アドレスV マフラープロテクター塗装 完成

 大変お待たせしました!スズキアドレスV125の樹脂製マフラープロテクターの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

素材はポリプロピレン樹脂製で、素地はザラザラと梨地だった物を、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理で平滑にした上で上塗りを行っています。

 色はポルシェ純正色の「TITAN」(カラーコード:A7(D7Z)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 色は事前に色見本帳をお貸出しし、その中から選んで頂きました。

色見本帳はご依頼が決定されましたら無料でお貸出しが出来ますのでお気軽にご利用ください(キャンディーカラーや結晶塗装等の特殊色は対応しておりません)。

 ご依頼のコース自体は【お任せ仕上げコース】となりますので磨き処理はしていません。塗ったそのままの状態で、艶のある仕上りの肝はベースコートの塗り方と、下地が重要なのが判るかと思います(ベースコートをドライコートで荒らしてしまうと幾ら艶々に塗っても強制乾燥後に艶が引けたような仕上りになってしまいます)。

 サフェーサーを含む下地処理はフチまで行っていて、ベースカラーとクリアーも裏まで回り込むように塗っているので、装着時に隙間から裏が見えても違和感は感じられないかと思います。

 自然光下でも撮影してみました。

尚ボルト取り付け部についていたゴムは元に戻しておきましたのでご安心下さいませ(画像では着いていない状態です)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

アドレスV マフラープロテクター 本塗り

 先日サフェーサーを塗布しておいたスズキアドレスV125の樹脂製マフラープロテクターです。60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、ガイドコートを塗っておきました。

 素地が梨地になっている部品は成型時に表面が凸凹になっている可能性が高く(それを目立たない為に梨地にしているので)、サフェーサーは当て板を使ってしっかりと研ぎ、ラインを整えておきます。

 裏側にもある程度色を飛ばす塗り方をするので、こちらもスコッチとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理しておきます。

 良く脱脂清掃し、台にセットします。

 裏側はこんな感じで、ボール紙の心棒に段ボール片を筋交いにしてガムテープで固定しています。固定位置が中心なのでガムテープの粘着力が落ちても落下する事はありません。

裏側はプラスチック素地なので、プラスチックプライマーを塗布しておきます。

 ベースコートを塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 色はポルシェ純正色の「TITAN」(カラーコード:A7(D7Z)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

裏側もフチまでしっかりと塗っているので、装着時に隙間から元の黒が見えると言う事も無いと思います。

それでは完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

アドレスV マフラープロテクター サフェ入れ

 こちらは先日お預りしておりましたスズキアドレスV125の樹脂製マフラープロテクターで、ちょっと早いのですが他の案件でサフェーサーを塗るので並行して作業をさせて頂いております。

 表面は粗い梨地があるので、#120のダブルアクションサンダーで削ります。

 ボルト固定部にはゴム製のリングが嵌っていましたが、そちらは外しておきました。

こういう個所はどうしても足付けがし難い(ペーパーの傷が一方向になり易い)ので、特に念入りに行っておきます。

その他フチなどは#180の手掛けで行います。

 さらに#320のスコッチとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

十分に乾燥させ、裏側はフチから5ミリくらいのところでマスキングをしてあります。

 こちらも塗料の密着性が良く無いPP(ポリプロピレン)樹脂なので、プライマーを塗る前に炎処理を行っておきます。特に穴の中の谷のラインには有効です。後で塗装が浮くとしたらこういう個所ですからね。

プラスチックプライマー塗布後、サフェーサーを5~6コート程塗ってサフェ入れ完了です。この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、平滑に研ぎ付けます。

それではこちらも作業進行次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

アドレスV マフラープロテクター塗装承ってます

 先日到着しておりましたスズキアドレスV125のマフラープロテクターです。

こちらのオーナー様は以前インプレッサのダクトカバーやエンブレム枠などの塗装を御依頼頂いた方で、今回はこちらのバイク部品の塗装を御依頼頂きました。この度もご贔屓有難う御座います!

色に関しては事前に色見本帳をお貸出ししておりまして、今回はこちらのポルシェ「TITAN」カラーコード:A7(D7Z)の艶あり仕上げで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っております。

素地はザラザラとした梨地で、このまま色を塗っても綺麗に仕上りませんので、いつものように「研磨→プラスチックプライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地を平滑にしてからの上塗り塗装とします。

 ちなみに届くまで気が付かなかったのですが、こちらの部品、金属では無くプラスチック製(!)となっています。マフラーの所に着くのでてっきり金属性かと思っていましたが、素材はPP(ポリプロピレン)です。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

ホンダクロスカブヘッドカバー 結晶塗装 完成

 こちらもお待たせしました!クロスカブ用ホンダ純正ヘッドカバーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々は新品のアルミ素地で、現状は綺麗なのですが鋳造製品の為に表面は未処理の状態で、この後アルミが酸化して輝きが無くなり、そしてブツブツとした腐食が発生していきます。

 塗装の主要な目的としては「美観」「保護」「識別」の三つで、今回の場合だと前者の二つがメインとなりますが、カブの場合はヘッドカバーが剥き出しなので遠目から見た時にこの映えた赤が目立って見つけやすい!と言う点を入れると全てに当て嵌まるかも知れません(少々強引ですか。笑)。

 色は「鮮やかな赤」となっております。

 小さい物だとどうしても「塗り過ぎる」と言う傾向にある為、今回レヴォーグの樹脂製インマニと一緒に塗装していますが、こちらはシンナーの希釈率を上げて多少薄膜になるよう調整しています。

 被塗物が小さいと一見楽そうに見えますが、その分どうしても粗が目立つので思っている以上に気を遣っています。念の為ですが各画像は縮小以外修正はしていません。

アルミ素地を削り出して光らせたHONDAの文字には、腐食の進行を遅らせられるようクリアーを筆で塗っています。こちらはサービスとなりますので、結晶塗装凸部研磨をご依頼の際には是非ご利用下さいませ。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!