フェラーリリモコンキー ステンレスリング作成

フェラーリ458リモコンキー塗装 完成

先日完成しておりましたフェラーリ458のリモコンキーですが、その後オーナー様から「やっぱり傷防止リングも」といったオーダーを頂きましたので、そちらの制作をする事にしました。

ちなみに通常は塗装前に作製しなければ対応が出来ないのですが(仮合わせ等で本体に傷が付いてしまう為)、今回は丁度別件でフェラーリ430のリモコンキーの塗装&リング制作を承っていましたので、そちらと一緒に行う事で対応出来ました。奇跡的です(笑)。

 使うのはいつものフレアー加工用の工具で、

 この円錐状の先端をステンレスパイプに押し込む事で、パイプの縁を広げてキーリング取り付け部の穴の形に合わせた物を作製するという方法です。

 ステンレスパイプを固定し、

 先程の円錐形の工具を当てて押し込みます。

ただしこの時、力いっぱい押し込むとフレーが広がり過ぎて穴の形に合わなくなってしまうので、この辺はある程度「勘」を頼りに力加減を行います。

 するとこんな感じでパイプの先端がフレアー状に広がります。

 ただネックなのはそのままではリモコンキーカバーの穴に形を合わせられない事で、フレアー形状がどれくらいになっているのかはカットしてからでしか判りません。ここまでがどうしても「勘」に頼らないといけない所なのです。

 と言う訳でフレアー加工をした部分をバンドソーでカットし、穴を開けた板に嵌めてカット面をヤスリ掛けします。

 内側のバリも削ります。

 と言う訳で、勘を頼りに8個作成しました。

 その中から形の合うものを選び、採用していきます。所謂ワンオブサウザンド方式ですね(さすがに4000個も作れませんが・・・)。

 こちらにも合うものを選び出し、

 透明なエポキシ接着剤を使って、

 取り付けます。

 接着剤が硬化したら、

 取り付けて完成です!

傷防止用のステンレスリングはそれ単体だとちょっと野暮ったい所もあるのですが、実際にキーリングを取り付ければ殆ど目立たない(気にならない)筈なので問題は無いかと思います。まあ今回の塗装は塗色にシルバーが使われているので殆ど気にならないと言うか、むしろ自然な感じなんですけどね。

一応週末の間は寝かしておき、週明けに完成出来る予定です。

フェラーリ430リモコンキーの作業はもう少ししたら着手出来るかと思います。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

MIDIキーボード 分解

 塗装のサンプル用として、ネットオークションで中古のMIDIキーボードを落札してみました。

「電子ピアノを塗装したい」と言ったお問合せは何度かあるのですが、分解しないと塗装には対応が出来なく、また費用もそれなりになるので中々実現しなかったんですよね。

 と言う訳で分解です。爪では無くネジで、殆ど見える部分にあるので公衆電話に比べれば全然簡単です(比べる物でも無いですが)。

 スイッチパネルのコネクターを抜き、カバーを外しました。

 鍵盤の稼働構造はまさかの引っ張りコイルバネとか(笑)。

 今回白い鍵盤は塗らないのですが(さすがに仕事じゃ無いと厳しいので)、ただ黒い鍵盤を外すにはまず白い方を外す必要がある為、後で判るように印をつけておきます。

 黒い方は塗装するので、塗っても区別が付くよう見えない箇所に印を彫っておきます。

 鍵盤を全て外しました。

 鍵盤の裏にはプラスチックグリースが塗られているので、ホコリが付かないよう箱に入れて保管しておきます。機会があればこの白い鍵盤も塗ってみたいですね。

 ボタンやジョイスティックなども塗らないので、

 こちらも取り外して保管しておきます。

今回塗装するのは表面のカバーと黒い鍵盤となります。

実は当初、これらをピンクに塗ろうと思っていたのですが、届いたこの製品が予想以上に綺麗だった為、折角なので素地(印字)を活かした塗装にしようと思った次第です。

下地を透かした塗装と言うと・・・

パール顔料の一種でもある、クロマフレア系の塗装を施そうと思います。

これなら下地の黒によりマジョ―ラ感が強く出てくれますし、また印字のシルバーも見難くはなりますがそのまま残せるのでは、と思っています。ただしその反面、足付け処理が出来ないので(印字が削れてしまいます)、仕事としてはお受付が出来ない内容になるかもですけどね。

尚、取り敢えず下地としてのクリアー塗装は既に終わっていて(カーボンミラーカバーと一緒に塗らせて頂いておりました)、後日また進行状況を紹介したいと思います。

デジタルカウンター分解

 こちらも塗装の仕事でご依頼頂いているデジタルカウンターの分解作業です。早速分解してみました。

 塗装するのは外側のカバーパネルだけで、基本的に仕事で専門外の事はしないようにしているのですが、さすがに分解しないで塗装するのは難しい物、また素人の私でも分解が出来そうな物に関してはサービスで対応する事があります。自動車部品は元々仕事でやっていたのでそちらは有料で対応する事もあります。

今回の製品はネジが多用されていて、一旦組まれた物を分解しようとすると必ず割れるアウディリモコンキーの爪のような物は無かったので簡単に分解出来ました。

フォレスターステアリングスイッチ 分解

 塗装の仕事でご依頼を頂いているスバルフォレスターのステアリングスイッチASSYです。塗装するのはスイッチだけで、分解作業は仕事外となるのでこちらの社外記での紹介としています(時々誤解される方がいらっしゃるので)。

 スイッチ自体は近年よくあるカバータイプで、左右の爪を起こしてあげれば簡単に取れます。

 素材自体は白いプラスチックで出来ていて、そこに「S#/I」の文字が抜きになっていて艶消し黒に塗装されています。

 スイッチカバーが着いていた穴の中には光源らしい物は見えないのですが、多分あそこが光る事で先ほどのカバーの文字が灯火するようになっているのだと思います。

作業工程としては一旦表面を削って既存の黒い塗膜を除去し、「△」のハザードマークのマスキングシートを貼り付けて黒のベースコートを塗装、マスキングを剥がした後に艶消しクリアーを塗って完成!と言う算段ですが、黒が薄くなってしまうと光が透過して格好悪い事になりますので、その辺も注意して挑みたいと思います。

ただまずは黒を削ってちゃんと白がムラなく光るかのテストで、もしかしたら黒の塗装だけでは無く、樹脂の成型字体で文字が抜きになっているという事も考えられますので、その辺りもしっかり確認しておこうと思います。