バイク用アルミパーツ塗装 完成

bike10 大変お待たせしました!バイク用の(恐らく)ステップ部のアルミ鋳造パーツの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介致しますね。

bike30元々はアルミ無垢の状態で、

bike31素地は砂型の梨地がそのまま残ったような状態でした。

bike11 あのまま塗っても艶のある仕上りにはなりませんので、「サンドブラスト処理→リン酸処理→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で平滑な下地を作ってから上塗りの塗装を行っています。

bike12 折り畳みのステップ(タンデム用かも知れません)が着く個所はアルミ素地をそのまま残した仕様にしています。

bike13今回は【お任せコース】となりますので、塗装は塗りっ放しの磨き処理無しでの仕上りとなります。

bike14吊るして塗るとこういった肌にするのは難しいのですが、目立つ面を上(地面と水平)にした状態で台に固定して塗っていますので、塗りっ放しでも肌目の無いテロテロとした仕上りに出来ています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

バイク用アルミパーツ 本塗り

bike6先日サンドブラストを掛けてプライマー&サフェーサーを塗布しておいたバイク用の恐らくステップ周りに装着されるアルミ部品です。

その後熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、全体を#600→#800の水研ぎで研磨します。

buke 何かしらシャフトが挿し込まれると思われる部分と、ステップが入るであろう個所のみマスキングを行い、台にセットします。

buke1 通常こういったパーツは針金などで吊って塗るのが一般的なのですが、それだとどうしても肌が悪くなってしまいますので、何とか工夫して最も見せる部分(目立つ部分)を地面に水平になるようにセットしています。以前施工したハーレーのフェンダーが良い例ですかね。仕上りもとても気に入って頂けたようで、近々新たなご依頼品が届く予定です。

buke2 塗り難い裏側は最初に台から外して先に塗っておきます。画像だと艶がありますがこちらはベースコートなので乾くと艶は消えていきます。

buke3 その後再び台にセットし、表面のベースコートを塗装し、最後に裏表一緒にクリアーを塗ります。

buke4 昔は私もこういったパーツは吊るして塗るのが常だったのですが、塗装の対象が小物になってからは固定方法にとても気を遣うようになりました。

buke5以前行っていた自動車補修塗装では「新車肌の再現」が基本だったのですが、今はテロテロに仕上げる塗り方になっています(「デロデロ」ではありませんので念の為)。

buke6それでは完成次第改めて紹介させて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

バイク用アルミパーツ サフェ入れ

bike こちらもお待たせしております。バイク用の、多分ステップ周りのパーツです。

アルミの無垢ならリン酸処理だけでも良かったのですが、恐らく表面にはアルマイト加工が施されていて(そうでなければアルミは簡単に腐食します)、さらに形がイビツだったのでペーパーでは無くサンドブラストを使いました。

bike1 金属同士の当たり面は塗装しないようにしますのでサンドブラストも当たらないようにマスキングしてあります。

bike2 その後リン酸処理を行い、よく洗浄して乾燥させます。

ちなみにこちらの記事を見た知り合いの方から、「アルミって塗っても剥がれてしまいません?」といったご質問を受けましたが、自動車部品としてアルミはもう一般的な物ですので全くそういった概念がありませんでした・・・。

アルミ素材への塗装は全然難しくは無く、むしろポリアミドとかポリプロピレンとかポリエチレンへなどの樹脂の方が色々大変です。

アルミ素材は無垢そのままと言うケースが少ないので、恐らくはアルマイト被膜をそのままで塗ろうとすると、それは難しいと思います。素材は鉄なのに、実は亜鉛メッキ層があって幾ら塗ってもパテが付かない!と言うのと同じです(今みたいに良いパテが出ていない時代からやっている板金屋さんなら判りますよね)。

bike3 と言う訳で、素地調整としてサンドブラストを行い、さらにリン酸を使った化成処理を行い、それ用のプライマー(と言う程でも無いのですが)を塗ればアルミでも全く問題無く塗装は出来ます。尚、ポリパテを塗る際には初期硬化時に熱を掛けないようにするのが密着させるコツでしょうか(これも散々煮え湯を飲まされました・・・)。

bike4 こちらの部品は表面に梨地があったので、さらにサフェーサーを塗って平滑な素地を作ります。

bike5裏側は車体に装着されれば殆ど目立たない筈ですので、サフェーサーはシンナーで希釈して極力肌が出来ないように塗って研ぎ作業を省くようにします(足付け処理は行います)。

サフェーサーを塗って艶が出るとやはりと言うか素地の粗さが目立ち、サフェ無しでそのまま塗っていたら結構残念な仕上がりになっていたと思いますので、念の為にやっておいて良かったと思います。

後日熱を入れて硬化させたらタイミングを見計らって本塗りを行いたいと思います。どうぞもう暫くお待ちくださいませ!

SUZUKI GSX-R1100キャブトップカバー結晶塗装 完成

topcover13 大変お待たせしました!SUZUKI GSX-R1100のキャブレタートップカバーとステーの結晶塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

topcover素材はスチール製で、最初の状態では腐食も発生していましたが、それらはサンドブラストで削り落とし、新たにプライマーを塗って結晶塗装を施しています。

topcover14 結晶塗装の色は明るいブルーで、粉末のパールも使用しています。

topcover16 結晶塗装が普通の塗装と違って難しいのは「結晶目の並べ方」で、これは塗っている時には判らず、塗装後に熱を加えてようやく結果が判るので、塗装中はまるでロボットのようにガン距離・角度・運行速度を揃えて塗っています。

topcover17 形は円柱形ですが、塗装する場合は8角形と考え、土台部分・側面・天面とそれぞれを3面に別けて「8×3=24面」を塗るような感じで作業しています。

topcover19焼き物などであればそれぞれ違う仕上りを「味」として考えたり出来ますが、当店の作業はそれと真逆で、どれも人の手で行ったような跡を残さないようにしなければなりませんので、これが少々(と言うかかなり)大変です。

topcover15ちなみに結晶目は塗料の膜厚や熱を入れるタイミング(伝導率も)が関係しています。

topcover18 こういったちょっとした出っ張りもスプレー塗装時には結構厄介なので、やはり塗装時は8方向から均一にスプレーをしています。たかが5cmの部品でも意外と奥が深いのです。

topcover21結晶目を近くから見るとこんな感じです。コンパクトカメラでマクロ撮影しています。

topcover20裏側もサンドブラスト処理を行っていて、そのままだと錆びるのでやはりプライマーを塗布し、こちらはつや消しの黒(っぽいガンメタ)を塗っています。見えない部分なのでどうでも良いとは思いますが、やはり部品単体で受け取った時の印象は違いますよね。

それでは後程完成のお知らせメール差し上げます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

キャブレタートップカバー結晶塗装 本塗り

topcover4 こちらもお待たせしました!偶然にも先ほど紹介したアルファロメオのエンジンカバーと同色で承っておりますので一緒に本塗り完了しております。ご安心下さいませ。

topcover5元々何かしらのメッキが施されていたのですが全体的に腐食が酷いのでサンドブラストで処理しています。

topcover6 裏側は比較的綺麗だったのですがフチには腐食が回り込んでいたのでこちらもブラストを掛ける事にしました。

topcover7 一旦シンナーに浸けるようにして脱し洗浄を行い、

topcover8 表、裏共にプライマーを塗布します。

topcover9 裏側はそのままだと少し格好悪かったのでベースコートの黒を塗っておきました。こちらは普通のSATNDOXの塗料です。

topcover10 ベースコートが乾燥したらマスキングをし、段ボールに固定します。被塗物は塗装中・塗装後に移動させる事が結構多いので、ストレス(リスク)無く動かせるようにしておいています。

topcover11 結晶塗装後、140℃程の熱を掛けて本塗り完了です。

topcover12アルミ製のヘッドカバーなどに比べると薄いスチール製品は熱の上がり方が極端なのでそれに注意して焼き付けています。

こちらももう一度恒温機で熱を掛け、数日寝かしたら完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!