液晶モニターカバーパネル&リモコンスイッチ塗装承ってます

 先日到着しておりました車載液晶モニターのカバーパネル&付属品一式です。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 オーナー様曰く、こちらの製品は「30年近く前の世界初車載液晶テレビになります、今では超希少な品物です。一生物にするつもりです」との事で、かなり貴重な物のようです。

 部品はある程度分解されていますが、

 外すと壊れてしまうような物についてはそのままで、マスキングで対応するよう承っております。

 シボ模様の素地はそのまま残すよう承っておりますので、各部品には多少傷などがありますが、それらはそのままで塗装を行う予定です。

 ただ出来る範囲内で、抉った個所にパテを点付けで埋め込むなど、既存のシボ模様を損なわないで出来る事はしておこうと思います。

 マスキングで行う個所についてはかなり多く、通常こういった付属品は外した状態でのお受付となっておりますが、今回は仕上りが損なわれてしまう事を御理解いただいた上で対応させて頂く事となりました。

 分解出来なくもなさそうですが、無理に外して割れたりしたら大事になるので、何とかマスキングで対応したいと思います。

 こういったシールも剥がすと再利用は出来ないのでマスキングで対応します。

 また横のボタン部分にある「PUSU」の文字も再現するよう承っております。恐らくですがこちらは塗装で対応出来ると思います。

 ボリュームツマミはこの状態で基板ごと塗り潰してしまう方法で行います。水は使えませんし粉も出せない為、ギザギザの谷の部分の足付けはブラッシング程度で、今回は密着剤に頼る部分が出てくると思います。

 こちらの小さな白いボタンも同色の塗装で承っております。

 色はこちらの内装部品の茶色の近似色と言う事で承っておりまして、クリアーは「艶消し」でご指定を頂いております。ご依頼内容も作業も、以前施工したセルシオ内装パーツの塗装に似たような感じですね(まさか今回もセルシオでは・・・と)。

 そしてこちらは先ほどの液晶モニターのリモコンのスイッチです。塗装するのは下の2個で、

上のスイッチの文字を下に移植する、といった内容となります。

それだけ言うと結構簡単そうですが、これも中々手間の掛かる作業で、まずそれぞれの文字をデータで作成して白のデカールに印刷、下のスイッチを黒で塗装し、デカールを貼って最後に艶消しクリアーでコーティングします。

フォントは一から作るとかなりの手間とコストが掛かってしまうので、今回は似たようなフォントを探して対応しますが、余りに違うと他のボタンとの違和感が大きくなってしまうので、何とか似た物を見つけたいと思います。

ちなみにこちらの日記では紹介していないのですが、これと同じような感じで非常に高額なイヤフォンのロゴを、黒から青メタリックに変更するというご依頼を承っています。10万円以上するイヤフォンに、さらに10万円以上のコストを掛けて塗装を行うなんて事は一般的には中々理解されない事だと思いますが、今回の御依頼と同様、需要はあるんですよね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!

フェラーリ458リモコンキー塗装 完成

 大変お待たせしました!フェラーリ458スパイダーのリモコンキーカバーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々はいつものようにロッソコルサな赤のリモコンキーだったのですが、

こちらのような配色にご希望されまして、

 その様に塗装を施しました。

 使用した色は、

・黒・・・STANDOX MIX571(原色黒)

・白・・・フェラーリ純正色Bianco Avus(カラーコード:100)

・シルバーフェラーリ純正色Argento Nurburgring(カラーコード:226689)

の3色となります。

 白いラインは幅が5ミリで、シルバーのラインは0.7ミリとなっています。

 今までのストライプライン入れはいつも表側のみだったのですが、今回はこちらのボタン側にも、

 さらに表と裏でストレートにラインが繋がるようになっています。

ただこれが予想以上に難しく、今回は途中でどうにもならないかもと思いました。

 サイズが小さければ小さい程、またラインが細ければ細いほど塗り分けの見切り部分の粗が目立つので、本来なら最後にシルバーを塗りたかったのですが、それだとラインが綺麗に引けないと言う事で、シルバーを一番最初に、さらに最後にもう一度シルバーを塗り直すと言う方法で行っています。

 ちなみに表面のカバー(跳ね馬のエンブレムがある方)のカバーが若干緩いようでしたので、内部爪状に引っかかる箇所に両面テープを貼ってガタツキを防いであります(最初はホットボンドのような物がついていて、それより断然良い具合には出来ていると思います)。

 さすがに今回は作業が大変過ぎたので(精神的に)、こちらの内容は今後当分お受付はしない事でどうかご了承頂ければと思います(今まで通り片面だけの仕様であれば大丈夫です)。

 自然光下でも撮影してみました。

実際は室内の照明下よりも自然光で撮影した方が粗が判り難いのですが、写真が好きな方ならそう言う事もよくご存じでしょうし、また被写界深度も極力浅くならないようにして撮影するようにしています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

ルーフアンテナ(SUZIKI ZVC)塗装 完成

 こちらもお待たせしました!ビートソニック社製のドルフィンアンテナタイプ3の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元々未塗装だった物に、

 スズキ純正色の「スチールシルバーメタリック」(カラーコード:ZVC)を、

 またクリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」の仕様となります。

 彩度の無いシルバーメタリックですが、使われている原色は8種類、メタリックは中目と中粗目の二種類が使われています。

 自然光下でも撮影してみました。

【お任せ仕上げコース】なので磨き処理はしていませんが(いわゆる塗りっ放しです)、目立つゴミなども無く綺麗に仕上がっていると思います。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

内装シフトパネル塗装 完成

 大変お待たせしました!SUZUKI純正の自動車内装シフトパネル2点の塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

元は未塗装の樹脂素地状態で、

表面はザラザラとした梨地だった物を「研磨→プライマー塗布→サフェーサー塗布→完全硬化→研磨」といった下地処理で平滑に仕上げてから上塗りを行っています。尚画像の文字は削り落としています。

 今回はそれぞれ違う色で、青い方はトヨタの「ブルーマイカメタリック」(カラーコード:8Q1)に、

 外側の枠はマツダの「シルバーコントレイルメタリック」(カラーコード:25H)でご指定頂きました。クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」となります。

 イメージし易いよう仮組みをしてみました。

 内装部品の塗装と言うと「ピアノブラック」(艶あり黒)が多いですが、今回のよう爽やかな感じも凄く良いですね。

 元々ザラザラだったとは判らない仕上りに出来ていると思います。

 自然光下でも撮影してみました。

内装部品の塗装を御依頼された方曰く、車に乗る度にそれを見てニヤニヤするのが楽しいらしいです。自分が選んだ色と言うのがまた満足感が高いのでしょうね。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げます。この度は当店をご利用頂き誠に有難う御座いました!

Panasonic自転車フレーム&フォーク プライマー塗装

 先程紹介した、サンドブラスト処理までが完了したパナソニックのクロモリフレーム&フォークです。

自動車の内板骨格(フレーム)もそうなのですが、袋状になった個所の内側の処理は物理的に非常に難しくなります。また一度発生した錆には防錆油などを塗ってもその成長を止める事は出来ません。

特に今回のようにラグでチューブパイプを接続している場合、合わせ目の隙間には錆が発生している可能性が非常に高いです。

自動車補修でパネルを溶接する場合は、予めその間に通電性のプライマーを先に塗っておくのが基本的な作業になりますが、それでも完全に錆びを防げる訳では無く、昔はよくもどかしい思いをしていました。結果的に構造用エポキシ接着剤と溶接を併せたウェルドボンディング工法が理想と考えるに至りましたが、その場合でもスポット溶接に限られるので、完全な防錆と言うのは難しいんですよね。

 と言う訳で、塗料が下にこぼれても大丈夫なように台の上に段ボールを敷き、

 スプレーで塗装するエポキシプライマーと、それをシンナーで10倍くらいに希釈したシャブシャブの物を用意します。

 これをチューブパイプの中に流し込み、

反対側にある水抜き穴から余分を抜くようにして、フレームの内側全体にプライマーが行き渡るようにします。

 プライマーは厚塗りになっても大丈夫なビスフェノールA型のエポキシ樹脂ですが、重量増や水抜き穴などが埋まってしまうのは避けなければならないので、多少残っても大丈夫なように希釈率を上げています。

 チューブのつなぎ目で穴が貫通していないチェーンステー上部は、水抜き用に空いた小さい穴に細い棒を挿し、そこを伝うようにして内部にプライマーを流し込みます。

 フレームをグルグルと回してチューブ内部全体にプライマーが行き渡るようにしたら、余分を穴から抜き出します。

 またスプレーでは塗れない袋状の個所にも、筆を使ってしっかりとプライマーを塗っておきます。特に金属の合わせ目には奥まで浸透するようエアーブローも併用して行います。

 こういったアウター受けも普通にスプレーしただけではパイプの内側までにはプライマーは届かないので、先に筆を使ってしっかり塗っておきます。スプレーされた塗料は壁に反射して反対側に着く、なんて都合の良い動きは絶対にしません(それは単なるミストです)。

 穴と言う穴からプライマーが零れ出てくるので、フレームは当然凄い惨状となるのですが、

 外側についた余分なプライマーはシンナーと刷毛を使って薄く延ばすようにしてウェスで拭き取ります。

 自動車ボディ製造時のように、プライマーで満たした槽に浸けて電気的に膜厚を調整出来れば一番良いのですが(カチオン塗装)、流石にそれは出来ないので、少々手間は掛かりますがこんな感じで今回は対応してみました。

内側へのプライマー塗装が終わったら各部のマスキングを行います。

 全体に薄っすらとプライマーの膜があるのでこのままでも錆び難い状態ではありますが、一気にサフェーサーまで進めます。

 ここでようやく普通の塗装工程に戻ったといった感じです。

 先程フレームの中に流した物と同様、外側側にもプライマーを塗ります。

 プライマーは重防食仕様の浸透型エポキシプライマーで、錆がある個所でも層内の奥まで浸透し、そこに残る水分を無害化してさびを強く固定するという効果のある物です(メーカーカタログを参照)。

 そして続けてサフェーサーを塗布します。

この後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させたら全体を研ぎ付けて素地を平滑に仕上げます。

何カ所か凹みもあったのでそちらも修理もありますから、本塗りまではもう少し先になるかと思います。どうぞもう少々お待ちくださいませ!