Nissan Skyline R32 GT-R Engine parts

NISSAN BNR32 GT-Rのタペットカバー×2、プラグカバー、タイミングベルトカバーです。

 色はキャンディーカラーのレッドで、ただし当店で行っているような3コート塗装では無く、トップコートのクリアーに直接色を混ぜた「2コートキャンディー塗装」です。

 最初から色が薄かったのか、または後から褪色したのかは分かりませんが、場所によってはかなり色が薄く、またクリアーの肌艶も良くありません。

 もっとも酷いのがタイミングベルトカバーで、最初はどうだったのか分かりませんが、他の部品に比べてかなりドス黒い色になっています。これはキャンディー塗装じゃないだろう、といった感じでした。

パッと見は艶がありますが、よく見ると肌が悪いです。

 ただし今回は腐食は出ておらず、若干の小傷程度と塗膜の状態は良かったので、旧塗膜の剥離はせずに足付け処理のみ行って再塗装する事にしました。

 傷を削り落とし、#320~#800で研磨します。

 ペーパーが入り難い箇所はスコッチとナイロンブラシ、ウォッシュコンパウンドを使って隅々まで足付け処理を行います。 良く水で洗い流し、

水気を取り、

ネジ穴などをマスキングします。

金属素地が露出している箇所にはプライマーを塗りますが、全体的に散らばっているのでプライマーも全体的に塗ってしまいます。

同じようにタペットカバーにもプライマーを塗布します。

続けてカラーベースを塗布します。

これは赤系のパール・メタリックで、マツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」の配合データをそのまま使用しています。

その上にはいつもテールランプの塗装に使っている透過性の赤=キャンディーレッドを塗布します。

以前何度かこの仕様で行っておりまして、ご依頼頂いた方にはご好評いただいていた色でもあります。↓

インプレッサWRXグリルモール塗装 完成

最後にクリアーを塗って本塗り完了です。

 その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、さらに数日寝かしたら完成となります。

側面まできっちりと色を入れておきました。

 実際にエンジンに組み合わさったような感じで仮置きしてみました。

「元の色に」となると別途調色作業が必要なのでその分費用が掛かってしまいますが、今回のように既存の色の配合データを利用すれば費用を抑えらます。

その後オーナー様から組み付け後の画像とご感想を頂いたのでそちらも紹介させて頂きますね。だいぶ時間が経ってしまいましたが、画像の投稿させて頂きます。
キャンディレッドの色合いが中々上手く写真で表現出来なく、やっとそれらしい画像が撮れましたので投稿しました。
仕上がりは大変素晴らしくボンネットを開けるのが楽しみになりました。
また何かありましたら宜しくお願い致します。

との事です。

こちらこそこの度のご依頼、誠に有難う御座いました!

RB26エンジンパーツ一式塗装 完成

 大変お待たせしました!日産GT-R RB26エンジンパーツのキャンディーレッド塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

新車時の塗装は剥がれたりはしていなかったのですが、パーツ毎での褪色具合が違う為か色がそれぞれバラバラになっていました。

こちらも塗装前の状態で、色の違いが判り易いかと思います。

 また全体に小傷はあったのでそれらはある程度研磨して取り除きました。

プラグカバーの中央にあるアルミプレートは両面テープでの接着で、これは外すと変形してしまうので交換が基本ですが、今回は旧塗膜の状態が良く剥離作業をしないで済んだのでマスキングで対応出来ました。白いのはプライマーです。

 元々の塗装もキャンディーカラーで、ただ今回の塗色はそれに合わせたと言う訳では無く、当店で何度か施工しているマツダのソウルレッドプレミアムメタリック風の色にしています。

 カラーベース自体にはマツダのソウルレッドプレミアムメタリックをそのまま採用し、その上に塗り重ねる透過性の赤を、いつも当店でテールランプの塗装に使用しているキャンディカラーのレッドを使っています。

またクリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーの仕様となります。

こちらも塗装前の状態で、側面には余り色(カラークリアー)が入っていなかったのですが、

今回はしっかり塗っておきました。

 実際にエンジンに装着されるような感じに仮組みをしてみました。

 尚、実物はもっとキャンディーカラー特有の深みと鮮やかさがあります。

 画像はどれも撮ったままの未加工で、サイズだけ半分くらいに縮小しています。

 改めて室内の照明下でも撮影しました。やはりと言うか自然光で見るのとは雰囲気が変わって見えます。

 今回は下地処理にサフェーサーを使っていないので、製品自体の歪や深い傷、鋳造製品特有の凸凹はそのまま残った仕上がりとなりますが、純正時には無いような艶具合になっていますのでエンジンルームを開けた時のインパクトは結構大きいのでは、と思います。

有彩色に対して無機色の 黒とシルバー(アルミ)の組み合わせが良い具合です。ボルトはシルバー・黒どちらでも似合いそうですね。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

RB26エンジンパーツ一式 本塗り

先日下地処理まで終えていたスカイラインGT-RのRB26エンジンパーツ一式です。

傷の部分は#320でサンディングし、その後#800目で足付け処理を行っています。

 既存の上塗り塗膜はかなり薄いので、ちょっと研磨しただけで下地が露出しまいます。

 プライマーは金属が露出した個所だけで良いのですが、スポットで塗っている方が肌が荒れてしまうので全体に覆ってしまいます。

 同じくこちらのプラグカバーも。

 続けてベースコートを塗布します。

こちらはマツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」(カラーコード:41V)のカラーベースに、

 いつもテールランプの塗装に使っているキャンディーレッドを塗り重ねます。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。お待たせしました!

 塗膜構成としては、「カラーベース×3コート」+「キャンディーカラー×3コート」+「クリスタルクリアー×2コート」となっています(下地は除く)。ベースコートが6コートとなると厚塗りの部類になる為、最初のカラーベースには直接硬化剤を入れて対応しています(STANDOXでは通常ベースコートに硬化剤を入れる必要はありません)。

 ちなみに新車時の塗装では「カラーベース」+「キャンディーカラークリアー」の2コート塗装となっているので、色ムラや色褪せが酷いのでは、と思っています。

 画像だとキャンディ―カラーの良さを伝えるのが難しいので、完成時にはその辺りが判り易いように紹介したいと思います。

この後一日常温で一日寝かして塗膜中の溶剤をゆっくり抜き、その後60度40分程の熱を掛けて強制乾燥~完全硬化させます。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NISSAN RB26エンジンパーツ 下準備

こちらも大変お待たせしております。作業着手しておりますのでご安心下さいませ。

現状は浸け置き用のアルカリ洗浄液でオイルを洗浄しています。本当は数日浸けておきたいのですが、今回は既存の塗膜を活かす為(剥がさない為)、浸けるの半日だけにしておきます。アルミは酸とも塩基とも反応する両性金属の為、アルカリ性の洗浄液が塗膜を突き抜け(もしくは傷部分のエッジから浸透)塗膜がアルミ素地から剥がれてしまいます。

これと同じようにパテ付けしたアルミにリン酸処理などをするとやはりパテのエッジ部分から酸が浸透してアルミを溶かしパテを剥がしてしまいます。一見するとパテや塗装が酸や強アルカリにやられているように見えますが、実際はアルミが溶けているという訳です。なのでヘッドカバーでパテや接着剤を使う場合は先にリン酸処理を済ませておくのがセオリーです。

純正の塗装はキャンディーカラーで、側面の目立たない個所には赤の色が余り入っておらず色褪せたような仕上りになっています。肌も中々凄いですね。

 

タイミングベルトカバーはプラスチック製で(以前の記憶だとPP製だった筈です)、他の金属部品は低温焼き付けのメラミン樹脂塗料で塗られている筈ですが、こちらは熱を掛けると変形するのでウレタン塗料の筈です。が、それにしてもここまで色が変色する塗料って一体どうして・・・。

比較的まともに見えるプラグカバーも中々凄い肌をしています。相当シャブイ(希釈率の高い)クリアーで塗っているんでしょうか。PG80やパナロックでもここまで酷くはならないと思いますが・・・(私的見解で、ただどちらも使った事はあります)。

と言う訳で小傷を研磨します。今回はサフェーサー工程は省く為、番手は上塗りにギリギリ影響が出ない#400の空研ぎから行います(一般的に空研ぎペーパーは目が細かく、水研ぎペーパー#600相当くらいの目となります)。

サンダーが入らない箇所は手研ぎの#400空研ぎで、その後は布状の足付け処理用研磨副資材(アシレックススカイ中目#500相当)で目消しを行います。

さらにその後は#800相当のスコッチブライトとウォッシュコンパウンドで目消し&足付け処理&脱脂洗浄を行います。

スコッチでさえ入らない個所はヘラにアシレックスレモンを巻いて当てたり、ナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って足付け処理を行います。

ちなみに削ってみて判りましたが、今回のキャンディーカラーは2コート仕上げで、ベースコート(濁った赤メタリック)の上に塗ってあるクリアーに直接キャンディーレッドが入った仕様となっています。これだから変色したのかも知れませんね(いやそれにしてもって感じですが)。

 

最初に入荷した時点で脱脂だけしてそのまま塗る!と言うのも勿論可能ですが、色々気にすると足付け処理だけでも一日掛かりの作業となります。

例えばヘッドカバーのサンドブラスト作業で、「当店は塗装の前にサンドブラストも行っています」といった説明でも、それが単に掃除程度の5分程の作業か、もしくは腐食を取ろうと30分間行っている作業とでは仕上りは大きく違います。

ただ説明だけで見ればどちらも同じで、嘘をついている訳でも無いので後で塗装が剥がれてもある意味仕方の無い事だと思います。嫌な話ではありますが、この辺はユーザー側も裏を読まないと痛い目を見るという事ですかね。

この後十分乾燥させて水気を飛ばしたらマスキングを行い、いよいよ本塗りとなります。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

RB26エンジンパーツ塗装承ってます

先日到着しておりました日産R32のタペットカバー・プラグカバー・タイミングカバー計4点です。この度も当店をご贔屓頂き誠に有難う御座います!

現状としては全体に点在する小傷と、タイミングベルトカバーの色が異様に黒ずんでいます。

 塗装の肌は良く無いのですが(まあこれが普通ですか)、塗膜自体の状態は悪く無いので、今回は剥離はせず、傷のある個所を軽くサンディングしてプライマーのみ(サフェーサーは無し)で行う予定です。なのでプラグカバー中央に貼ってあるアルミプレートは外さずに再利用出来る予定です(強力な両面テープで着いている為、剥がすと激しく曲って再利用は出来ません)。

色は純正の塗装がキャンディーカラーとの事でして、ただ「元の色に戻す」となると別途調色費が必要となってしまう為、今回は同じようなキャンディーカラーで、さらに鮮やかな色味の「マツダソウルレッドプレミアムメタリック」風の色で承っております。

以下の記事にその色の画像がありますので宜しければご参照下さいませ。

インプレッサWRXミラーカバー塗装 ほぼ完成

その後同色でご依頼頂いたフロントグリルの方が判り易いかも知れません↓

インプレッサWRXグリルモール塗装 完成

ベースカラーはマツダの「ソウルレッドプレミアムメタリック」で、その上に塗っているキャンディーレッドは、当店でいつもテールランプに塗っている色をそのまま使用しています。なのでマツダのソウルレッドそのままとは違うかも知れません(むしろこちらの方が鮮やかだと思います)。

また以下の施工例のRB25エンジンパーツ一式の塗装では、同じキャンディーでもこちらはブルー系で、また一部には今回採用予定のソウルレッドも使っています。宜しければご参照下さいませ。

Nissan Skyline ER34 RB25 Engine parts

 

尚、今回のオーナー様は以前ブレンボのブレーキキャリパー一式をご依頼頂いた方で、そちらも紹介させて頂きますね。一年半前くらいの案件となります。

ブレンボブレーキキャリパー塗装 完成

 

それでは作業が進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度も当店をご贔屓頂き有難う御座います!