SUBARU Brembo Calipers

 スバルのリヤ用純正ブレンボキャリパーです。

 下地処理は、いつものようにブレーキ屋さんにてサンドブラスト処理を行って貰います。ブレーキ屋さんについては以下の記事が判り易いかと思いますので宜しければご参照下さい。

ブレーキキャリパーの下地処理

 その後全体を研磨し、十分に脱脂清掃を行っておきます。

 色はProject μのイメージカラーであるブルーグリーンの近似色と言う事で、ブレ―キ屋さんから正規のタッチアップ塗料を譲って貰い、それに合わせてSTANDOXで色を作製します。小さいカップの方が正規の塗料で、右が今回の為に作製した色です。

 塗装ブースにセッティングをし、

 まずはプライマーを塗布します。

 ボルトで締め付ける部分にはベースコートの黒を薄膜で塗装し、マスキングをしておきます。

ベースカラーのブルーグリーンを塗布し、

ロゴはVWのキャンディホワイトで塗装します。

ここまでがベースコートで、

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

本塗り後は一日自然乾燥し、翌日以降に60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

   

Mitsubishi Evolution Engine Cover

 業者様からの御依頼で、三菱ランサーエボリューションのマグネシウム製ヘッドカバーを、ローズピンクのキャンディーカラーで塗装しました。

最初の状態は撮影を忘れておりまして、既存の塗膜は剥離はせず、足付け処理のみ行って上から塗り重ねています。

 下色にシルバーを塗装し、その上に透明なローズピンクを塗り重ね、凸文字部を研磨して金属素地を露出し、最後に全体にクリアーを塗装しています。

 日記で紹介する予定が無かったので作業中の撮影は行っていなかったのですが、業者様から掲載のご承諾を頂いたので完成画像だけ紹介をさせて頂きます。

ローズピンクは以前BMWのテールランプの一部に使っただけで、これ単体で使うのは今回が初めてです。予想以上に綺麗だったので、今度マイクの色見本も作成しておこうと思います。

キャンディーカラーは3コート塗装となる為、通常よりも費用は高めとなります。

以前には同型のヘッドカバーでピンクの結晶塗装も承りました。宜しければそちらもご参照下さいませ。

Evolution Engine Cover

iPhone 8 Case

 iPhone8用のポリカーボネート製スマートフォンケースです。

 裏側のパネルと枠が別体になっていて、

 ピッタリと組み合わさってしっかりスマホをカードするような構造になっています。

 塗装するのは表側だけで、ただし裏側に塗料が着くと不具合が生じる恐れがある為、フチより少し内側の部分から裏面全てをマスキングします。

 穴をそのまま塞ぐとそこに塗料が溜まってバリが出来てしまう恐れがある為、こういった箇所もフチより少し内側の部分でマスキングを行います。

 こんな感じで裏面全てをマスキングしました。

 表側の被塗面を足付け処理します。

 素材が透明なので判り難かったのですが、表面はかなり凸凹している為、研磨して平滑に均します。

 台にセットし、良く脱脂清掃を行います。

まず最初にプラスチックプライマーを塗り、

 ベースコートを塗布します。

今回は「出来るだけ白く」と言う事で、STANDOX原色の白(MIX570)をそのまま使用しました(ただし原色そのままだと隠ぺい性が悪い為、最初に下色をしています)。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承りました。

 この後一晩以上自然乾燥で寝かし、後日60℃40分ほどの熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

 仮合わせをしてみました。

後日オーナー様から以下のコメントを頂いております。


「とても完成度が高く、大満足しております!本当にプロフィット様にお願いしてよかったです!

次にお願いする機会もきっとあると思いますので、その時は何卒よろしくお願いします!

今回は本当にありがとうございました!」


こちらこそこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!

Toyota Vellfire Tail Lamp

新型ヴェルファイアの純正テールランプ一式です。

 社外品の赤いカバーをご購入されたようなのですが、余り具合が良く無かったようで、これと同じ位置を透過性の赤=キャンディーレッドで、またテールランプ全体に「極薄目と薄目の中間」の濃度でスモーク塗装も承りました。

 雰囲気が悪い(安っぽく見える)のは恐らく樹脂素材のせいで、テールランプはアクリル樹脂ですが、赤いカバーはポリカーボネートと思われます。

 塗り分けに関してはプリントアウトした画像も添付して頂きました。

 作業前にカバーを当てて塗り分けの位置を確認しておきます。

 ラインテープを貼り、カバーを外して大よその位置を確認します。

 カバーパネルはあまりキッチリとしたカットがされていなく、隣り合うテールランプ同士を繋げて最も塩梅の良い位置を見極めておきます。

 ラインが曲がっている箇所もあるので、そういったところも違和感が無いように修正して対応します。

 テールランプはそれ単体(1セット)だと採算が合わない為、ある程度の数が溜まったら纏めて作業を行うようにしています。

 裏側を清掃し、マスキングを行います。

レンズ面を#800~#1300相当で足付け処理を行います。

 事前に確認しておいた位置に従い、ラインテープを貼ります。

 左右でズレが生じないよう、対象になるようラインを決めます。

ラインテープの貼り付けはかなり神経を使う為、前日に時間を掛けて行っておきます。

 本塗り当日になったら最終脱脂を行い、周りを養生紙でマスキングします。

 プラスチックプライマー塗布後、透過性の赤=レッドキャンディーを塗装し、マスキングを剥がします。

 再びプラスチックプライマーを塗布し、全体に薄くスモークを塗装します。

 適正濃度になったら最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

塗膜構成は「レッド4:スモーク3:クリアー2」といった感じで、コート間には10分~30分程のフラッシュオフタイム(乾燥時間)を設けている為、本塗りは一日掛かりの作業となります。

 本塗後は一晩以上掛けて自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させます。

その後必要に応じて磨き処理を行い、さらに数日寝かしたら完成となります。

その他の完成画像については以下の記事で紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

ヴェルファイアテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

またその後オーナー様からご感想と画像を頂きましたのでそちらも紹介をさせて頂きます。


「本日、品物無事に届きました。

写真で拝見した時も感激しましたが、現物を目の前にして美しさに見とれました。
大げさに言っているのではなく、夕食もとらず約2時間、色々な角度から眺めたり写真をとったりしておりました。
本当に塗装したとは思えない純正品、それ以上の完成度です!
はじめからこのレッドテールで販売したらヴェルファイアはもっと売れると思います。

この車を乗り始めて約3年、色なしテールはずっと気になっていたところだったので、 これでスッキリした気持ちで乗ることができます。

取り付けは塗膜が落ち着くまで暫く我慢しますが、取り付けたら写真をお送りします。 この度は本当にありがとうございました。」


またテールランプ取り付け後に画像と、さらにコメントも頂きましのでそちらも紹介をさせて頂きますね。


 

お送りいただいてから1ヶ月が経過しましたので、待ちに待った取り付けをいたしました。
( あまり写りが良くないですが写真を添付しました )
真後ろ、斜め、横、どの角度から見てもかっこよくなりました。
色なしテールにずっとモヤモヤした気持ちでいましたが、これでスッキリです。
乗る前や降りた後、わざわざ後ろを回って見てしまいます。
これで当分買い替える気にはならないと思います。

ちなみに取り付けをお願いしたディーラーのサービスマンも、「これ塗装なんですか」、「かっこいいですね」と絶賛でした。

高畑様のおかげでこの車に乗るのが楽しみになりました。本当にありがとうございました。


との事です。

当初頂いたメールからご依頼までのご決断が非常に早かったので、てっきりお車を購入されたばかりで、軽い気持ちでのカスタマイズかと思っていたのですが、まさかここまで思い入れがある内容でのご依頼だとは思っていませんでした。喜んで頂けて本当に何よりです。わざわざ有難う御座いました!

SHURE SM58 Microphone

 SHUREのボーカルマイク、SM58です。プレゼント用として納期指定(有料オプション)でご依頼を承りました。

 被塗面に足付け処理を行い、台にセットして本塗り準備完了です。

 今回はクロマフレア系のカラーリングを御希望の為、まずは下色として黒を塗ります。

 その上に、樹脂中に5%のパウダー顔料を入れたクロマフレア系のパールベースを塗り重ねます。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 色は当店規定の「クロマフレア風No.2」で、「青→紫→赤→橙→黄」といった色変化を行う光干渉型の塗装となります。同顔料については以下の記事でも紹介していますので宜しければご参照下さいませ。

新★クロマフレア風パウダー顔料

 この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

 正面は青、透かしは紫、さらに角度がつくとオレンジに見える塗装です。

これと同じような塗料としては、日本ペイントの「マジョ―ラ」や、DUPONT社の「クロマリュ―ジョン」なる物がありますが、どちらも材料が高額な為、非常にコストの高い塗装となっていましたが、この度パウダータイプの顔料を海外から取り寄せた事で非常に安価で提供出来るようになりました。

クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となっています。高美観・耐UV効果・耐擦り傷性・耐薬品性などに優れたクリアーで、マイクのように直接塗膜に触れる物にはお勧めとなります。

      こちらは自然光で撮影した画像となります。

見る角度が違うだけでここまで色が変わって見えます。

オーナー様からはコメントも頂いておりますので以下に紹介をさせて頂きます。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!


「本日、無事に商品を受け取りました!
人へのプレゼントなのですが、どうしても気になってしまい、受け取った瞬間に開封してしまいました。((笑
やはり画像で見ていた以上に綺麗で、大満足です…!
何度も見積もりを出していただき、申し訳ありませんでした。
完成も早く、丁寧に対応していただきすごく嬉しかったです!本当にありがとうございました!」