ヴェルファイアテールランプ レッド&スモーク塗装 完成

vellfire35 大変お待たせしました!ヴェルファイアの純正テールランプ、レッドキャンディー+おまけスモークで完成となります。

vellfire36 このテールランプは今までも何回か施工例がありまして、今回は全体的にレッドキャンディーとなっていますが、別の案件では上下でそれぞれレッドとクリアー(スモーク)を分けた仕様などもあります。是非お好みでどうぞ。

vellfire37ウィンカーとバックランプの部分は赤く塗ってしまうとそこも赤く光ってしまうのでその場合はこのようにマスキングをして残すようにしています。最後に塗るクリアー自体は全面に塗っているので塗り分けをした箇所で爪が引っかかったりペロペロと剥がれたりはしませんのでご安心下さい。

それでは後ほど完成のお知らせメール差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

BMWボンネットエンブレム 本塗り

bmw162 (確か)前回4回目のクリアー塗装で遂に完成!と思いきや、まだ気になるところがあったので結局もう一回塗る事にしました。中央の段差もそうですが、ちょっと力み過ぎてクリアーを塗りすぎた為か表面張力でフチに溜まったクリアーが気に入らなかったのです。どちらかだけだったら完成と言うことでも良かったのですが乗りかかった船ですので(そのまま沈む可能性もあったかも知れないのですが。苦笑)。

と言うことで段差を払拭すべく今度は#320から研ぐ事にしました。クリアーを研ぐにはちょっと粗いですがこれくらいじゃないと駄目な気がしまして・・・。

bmw163#320→#600→#800→#1500と均して本塗り準備完了です。クリアー塗装は多分これで5回目で、特段大変な事になっていると言う訳では無く、最初に想定していた通りという感じです。ただしあわよくばと考えていなかった訳ではありませんが(笑)。

bmw166そしてクリアーを塗って本塗り完了です。見た目的には前回も同じですが、今回は中央の段差もかなり払拭され、そしてこの後の対応としても同じ轍は踏みません。

 

bmw165固定している棒にはS字フックを付けておいたので、クリアーを塗ったらこのような状態に天井から吊るしていました。これなら表面張力よりも重力が勝ってフチにクリアーが溜まるのを防げるのでは・・・と考えたのです(笑えますがこの時の為に真面目に考えて来ました)。

既に出来上がった状態を見ましたが結果的には良好で、あとは完全硬化を待つだけだと思います。いよいよ完成間近ですね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

↓ちなみに最初の画像です。黒いところにある白い粒粒も払拭出来ているのがわかると思います。なんせ全部塗り直してますので(笑)。bmw84

インプレッサSTIフェーエルキャップ 本塗り(二回目)

sti5 一旦は本塗りを終えていたインプレッサのフェーエルキャップですが、オーナー様の(強い)御希望で、僅かに残ったデカールの段差を払拭する為、先日塗ったクリアーの表面を研磨してもう一度クリアーを塗る事となりました。もうフェーエルキャップが何十個か買える金額になっている気がしないでも無いのですが・・・。

sti6 そしてさらに当初は困難かと思われていたキャップの根元側も一緒に塗る事になりました。落下防止のリングは外せないので下側の塗装は諦めて頂いていたのですが、リングをこんな感じで固定すれば何とかなりそうだと判ったのでオーナー様の御希望通りリング以外を全部イエローにする事としました。もう誰も付いてこれませんよ(笑)。

sti7 上側は全て終わっているので脱脂してエアーブローをしたらマスキングテープで覆ってしまい、下側にベースコートのイエローを塗ったらマスキングを全部剥がします。sti8そしてクリアーの塗装です。デカールの段差は綺麗に払拭されまして、ここまで来るともう量産品と変わり無いかと・・・(まさか人の手で造ったようには見えないと思います)。

トータルの金額としては結構な額になっていますが(安いロードバイクが新車で買えるくらいです)、やっている事は一から試作品を作る事と大差なく、さらには実使用を想定した耐久性も確保しなければなりませんのでそれなりに手間と時間は掛かっているのです。

これを見てか先日もフェーエルキャップの塗装に関してお問い合わせがありましたが、多分金額だけを知ると「それはさすがにボッタクリだろ」と思うかも知れません(私でもそう思います。笑)。ただここに出ている内容を持って近所の塗装屋さんに御願いするともしかいて納得出来るのでは、と思う次第です。ここで紹介している事は技術的には自動車板金塗装屋さんなら出来る内容で(多分)、提示している金額は「技術料」と言う訳では無く「時間工賃」から算出されていますので決して「うちにしか出来ない事から」といった事で高くなっている訳では無いのです。要はとてつもなく労力が掛かっていると言うことでして・・・。ご理解頂ければ幸いです。

ちなみにこれと一緒にBMWのエンブレムも5回目の塗装が完了しています(笑)。ちょっと今風が止んでいるので今の内に帰宅したいですから(せめて今日中には帰りたいので・・・)そちらは後日紹介したいと思います。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

SCOTTアルミフレーム&カーボンフォーク 下準備

scott10溶剤槽に漬けておいたSCOTTのアルミフレームの旧塗膜がある程度剥がれてくれたので、後は細部をサンドブラストで処理します。画像はブラストボックスの中にはいったフレームをガラス窓越しに外から見ている光景です。

scott9旧塗膜を剥がすのには「剥離剤」といった材料がメジャーですが、色々な理由があって私的にはそれが好きでは無いので現在はシンナーを貯めた槽に塗装を剥がしたい部品を浸けて塗装を剥がすようにしています。熱を掛けたり圧力を掛けたりもしないので剥離能力はとても低いのですが、余計な廃棄物が出ないのと、一旦浸けてしまえば後は待っていれば良いのでこのシステムが気に入っています。

といっても今回のように比較的塗膜がしっかりしていると浸けているだけでは剥がれてくれなく、塗膜が柔らかくなったところをスクレーパーやワイヤーブラシ、ペーパー掛けなどを行ってかなり物理的な作業で剥がしていますからこの辺はDIYと大差は無いと思います。結構大変です。

ただ上記画像に写るワイヤーガイドの内側などアクセスの悪い箇所はどうしても塗膜が残ってしまいますので、最後はサンドブラストを使って除去する事にします。

scott5「だったら最初からブラストでやればいいんじゃ」なんて思うかも知れませんが、当店にあるのは吸い上げ式なのでこれではそこまでの能力はありません。そういった場合は直圧式が必要で、それが必要な場合は全部ブラスト専門のショップさんに御願いしてしまっています。直圧式は威力も強力ですが機材に掛かるストレスも大きいので、メンテナンスまで考えると私一人でそこまでやるのは逆にコスト高になってしまいますし、信頼できるショップさんが居れば任せるに限ると思います。餅は餅屋でしょう。

scott6 凹みがあった箇所はパテで補修してあります。よく脱脂洗浄をしたらプライマーを塗布し、続けて2液ウレタンサフェーサーを塗布します。ちょっと判り難いですが奥のフォークの先端、ホイールを固定する爪の部分も旧塗膜が剥離されているのが判ると思います。フォークはフルカーボンでは無く腕の部分のみカーボンのタイプですね。

scott7 そしてサフェーサー塗布完了です。塗装屋的にはここが大きな区切りとなるのでようやく一安心出来るといった感じです。

scott8フォークはアルミの部分のみプライマーを塗り、その後サフェーサーを全体に塗っています。ちなみにプライマーは金属用の物であってプラスチック用のそれとは全然違います。またファイバー関係は「強化プラスチック」なんて呼ばれたりしますが、塗装屋からするとそれはプラスチックでは無くポリエステルまたはエポキシの樹脂といった括りなのでプラスチック用プライマーを塗ったりなんて事はしません。足付け処理さえしてあればプライマーは必要無いのです。

巷にある材料としては主にこの「金属用のプライマー」と「サフェーサー」が合わさった「プライマーサフェーサー」が主流で、実はそれぞれ役目は全く違います。プライマーはそれぞれの素材に塗料を(化学的に)密着させる為の物で、サフェーサーは塗膜の厚みを付ける為の「充填」の効果があります。わざわざ二回に分けて塗るのは面倒なので多分一緒にされてしまったのだと思います(勝手な見解ですが。笑)。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。本塗りは少し先になるかと思います。もう少々お待ち下さいませ!

(大田区も台風の影響で大分風が強くなって来ましたが今日はカブなので一安心です←多分間違い)。

BRABUSエンブレム 本塗り

brabus22 先日フェラーリの赤(カラーコード:322)を塗ってクリアーまで塗っておいたブラバスのエンブレムバッジです。全体に足付け処理を行いよく脱脂洗浄をしたらいよいよ本番(二回目)の塗装となります。

brabus23 まずは全体にベースコートの黒を塗ります。外資系の塗料の多くはベースコートには硬化剤を入れず、かといって1液性と言う事では無く「クリアーの硬化剤分がベースに浸透して2液反応を起こす」といった2K塗料、所謂「2Komponent」と呼ばれるタイプです(DUPONTは駄目ですよ。笑)。ちなみにコンポーネントは「C」ではなく「K」で間違いないらしいです。以前ちゃんとした資料を頂きまして読破しましたがちょっと上手く伝えられませんのでこの辺は割愛させて頂きますが、とにかく使い勝手の良いシステムになっているのです。

ちょっと専門的な事になりますが、昔の塗料はクリアーをいきなりタップリ塗るとその下に塗ってあるベースコートを溶かしてしまい、ソリッドなら大丈夫(らしい)のですがシルバーなどのメタリックだとこの粒子が動いてしまい、所謂「戻りムラ」なる現象が起きて大変な事になっていたのです。といっても私はその時代は知らないのですが・・・(気になる方は「中沖名人」の書籍を読むと判るかと)。

私がこの塗装業界に入ったのが丁度外資系が本格的に参入してきた時代で、それまでハーバーツやシッケンズ、PPGなどはありましたが余り使いやすい塗料では無かったようで(私的見解で一応後者2つは使いました)、その時入ってきたDUPONTは本当に使い勝手の良さと仕上がりとのバランスがよく、まだ見習い中の私としても目からウロコの出るような良い塗料でした(後に痛い目を見るのですが。笑)。

それらの外資系塗料は一発目からでも全く気にせずタップリクリアーを塗れるので比較的簡単に艶のある仕上がりが出せて、しかも余ったベースコート塗料は容器に戻して再利用出来ますから作業性も抜群だったのです。対して戻りムラが生じやすい塗料はクリアーをドライコートで塗らなければならないので、仕上がりは非常に艶の無い、極めて私的な感想ですが「今から塗るんですか?」と思うくらいの凄い状態なのです。なので塗り肌を気にする塗装屋さんは一旦そこでクリアーを研ぎ出し(「中研ぎ」です)、もう一度クリアーだけを今度は「ウエットで」塗ったりしていたそうです。ただクリアーは10:1が主流だったので硬化するのも早く研ぐのも楽だったので今のクリアー程面倒な事では無かったらしいですが(私もパナロックの10:1はバイト先でずっと使ってました)。

と、マニアックな業界の話になってしまいすいません。とにかく今使っているSTANDOXは素晴らしいと言う事です(笑)。こちらも私的見解ではありますがDUPONTからSTANDOXに変わった人なら誰もがそう感じていると思いますので。

brabus24 ベースコートの黒がしっかり乾いたら(前記の事からしてこの時点では「硬化」ではありません)、最初はシンナーを使ってある程度ふき取り(!)、その後ペーパーで削って上面の黒を完全に除去します。残すとどこからやり直しになるのか考えるのも恐ろしいのでここは何度も念入りにチェックしておきます。

ちなみに下に塗ってある赤とクリアーは完全硬化しているのでシンナーでは取れません(溶けません)。ただし長時間浸しておくと「チヂレ」が起きる可能性はあるのでその点に注意します。その後に掛けるペーパーも然りで、先日紹介した「耐溶剤性・耐擦り傷性に強いクリアーであれば」とはこういう事です。10:1のクリアーだとちょっと怖いですよね・・・(赤が取れたら終了です)。

brabus25 そしてよくエアーブローして不純物(研ぎ粉やホコリ)を飛ばしたらクリアーを塗って本塗り完了です。塗装屋としてよく見てみても元々黒が塗ってあったとは判らない仕上がりに出来ていると思いますのでご安心下さい。

brabus26こちらは一回り小さい方ですね。微妙に形が違います。

今回はこういった手法でしたが、一旦塗った黒を拭き取るのでは無く、「マスキングシートを作成して黒を塗る」と言う方法も出来なくはありません。ただしこの形にピタリと合うマスキングシートを作る為にはまずデータの作成が必須で、それにはかなりの時間と手間(と費用)が掛かりますからそれを選ぶのはナンセンスなのです。ただし場合によっては「そんな単純な事にそこまで手間を掛けるの?!」と言う事もあって、まあこの辺は何が正解かは判らないところがあって、実際に行う作業者の考えによる所が大きいと思います。私的にはシルク印刷をマスターしたいんですけどね(上記リンク先の作業がそれなら簡単に出来るのではと思っています)。

今回のこの作業は私的には最短距離で理想的な最終形に出来たと思いますが、他にもっと良いやり方はあるかも知れませんし、例えば3Dスキャンして3Dプリンターで作ってクリアーだけを塗るとか・・・なんて事も例え話じゃなくなると思います。3Dスキャンしたデータがラスターデータからベクトルデータに変換し、さらに色々なところから自動的にデータを収集してそれを作る意味(意義)を理解しつつ修正してくれれば人間では到底敵わないと思いますので・・・(私の老後の仕事が・・・笑)。

長々とすいませんでした。完全に帰り時を見失ってしまっておりまして(台風だというのに何かを間違えて自転車で来てしまいました・・・苦)。

それでは完成次第改めて紹介させて頂きますね。もう少々お待ち下さいませ!