STARBUCKS THERMOS イエローパール塗装 完成

 先程のホワイトパール黒メタリックの塗装に続き、イエローパールの紹介となります。大変お待たせしました!

こちらもサーモス社製ですが販売はスターバックスで、商品名は「ハンディーステンレスボトルイエロー(500ml)」と言う製品のようです。

オーナー様のご要望としては「元と同じような黄色で」「3コートパールに」といった内容で、また正面の下部にネームロゴとヤギのイラストも承りました。

 今回使用したクリアーは3本とも高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 画像だと白っぽく見えますが、かなり彩度の高いイエローです。

 ネームロゴとヤギのイラストは塗装では無くデカールでの施工となっています。

 画像だと判り難いのですが、実物はもっとイエローパール&ゴールドパールのキラキラ感を感じられると思います。

 ヤギのイラストには特に拘られまして、何度か修正の後こちらで決定となりました。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

THERMOSケータイマグ 黒メタリック塗装 完成

 先程紹介したホワイトパール(画像右側)の仕様に続き、中央の黒メタリック塗装も完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々も同じような、ちょっと茶色掛かった塗装の物だったのですが、

 オーナー様からの「真っ黒」で「メタリック」とのご要望により、

 黒ベースに粗目のメタリック(MIX598)とガラスフレークを入れ、アクセントとして極少量だけ粗目のブルーパール(MIX845)を入れています。青味を入れたのは茶色っぽくしないように(漆黒っぽい感じに)したかったからです。

 ただ元の状態から大きく色が変わったと言う訳では無いので、恐らくですがオーナー様的には保護の事を考えて今回こちらの塗装もご依頼になったのだと思います。クリアーだけでも良かった、みたいな感じでしょうか。

尚、クリアーのみの塗装についてはの記事が判り易いかも知れませんので宜しければご参照ください(その後の報告では塗膜は良い状態を保っているとの事でした)。

尚、塗装屋さんなら良く判ると思いますが、「クリアーだけ塗装」の方が神経を使いとても大変です。

STARBUCKS Tumblers

日陰だと真っ黒ですが、光に当たるとメタリックとガラスフレークが光るので、これは元の塗装では無かった表現が出来ていると思います。

続けてイエローパールのサーモスを紹介しますね。

STARBUCKS THERMOSホワイトパール塗装 完成

 大変お待たせしました!サーモスのケータイマグ×3本の塗装、本日完成となります。

紹介はそれぞれ個別に、まずはホワイトパールから紹介しますね。

元々は艶消し白の塗装だった物を、

オーナー様のご要望によりロゴデータを作製し、

 艶有りの3コートホワイトパール&ロゴ入れ塗装を行いました。

 オーナー様のご要望としては「真っ白」「3コートパールに」との事でしたのでカラーベース(下色)の白はSTANDOX原色の白(MIX570)をそのまま使い、

 パールベースは粗目のホワイトパールを使用しました。またメタリックアディティブ(MIX008)も入れてギラツキ感を強調させています。

 画像だと判り難いのですが、キラキラしているのがホワイトパールです。実物はもっとパール感が判りますのでご安心下さいませ。

続けて黒メタリックも紹介しますね。

Handrail Bases & Screws

 先日よりお預かりしておりました手摺用の土台部分3個と、それらを固定する為のネジ18本です。艶ありの黒でご依頼を頂いておりました。

スクリュービスの方はネジ穴が多少舐めっていて、表面盛り上がった状態になっていた為、

 表面をダブルアクションサンダー#120で研磨して平滑にし、

 サンドブラスト処理を行いました。右側のビスは未使用品だったのでそのままの状態でブラスト処理を行います。

 ブラスト作業完了です。ちなみに表面だけであればサンダー等によるペーパー掛けで良いのですが、使用を考えるとドライバーを挿し込む+の穴の中まで足付け処理を行いたい為、サンドブラストを使用しています。

 その後良く脱脂清掃をし、

 プライマーを塗布します。こちらはこれで錆びる恐れが無い為、一旦埃の付かない場所に保管しておきます。

 手摺の土台部分はプラスチック製で、素材はPA(ポリアミド=ナイロン樹脂)、それに20%グラスファイバーが練り込まれています。

これを先ほどのネジと同じようにサンドブラスト処理してしまうと、表面が毛羽立って素地が荒れ過ぎてしまう為、こちらはペーパーとスコッチブライト、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

 よく脱脂清掃後、まずはプラスチックプライマーを塗布し、

 続けてサフェーサーを塗布します(特に記述が無い限りサフェは2液ウレタン、STANDOXのシステムフィラーです)。

 その後60℃40分程の熱を掛けてサフェを完全硬化させ、全体にドライコートで黒を塗ります。これは研ぎ忘れを防止する為の「ガイドコート」です。

全体を#600→#800で水研ぎし、最後に当たりの優しい(研磨粒子が均一な)布製の研磨副資材(アシレックス)を使ってペーパー目を均します。

よく脱脂清掃し、素地が露出した個所には再度プラスチックプライマーをスポット的に塗布しておきます。

 ベースコートの黒を塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。

 面積自体は小さいのですが、形がイビツだったり、塗装する面が多面に及ぶ場合にはその分塗装費用も上がる傾向にあります。

 ネジも同じようにして本塗り完了です。

 その後60℃40分程の熱を掛け、数日寝かしたら完成となります。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 側面は完全な平滑では無く、多少窪んだような形状になっています。裏側を見ると骨のある部分なので、マセラティのリモコンキーカバーと同様、成型時に樹脂の体積が目減りして引っ張られるような感じになるのでは、と思っています。

 裏側は見えませんが、固定した時に隙間が空いても素地の色が見えない様、裏まで周り込む様にして塗装しています。

 ネジが当たる個所はその圧力と捩じれから塗装が剥がれてしまう事は避けられませんが、間にプラスチック製のワッシャーを入れたり油を塗ったりする事でそれらは軽減出来ます。

ドライバーは実は色々種類があって、物によってはピッタリと嵌るようになる為、その選択を間違えなければ塗装は簡単に剥がれないで締められると思います(以前同じようにしてネジを塗装した物を取り付けた業者さんは、かなりのトルクで締めても塗装は剥がれなかったと御報告頂いております)。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

THERMOS 3コートホワイトパール 本塗り

先程に続き、3本ある内の一本、スターバックス(サーモス社製)タンブラーです。

元々は艶消しの白の上に人魚様のロゴが黒でプリントされていました。

 先程の黄色いタンブラーと同じように、ステンレス素地を極力出さないよう上の黒いプリントだけを削り落とします。

 全体は#800の空研ぎ(アシレックスレモン)で足付け処理を施しています。

 ちなみに底部のマスキングは2重にしてあって、最初に貼ってあるマスキングシートは既存のプラスチック板と同じサイズに、さらにその上に直径を0.3mm大きくしたマスキングシートを中心を揃えて貼っています。

レベリングの良いクリアーは表面張力も大きい為、ピッタリ貼るとそこにクリアーが溜まってしまので、少しだけ(約0.15mmだけ)マスキングシートが飛び出る事によってそこを「庇状」とし、マスキング際にクリアーが溜まらないようにしています。

今回の仕様はこちらとなります(尚、イメージイラストの作成は【標準コース】以上となりますのでご了承くださいませ)。

 白については「真っ白」と承っていますので、これ以上白くは出来ない(ならない)と言う事で白の原色(MIX570)をそのまま塗っています。

 ただし先程の3コートイエローパールと同様、カラーベース(下色)が明る過ぎるとその上に塗るパールベースが目立たなくなる為、パールは粒子が一番粗い「MIX826」を、さらにパール感(ギラツキ感)を高める為、同量のメタリックアディティブ「MIX008」(フリップコントローラー)を入れています。

ちなみに通常の3コートパールは下色に多少なり黒や黄色などを入れて色味を出してその上に塗るパールを際立たせていたりします。またSTANDOXのホワイト系パール原色は4種類あって、それぞれ「極細目・細目・中目・粗目」となります。

 そしてロゴ入れの準備です。

 こちらのロゴはある程度サイズがあるのでマスキングによる塗装で対応可能です。

 予めセンターの位置を出しておき、そこに合わせてマスキングシートを貼り付けます。

 ロゴの位置は「底から1.5cm辺り」に合わせました。

 その他の部分を養生し、

 ベースコートの黒を塗ります。

 マスキングによる塗装で手間が掛かる点としては、貼ったシートを一度に剥がせないという所です。

 ピンセットや爪で剥がそうとすると塗膜を傷付けてしまうので、最初にデザインカッターの刃先でシートの端を持ち上げ、そこをピンセットで摘まんで一つ一つ剥がしていきます。

これでようやくベースコートが完了となります。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

この後一日(一晩)以上は自然乾燥とし、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させたら最後に磨き処理を行います。

完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!