろ着手しますのでそちらもどうぞもう少々お待ちくださいませ!