BMW R1200RS Top Box & Side Cases

BMW R1200RS用のパニアケースとトップケースカバーです。どちらも土台部分から取り外した状態で届きました。

パニアケースは新品時のグレーメタリックの艶消し仕上げで、トップケースはプライマリー仕様の、やはり新品部品となります。

 裏側が汚れないよう、作業前にマスキングをしておきます。

 表面を#800で足付け処理し、台にセットします。

 傷がある場合は塗装費とは別に下地処理費が必要となりますが、新品の塗装済み品やプライマリー製品であれば塗装費のみで大丈夫です。

 ベースコートを塗り、クリアーを塗ったら本塗り完了です。

パニアケースの色はBMW Motorrad(二輪車)純正色の「ルパンブルーメタリック」(カラーコード:M25)で、これから納車される車体色の同色となります。

車体色は2トーンカラーになっていて、トップケースの方もそちらに合わせた「ライトグレイ」(カラーコード:M21)となります。

クリアーは全て高品位なタイプ「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 また今回は色見本の塗装もご用命頂きました(別途有料となります)。

 今後のカラーコーディネートに利用されたいとの事です。

 その後熱を掛けて完全硬化させ、必要に応じて磨き処理を行い、さらに数日寝かしたら完成となります。

 尚、今回はどちらも「配合データ」があった為に調色費は掛かっておりません。

四輪自動車であればほぼ全ての配合データは存在しますが、二輪車の場合は逆に配合データが無い方が多く(特に日本車は少ないです)、その場合は一から色を作製しなければなりませんので別途「調色費」が必要となります。

配合データの有無については先にお調べ致しますので、お問合せの際には「色名」と「カラーコード」をお知らせください。尚、カラーコードが判らない場合は、型式や年式、色名などを販売店や製造メーカーに問い合わせれば教えてくれると思います。

 こちらの「ライトグレイ」は一見すると白に見えますが、塗料中の40%にシルバーメタリック、30%がイエローパール、白の原色に関しては実に14%程のみとなっています。

それだけに隠ぺい力は低く、下色として若干グレー掛かった白を塗ってコート数(無用に膜厚)が増えないようにしています。

   こちらの色見本も喜んで頂けました。

色見本のご購入についてはこちらのページからどうぞ。

その後オーナー様からは車体に装着した画像を送っていただけました。

ボックスケースを車体と同色にすると一体感が増し、全体のボリュームが大きくなったのが判ります。

純正のようであり、市販には無いオリジナル仕様と言うのが良いのではないでしょうか。

BMWパニアケース塗装 完成

bmw23 大変お待たせしました!BMW R1200RS用のパニアケースの傷補修塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

bmw 元々ご依頼頂く前に新品状態のグレーメタリックをこちらの色に塗装のご依頼を頂いていたのですが、その後のツーリングで駐車していた車体が横倒し(!)になっていたとの事で今回の修理塗装に至っています。

参考までのその前の状態も紹介致しますね。

bmw346元々はこんな感じのグレーシルバーの艶消しクリアー仕上げで、前回これをブルーメタリックの艶あり塗装でご依頼頂いています。

bmw24 色は前回と同様のBMW Motorrad(二輪車)純正色の「ルパンブルーメタリック」(カラーコード:M25)で、配合データもそのままなので全く同じ色に再現出来ている筈です。

bmw25 クリアーは前回と同様、高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となっています。

bmw28 改めて室内で撮影してみました。

bmw29 bmw30 bmw34 前回も二種類の色見本をご依頼&作成しているのですが、今回はさらにレベルを上げて(?)キーホルダータイプの物でご用命を頂きました。

bmw33キーホルダータイプの物は裏側をスムースに加工してあって、さらにサフェーサーで下地を整えているので仕上がりが格段に良くなっています。

また今まではアルミのカラビナだった物を、今回はテスト的にステンレス製のアンカーシャックルにしてみました。強度はかなり高い筈なので、万が一の時にはそれだけを使って何かの役に立って貰えればと思います(いや立たないかも知れませんが・・・)。この辺の事については後日改めて社外記でも紹介させて頂きますね。尚、こちらの色見本は塗装のご依頼を頂いた方のみの対応となっておりますのでご了承下さいませ(ただリキッドシルバー仕様が最後の一個だけ残っています)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き有難う御座いました!

BMWパニアケース塗装 完成

bmw18 大変お待たせしました!BMW R1200RT純正パニアケースの補修塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

bmw381元々はケース下側周りに無数の小傷があって、こちらを「研磨→プラスチックプライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で修正し、新たに色を塗り直しました。

bmw14色はBMW MOTORRAD純正色の「バリアリッツブルー:BIARRITZ BLUE」で、カラーコードは「363」となります。

bmw15今回は「「できるだけきれいに修理していただきたいので」との事ですので、作業のコースは【標準コース】となりまして、塗装後には全体をポリッシュしてあります。

bmw16BMWのエンブレムプレートは元の通り両面テープで貼っておきました。この程度ならサービスで対応していますので取り外さずそのままでOKです(ヘラが無いと本体を傷つける可能性がありますのでむしろそのままの方が良いかと思います)。

bmw17それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMWパニアケース 本塗り

bmw8 先日サフェーサーを塗布していたBMW R1200RTの純正パニアケースです。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させたらサフェーサーを研ぎ出します。

サフェーサーを研ぐ際に使う当て板はそれ専用の物としてゴム製の物などもありますが、私的には研ぎに使う当て板は固い方がラインが出し易いと思っているので、今は余り拘りは無く普通の木片を使っています。表面が荒れてもペーパーで研げばまた平らになりますしね。

bmw9 ただし固い当て板を使うと深い傷や曲線的なラインがカクカクとなるので、その後はゴムやスポンジ製などの柔らかい当て板を使って均してあげる必要はあります。

最後は#800~#1200のペーパーで手研ぎで、既存の塗膜肌の頭を刎ねるような感じで全体の肌を均し、さらに必要であればスコッチ+ウォッシュコンパウンドや足付け用副資材(バフレックス)などを使って研磨します。

standox四輪自動車の場合は新車色であればほぼ100%色の配合データはありますが、2輪車の場合はこれが無い事もありますので、その場合は別途調色費が必要となります。

ただ今回のようにBMWやハーレー、DUCATIなどは配合データが見つかるケースが多いですので、お問合せ時に「色名」と「色番号」(カラーコード)をお知らせ頂ければ先に調べるように致します。

bmw10配合データから作成したベースコートを塗り、クリアーを塗って本塗り完了です。

bmw11この後はこのままの状態で自然乾燥させ、翌日にまた60℃40分程の熱を掛けて硬化させます。その後必要に応じて磨き処理を行い、さらに数日寝かして完成となります。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMWパニアケース サフェ入れ

bmw2 どちらも傷の修理でご依頼を頂いておりますBMWの純正パニアケースです。

それぞれオーナー様は違うのですが、下地作業はほぼ同じ内容となりますので並行して作業を行っております。

bmw3 傷の部分は#120で削り落とし、さらに#180→#240で滑らかになるようフェザーエッジを整え、さらにその周りまで#320で足付け処理を行います。また周りにも傷が無い事を確認しておきます。

一般の方からすると深い傷の場合は「パテで埋める」と思われていますが、極力パテは使わず、傷は削り落とし、その分はサフェーサーで補填(充填)するといった方法がセオリーとなります(勿論ケースバイケースとなります)。

bmw4 よく脱脂清掃し、ロールマスカー(養生紙)を使ってマスキングをします。

bmw5 養生のやり方もケースバイケースで、今回のように余裕を持って大きめに貼る場合もあれば、プレスライン(山)を利用してそこでサフェーサーを区切ると言う方法があります。

この辺についてはマニュアルといった物は無くて、要は仕上りが良く、その後のトラブルも起きないように、それでいて最短時間(低コスト)でといった事が基本となります。勿論必要な所には時間を掛けますが、単に効率が悪いだけなのはナンセンスです。

bmw6 プラスチックプライマーを塗り、続けてサフェーサーを塗布します。

bmw7サフェーサーについては特に上塗りのメーカー(当店の場合はSTANDOX)に揃える必要は無いと思っていますが、色々なメーカーや種類を試した結果、今のSTANDOXのシステムフィラーにはとても満足しているので使っています(昔のSTANDOXはサフェが最悪だったらしいですが)。

この後60℃40分程の熱を入れて塗膜を硬化させ、サフェーサーを研いでラインを出したら全体に足付け処理を行い、本塗り用のマスキングを行ったらいよいよ本塗りとなります(ルパンブルーの方はもう少し後になるかも知れません)。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!