SHURE SM58 Microphone

先日お預りしておりましたSHUREのSM58ボーカルマイク(スイッチ付)です。

こちらはライブでご使用される予定があるとの事で納期をご指定(別途有料オプション)で承っておりまして、既に完成もしていますので施工例として纏めて紹介をさせて頂きます。

ご依頼内容は以下の通りとなります。


・マイク本体とグリルのリング部分をキャンディーレッドに

・グリルボールのメッシュ(網)部分を黒に

・ロゴをゴールド(デカール)で

・全体を艶あり仕上げ


 マイク本体は空研ぎでの足付け処理を行い、グリルボールは網の目の細部まで足が付くようナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを併用して処理しています。

 最初にグリルボールの網部分に黒のベースコートを塗布し、テープフリーになったらマスキング、その後隠蔽性のあるシルバーを塗り、最後に粗目のシルバーを塗ります。

 その後透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。

ここまでがベースコートの塗装となります。

 その後十分に乾燥させたらデカールを貼り付けます。

 位置や角度等は事前に打ち合わせをした内容と照らし合わせながら行います。

 デカールの接着剤が十分に乾いたら、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 今回はSHUREのロゴをゴールドで承りましたが、予想以上に良く似合っています。

 グリルボールの塗り分けは割り増し費用が掛かりますが、今回はどうしてもここを黒との2トーンカラーにされたかったとの事です。

 この後一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

 さらに数日寝かしたら完成となります。

 デカールは段差が出来る為、その周りはクリアーを多めに3コート程塗り、完全硬化後に研磨して磨き、段差を均しています。

 サイズが小さかったり字体が細い場合にはマスキングによる塗装では対応が出来ない為、今回のようなデカールでの施工となります。

 塗装に比べるとデカールの方が割高になりますが、SHUREのようにロゴが決まっている物に関してはその分費用を抑えて対応出来るようにしています。

 スイッチ付の場合はマスキング等の手間が増える為、若干の追加費用が必要となります。

マイクの塗装はプロの方からの御依頼も多く、納期も短めを御希望されるケースが多いのですが、仕上りが上がらないのに金額だけが上がるというのは私的にもお勧め出来ませんので、納期は余裕を持って頂ければと思います。

DATSUN 3100 Valve Cover

 お預かりした時は既にサンドブラストで処理されていて、腐食防止の為に全体に油が塗られていました。

 その後アルカリ洗浄槽に浸け置きして油を除去し、リン酸処理を行っています。

 まずはプライマーを塗布し、

 全体に結晶塗装を行い、140℃程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

結晶塗装は熱硬化型のメラミン樹脂塗料の為、規定の熱に達しないと塗膜が完全には硬化せず、十分な強度が得られません。

 その後凸部を研磨します。最初はダブルアクションダンサーを使って塗膜を除去し、

その後は当て板を使って一方向に砥ぎ付けます。

最初にダブルアクションサンダーの#80→#120を使って研磨し、その後は手研ぎで#120→#180→#240→#320→#400の順に行います。

最後にアルミ素地にクリアーを筆で塗っておきます。

 クリアーが硬化したら完成です。

 色はグレーシルバーとなります。

オーナー様からは「仕上がりに大変満足しております。」とのお言葉も頂戴致しました。

Odyssey Fog Light Cover

 オデッセイ用のホンダ純正フロントビームライトガーニッシュです。ABS樹脂に装飾クロムメッキが施されています。

 裏側にはそれぞれ厚みの異なるスポンジテープが貼られています。

 このまま塗装を行うと綺麗な仕上がりにならない為、各部のスポンジテープのサイズを採寸してメモを残し、

綺麗に剥がしておきます。

 メッキ素地に直接色を塗っても十分に密着しない為、まずはそれようの下地処理を行います。

 裏表にプライマーを塗布後、

 さらにサフェーサーも塗布します。

 60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、軽く全体に黒をスプレーしておきます。砥ぎ作業時における素地の確認や研ぎ忘れの防止としてのガイドコートとなります。

 最初は#600で水研ぎを行い、

 さらに#800で研磨、最後に布状の研磨副資材でペーパー傷の目消しを行います。

左が砥ぎ作業前で、右が研ぎ作業を行った後の状態です。ガイドコートが綺麗に取れたと言う事は、研ぎ残しが無いと言う事です。

 良く脱脂清掃し、本塗りの準備を行います。

 まずはひっくり返した状態で、

 裏側にベースコート(色)を塗ります。

 それが乾いたら持ち手を取り付け、片手で持ってスプレー出来るようにします。

 ベースコートを塗布します。色はホンダ純正色の「ベルリナブラック」(カラーコードNH547)となります。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプのスタンドックス「クリスタルクリアー」の仕様となります(通常は同社イージークリアーで、オプションで変更が可能です)。

60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、必要に応じて磨き処理を行い、さらに数日寝かしたら完成となります。

 最後に裏側にスポンジテープを貼り付けます。

使用するスポンジテープには耐久性に優れたEPDM発泡体を使います。

 そして完成です。

 完成画像は加工編集などはせず、サイズのみ半分にした「撮ったそのまま」となります。

その後オーナー様よりご感想を頂きましたので紹介をさせて頂きます。


箱を開けた途端ビックリしました!

プロ・フィット日記である程度は想像できていたものの、実物は想像や期待以上の仕上がりで高畑さんにお願いして本当に良かったと思っております。ありがとうございました。

オデッセイとは今後10年超のお付き合いとなりそうなので、愛車へ乗る度にプロ・フィット高畑さんの事を思い出すでしょう!!他にはないオリジナルの愛車ですので大変満足と感謝でいっぱいです。

プロ・フィット高畑さんにお願いして本当に良かったでした。


こちらこそわざわざコメントまで頂き誠に有難う御座いました!

Titan Eyeglasses

 グレー色に塗装されたチタン製のメガネフレームのフロント部分です。

 こちらのフレームをタミヤの「オリーブドラブ2」の色にとご依頼を承りました。

パッと見はそんなにイメージが違うと言う訳では無く、それでも敢えて塗装をご依頼頂くと言う事は、今回の色にかなり拘りを持っていると言う事が見受けられます。

 まずは実際にタミヤの缶スプレーを使い、色板に色を塗ってみます。

 最終的にはメガネフレームをこの色にします。

まずは手持ちの色見本帳にそれらしい色が無いかを探してみます。

 この辺りの色が近そうだと言う事で、

少し内容を変更し、実際に色を作製してみます。

 ただやはりと言うか微妙に色味は違うので、

その後微調整を行いながら、タミヤのオリーブドラブ2に近い色を作製します。

 色が出来たら、メガネフレームにサンドブラストを掛けて旧塗膜を剥離します。

サンドブラストにより金属素地が荒らされ、この後のプライマーの密着性も高まります(アンカー効果)。

よく脱脂清掃をし、

プライマーを塗布します。

作成した色(ベースコート)を塗布し、艶消しクリアーを塗ります。

また今後の為、色見本も作製しておきます。

時間が経つとクリアーの艶が消えていきます。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

下に敷いているのは最初に作製した、タミヤの缶スプレーを塗った色板です。

艶消しクリアーは2液ウレタン製の物で、強度は自動車ボディの塗膜と同様の物とお考え頂ければと思います。

その後メガネ屋さんにてレンズの取り付けも完了したようで、オーナー様からは画像とコメントも頂きました。わざわざ有難う御座いました!

BMW MINI Badges

BMW MINI R60 クロスオーバー純正のボンネットバッジとトランクエンブレムです。

こちらが完成画像で、メッキ素地用の下地処理を行い、ベースカラーをMINI純正の「アブソリュートブラック」(カラーコード:B11)、ロゴ部分とフチの丸いラインを同じくMINI純正色の「チリレッド」(カラーコード:851)で塗装しました。

 トランクエンブレムはMINIの文字とフチが一段高くなったエンボス仕上げなので、

表面を全部削り落としてフラットにしてしまいます。こちらはメッキでは無くアルミに黒とクリアーが塗られています。

 ボンネットバッジは装飾クロムメッキを施された羽根の部分をベースに、アルミのプレートが接着剤で貼り付けられています。またこちらもMINIの文字とフチが一段高くなっています。

 ボンネットバッジに貼られたプレートは強力な接着剤で固定されている為、一旦剥がすとクシャクシャになるので再利用は出来ません。なのでこれと同じ物をABS板で作成します。

 一ミリ厚のABS板を熱し、同じようなアール曲面の物(画像はスプレーガンのキャップ)に当てて変形させます。

 それをボンネットバッジのプレートと同じサイズに切り取り、

 綺麗に整形してピッタリ嵌るようにします。これでエンブレムが飛び出たりしなく、美しい仕上りになります。

(緑色のシールは綺麗な円に形を整えられるようガイドの役目を果たしています。)

 それぞれに適したプライマーを塗り、

 サフェーサーを塗布します。

 後に形を整える事も想定し、ウェットで5~6コート程塗り重ねておきます(念の為ですがサフェーサーは2液ウレタンで、ラッカーサフェーサーを使う事はほぼありません)。

 装飾クロムメッキへの塗装の場合、通常の方法では十分な密着性が得られない為、他の物とは違う方法で下地を作ります。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、サフェーサーを研いでラインを整えます。

 フロントバッジのエンブレムは文字や隙間の位置をしっかりと出し易いように、本塗り前にプレートを接着しておきます。

縁に食み出ないよう周りに両面テープを貼り、中央の穴の開いた部分にエポキシ接着剤を点付けします。

 硬化するまでしっかり固定をしておきます。

 よく脱脂清掃をし、台にセットして本塗り準備完了です。

 まずは隠蔽力の弱い赤=「チリレッド」(カラーコード:851)から塗ります。

 データを作成し、カッティングプロッターでマスキングシートをカットしました。

 サイズが小さい分、少しのズレでも気になってしまうので、水を使って位置を微調整しながら貼り付けます。

 位置が決まったらドライヤーを使って十分に水気を飛ばします。

 その上に「アブソリュートブラック」(カラーコード:B11)を塗布し、マスキングを剥がします。

 最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 デザインは世界に一つのオリジナルですが、人の手で塗られているとは思えないといった機械的な仕上りが理想です。

 見た目だけでは無く、耐久性も重要と考えています。メッキの上に密着剤を使って塗装するような事はしていません。

 その後60℃40分程の熱を掛けて完全硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

BMW MINI R60 クロスオーバーのリヤゲートはこのエンブレムがオープナー(取っ手)になっていて稼働するようになっています。

その後オーナー様より装着後の画像も頂きまして、こちらのページで御確認を頂けますので宜しければご参照下さいませ。

BMW MINIエンブレム塗装 完成

他には黒と白(MINI純正ライトホワイトソリッド)で塗装した物もあります。