レガシィテールランプ(from新潟)スモーク塗装 完成

 こちらもお待たせしました!レガシィのスバル純正(輸出仕様)のテールランプとハイマウントストップランプのスモーク塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介させて頂きますね。

今回は「社外品スモークテールランプよりも少し濃く」と言う濃度でご指定頂きましたので、それを基にスモークを調整しています。

 ただしスモーク感、クリアーの質感は断然こちらの方が綺麗に感じられると思います(これは技術的な問題では無くそもそもの材料が違いますので)。

 当店で使うスモーク用の塗料はどちらかと言うと青味寄りの方で、茶色っぽいスモークにありがちな色褪せたような感じはしなく、スッキリとした色味なのが特徴です。塗料は市販されている物では無く、メーカーから直で卸して貰っている知り合いの塗装屋さんから購入させて頂いています(なので内緒にしているとかでは無く、商品名自体が無いのです)。

当店の塗装方法としては、トップコートのクリアーに直接スモークを入れているのではなく、ベースコート(ベースクリアー)にスモーク塗料を添加し、薄くしたそれを何層にも塗り重ねる事によって濃度の微調整を行っています。

 ただしスモークの濃さは製品自体の構造(内部の反射板など)によって見え方が変わるので、スモークの含有量はその都度調整し、コート数を増やす事で対応しています。

 またベースコートをドライコートで塗るとダマやムラが生じる為、塗装の仕方は極力ウェットコートに、ただしそうなるとコート間のフラッシュオフタイムを長めに設ける必要がある為、小さい物でも一日掛かりの作業となります。

勿論その間は本塗り中途なるので他の作業は出来なく、それ故に数セットを纏めて作業すると言う方法にしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

レガシィテールランプ(from新潟)スモーク塗装 本塗り

 こちらもお待たせしました!先日お預りしておりましたレガシィツーリングワゴンBP5型の純正テールランプ(輸出仕様)と、

 純正のハイマウントストップランプです。

 スモーク濃度についてはこちらの「社外品スモークテールよりも少し濃く」と言う事で、実際にブースの中に持ち込んで濃度を調整していきます(塗る時は外に出すので塗料が着く事はありません)。

 ハイマウントランプはテールランプの濃さに合わせますが、車体に装着されると反対側からの光が入らなくなる為に実際には少し濃くなる筈で、なのでテールランプより少しだけ薄くなるようにしておきます。

 濃度が決まったらクリアーを塗って本塗り完了です。

 クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 エンジ色だったフチが黒っぽくなる事で、全体的に引き締まったイメージになっていると思います。

それではこちらも完成次第改めて紹介をさせて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

レガシィテールランプ(from新潟)スモーク塗装承ってます

 先日到着しておりましたレガシィツーリングワゴンBP5型の純正テールランプ(輸出仕様)とハイマウントストップランプです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

現在同じレガシィワゴンテールランプの御依頼が重なってしまいましたので、タイトルでそれぞれが判るようにしております。何卒ご了承くださいませ。

 こちらの御依頼はスモーク塗装のべた塗りで、スモークの濃さについては、上の画像の下段にある社外品テールランプを参考にと一緒にお預りしました。

 今回御依頼頂いているスモークの濃度は、こちらの「社外品テールランプのスモークより少し濃くなる程度」で承っております。

またこちらのハイマウントストップランプもテールランプと同様の濃さでご指定を頂いております。またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っております。

レンズ関係の塗装はお待たせしておりましたが、こちらで数が揃いましたので、タイミングが来ましたら順次作業着手していきたいと思います。どうぞもう少々お待ちくださいませ。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!