BMW トップケースカバー塗装 完成

大変お待たせしました!BMW R1200RTのトップケースカバーの塗装、ほぼ完成となります。梱包~発送は明日の夕方以降となりますが先に撮影しましたので紹介をさせて頂きますね。

最初の状態も紹介させて頂きます。

元々は艶消しシルバーだった物を、

ボディ同色の「ALPINEWEISS Ⅲ」(カラーコード:300)で塗装しました。

白の他に黒、オーカー、オキサイドレッド(ベンガラのような茶)が入っています。

 色が白の場合、光を反射し過ぎて上手く撮影出来ないのですが、今日はかなりの曇り空あったので丁度良かったのです。

 一応室内の照明下でも撮影しましたが、そちらの方が上手く撮れませんでした。一応二枚だけフェイスブックページの方で紹介しようと思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMWトップカバー 本塗り

先日お預りしておりましたBMW R1200RTのトップケースのカバーパネルです。

少しタイミングは早いのですが、業者様からの御依頼で同色系の塗装があったので並行して作業を進行しておりました。

裏側は取り付け固定部のみマスキングをし、フチから裏に回り込んだところまで色を塗るようにします。

最初にシリコンオフを使い全体の脱脂清掃を行います。

 BMWの艶消し塗装はちゃんとクリアーが塗ってあるので、まず最初に#800の水研ぎで肌の凸凹を均します。

尚、艶消し塗装ではクリアーを塗っていないケースが多く、そうなると紫外線で劣化して以下のようになってしまいます。

VW GOLF5 GTIフロントグリル塗装承ってます

 その後はスコッチブライトとウォッシュコンパウンド(研磨材を含む洗浄剤)を使い、全体の足付け処理を行います。

 スコッチやペーパーが当たり難い箇所はヘラを遣ったり、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを併用して隅までしっかり足を付けておきます。

 水で洗い流し、良く乾燥させます。

本塗りのタイミングが来たら台に固定し、シリコンオフを使って最終脱脂を行います。

 まずはベースコートを塗布します。色はBMWの純正色「ALPINEWEISS Ⅲ」(カラーコード:300)となります。

 ベースコートは単に色を着けるだけの作業と思われがちですが、この時の仕上りが後々まで影響する為、実際にはクリアーを塗るよりも神経を使ったりします。

特にシルバーは一度肌を荒らしてしまう延々ムラが取れないので、自動車塗装の業界では「ベースコートはSATAのガンじゃないと」と言う塗装屋さんは多いです。

ベースコートが十分に乾いたらクリアーを塗って本塗り完了です。

 今回は塗装面が結構大きいので通常は口径1.3mmのガンを使いますが、今の時期は気温が低く塗装表面の乾燥が遅い為、今回は先日行った模擬ワークショップの時と同様、口径1.0mmのIWATA低圧ガンを使いました。

組み付けた時に元の色(シルバー)が見えないよう、フチから回り込んだところまでしっかりと塗ってあります。

この後一日自然乾燥させ、60℃40分程の強制乾燥を行って完成となります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

BMWトップケースカバー塗装承ってます

先日到着しておりましたBMW R1200RTのトップケースのカバーパネルです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容はこちらをボディカラーと同色の「ALPINEWEISS Ⅲ」(カラーコード:300)での塗装で承っております。

ちなみにALPINEWEISS Ⅲは他に「751」と言うカラーコードもあって、ただ内容(配合)はどちらも全く同じです。BMWは4輪車と2輪車で共通した色を使っているので色名やカラーコードで区分しているのだと思います。ポルシェとアウディとVW、ランチアとフィアット、ランドローバーとローバーカーズなんかもそうですよね。

以前同型のトップケースを塗装していますのでそちらの記事も紹介させて頂きます。車体に装着された画像もありますので宜しければご参考にどうぞ↓

BMW R1200RT TOP BOX

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BMW R1200RS Top Box & Side Cases

BMW R1200RS用のパニアケースとトップケースカバーです。どちらも土台部分から取り外した状態で届きました。

パニアケースは新品時のグレーメタリックの艶消し仕上げで、トップケースはプライマリー仕様の、やはり新品部品となります。

 裏側が汚れないよう、作業前にマスキングをしておきます。

 表面を#800で足付け処理し、台にセットします。

 傷がある場合は塗装費とは別に下地処理費が必要となりますが、新品の塗装済み品やプライマリー製品であれば塗装費のみで大丈夫です。

 ベースコートを塗り、クリアーを塗ったら本塗り完了です。

パニアケースの色はBMW Motorrad(二輪車)純正色の「ルパンブルーメタリック」(カラーコード:M25)で、これから納車される車体色の同色となります。

車体色は2トーンカラーになっていて、トップケースの方もそちらに合わせた「ライトグレイ」(カラーコード:M21)となります。

クリアーは全て高品位なタイプ「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 また今回は色見本の塗装もご用命頂きました(別途有料となります)。

 今後のカラーコーディネートに利用されたいとの事です。

 その後熱を掛けて完全硬化させ、必要に応じて磨き処理を行い、さらに数日寝かしたら完成となります。

 尚、今回はどちらも「配合データ」があった為に調色費は掛かっておりません。

四輪自動車であればほぼ全ての配合データは存在しますが、二輪車の場合は逆に配合データが無い方が多く(特に日本車は少ないです)、その場合は一から色を作製しなければなりませんので別途「調色費」が必要となります。

配合データの有無については先にお調べ致しますので、お問合せの際には「色名」と「カラーコード」をお知らせください。尚、カラーコードが判らない場合は、型式や年式、色名などを販売店や製造メーカーに問い合わせれば教えてくれると思います。

 こちらの「ライトグレイ」は一見すると白に見えますが、塗料中の40%にシルバーメタリック、30%がイエローパール、白の原色に関しては実に14%程のみとなっています。

それだけに隠ぺい力は低く、下色として若干グレー掛かった白を塗ってコート数(無用に膜厚)が増えないようにしています。

   こちらの色見本も喜んで頂けました。

色見本のご購入についてはこちらのページからどうぞ。

その後オーナー様からは車体に装着した画像を送っていただけました。

ボックスケースを車体と同色にすると一体感が増し、全体のボリュームが大きくなったのが判ります。

純正のようであり、市販には無いオリジナル仕様と言うのが良いのではないでしょうか。

BMWパニアケース塗装 完成

bmw23 大変お待たせしました!BMW R1200RS用のパニアケースの傷補修塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

bmw 元々ご依頼頂く前に新品状態のグレーメタリックをこちらの色に塗装のご依頼を頂いていたのですが、その後のツーリングで駐車していた車体が横倒し(!)になっていたとの事で今回の修理塗装に至っています。

参考までのその前の状態も紹介致しますね。

bmw346元々はこんな感じのグレーシルバーの艶消しクリアー仕上げで、前回これをブルーメタリックの艶あり塗装でご依頼頂いています。

bmw24 色は前回と同様のBMW Motorrad(二輪車)純正色の「ルパンブルーメタリック」(カラーコード:M25)で、配合データもそのままなので全く同じ色に再現出来ている筈です。

bmw25 クリアーは前回と同様、高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となっています。

bmw28 改めて室内で撮影してみました。

bmw29 bmw30 bmw34 前回も二種類の色見本をご依頼&作成しているのですが、今回はさらにレベルを上げて(?)キーホルダータイプの物でご用命を頂きました。

bmw33キーホルダータイプの物は裏側をスムースに加工してあって、さらにサフェーサーで下地を整えているので仕上がりが格段に良くなっています。

また今まではアルミのカラビナだった物を、今回はテスト的にステンレス製のアンカーシャックルにしてみました。強度はかなり高い筈なので、万が一の時にはそれだけを使って何かの役に立って貰えればと思います(いや立たないかも知れませんが・・・)。この辺の事については後日改めて社外記でも紹介させて頂きますね。尚、こちらの色見本は塗装のご依頼を頂いた方のみの対応となっておりますのでご了承下さいませ(ただリキッドシルバー仕様が最後の一個だけ残っています)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度も当店をご利用頂き有難う御座いました!