フェラーリ458リモコンキー塗装 完成

 大変お待たせしました!フェラーリ458スパイダーのリモコンキーカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものようにロッソコルサな赤のリモコンキーだったのですが、

こちらのような配色にご希望されまして、

 その様に塗装を施しました。

 使用した色は、

・黒・・・STANDOX MIX571(原色黒)

・白・・・フェラーリ純正色Bianco Avus(カラーコード:100)

・シルバーフェラーリ純正色Argento Nurburgring(カラーコード:226689)

の3色となります。

 白いラインは幅が5ミリで、シルバーのラインは0.7ミリとなっています。

 今までのストライプライン入れはいつも表側のみだったのですが、今回はこちらのボタン側にも、

 さらに表と裏でストレートにラインが繋がるようになっています。

ただこれが予想以上に難しく、今回は途中でどうにもならないかもと思いました。

 サイズが小さければ小さい程、またラインが細ければ細いほど塗り分けの見切り部分の粗が目立つので、本来なら最後にシルバーを塗りたかったのですが、それだとラインが綺麗に引けないと言う事で、シルバーを一番最初に、さらに最後にもう一度シルバーを塗り直すと言う方法で行っています。

 ちなみに表面のカバー(跳ね馬のエンブレムがある方)のカバーが若干緩いようでしたので、内部爪状に引っかかる箇所に両面テープを貼ってガタツキを防いであります(最初はホットボンドのような物がついていて、それより断然良い具合には出来ていると思います)。

 さすがに今回は作業が大変過ぎたので(精神的に)、こちらの内容は今後当分お受付はしない事でどうかご了承頂ければと思います(今まで通り片面だけの仕様であれば大丈夫です)。

 自然光下でも撮影してみました。

実際は室内の照明下よりも自然光で撮影した方が粗が判り難いのですが、写真が好きな方ならそう言う事もよくご存じでしょうし、また被写界深度も極力浅くならないようにして撮影するようにしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ルーフアンテナ(SUZIKI ZVC)塗装 完成

 こちらもお待たせしました!ビートソニック社製のドルフィンアンテナタイプ3の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々未塗装だった物に、

 スズキ純正色の「スチールシルバーメタリック」(カラーコード:ZVC)を、

 またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 彩度の無いシルバーメタリックですが、使われている原色は8種類、メタリックは中目と中粗目の二種類が使われています。

 自然光下でも撮影してみました。

【お任せ仕上げコース】なので磨き処理はしていませんが(いわゆる塗りっ放しです)、目立つゴミなども無く綺麗に仕上がっていると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

内装シフトパネル塗装 完成

 大変お待たせしました!SUZUKI純正の自動車内装シフトパネル2点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元は未塗装の樹脂素地状態で、

表面はザラザラとした梨地だった物を「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理で平滑に仕上げてから上塗りを行っています。尚画像の文字は削り落としています。

 今回はそれぞれ違う色で、青い方はトヨタの「ブルーマイカメタリック」(カラーコード:8Q1)に、

 外側の枠はマツダの「シルバーコントレイルメタリック」(カラーコード:25H)でご指定頂きました。クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 イメージし易いよう仮組みをしてみました。

 内装部品の塗装と言うと「ピアノブラック」(艶あり黒)が多いですが、今回のよう爽やかな感じも凄く良いですね。

 元々ザラザラだったとは判らない仕上りに出来ていると思います。

 自然光下でも撮影してみました。

内装部品の塗装を御依頼された方曰く、車に乗る度にそれを見てニヤニヤするのが楽しいらしいです。自分が選んだ色と言うのがまた満足感が高いのでしょうね。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度は当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

SHURE SM58 Microphone

先日お預りしておりましたSHUREのSM58ボーカルマイク(スイッチ付)です。

こちらはライブでご使用される予定があるとの事で納期をご指定(別途有料オプション)で承っておりまして、既に完成もしていますので施工例として纏めて紹介をさせて頂きます。

ご依頼内容は以下の通りとなります。


・マイク本体とグリルのリング部分をキャンディーレッドに

・グリルボールのメッシュ(網)部分を黒に

・ロゴをゴールド(デカール)で

・全体を艶あり仕上げ


 マイク本体は空研ぎでの足付け処理を行い、グリルボールは網の目の細部まで足が付くようナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを併用して処理しています。

 最初にグリルボールの網部分に黒のベースコートを塗布し、テープフリーになったらマスキング、その後隠蔽性のあるシルバーを塗り、最後に粗目のシルバーを塗ります。

 その後透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。

ここまでがベースコートの塗装となります。

 その後十分に乾燥させたらデカールを貼り付けます。

 位置や角度等は事前に打ち合わせをした内容と照らし合わせながら行います。

 デカールの接着剤が十分に乾いたら、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 今回はSHUREのロゴをゴールドで承りましたが、予想以上に良く似合っています。

 グリルボールの塗り分けは割り増し費用が掛かりますが、今回はどうしてもここを黒との2トーンカラーにされたかったとの事です。

 この後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

 デカールは段差が出来る為、その周りはクリアーを多めに3コート程塗り、完全硬化後に研磨して磨き、段差を均しています。

 サイズが小さかったり字体が細い場合にはマスキングによる塗装では対応が出来ない為、今回のようなデカールでの施工となります。

 塗装に比べるとデカールの方が割高になりますが、SHUREのようにロゴが決まっている物に関してはその分費用を抑えて対応出来るようにしています。

 スイッチ付の場合はマスキング等の手間が増える為、若干の追加費用が必要となります。

マイクの塗装はプロの方からの御依頼も多く、納期も短めを御希望されるケースが多いのですが、仕上りが上がらないのに金額だけが上がるというのは私的にもお勧め出来ませんので、納期は余裕を持って頂ければと思います。

シビックメッキモール塗装 完成

 こちらも大変お待たせしました!シビック用ホンダ純正メッキドアロアモール&バックドアロアモールの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はABS樹脂に装飾クロムメッキが施された物で、通常はそのまま塗っても十分な密着性を保持出来ませんが、メッキ素地専用として行っている下地作りにより、従来の塗装と同様の仕上りに出来ているかと思います。また密着剤の類は使用していませんので、経年による密着力の低下も考えられないかと思います。

 色はソリッドカラーの黒で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 取り付けはディーラーさんで、これから納車の新車に装着される模様です。

自動車ボディとの塗装とは違い、小物の塗装の場合は極力「塗り肌」を残さないように塗っています(その方が高級に見えます)。

 車体の補修(事故などの補修)は「元の状態に戻す」事が基本となる為、ボンネットなどの平面でも塗り過ぎたりすればアウトで、新車時の肌に近い仕上りになるように塗る必要があります。

小物の塗装の場合はこの「塗り肌」を極力無くしたい為、ガン距離を近づけてスプレーします。

被塗面までの距離が短ければ、それだけスプレーガンから出た塗料中の溶剤の揮発する量が少なくなる為、塗着したクリアーが十分にレベリングしてくれる事になります。先日行った模擬ワークショップでも知り合いの塗装屋さん方々は驚いていましたが、ガン距離を近づける事によって粘度の高い塗料でも綺麗に塗る事が出来ます(希釈された塗料は塗り易い反面、艶が引け易くなります)。

 一件タップリ塗られているような肌ですが実際はそうでは無く、溶剤分を揮発させないまま被塗面に到着したクリアーは、少ない量でも十分にレベリングして美しい肌になると言う事です。

裏側の両面テープは通常剥がして塗りますが、取り付けがディーラーさんとなると「純正以外は脱落等の保障が出来ない」と言うケースがあるかも知れませんので、

 今回はこれを残して塗装する事にしました。私もディーラ―勤務(正規サービスセンター)だったのである程度判りますが、外で行われた事には排他的な傾向になる恐れがありますので、考え過ぎかも知れませんが念の為のような感じです。

ただし今回は両面テープの貼り付け位置がしっかりと内側にオフセットされていたのでそのまま出来たと言う事もあり、この辺の貼り方が綺麗では無い場合は、やはり一度剥がしてからの塗装になるかと思います。特にメッキ素地用の下地処理は作業内容が激しくなりますので、残す方が面倒になったりもするのです。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!