ホースパイプ金具部塗装 完成

 こちらもお待たせしました!バイク用サスペンションのプリロードアジャスターに着くホースパイプ金具部の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はアルミ素地の状態で、サンドブラスト・リン酸処理をした後にプライマーを塗装して艶ありの黒に塗装しました。

 画像だとワッシャーが無いのですが、元々着いていた物は元に戻してありますのでご安心下さいませ。

 こういう形状でペーパーを使っての足付け処理は難しい為、足付け処理にはサンドブラストを使っています。

 尚アルミ素材であればリン酸処理が有効ですが、表面にアルマイト処理が施されていると殆ど効果がありません。ヘッドカバーはアルマイト処理がされていないのでリン酸が効く訳で、またそれ故に経年で金属の輝きが無くなっていく訳です。アルミは表面処理なしでもごく薄い酸化皮膜を作りますが、使用される雰囲気の影響を受け易い為に腐食が発生します。

ちなみにヘッドカバーにアルマイト処理が施されいないのは、鋳物だと黒くなったり色の濃淡にバラツキが生じたりする為なのだそうです。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ホースパイプ金具部 本塗り

昨年中にサンドブラストを行っておいたバイク用サスペンションのプリロードアジャスターに着くホースパイプです。

その後リン酸処理も行っておきました。

当初塗るのはパイプ状の部品のみでしたが、その後端の部分まで一緒に塗るようにと変更となりました。

まずはプライマーをぬり、

続けてベースコートの黒→クリアーを塗って本塗り完了です。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

サンドブラスト処理

 フェラーリ360モデナのキーとアルミ製サスペンションエンドキャップ、ホースパイプにスバルレヴォーグの樹脂製インマニ(こちらは別項で紹介します)をサンドブラスト処理します。

 フェラーリのキーは既存の塗膜が残っているので、

 それも一緒に剥がします。

キーリングが入る穴の中までしっかりブラスト処理を行います。

 ホースパイプは当初から塗装範囲を変更しています。

 こちらは剥離作業では無く足付け処理の為のブラスト作業となります。

 サスペンションエンドキャップは表面だけならペーパー掛けでも良いのですが、

 ボルトが入る穴の中まで足付け処理を行うとなるとペーパーでは難しいのでサンドブラスト処理が有効です。

その後リン酸処理も行い、綺麗に洗浄しておきました。

スバルレヴォーグの樹脂製インマニも一緒に行っていますのでそちらの後程紹介致します。

ホースパイプ金具部塗装承ってます

 先日到着しておりました、バイク用サスペンションのプリロードアジャスターに着くホースパイプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

塗装するのはこちらのアルミ製カシメ部で、どの道素地調整(足付け処理)としてサンドブラスト処理を行うので塗装範囲が判り易いようにマスキングをしておきました。ただこのままサンドブラストを行うとマスキングテープを突き抜けてしまうので、作業時にはさらにガムテープを巻いておきます。

ブラスト後にはプライマーを塗布し、「艶あり黒」の塗装で承っております。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!