SHURE SM58 Microphone

先日お預りしておりましたSHUREのSM58ボーカルマイク(スイッチ付)です。

こちらはライブでご使用される予定があるとの事で納期をご指定(別途有料オプション)で承っておりまして、既に完成もしていますので施工例として纏めて紹介をさせて頂きます。

ご依頼内容は以下の通りとなります。


・マイク本体とグリルのリング部分をキャンディーレッドに

・グリルボールのメッシュ(網)部分を黒に

・ロゴをゴールド(デカール)で

・全体を艶あり仕上げ


 マイク本体は空研ぎでの足付け処理を行い、グリルボールは網の目の細部まで足が付くようナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを併用して処理しています。

 最初にグリルボールの網部分に黒のベースコートを塗布し、テープフリーになったらマスキング、その後隠蔽性のあるシルバーを塗り、最後に粗目のシルバーを塗ります。

 その後透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。

ここまでがベースコートの塗装となります。

 その後十分に乾燥させたらデカールを貼り付けます。

 位置や角度等は事前に打ち合わせをした内容と照らし合わせながら行います。

 デカールの接着剤が十分に乾いたら、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 今回はSHUREのロゴをゴールドで承りましたが、予想以上に良く似合っています。

 グリルボールの塗り分けは割り増し費用が掛かりますが、今回はどうしてもここを黒との2トーンカラーにされたかったとの事です。

 この後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

 デカールは段差が出来る為、その周りはクリアーを多めに3コート程塗り、完全硬化後に研磨して磨き、段差を均しています。

 サイズが小さかったり字体が細い場合にはマスキングによる塗装では対応が出来ない為、今回のようなデカールでの施工となります。

 塗装に比べるとデカールの方が割高になりますが、SHUREのようにロゴが決まっている物に関してはその分費用を抑えて対応出来るようにしています。

 スイッチ付の場合はマスキング等の手間が増える為、若干の追加費用が必要となります。

マイクの塗装はプロの方からの御依頼も多く、納期も短めを御希望されるケースが多いのですが、仕上りが上がらないのに金額だけが上がるというのは私的にもお勧め出来ませんので、納期は余裕を持って頂ければと思います。

SHURE SM58マイク(スイッチ付)塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHUREのスイッチ付きSM58ボーカルマイクです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

外箱だけ見ても判り難いのですが、SHUREのマイクにはスイッチ付のタイプがあって、先日もアーティスト様からの御依頼で同型のマイクの塗装を御依頼頂きましたが、その方曰く、「ライブの時よりも、練習時やレコーディングなどでスイッチがあった方が何かと便利」と言う事でした。

尚、スイッチ部はマスキングで、その下のプレートは外した状態で塗装します。通常のスイッチ無しより手間が掛かりますので若干金額も上がります。

ご依頼頂いている色は「キャンディホワイト」のべた塗りで、ゼンハイザーだと何本か塗装していますが、SHUREでこの色は初めてかも知れません。以前ゼンハイザーのマイクを施工した時の記事がありますのでそちらを紹介させて頂きますね。

ゼンハイザーe945 キャンディホワイト

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

SHURE SM58マイク塗装承ってます

 先日到着しておりましたSHURE SM58ボーカルマイク(スイッチ付)です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

ご依頼内容としては、


・マイク本体とグリルのリング部分をキャンディーレッドに

・グリルボールのメッシュ(網)部分を黒に

・ロゴをゴールド(デカール)で

・全体を艶あり仕上げ


となっております。

イメージイラストも作成しておりますので紹介させて頂きますね。

ロゴのゴールドはデカールで、画像だとかなり黄色いですが、実際はもっと落ち着いたゴールドになります。

参考までに以前施工したマイクの画像も紹介させて頂きますね。

マイク本体の色が白なのでちょっとゴールドが埋まり気味ですが、イメージとしてはこのような感じになる予定です。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

ゼンハイザーE945(from東京)マイク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!ゼンハイザーE945のボーカルマイク、ブルーメタリックにシルバーのロゴ塗装で完成となります。

最初の状態も紹介させて頂きますね。

元々印刷されているロゴは少し出っ張っているのでそこはきっちり削り落とし、全体に足付け処理を行った上で塗装を行います。

マイク本体の色は「S597 D4のメタリック仕様の近似色」に、「SENNHEISER」のロゴはシルバーでご指定頂きました。

 またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 ちょっとノイズっぽく見えるのはメタリックが粗目だからで、これは選んで頂いた色味が比較的濃い青だったのでそれを損なわないようにシルバーの量を減らしつつ目立たせると言う事で粗目を選択しています。逆に細かい目のメタリックを入れると色が明るくなり、また彩度が落ちてしまいます。

 ただしメタリックだけだと色の変化が単調になるので、ブルーパール(粗目)も入れています。

 画像だと明るく見えますが、実際の色味は下の画像が一番近いと思います。

画像だと綺麗に見えるかも知れませんが、実物はもっと綺麗で美しい質感を感じられると思います(これは技術とかでは無く塗料材料のお陰です)。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ゼンハイザーE945マイク(from埼玉)塗装 完成

 大変お待たせしました!ゼンハイザーのボーカルマイクE945の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介させて頂きますね。

元々はいつもの黒メタリックだった物を、

 マイク全体をVW社のキャンディホワイト(カラーコード:LB9A)に、

 「SENNHEISER」のロゴをグレーシルバーの塗装で入れています。

 シルバーは粗目と中粗目の二種類に、黒を入れて白地でも埋まらないようにしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!