Handrail Bases & Screws

 先日よりお預かりしておりました手摺用の土台部分3個と、それらを固定する為のネジ18本です。艶ありの黒でご依頼を頂いておりました。

スクリュービスの方はネジ穴が多少舐めっていて、表面盛り上がった状態になっていた為、

 表面をダブルアクションサンダー#120で研磨して平滑にし、

 サンドブラスト処理を行いました。右側のビスは未使用品だったのでそのままの状態でブラスト処理を行います。

 ブラスト作業完了です。ちなみに表面だけであればサンダー等によるペーパー掛けで良いのですが、使用を考えるとドライバーを挿し込む+の穴の中まで足付け処理を行いたい為、サンドブラストを使用しています。

 その後良く脱脂清掃をし、

 プライマーを塗布します。こちらはこれで錆びる恐れが無い為、一旦埃の付かない場所に保管しておきます。

 手摺の土台部分はプラスチック製で、素材はPA(ポリアミド=ナイロン樹脂)、それに20%グラスファイバーが練り込まれています。

これを先ほどのネジと同じようにサンドブラスト処理してしまうと、表面が毛羽立って素地が荒れ過ぎてしまう為、こちらはペーパーとスコッチブライト、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

 よく脱脂清掃後、まずはプラスチックプライマーを塗布し、

 続けてサフェーサーを塗布します(特に記述が無い限りサフェは2液ウレタン、STANDOXのシステムフィラーです)。

 その後60℃40分程の熱を掛けてサフェを完全硬化させ、全体にドライコートで黒を塗ります。これは研ぎ忘れを防止する為の「ガイドコート」です。

全体を#600→#800で水研ぎし、最後に当たりの優しい(研磨粒子が均一な)布製の研磨副資材(アシレックス)を使ってペーパー目を均します。

よく脱脂清掃し、素地が露出した個所には再度プラスチックプライマーをスポット的に塗布しておきます。

 ベースコートの黒を塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。

 面積自体は小さいのですが、形がイビツだったり、塗装する面が多面に及ぶ場合にはその分塗装費用も上がる傾向にあります。

 ネジも同じようにして本塗り完了です。

 その後60℃40分程の熱を掛け、数日寝かしたら完成となります。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 側面は完全な平滑では無く、多少窪んだような形状になっています。裏側を見ると骨のある部分なので、マセラティのリモコンキーカバーと同様、成型時に樹脂の体積が目減りして引っ張られるような感じになるのでは、と思っています。

 裏側は見えませんが、固定した時に隙間が空いても素地の色が見えない様、裏まで周り込む様にして塗装しています。

 ネジが当たる個所はその圧力と捩じれから塗装が剥がれてしまう事は避けられませんが、間にプラスチック製のワッシャーを入れたり油を塗ったりする事でそれらは軽減出来ます。

ドライバーは実は色々種類があって、物によってはピッタリと嵌るようになる為、その選択を間違えなければ塗装は簡単に剥がれないで締められると思います(以前同じようにしてネジを塗装した物を取り付けた業者さんは、かなりのトルクで締めても塗装は剥がれなかったと御報告頂いております)。

この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ボールペン胴軸塗装 完成

 大変お待たせしました!カルティエ・サントスのボールペン胴軸部分×5本の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

今回も既存の塗膜はオーナー様自ら剥がされていまして、この状態から「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地を作り、それぞれに上塗り塗装を行っています。

 色はそれぞれ自動車ボディの純正色で、ただ今回の5本の内の3色にはそれぞれ透過性の色(キャンディーカラー)を塗り重ねる事で深みのある色にしています。

それぞれの仕様毎に色を紹介しますね。

Lamborghini, Rosso Mars(カラーコード:LZ3M)+ キャンディーレッド

Lamborghini, Arancio Atlas(カラーコード:0058)+ キャンディーオレンジ

Lamborghini, Giallo Maggio(カラーコード:0129)+ キャンディーイエロー

BMW, Marrakesh Brown Metallic(カラーコード:B09)

Jaguar, British Racing Green(カラーコード:HGY)

となります。

 また今回は色見本用の注型樹脂製ミニカーも承っておりまして、さらにそれらには裏側に磁石も埋め込んでおきました。

色見本ミニカー マグネット化

 ちなみに今回のご依頼は二回目で、前回塗装した時の色見本があったので色を見比べてみました。

同じ赤系でもかなり雰囲気が違うのが判ると思います。

尚、前回完成時の画像は以下ページよりご確認頂けます。

ボールペン胴軸塗装 完成

こちらの左側にあるミニカーの色は、以前サンプル用に作成したVW社の純正色「ハバネロオレンジメタリック」(カラーコード:LB2Y)で、車体のそれを見た事がある方は「派手な色だな~」と思ったかと思いますが、それに比べると今回の色がどれだけ鮮やかなのが判ると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座いました!

ボールペン胴軸×5 本塗り

 大変お待たせしました!ボールペンの胴軸部分の金属製部品の塗装、無事本塗り完了しております。大変長らくお待たせ致しました。

一部の部品では、サフェ研ぎの際に角で素地を露出させてしまっている物もありますので、

スポット的にプライマーを塗装しておきます。3か所程行っておきました。

そしてベースコートを塗布します。

こちらの赤はランボールギーニの「Rosso Mars」カラーコード:LZ3M)で、ソリッドカラーに見えますがレッドパールとイエローパールが入っています。

カラーコードがVW系の配列に似ているのはアウディ(VWグループ)の傘下に入っているからで、この辺はポルシェも同じく色が重複していたりします(しかしカラーコードは違っていたりと少々ややこしい所もあります)。

こちらも同じくLamborghiniの純正色、「Arancio Atlas」(カラーコード:0058)で、ただしSTANDOXからの配合データだと「954164」といったカラーコード設定となっています。フェラーリもこういうのがあって、まあこの辺は余り気にされないで大丈夫です。

色はオレンジがベースかと思いきや、一番多く入っているのはイエローパールです。さらにシルバーは二種、微量ですがパープルも入っていたりします。

こちらもLamborghiniの純正色で、色名は「Giallo Maggio」、カラーコードは「0129」となります。

この色は今回唯一の3コート塗装で、まず上のソリッドカラーのイエローを下色(カラーベース)とし、

 その上にパールベースがコートされます。かなり判り難いのですが、ゴールドパール、レッドパール、そしてSTANDOX原色でも一番粗いメタリックが入っています。普通あり得ません。

 と言うのもメタリックはアルミフレーク=アルミ粒子なので、明るいソリッド原色の上にこれを塗る都金属粒子の「黒」が見えてしまいます。メタリック原色の含有量はわずか0.2%程ですが、それを3コートも塗れば肉眼でも見えてしまいます。

塗装屋的にはちょっとあり得ない構成ですが、まあ普通の方なら気にならない(見え無い)でしょうし、こういうのもランボなだけに許される塗色なのかも知れませんね。

 そして5色の内の3色にキャンディ―カラーを塗ってクリアーを塗り、本塗り完了となります。

こちらは先ほどのオレンジに、さらに透過性のオレンジ(キャンディーオレンジ)をコートしています。

それぞれの色の作成・紹介については以下ページで紹介しておりますので宜しければご参照下さいませ。

ボールペン胴軸 色作成

色の塗り重ね具合が判るように、キャンディーカラーはそれぞれ注型樹脂で作った色見本を先に塗ってから本塗りを行っています。

 こちらは先ほどのレッドパールの上に、やはり透過性の赤(キャンディーレッド)を塗っています。一見するとソリッドカラーに見えますが、何かこう艶めかしい感じがするのが判ると思います。前回ご依頼頂いた時のチェリーピンクより濃い赤になっていると思います。

参考までに前回のご依頼です↓

ボールペン同軸塗装 完成

 

 そしてこちらは3コート使用のイエローに、さらにキャンディーカラーのイエローを重ねました。都合4コート塗装となっています。

やはりこちらも一見するとソリッドのイエローに見えるのですが、光に当たるとメタリックの粒子が見え、またキャンディーカラー特有の色が浮いたような質感に仕上がっていると思います。

 こちらはBMWの「Marrakesh Brown Metallic」(カラーコード:B09)なる色で、画像だとちょっと地味に見えるのですが、パール感が渋くて良い感じの色だと思います。

使われている原色は黒がメインで、イエローパール、ブラウンパール、着色ゴールドメタリックも入っています。全8原色での構成で、作るのはちょっと面倒です(苦笑)。

 こちらはジャガーの純正色で、英国車によくある色名の「British Racing Green(カラーコード:HGY)となります。ローバー系、BMW系どちらのMINIにもありますよね。確かロータスにもあったような・・・(なので色を作成するには色名では無く「カラーコード」が重要なのです)。

今回一緒に塗装した色見本はこの後裏側にマグネットを埋め込んで、メモ等を挟めるように使えるようにする予定です。

今まで作成していた注型樹脂は裏側が汚い仕上がりでしたが、その後遠心注型で作るようになったので裏側も比較的平滑で、現在色見本用としてお買い上げ頂いた方にはマグネットの埋め込みもサービスで行っております。ただし裏側は塗装しておらず、また下地処理もしていないので巣穴やバリなどはそのままですから、塗装の仕上がりとしてはあくまでも「色の確認の為」と言う程度となります。どうかご了承下さいませ。

注型樹脂製ミニカー色見本のご購入については以下ページをご参照下さいませ。尚、塗装のご依頼を頂いた方のみの対象となりますのでどうかご了承下さいませ。

PRO_Fitウェブショップ

使用例としては以下ページで紹介するような感じとなります。

色のリサイクル

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

ボールペン胴軸 色作成

先日プライマー&サフェーサーを塗っておいたボールペンの胴軸部品です。

その後熱を入れて塗膜を完全硬化させ、ガイドコートを塗ってサフェーサーを研ぎます。

耐水ペーパーの#600と#800で水研ぎをし、最後は布状の足付け処理用副資材(アシレックス)でペーパー目を均します。断面部分にもこれを軽く当てて足付けをしておきます。

 そして色を作りました。全部で5色、内1色は「カラーベース」と「パールベース」がそれぞれ別れた3ステージ(3コート)仕様となります。真ん中の紙コップが二個重なっている色です。

 色は左から、


・赤:Lamborghini, Rosso Mars(カラーコード:LZ3M)

・橙:Lamborghini, Arancio Atlas(カラーコード:0058)

・黄:Lamborghini, Giallo Maggio(カラーコード:0129)

・茶:BMW, Marrakesh Brown Metallic(カラーコード:B09)

・濃緑:Jaguar, British Racing Green(カラーコード:HGY)


となります。真ん中の黄色が2個並んでいるのはどちらも同じ色です。

 真ん中のランボールギーニのGiallo Maggioは、最初に黄色を塗り、その上に右側のピンクっぽいパールを重ねます。

ちなみにこのピンク色のパールベースは、配合データより20倍濃くなっていますので、実際に塗る時はもっとバインダー(樹脂)で薄めて塗ります。取り敢えず紙の上に塗って判り易いようにと濃い状態にしました。原色の配合としては、ゴールドパールとレッドパール、また粗目のメタリックも入っています。

 さらに5色の内の左側3色にはキャンディーカラーを重ねます。

それぞれの組み合わせは

・赤:Lamborghini, Rosso Mars(カラーコード:LZ3M)+ キャンディーレッド

・橙:Lamborghini, Arancio Atlas(カラーコード:0058)+ キャンディーオレンジ

・黄:Lamborghini, Giallo Maggio(カラーコード:0129)+ キャンディーイエロー

といった感じです。

キャンディーカラーそれぞれの特徴も紹介しますね。

 

左から、

・キャンディーレッド・・・いつもテールランプに塗っている物とは違い、ハウスオブカラーのアップルレッドです。テールランプに使っている赤よりも耐候性は劣りますが、赤がより鮮やかなので今回はこれの方が良いと思います。

・キャンディーオレンジ・・・キャンディーオレンジ原色そのままだと赤味が強く下地のオレンジを潰してしまいそうだったので、イエローを5倍加えて黄味寄りにしたオレンジを使う事にしました。

・キャンディーイエロー・・・こちらは原色そのままです。それぞれバインダーで10倍くらいに薄めています。

 

こちらのボールペン胴軸の塗装を行うのは今回が二回目で、前回のご依頼でもキャンディーカラーを採用しておりましたので、オーナー様もそれぞれの色の組み合わせは良くご存じのようで、今回はこの仕様で問題無く良い具合に出来ると思います。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NDロードスター リヤフラップ&ボールペン胴軸 サフェ入れ

 大変お待たせしておりました。NDロードスター用の社外品FRP製のリヤフラップです。

表面には白ゲルコートの層があるので、それを#180と当て板でライン出しを行い、最後に#240でペーパー目を均しておきます。

部品の裏側は車体(バンパー)に両面テープで貼り付けられる為、そこを利用して台に固定します。具体的には細い芯状に丸めたガムテープを貼付け、台となるボール紙の棒にもガムテ―プを貼り付け合体させるような感じです。

尚ガムテープは熱を掛けると粘着力が落ちますが、固定個所を部品の中心にしておけば大丈夫です。

ポリエステル系樹脂を使ったFRP部品にはプライマーの塗装は必要無い為、直接サフェーサーを塗布します。

コート毎にフラッシュオフタイムを5分程設け、合計5~6コート程塗っておきました。

 そしてこちらもお待たせしております、ボールペンの同軸部分です。

金属素地への足付け処理方法としては、ペーパーは一方向だけでは無く縦横斜め全方向無尽蔵に傷を入れるとプライマーの食い付きがよくなります。それを機械で行えるのがこのダブルアクションサンダーで、円回転の芯をずらす事で(偏芯)傷を多方向に付ける事が出来ます。

少し前に頂いたお問い合わせで、金属製のキーホルダーにメタルプライマー(?)を塗っても簡単に色が剥がれてしまうといったご相談を受けましたが、多分プライマー云々では無く素地調整(足付け処理)の問題かと思います。

ペーパーを一方向に入れるだけだとシングルアクションサンダーと変わりは無く、それではプライマーもパテも食い付きません(エポキシなら大丈夫ですが)。平面であればダブルアクションサンダーやオービタルサンダーなどを、サンダーが入らないようなイビツな形ならリン酸などの化成処理かサンドブラスト処理、また最近であれば火炎処理などを行うといった方法となります。とにかく被塗面には何かをしてあげないと塗装は密着しません。尚、密着剤はもはや論外です。

 良く脱脂処理をして台にセットし、さらに脱脂をしてエアーブローを行い、

 

 プライマーを塗布します。

また今回は(今回も)小傷があったりしましたので、念の為全体にサフェーサーも塗っておきました。

尚、テニスラケットもサフェーサーの塗布まで完了しておりまして、そちらはちょっと長くなるので後程改めて紹介させて頂きます。

いずれもお待たせしておりますがどうぞもう少々お待ちくださいませ!