R34スカイラインテールランプ等一式 塗装承ってます

 先日到着しておりましたR34スカイラインのテールランプ、フロントウィンカー、サイドマーカー、バックランプ&リヤフォグ、ハイマウントランプの合計9点です。この度もご贔屓頂き有難う御座います!

 テールランプは純正の新品で、内部を加工されているとの事です。

 フロント・サイドのウィンカーは前期型のオレンジレンズの物との事です。

 バックランプ&リヤフォグも加工された物との事で、クリアーレンズに変更されているとの事です。

 ハイマウントランプとサイドマーカーに着いているウェザストリップ(ゴム)は接着剤が着いているようなので、こちらはフチが捲れるようにしてマスキングで対応したいと思います。

スモーク濃度については「極薄目と薄目の中間」で、先日完成してお納めした「デリカのテールランプくらい」とのご希望も頂いておりますのでそちらを参考にしようと思います。完成時の記事を紹介させて頂きますね。

デリカテールランプスモーク塗装 完成

スモークはべた塗りで、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」で承っております。

今回のように型の違う製品を同じ様な濃度のスモーク塗装にする場合は、それぞれの塗り方を変えるようにして濃度を合わせます。

例えば上の画像のフロントウィンカーとサイドマーカーとでは元々の濃さ(黒さ)が違う為、同じようにスモークを塗ってしまうと仕上りも濃さがバラバラになってしまいます。

濃さの調整はコート数や塗料中のスモーク含有量で行い、またそれは事前には計りようが無い為、塗りながら調整しなければなりません。スモークの見え方はテールランプの構造(反射板や壁、レンズとの距離など)に依存する為、事前に作製した色板などでは意味が無いのです。

同様に、テールランプだけを塗る場合でも、クリアーレンズ部だけが明るい(眩し過ぎる)場合にはそこだけスモークを多めに塗ったりして調整しています。「長年の経験で」とか「職人の勘」みたいな事は曖昧過ぎて私的に好きではありませんが、この辺は実際に作業しながらでしか対応が出来ない事でもあります。単に黒くするだけなら簡単なのですが、実際は色々と考えて行っているのでかなり疲れる塗装でもあります。

こちらは以前ご依頼を頂いたF50ブレーキキャリパーで、仕様変更に伴って現在は取り外して保管されているとの事ですが、「装着時の雰囲気やバランスは現在のものより気に入っておりました。」とのお言葉も頂戴しました。わざわざ画像の送付有難う御座いました!

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。次のレンズ系塗装のターンは既に埋まってしまっておりますが、この量ですのでこちらは単体で本塗りを行うかも知れません。どうぞ作業着手まで今しばらくお待ちくださいませ。

改めましてこの度もご贔屓頂き有難う御座います!

NISSAN SKYLINE R34 Tail Light

img1906 丁度四年くらい前にご依頼頂いたスカイラインR34用の社外品テールランプです。作業内容は普通のスモーク塗装だったのですが、オーナー様から頂いた装着済みの完成画像が格好良かったので改めて紹介させて頂きますね。

img1958 意外と面倒だったのがマスキングで、土台の黒い部分は車体に装着されれば恐らく見えなくなると思いますが、小物塗装の場合はそういう訳にはいきませんので(この状態で渡すので)、一応しっかりマスキングしておきます。

img1959 多分黒いプレートも一緒に塗っても問題は無いと思うのですが、やはり気分的に良く無いという事で、かなりしっかりマスキングしています。

img1960 スモーク塗装は塗膜の厚みで濃淡が変わってしまうので、今回のような平面では無い部分への塗装はちょっと難しくなります。「これだけの段差で?」と思いそうですが、エアースプレーでの塗装となると空気の流れが変わると塗膜の付き方も全然変わってしまうのです。しかも一旦濃淡が付いてしまうと最後まで取れませんしね。

img2005 濃度としては「薄め」で、元の赤が派手だった分、スモークが綺麗に表現出来ていると思います。

img2006 こういう点では純正品よりも派手な社外品の方がスモーク塗装には適しているかも知れません。

img2007 無駄に手間を掛けたマスキングですが、そのお陰でこの状態で見てもとても塗装したとは思えないように仕上がっていると思います。車体に着いてしまえば全くの無意味なのですが(笑)。

img2080車体色は濃色系ですが、スモークテールが黒過ぎないお陰で極悪さは控えめになってくれていて、むしろ上品ささえ感じられると思います。