カメラ イメージセンサーの掃除

 少し前ですが、カメラのイメージセンサーがかなりヤバい事になっていたので、画像の無水エタノールを購入して自分で清掃をしてみました。

こちらも少し前の画像ですが、判り易いよう画像に写っているゴミに印を付けてみました。これらがイメージセンサーに付いているゴミです。

デジカメを手で持って撮影する時の絞りはF5.0~6.0くらいで、この絞りならこういったゴミは映らないのですが、ストロボを使った時のF16までの絞りとなると、上の画像のようにかなり酷い状態になっていました。被写界深度が深くなってピントの合う範囲が広くなった半面、こういったデメリットが生じていたのです。

尚、オリジナルの画像は以下の記事で紹介していて、同じ様にストロボを使って撮影した他の画像も酷い事になっています。

ストロボ2台目投入

 ちなみに普通(?)のデジカメには、振動でゴミを落とす「イメージセンサークリーニング機能」なんて物があるようですが、私が使っているNIKON D200にはそんな物はありません。勿論現場で使っているD40の方も・・・(苦)。

と言う訳で、NIKONのサービスセンターに持って行って掃除をして貰おう!なんて事も一度は思ったりしたのですが、そこに行くまでの時間があったら自分でやった方が早いと思い、今回もこういう事態になっています。まあいつものパターンですね。

イメージセンサーを清掃する際には「シルボン紙」なる物を使うのが一般的のようですが、多分いつも脱脂に使っているキムテックスでも大丈夫だろうと思い、それをハサミで小さく切って使う事にしました。キムテックスはキムワイプの高級版みたいな感じで、紙では無くPP(ポリプロピレン)で出来た不織布です。

 他の方のサイトを見てみると大体こんな感じで棒の先にウェスを巻いているようなのでそれに倣ってみました(間違っているかも知れません)。

あとトリモチみたいに先がベトベトした「ペンタ棒」みたいな物の代わりに、マスキングテープの糊面を外側に巻いています。一応これも使えました。

気を付ける点としては、要は硬い物(今回の場合だと割り箸)がセンサーに当たらなければ良いだけの事だと思うので、少量の無水アルコールを着けたウェスでセンサー面を拭き取り、それを乾拭きしてあげるだけで完了です。簡単過ぎて何だか拍子抜けしてしまいましたが、もしかして他に何か重要な事とかあるんでしょうか・・・。

その後は特に(と言うか全く)問題無く、F16の絞りで撮影していても目立つホコリは映らなくなりました。

塗装屋さんなら判ると思いますが、クリアーに付着したゴミをスピナールで取るあの作業(死!)に比べればイメージセンサーの掃除は公園の散歩と同じくらい簡単で、わざわざ人に頼むような事でもないと思います。

あ、「公園の散歩」は映画「TOP GUN」の「Easy,Cougar.It’s a walk in the park.Stay with me」からの引用で、当時この映画を観て筋トレに励み、「いつかはNINJAを」とか思っていたのは私だけでは無いかと(笑)。

アイスマンの「YOU!」、からの甲板に掛けてのシーンは今見てもかなりヤバいです。

そう言えば最近知ったのですが、トップガン2やるらしいですね!今から凄く楽しみです。

Newウレタンレジン

今まではウェーブ社製のレジンキャスト180秒硬化タイプ(2キロセット)を使っていたのですが、無くなる度にいちいち注文するのが面倒で、一斗缶サイズとか無いのかな~?と思っていたところ、

一斗缶サイズでは無いのですが、ちょっと今までの物とは違う物を見つけたので早速試しに買ってみました。4セットまとめて買ったのは1万円以上になると送料が無料になるからで、いつもの事ですがまんまと罠に嵌っている訳です。

購入したのは里見デザインさんなるメーカーの物で、以前もGMCのホイールキャップを制作する時にシリコーン樹脂などを買わせて頂いたところです。いつも楽天かヤフーショッピングで買っているので気が付きませんでしたが、オフィシャルサイトではエヴァンゲリオンや大人のガレージキット(笑)なども販売していてビックリしました・・・。

里見デザイン

 色は何色でも良かったので、一番安かった白にしました。

ちなみにウェーブレジンキャストのアイボリーでは硬化剤が黄色だったのでそれぞれ区別がついたのですが、今回は主剤も硬化剤もほぼ同じ透明なので、カップや蓋を間違えないよう印を付けておく必要があるようです。特にキャップを間違えると次に開けた時にビックリするのではと・・・(恐)。

 今回の製品を購入するまでは、「もしかしてウェーブの方はこれのOEMでは?」と思ったりもしたのですが、どうやらウェーブの180秒硬化よりもこちらの方が可使時間が長いようで、私的には扱い易いです。購入ページの評価にもあったように、これなら既存の物(私はウェーブ)よりも巣穴が出来にくいかも知れません。

 完全硬化までの時間は今までのウェーブ社製と同じくらいで、仕上がりは正直まだどうなのか判りません。普通のパテで出来る巣穴と違い、注型した物の巣穴は肉眼では見つけ難いんですよね。

ちなみに今までは「見本ならある程度の巣穴は仕方ないか」と思っていたのですが、やはりと言うか塗装時にそれが現れるとどうしても気になってしまうので、今回からはちゃんとサフェを塗って挑もうと思っています。悪い癖と言うか、この先本当に大丈夫なのかと・・・(苦)。

取り敢えず注文したグリルボール(マイクの先の丸い物)と同じく10個作っておきました。既に「塗りたい物リスト」は埋まりつつあって(笑)、今から楽しみです。

 ちなみにこちらは先日紹介した画像ですが、この内の半分(4本)は本物のマイクでは無く、今回同様にレジンで作成した色見本用のマイクです。マイクケーブルを挿し込む穴の無い物がそうですね。

既にそれら見本品の撮影も行っていて、先日から作成しているストロボを使った自家撮影スタジオも大分安定して来ました。

後日実際に「撮りたい物を置いてシャッターを押しただけ」で撮影した画像も紹介したいと思います(まあ基本的にはいつもそうなのですが、今回はさらに誰でも簡単にそれっぽい画が撮れるようにといった感じです)。

撮影デスク改⑤ トップライト完成

撮影デスク改④ トップライト作成

前回設置したトップライト用のストロボですが、三脚がとても邪魔だった為、脚を取っ払って撮影デスク自体に固定出来るようにしました。

 使ったのは工場のご近所にいらっしゃるお客様から頂いた建築資材で、配管を固定する為の立バンドです。しかも高級なオールステンレス製!(私は安い亜鉛メッキしか買った事がありません・・・)。

 撮影デスクのフレームとなるアングルに、適当なサイズの立バンドを固定します。

デスクに固定したアングルは穴が沢山開いていて、後から簡単に拡張出来るのが良いところです。

固定した立バンドにストロボを固定したシャフトを挿し込みます。ストロボの反対に吊るしてあるのはバランスを取る為の重りで、以前買ったは良いけど使い道の無い鉛の塊を入れています。

こんな感じでデスクのフレームと一体化し、三脚が必要無くなりました。

しかもこれならアクリル板から十分距離を開けられ、散光等の調整範囲も大きく出来そうです。

 実際に撮影もしてみました。使ったのは先日塗装したクロマフレア風パウダー顔料No.2の色見本用マイクです。

撮影環境は前回と同じく、カメラはNIKONのD200、レンズはNIKONのマクロレンズ40mm、ISO100、シャッタースピードは1/125、F16です。もうちょっと横からのライト(メインライト)を強くしても良かったですかね。

尚、前回は撮影時にカメラに着いたゴミがかなり写っていましたが、その後無水エタノールを入手して自分でイメージセンサーを掃除しました。考えていた程臆するような作業は無く、もっと早くにやっていれば良かったです。今度そちらも紹介しますね。

ストロボの位置や出力、バランスなどの調整はまだこれからなので、今後はもっと簡単に安定した撮影が出来るような環境を作っていこうと思います。

尚、設置したストロボの発光はリモコン一つで動くので、どんなカメラでもフラッシュ取り付け部にそれを着ければ直ぐに撮影が出来ます。今気づきましたが、元々フラッシュ機能の付いていないSIGMAのDP2Mでも可能と言う(そもそもそう言う使い方では無いカメラな気もしますが。笑)。

撮影デスク改④ トップライト作成

撮影用デスク作成③

今までの撮影用デスクでは、上からの照明=トップライトに蛍光灯を使っていたのですが、先日購入した二個目のストロボをこれに入れ替えました。尚、最初に購入したストロボは横から当てる為のメインライト用となります。

 アクリル板は最初に1820×910のサイズを買っていて、今回の撮影デスク改ではこれを大体3分割にして使っています。今回トップライトとして使うのは最後の残りの620×910で、そのままだとペラペラなのでアルミのアングル材で枠を作製しました。

 アングル材は15×15の物で、元々工場にあった残物と、何かの作業で使った廃材を使って作成します。ゴミが減る減る(笑)。

 それぞれの固定は、アングル材の端に穴を開けてリベットを打ち込みます。

リベットは出っ張りが少なく、ボルトナットよりも手早く出来るのがメリットですが、失敗した時はこれを回収するのがちょっと面倒ですかね(ドリルで揉みますが、回ってしまった場合はベルトサンダーで頭を削る必要があります)。

こんな感じで枠にアクリル板が収まります。両面テープなどで固定はせず、乗せたそのままでOKとしました。

  元々あった蛍光灯ユニットを取り外し、先ほど作成したアクリル板を吊るします。

今までの蛍光灯よりもとても軽く、それでいて面積は倍くらいになっています。

ただ如何せんストロボとアクリル板との距離が近すぎた為か上手く撮影が出来ません。しかも高さに対して三脚が小さすぎる為かとても不安定です。と言うかそもそもこんなところに年中三脚があったら邪魔で仕方ない気が・・・。

先日プロの方の撮影スタジオを見た時に、天井から照明を吊るす為のレールやパンタグラフがあったのを確認済みで、うちにもそう言うのをと考えたのですが、ストロボ自体そんなに大きな物でも無いので、取り敢えず手元にある物で簡単に改造してみる事にしました。

既に対策済みで、良い具合に撮影も出来ていますので続きは次回紹介します。