日比谷公園 山野草展2018

GW中の休みを利用し、いつもの日比谷公園 山野草展に行って来ました。

 こちらはその名の通り山野草が展示される催しでして、

 野原で見かけるような素朴な草木や、

 小さくて可憐な花などを見て楽しめます。

そしてこちらが知り合い方の作品で、

 他の草花はどれも本物ですが、この方の作品のみ素材が粘土の造り物となっています。

 塗装はエアーブラシなどでは無く筆塗りで、l・pAe

花柱の先は木工用ボンドと絵具を混ぜてチョン付けして表現されているとの事です。

余りにも本物そっくりなので、他の会員の方がうっかり水をあげてしまうとの事で注意書きを貼っているそうです。

 他にも可愛い花や、

一見するとどこにでもあるような草木が作品として仕立てられています。

 こちらはちょっと日陰になったシダ系植物の作品で、

 こちらの「アオネカズラ」は表面に細かい毛が生えていて、質感が何とも言えません。まるでアルカンターラのよう(笑)。

そう言えば園内から見えていた巨大なビルはいつの間にか完成していました。どうやらここが東京ミッドタウン日比谷だったようです。良いところなのでお茶でもして来たら~と言われましたが、いや、見えない壁が(笑)。

駅前にはゴジラ像まで立っていて、あれ?それって新宿では?と思いましたが、どうやらこちらは今年の3月に出来ていたそうです。随分スマートだと思ったらシン・ゴジラの方だったようですね。

ちなみにこの後川崎のTOHOシネマズで映画を観たのですが、実は先ほどのミッドタウン日比谷の中にも同館が出来ていたと言う(苦笑)。

小石川後楽園行き

 先週撮影の講習会で訪れた文京区ですが、その時に通り道にあったこちらの「小石川後楽園」を見つけ、気になっていたので再びやって来てしまいました。

 園内には大きな池と沢山の緑が溢れ、それでいて景色の向こうに見える東京ドームの屋根とのギャップが結構溜まりません(笑)。

また所々に見られる石垣や石橋の造りが非常に見事です。ただし殆ど(全て?)が渡れないと言う(笑)。

尚、ウィキペディアによる説明は以下の通りです。


小石川後楽園は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。


 

池にはアオサギやカモなどの野鳥が居たりして、スナイパーよろしく凄いレンズを装備したカメラマンの方々がターゲットの襲来を待ち構えていたりもしました。多分カワセミでしょうか。

 他にも池の中にはコイやカメが居たり、陸上ではトカゲがバスキングをしてビタミンD3を生成していたりしました(単に日光浴と言えという話ですが)。

 ただちょっと時期が悪かったらしく、花は余り見られなかったのが残念な所でしょうか。もう少ししたらハナショウブが全盛で見れたっぽいですかね。

 桜や梅の樹もあるので、もっと早く来ていればさらに楽しめたかも知れません。紅葉もさぞかし良いんでしょうね~。

 園内の入口付近にはお休み処なる施設があって、予約が入っていなければ庭園を見ながら軽い食事や甘味も楽しめたりします。私は抹茶白玉アイスをゴボゥっ!。

 と言う事ですが、駅までの帰り掛けに東京ドームにも寄ってみたりしました。

 東京ドームに来たのは人生で二回目で、一回目は確か中学生くらいの時に、新聞屋さんか何かから貰った野球チケットを持って友人と遊びに来た時だったと思います。トルネードで投げる野茂選手を生で見た友人がかなり興奮していたのを覚えています(笑)。

 ちなみにこの日は、ここ東京ドームシティで大規模なコスプレの催しが行われていたようで、辺りには多くのコスプレイヤーの姿が見受けられました。

そう言えば岡山の従甥が今年の春から上京しているとの事なので、もしかしてその辺に居るんじゃないかとも思いましたが、どうやらそう言う色では無かった模様です(笑)。

ゴールデンウィークは普通に仕事をする予定ですが、取りあえずは日曜日らしい休日は送れたかな~、と。

ストアカで撮影講習会

先日、東京ドームのある後楽園の方まで行って、プロのカメラマンによる撮影のレッスンを受けて来ました。

少し前にこちらの社外記に頂いたコメントで「ストリートアカデミー」なるサイトを紹介して頂きまして、早速調べてみたところ、上記の「マンツーマンでテーブルフォトの基本ライティングから一眼レフの使い方」といった講習を見つけて今回お願いした次第です。

 講習にはいつも仕事で使っているカメラと、撮影する対象の塗装済み製品を持って行き、プロの方が使う機材を使用して撮影して貰ったり、また私自身今後どういった撮り方をしたいかなどを相談する事が出来ました。

ちなみに私が希望した事は以下の通りです。念の為ですが、趣味と言う訳では無く、仕事上で行う撮影についてです。


・画像の加工はせず、JPEGで撮ったそのままの状態で使いたい

・綺麗に撮りたいのでは無く、現物そのまま(もしくはそれ以下)にしたい

・三脚は使いたくない

・撮影に時間や費用などに余りコストは掛けられない

・被写体は色々な方向から、8カット程は使いたい


といった感じで、ただそもそも工業製品の撮影はかなり難易度が高いらしく、これらをサービスの一環としてやるにはかなり無理があるとの事で・・・。まあ私も薄々気付いてはいましたが(苦笑)。

しかしと言うか、やはり実際に見るプロの方の撮り方や環境は目から鱗が落ちる事だらけで、今の時代インターネットでもある程度の情報は得られますが、教えて貰った事はそれらとはまるで違う内容ばかりでした。

 今回持って行った被写体は私が塗ったサーモスと、以前アートトイペインターのGUNさんから購入したマジョ―ラカラーのBlackrabbitです。ちなみに球体の物を本気で撮影するのは非常に大変らしいです(それこそLightroomで編集加工しろって話でした)。

講習の最後には、今後導入出来そうな比較的安い機材と、自分で持ってきたカメラ(NIKON D200と40mmのマクロレンズ)を使って実際に撮影もさせて貰いました。

条件は先ほどの紹介した通りですが、いつもとの大きな違いは「ストロボ」を使った事で、ISOは100、絞りはF16なのでこの距離でも被写界深度はある程度深く出来て、シャッタースピードは1/125ですから手ブレも起きません。ストロボっててっきり集合写真とかで使う物かと思っていましたが、まさかこんなに撮影が楽になるアイテムだったとは!と思い知らされました。

プロ用の機材を導入するのは中々ハードルが高いですが(凄く高いので・・・)、そんなにコストを掛けずとも出来そうな事、買えそうな物なども色々と教えて頂いたので、是非今後の仕事に活かしていこうと思います。

しかしまずは先立つものと撮影スペースの確保ですかね(苦)。

城南島海浜公園

 今日は非常に天気が良く暖かい日だったので、久しぶりに大井ふ頭にある城南島海浜公園に行って来ました。

 実家で飼っている犬はもう結構な歳なので、余り長い距離を歩く事が出来ませんが、車に乗るのが大好きなので定番の散歩コースとなっています。

 公園内には、以前来た時には無かった移動式?のカフェがあったり、

 比較的近い距離から飛行機が眺められると言う事で、家族連れやカメラマンの方などで賑わっていました。

城南島と言えば昔は無法地帯みたいな場所だったのですが、公園と駐車場が整備されたお陰で今ではちょっとした憩いの場所になっています。

園内にはMBXやスケートボード用のパークもあるるようで、機会があれば是非今度はそっちも見に行ってみたいと思います。