カワサキバリオス カウルパネル サフェ入れ

カワサキバリオス カウルパネル塗装承ってます

先日お預りしておりましたカワサキのバイク、バリオスのカウルパネルです。

サイドカウルは新品塗装済み品なので足付け処理のみで大丈夫ですが、シートカウル(3部品構成)は中古品で多少なり傷がある為、「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理を行います。

 傷がある個所は#180のダブルアクションサンダーで研磨し、その後クッションパッドを挟んだ#240ダブルアクションサンダーで全体を研磨し、さらに角などは手掛け#320で空研ぎを行います。またエアーツールが入らない個所は布状の研磨副資材(アシレックススカイ)とヘラを使って足付け処理を行います。カウルのフチや鍵穴の断面などもしっかり処理しておきます。

 その後裏表共に水洗いで洗浄し、良く乾かしておきます。

 シリコンオフで脱脂を行ったら、エアーブローをして埃を飛ばし、プラスチック素地が露出している個所にプラスチックプライマーを塗布し、さらに取りこぼしが無いよう全体にも塗っておきます。

 続けてサフェーサーを塗布します。今回はパテを使っている訳では無く、また凸凹としたラインを修正する必要も無いので、先ほど紹介したランエボⅩのヘッドカバーのようにタップリ塗る必要はありません(とは言ってもウェットで4コートは塗ります)。

この後は自然乾燥で一晩寝かし、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それではこちらも作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

カワサキバリオス カウルパネル塗装承ってます

 先日到着しておりましたカワサキバリウスの外装カウルパネル一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 サイドカウルは新品なので足付け処理だけしてそのまま塗れますが、

 シートカウルについては中古部品で、

 パッと見は綺麗なのですが全体的に小傷があり、

 そのまま塗るとそれらの痕が残るので、こちらは「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった工程で下地を良くしてからの上塗りで承っています。

 色については、こちらのフューエルタンクを参考としてお預りしています。カワサキ純正色のパッションレッド(カラーコード:234)となります。またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承りました。

 ただしスタンドックスではその配合データが存在しない為、色見本の中から近い色を探して採用する事としました。

 こちらの色見本はフェラーリのロッソコルサ(332)で、これでも比較的鮮やかな赤になりますが、フューエルタンクの方はさらに鮮やかで、これはちょっとおかしいな?と思う程でした。

 ちなみに当店にはスタンドックスでは無くてPPGなる塗料メーカーのバイク用色見本帳があって、

 そこには該当の色見本が存在していました。

 それと見比べてもタンクの方がかなり色鮮やかなのが判ります。実際は画像で見るよりも、まるで透き通ったような赤になっています。これはもしかして・・・

 と思って裏を見てみると、恐らくはこれは下地のピンク(恐らくはカラーサフェ)が透けているのでは、と思った次第です。昔塗装したVWのLUPOのトルネードレッドもそんな感じでした。

 ちなみに色見本帳の中でもこれが一番近いと思ったのですが、配合データを見てみると、やはり下色に「白」を塗り、その上に透かした赤を塗ると言う変則的な3コートキャンディー塗装でした。しかもパールが入っているので使えません(今回のパッションレッドはパールもメタリックも入っていないソリッドカラーです)。

と言う訳で色見本帳の中で一番近かったのがこちらのHYUNDAIのヒップホップレッド(カラーコード:HL)で、フューエルタンクの赤に比べると濃い(黒い)ですが、パッションレッドの色見本よりは断然近いのでこちらを採用しようと思います。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

BMW K1200GT カウル一式塗装 色確認

 去年の夏頃にお預りしておりましたBMW K1200GTのカウル一式です。

別件で同オーナー様よりご依頼を頂いていたBMW M6のバンパースポイラー関係を先に作業していて大分こちらが遅れておりましたが、先日色も決まりましたので改めて作業内容を紹介したいと思います。

 塗装するのは外装カウルパネル一式で、いわゆるオールペンの作業となります。

アンダーカウルは一部の部品が無くなってしまっているので、

激しく酷い補修歴のあるこちらの白い同部品から該当箇所を切り取っての移植を行うようにします。車体へボルトで止める固定部位があるので位置が判るような冶具を作っておかないとですね(車体があればその必要も無いのですが、如何せん当店は小物塗装屋ですので・・・)。

ちなみに現状はこちらのホワイトパールになっていて、この時の塗装も当店にて塗らせて頂いたのですが、今回はこれの着せ替え的な物としてさらにもう1セットを御用意頂きました。

 ですのでそれぞれの部品も別々で購入されたようで、色などもバラバラになっていたりします。

 ここまでのカウルが全て同じ色で、以下の塗色で承っています。

こちらはホンダの「クリスタルターコイズメタリック」(カラーコード:BG-52M)となります。オーストラリアのホワイトヘブンビーチのようなブルーグリーンといったところでしょうか(見た事もありませんが・・・)。

そしてこちらは車体の下部に装着されるロアカウルで、この部品のみSMARTの「SANIDINE BEIGE」で承っています。以下のような色ですね。

こちらは海底の砂をイメージされた色だと思います(間違えていたらすいません)。

尚ロアカウルについては全体にゴムっぽいラバーコーティングが施されていますので、まずはこちらをカウルを活かしたままどうやって剥がそうかを考えなくてはなりません。以前知り合いの塗装屋さんがバンパーの塗装をサンドブラスト屋さんに綺麗に剥がして貰った(!)と言う事例があるので、もしかしたらそういった方面にお願いしようかとも考えております。

尚こちらの案件が終わるまでは同様の大掛かりな内容の御依頼には対応が出来ませんので何卒ご了承の程を宜しくお願い致します(特に剥離作業を伴う自転車フレームの塗装など)。作業期間は大よそ半年~一年くらいを想定しております。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。作業着手まではどうぞもう少々お待ち下さいませ!

KTM RC390 Windscreen

KTM RC390のスクリーンパネルです。状態は新品で、全面にスモーク塗装を承りました。

 自動車のテールランプと違って反射板が無い為、そのままマスキングをしてしまうと塗っていてスモークの濃度が判らない為、こういった場合は反射フィルムか透明のフィルムを使ってマスキングをします。

被塗面を#1300で足付け処理を行い、プラスチックプライマーを塗布します。

 黒を添加したベースコートで濃さを調整し、クリアーを塗って本塗り完了です。

今回は10段階中3~4程度、当店で設定する濃度だと「極薄めと薄目の中間」~「薄目」くらいで承りました。

 その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、必要に応じて磨き処理を行い数日寝かしたら完成となります。

 当店で通常使用するクリアーはSTANDOX「イージークリアー」で、オプションで高品位なタイプの同社「クリスタルクリアー」に変更が可能です。クリスタルクリアーは高美観・耐UV効果・耐擦り傷性・耐薬品性などに優れています。

スモーク塗装を美しく仕上げる為には、ムラとダマの発生を極力出さないよう薄めたスモーク層を何度も塗り重ねて仕上げます。

一度に膜厚を着けようとすると部位によって濃淡が変わってしまい、美しい塗膜にはなりません。

 真っ黒なスモークならムラは目立ちませんが、上品さを求めた薄いスモークにするには時間を掛けて丁寧にコート数を重ねる必要があります。

ただし殆どの場合で塗装費用は新品部品の金額を上回ってしまう為、既にスモークになった既製品があればそちらを購入した方が安く済むと思います。そこに希望する濃さが無かったり、そもそもそういった物が売っていないと言う場合にご相談を頂ければと思います。

BMWアッパーカウル塗装 完成

 大変お待たせしました!古いBMW Motorradのアッパーカウル塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々ブルーメタリックに塗られた新品部品で、 オーナー様曰く「 R90S用と同デザインの純正後付キットで、 製造年は不明ですが恐らく40年前のものではなく補修用の事後生産品ではないかと思います。」との事です。

既存のデザインはそのままに、ただしラインはフリーハンドでのピンストライプでは無く、「2mm 幅 & エッジ起算 3~4mm 内側」といった内容で仕上げています。
 塗色については現在のボディーカラーと同色で、カラーコードは 「532」と調べて頂いたのですがSTANDOXでは配合データが無く、一緒にお預かりしたフロントフェンダーから色を作りました。

 ゴールドのストラインプラインについては、「色名が GOLD。カラーコードが #104 。共に ’77~’78年の R60/7 ~ R100/7 に使用。太いものが 3.8mm 幅、細いものは 2mm 幅、2本の場合 3mm の隙間を開ける」との規定があるそうです。

こちらも配合データは存在しなかった為、近似色で作成しています。

 クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーで、元々塗られていた塗装とはまるで質感が違うのが判ると思います。

ちなみに先日ご依頼頂いたトヨタ86テールランプのオーナー様からは、「写真でもその美しさを拝見しておりましたが、実物のクオリティは圧巻でございました。マスキング部の仕上がりが個人的にすごくツボで、丁寧な作業が伝わってくるようです。」とのお言葉を頂戴しまして、また同時期にお納めしたカローラフィールダーテールランプのオーナー様からは、「写真で見るより更にすばらしい出来栄えに只々、感動しております。」とのお言葉も頂戴しました。技術的な事は別として、とにかくクリアーの質感は画像で見るよりも断然実物の方が凄いですよね。

 アッパーカウル上部に着いている黒い樹脂部品は、カシメ部をドリルで揉めば外す事は出来るのですが、同じ物が用意出来無さそうだったので今回はマスキングで対応しています。仕上り的にはマスキングで塗ったようには判らないと思いますのでご安心下さいませ。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座いました!