AlfaRomeo凸文字鋳造制作 完成

先日より作成していた金属製のAlfaRomeoの凸文字です。鋳込んだのは合計6個で、一応それぞれを残しておきました(材料に余裕が無かったら溶かして再利用しています)。

作業内容が判り易いよう、改めて最初の記事から紹介をさせて頂きますね。

↓まずは本業でヘッドカバーの塗装ご依頼を頂いている、PRO_Fit日記の記事からです。

アルファロメオヘッドカバー塗装&凸文字制作承ってます

↓今回行っている鋳造作業については私的な趣味(本業の付帯作業)も含まれていると言う事もあり、こちらの社外記での紹介としています。

AlfaRomeo凸文字 鋳型作製

時々「これと同じ文字だけ作って欲しい」(特にスカイラインのRB26を28にする為の「8」)といったお問い合わせを頂くのですが、当店はあくまでも「塗装屋」で、そういった事は単体ではお受付をしていませんので、それを明確にするべく「日記」と「社外記」で別けるようにしています。

AlfaRomeo凸文字 鋳込み

今回の鋳造やフライスにしても、その道のプロからすれば私が行っている事は遊び程度でしか無く、これを日記で紹介するにはさすがにおこがましいと言う事もあり、こちらで紹介をさせて頂いている次第です。

AlfaRomeo凸文字 鋳込み 2回目

またこういった付帯作業はそれ単体では利益は出せなくとも、「趣味」と銘打てばある程度の事は許される(笑)と言う事もあり、ただただ楽しくやらせて頂いています。

AlfaRomeo凸文字 切削(簡易フライス)

と言う訳で完成となります。

 上の三個は切削する前の段階で失敗したと判断した物で、ただ終わってから見てみると、「Alfa」と「Romeo」それぞれを別けて使えばこのうちから一つは作れたかも知れません。ただし型枠から外してしまったのでバイスに固定するのが難しく、なのでこれはこれで終了となります。

 上から4番目の物は途中まで切削はしたのですが、削った中から巣穴が見つかり、これは使えない物と判断してこの状態で止まっています(むしろなんか格好良いので工場の外壁に飾ろうかな、と)。

念の為ですがこういった物の販売、または単体での制作はしておりません。あくまでも「塗装の付帯作業」といった事に限られていますのでご了承下さいませ。

 そして実際に使える物が一番下の物で、ただこちらも実は一度で出来た訳では無く、「Alfa」と「Romeo」をそれぞれ良く出来た物から選んで使う「ニコイチ」となっています(下から二番目のがそれの余りです)。

ちなみに簡易フライスで削ったカスですが、最初は掃除機で吸っていましたが、今回はかなりの量になったので途中から回収するようにしました。これらも溶かして再利用出来ます。

 試しにヘッドカバーに置いてみました。

 大き過ぎず、良い感じのサイズになっているかと思います。

 また今回は結晶塗装では無く「艶々の塗装」の為、貼付け面の処理ではかなり気を付けた作業が必要になるかと思います。

結晶塗装ではある程度の粗は目立たなくしてくれますが、艶ありの塗装だとちょっとした隙間や接着剤の食み出しなどが目立ってしまうので、次の工程ではそこをどうするかです。峠を越したように見えても実はまだ趣味のレベルで、本番はこれからと言う感じです。

次からは本業(塗装)での作業になりますので、今後の内容についてはいつもの日記の方での紹介とさせて頂きます。少し先になるかと思いますがどうぞもう少々お待ちくださいませ!

AlfaRomeo凸文字鋳造制作 完成」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。
    おめでとうござおます🎉
    まだまだ早いのかもしれませんが、一つ目の峠を越えたということで、お祝いの言葉使わせてください。
    しかし、塑像していた数以上に挑戦されていたことに驚きです。

    次の段階が楽しみになっております。
    来年より暑さが早まっております。
    熱中症にはご自愛ください。

    • 有難いお言葉、お気遣いも恐縮です。
      今までの物に比べると線が細すぎた為か上手く行かない部分が多かったのですが、ある程度時間を掛けられたので何とかなったという感じです。もっと経験を積まないとですね。引き続き塗装の方も慎重に進めていきたいと思います。

      人間もそうですが、御車にも厳しい時期となりますので、トラブルに気を付けつつ楽しいカーライフをお過ごしいただければと思います。まあその辺はアルファに乗られている時点で重々ご承知ですか(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)