Nissan Skyline R32 GT-R Engine parts

NISSAN BNR32 GT-Rのタペットカバー×2、プラグカバー、タイミングベルトカバーです。

 色はキャンディーカラーのレッドで、ただし当店で行っているような3コート塗装では無く、トップコートのクリアーに直接色を混ぜた「2コートキャンディー塗装」です。

 最初から色が薄かったのか、または後から褪色したのかは分かりませんが、場所によってはかなり色が薄く、またクリアーの肌艶も良くありません。

 もっとも酷いのがタイミングベルトカバーで、最初はどうだったのか分かりませんが、他の部品に比べてかなりドス黒い色になっています。これはキャンディー塗装じゃないだろう、といった感じでした。

パッと見は艶がありますが、よく見ると肌が悪いです。

 ただし今回は腐食は出ておらず、若干の小傷程度と塗膜の状態は良かったので、旧塗膜の剥離はせずに足付け処理のみ行って再塗装する事にしました。

 傷を削り落とし、#320~#800で研磨します。

 ペーパーが入り難い箇所はスコッチとナイロンブラシ、ウォッシュコンパウンドを使って隅々まで足付け処理を行います。 良く水で洗い流し、

水気を取り、

ネジ穴などをマスキングします。

金属素地が露出している箇所にはプライマーを塗りますが、全体的に散らばっているのでプライマーも全体的に塗ってしまいます。

同じようにタペットカバーにもプライマーを塗布します。

続けてカラーベースを塗布します。

これは赤系のパール・メタリックで、マツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」の配合データをそのまま使用しています。

その上にはいつもテールランプの塗装に使っている透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。

以前何度かこの仕様で行っておりまして、ご依頼頂いた方にはご好評いただいていた色でもあります。↓

インプレッサWRXグリルモール塗装 完成

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

側面まできっちりと色を入れておきました。

 実際にエンジンに組み合わさったような感じで仮置きしてみました。

「元の色に」となると別途調色作業が必要なのでその分費用が掛かってしまいますが、今回のように既存の色の配合データを利用すれば費用を抑えらます。

その後オーナー様から組み付け後の画像とご感想を頂いたのでそちらも紹介させて頂きますね。だいぶ時間が経ってしまいましたが、画像の投稿させて頂きます。
キャンディレッドの色合いが中々上手く写真で表現出来なく、やっとそれらしい画像が撮れましたので投稿しました。
仕上がりは大変素晴らしくボンネットを開けるのが楽しみになりました。
また何かありましたら宜しくお願い致します。

との事です。

こちらこそこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!

スカイラインR32テールランプ塗装 完成

skyline8こちらもお待たせしました!実際にはもう少し時間が掛かる予定だったのですが丁度タイミングよく下で紹介したBMWのテールランプと一緒に塗れたので比較的早く終わりました。

 

 

skyline7  車体に装着される際にはこの上にカバーパネルが被さるので見えるのは本当にレンズの部分のみです。ウィンカー部分の四角い箇所については「ダークスモーク中身は見える必要が無い」との事ですのでしっかりとした濃さでスモーク掛けています。

レッド部分に関しては「ブレーキランプは夜間日中問わず中身が見える程度」との事ですが、前回塗られて気に入らなかった赤に関しては「透過性の赤」では無く単なる普通の赤だったのであんな風になってしまったのだと思います(画像は見させて頂きましたがさすがにこの場では紹介出来ませんので)。そんなに簡単だったら私もこんなに苦労はしなくて済むのですが・・・。

skyline9あともう一つ、オーナー様からは「洗車しても剥がれない位のコースで」との事ですが、どのコースを選んで頂いても洗車くらいで剥がれたりしませんので御安心下さい。そもそも通常のウレタン塗装は剥がす方が大変ですので(なのでテールランプの塗装で塗り直しは通常あり得ません)。本当に今まで相当大変な思いをされて来たようですね・・・心中お察し致します。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げます。と思いきやこんな時間なので改めて来週に致します。この度のご依頼、誠にありがとう御座いました!

スカイラインR32テールランプ 本塗り

skyline4 スカイラインの社外テールランプは下で紹介したBMWのテールランプと一緒に塗り終わっておりますので御安心下さい。

良く脱脂してエアーブローをしたらプラスチックプライマーをスプレーしていよいよ本塗り開始です。

skyline6ちょっと色味がビビットですが実際にはもっとソフトに仕上がっていますので御安心下さい。何故だかコントラストが強いですね・・・。

今回のご依頼では、「ブレーキランプは夜間日中問わず中身が見える程度 反射板は光が反射したときに赤くなるように」との事ですが、そもそもテールランプに塗るレッドキャンディーは何度塗り重ねても永遠に隠蔽しない塗装ですのでこれは特に気にしないでも大丈夫です。むしろ以前試した時の作業で解かったのですが、ある一定の所に到達するとそれ以上塗っても殆ど赤の色味は変わらないのです。イメージ的には濃くなると思っていたんですけどね。やはり実際にやってみないと解からない事は多いです。

来週早々には完成出来る予定です。もう少々お待ち下さいませ!

スカイラインの社外テールランプ 下地

 こちらはスカイランの社外品テールランプです。赤い色が付いていますがこちらはオーナー様自ら自家塗装をされて、ただ納得出来るレベルには出来なかったとの事でそれをシンナーで落として頂きこの度のご依頼となりました。その前にはちゃんとした塗装屋さんにお願いした見たいなんですけどね・・・(画像拝見しましたがどうも普通の赤を塗ってしまったようで非常に不透明なレンズになっていました)。

で、ちょっと心配しているのはレンズ表面が洗浄した時のシンナーで侵されている事です。特に足付け処理をしたと言う訳では無く、溶剤によりレンズ表面が侵されていて細かくヒビ割れています。所謂「ソルベントクラック」と呼ばれる状態ですね。 ただどうやらこれは表層で止まっているようなので、とりあえずは問題の起きている部分を削り落とす事で対応していくとします。まあ経験が無い訳ではありませんから一応は御安心下さい。

skyline2 それより心配なのは自家塗装で塗られた恐らく缶スプレータイプの「クリアーレッド」が残っていることです。私的な見解ではこれは単なる「油性ペンのインク」のようなもので、樹脂分などは少ないようですから低溶解性の溶剤(ノルマルヘキサンやシリコンオフなど)で簡単に溶けてしまいます。「溶ける」と言う事は塗っている側から滲んでしまう事なので、これはちょっと厄介です。 と言う事で、変なトラブルが起きないように極力落としておくようにします。まあ同じ赤なのでそのトラブルさえ起きなければ大丈夫だとは思います。

skyline3そして全体のクリーニングを終え、レンズ表面にあったクラックは削り込み(ただ強度に影響ある程では全然ありませんので御安心下さい)、レンズ周りのマスキングも終えて本塗り準備完了です。ようやく仕切りなおしですね。

ちなみに丸いレンズの方はレッドキャンディーを、中央の四角いウィンカーレンズ部は「標準濃度のスモーク」で承っております。それぞれをマスキングをしながら一度の塗装工程で仕上げる方法になります。

R32スカイラインテールランプ 塗装承りました

先日無事到着しておりました、R32スカイライン用の社外テールランプですね。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

で、画像を見ていただくと解かるように赤い色が多少残っています。これは一旦オーナー様自ら自家塗装に挑戦し、ただ仕上がりが気に入らなかったようでそれを全て除去されたとの事です。 ただ実はその前に、とある塗装屋さんでこれの塗装をお願いしたら、どうやら普通の赤を塗られてしまったようです。その時の画像も拝見しましたが確かに凄い濁りで、確かにこれじゃあ自分で塗った方がマシなのでは・・・と言うくらいです。

と言う事で、左右の丸いレンズは透明感のある「レッドキャンディー」に、中央の四角い部分は「標準濃度のスモーク」で、クリアーは「クリスタルクリアー」で承らせて頂きますね。

それでは作業着手までもう少々お待ち下さいませ!改めましてこの度のご依頼、誠にありがとう御座います!