色見本マイク グラデーション塗装

先日行ったご依頼品のマイクと一緒にこちらの色見本用マイクも塗らせて貰いました。画像は既にベース色の白(VWキャンディホワイト)が塗られた状態です。

 当初はこれにクロマフレア風の塗料を重ねようと思っていたのですが、余り変わり映えがしないかも・・・と言う事で、少し変わった塗装を行う事にしました。そう、グラデーション塗装です。

 白の上にキャンディーカラーのマゼンタとブルーを重ねていきます。

 補修塗装(板金塗装)をやっている塗装屋さんからすると、このグラデーション塗装を毛嫌いしている方は多いと思います(私も、です・・・)。

 と言うのも、そもそも「塗ったことが判らないようにする」と言う補修塗装では、こんな風に色の粒子が目で見えるような仕上がりはあり得ないのです。白の上に白を重ねるだけでもその粒子一粒一粒が気になるような世界ですから、こういうのはやっていて吐き気が・・・(淡いソリッドカラーは粒子一粒でもフリップフロップが判るので、それに気づくと凄く気になるのでして・・・)。

と言う事ですが、もう車を塗っていない私としてはそんな事も言っていられず、新たな塗装も色々とやっていかないといけない訳でして、まあでもかなり楽しんでいたりもするのですが(笑)。

 デカールは二色×2種類で、こちらは「特色ホワイト」の上に「OKIブルー」と「マゼンタ」を重ねた物です。

 こちらはシルバーの上に同じく「OKIブルー」と「マゼンタ」を重ねた物です。象のロケットさんのデカールにALPSのドライプリンターで印刷した物を貼っています。

 そしてクリアーを塗って本塗り完了です。

 色々と許せない所がありますが、まあこれは一つのジャンルと言う事でアリにしようかと思っています。

 どうしても粒子は見えてしまうのですが、これでも樹脂中の含有量をかなり薄くして丁寧にボカシをしていたりします。下地が白では無くシルバーか、もしくは少し色を入れておくともう少し粒子感が判らなかったかもですね。

 グリルボールの方はリング部のみ、しっかり色を着けてしまったせいかキャンディーカラーらしい透明感が無くなってしまいました。こちらもグラデーションさせた方が良かったかも知れません。

青の方は透明感のあるキャンディーカラーっぽい明るい色味になりました。

今度はメタリックで、さらに慣れてきたら多色を組み合わせて試してみたいと思います。

PCキーボード塗装 完成

 先日本塗りを行っていたHappy Hackingのキーボードです。ちょっと時間が出来たので組み付けを行いました。

 パッと見は普通のピンクですが、蛍光顔料を使って発色の良い淡い色味を出しています。簡単そうに見えますが、普通の顔料(自動車補修用塗料)ではこういうピンクは出せません(ただしこれらの画像ではそれを上手く表現出来ていないのですが・・・)。

 キーボードの配列が少し特殊なので、最初の画像を見ながら元に戻していきます。

 と言う訳で完成です!

最初の画像も紹介しますね。

元々は真っ白なキーボードで、FILCOのキーボードを買ったらおまけでついて来たような物だったので、どうせならと言う事で蛍光色用のサンプルにと塗装をしてみました。

 カバーだけの塗装なので簡単かと思いきや、最初に塗ったベースコートで素材が溶ける(!)と言う事態に陥り、取り敢えずクリアーを塗るだけ塗ってガッチリ固めてから塗り直していたりします。素材はABSだったと思いますが、PS(ポリスチレン)並みにヤバい素材でした・・・(と言ってもPC関連の樹脂では良くあります)。

 クリアーは塗っていますが、クドくならないよう艶消し仕上げにしています。ツルンとした艶消しは上品で高級感がありますよね。

いずれは工場の二階にある一室を受付窓口にするつもりで、そこにこういったサンプル品や色見本を並べ、ご希望される方には直接色を見れるようにしようと思っています。

 試しにストロボを設置した撮影デスクでも撮影してみました。

ストロボを使っても光をしっかり吸収してくれるハイミロンを背景にする事でピンクが良く映えます。

仕舞っておいても何なので、壁に引っ掛けて飾っておこうと思います。自然光が射し込む入口付近が良いですかね。

色見本マイク 白系パール塗装

 先日サフェを塗っておいた色見本用のレジン製マイクです。

 マイクの塗装ではホワイト系の御依頼が多いので、今回は白から派生した感じのサンプルを塗装する事にしました。使うのは一般的なブルーパールとバイオレットパールです。

パールはそれ自体では色を隠蔽させない為、下地の白を活かしつつ、光が当たった時だけ色を変化させる感じですかね。基本はあくまでも「ホワイト」です。

 また今回は新たなデカールも作成しました。それぞれシルバーの上にマゼンタと特色ブルーを重ね、キャンディーカラーの様にしています。

デカールの作り方については以下の記事が判り易いかと思います。当初は私も悩んで色々なサイトを見て学びましたので、ご参考になればと思います。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

ちなみに現在はデカールシートを像のロケットさんの製品に替えています。

 ベースコートを塗り、デカールを貼り付けます。こちらの塗装は白の上にブルーパールを重ねた仕様です。

 また今回はサンプル用なので、裏側にはゴールドのデカールを貼ってみました。

 そしてこちらはバイオレットパールを塗装した方で、デカールには同じ系統でマゼンタに印刷した物を採用しています。

昔、オールペン全盛期にこういう色のシーマとかセルシオがよく走っていましたが、最近めっきり見かけなくなりましたよね。トランクに立てていた自動車電話のアンテナ、凄く懐かしいです(笑)。

 ゼンハイザーのマイクでは白ベースに「SENNHEISER」のロゴをシルバーで入れる仕様が人気なので、こちらもSHUREで試してみました。

と言う訳でクリアーを塗って本塗り完了です。当店としては稀に見る爽やかな配色に(笑)。

 SHUREのロゴは下地にシルバーを印刷する事で、キャンディー塗装と同様透かした時に色の深味が出ます。少し前にご依頼を頂いた高級なイヤホン(日記では紹介していません)のロゴにこれを採用していて、オーナー様にも気に入って頂けたのでいつか見本を作ろうと思っていたんですよね。

 こちらも単にシルバーの上にマゼンタを重ねただけですが、非常に発色の良い格好良いロゴが出来ました。何故もっと早く気がつかなかったのでしょう(苦)。

それぞれの塗色は普通の3コートパールと変わり無く出来るので、これなら費用も据え置きで大丈夫そうです。

後日完成したら撮影してマイク塗装のウェブサイトにて紹介しようと思います。

自ら育てて店頭に並べて販売までを行う、まるで道の駅のよう(笑)。

サーモス塗装ワークショップ(模擬)参加受付

こちらで何回か紹介しております「サーモスを塗装するワークショップ」ですが、次回一名(もしくは2名ペア)のみ御参加を募集致します。

募集終了しました!一応キャンセル待ちはお受付しますので、それでも構わないようでしたらご連絡下さいませ。

開催予定日は以下の通りとなります。



2018年7月15日(日曜日)14時~18時くらい


尚、その翌日7月16日(月)は「海の日」で祭日となります。

 

一応まだ私の練習を兼ねての「模擬」と言う事もありますので、今回の参加費は無料となります。実費(サーモス本体代¥2,000くらい)のみご負担ください。

尚、既に参加を予定されている方は、以前こちらでも紹介したGUNさんと、私の従兄弟の2名となります。どちらも気さくで和やかな性格の方々なので、気を遣わずに楽しい時間を過ごせるかと思います(と言うか塗装作業でそれどころでは無いかも知れませんが。笑)。

参加条件と言う訳では無いのですが、作業中の姿や塗装した作品を撮影をさせて頂き、当ウェブサイトで紹介をさせて下さい。勿論個人を特定出来るような事は掲載しません(お顔や年齢がハッキリと判るような撮影はしません)。

先客順御一人様(または2名ペア)のみのお受付で、御希望の方はメールフォームまたは以下のアドレス宛にご連絡下さい。


info@pro-fit.ne.jp


 

一応以前行ったワークショップ(模擬)の記事を紹介させて頂きますね。

サーモス塗装(模擬)ワークショップ①

↑こちらはアートトイペインターのGUNさんと、主にG-SHOCKを専門に塗装している経験者の方々で、普段エアーブラシを使っての塗装はしていますが、こういったスプレーガンを使っての塗装は初めてとの事で非常に楽しんでいらっしゃいました。

 

サーモス(模擬)ワークショップⅡ①

↑こちらは塗装自体が初めての、私の従兄弟が参加したワークショップで、こちらもかなり楽しかったらしく、その後の強引な誘いに私の方が疲弊してしまい今回の運びとなりました(笑)。

 

どの道開催はする予定なので、都合が悪くなった等でキャンセルでも構いません。取り敢えず的にでもお気軽にご連絡を頂ければと思います。キャンセル待ちも受け付けます。

尚、大丈夫だとは思いますが、私の体調が著しく悪い場合や、何かしらの理由でどうしても、やむを得ず開催できなくなってしまった時には中止とさせて頂きます。恐らくそんな事は無いと思いますが、万が一そのような場合にはどうかご容赦下さいませ。