ユザワヤ行き

 先週塗装で使う小物をユザワヤ(蒲田店)に買いに行ったのですが、うっかり買い忘れていた物があった為、運動がてら多摩川河川敷沿いを歩いて買いに行く事にしました。まあスタンドが無い自転車で行っても停めるを探す方が面倒ですしね。

 以前の移動手段は「車→バイク→自転車→電車→徒歩」といった優先順位でしたが、今は「徒歩→自転車→電車→バイク→車」と、ほぼ真逆となっています。電車はPASMO(電子マネー)が使えるようになった事が大きいですね。切符買うのに並んだり、乗り換えの煩わしさが全く無くなりました。

肝心のユザワヤで買った物に関してはまだ撮影もしていないので、今度実際に使った時に改めて紹介しようと思います。それにしてもユザワヤ、相変わらず楽し過ぎますね~。

ブログサイト新規立ち上げ

factory (1 - 1) 今日は靴のデザイナーをしている従弟が工場にやって来ました。散々毒気を吐き出し、お陰で工場の中は不穏な空気で一杯です。

と言うのは冗談でして(いや概ねその通りなのですが。笑)、今回は新たにブログサイトを立ち上げたいと言う相談だったので、今日はその場でレンタルサーバーに仮契約し、WordPressをインストールして早速立ち上げて貰いました。一年くらい前に紹介した記事の続きみたいな感じです。

二年前に彼が始めたフェイスブックは当初した約束通り毎日欠かさず発信していたみたいで(私が約束をした記憶は全く無いのですが…)、今後はフェイスブックでは出来なかった事をブログ上で色々やってくれそうで今から楽しみです。まともになったら是非こちらでも紹介させて頂きますね。フフフフフ。

kamata (1 - 1)-3もう一枚くらい画像があればな~と思っていたら、帰り道の教会の掲示板には丁度今日の事に合っていそうな文言が(笑)。

老兵はただ消え去るのみですが、彼にはもっと飛躍して頂きたいです。ゴッホゴッホ(私は踏み台にされる感じで。笑)。

水中花 Part2

car226 前回に引き続き、色見本ミニカー用のシリコーン型を使って水中花っぽい物を作ってみたのですが、うーん、仕上がりとしては今回は失敗っぽいです。

car227 ちなみにメインはドライフラワーを入れた物で、青とオレンジのガラス片を入れたの物は樹脂が余っていたので急遽おまけ的に作成した物です。

car228今回試したかったのはドライフラワーの位置を固定する方法で、透明エポキシ樹脂(クリスタルレジンNEO)を二回に分けて入れる方法は上手く行ったのですが、真空脱泡に失敗して気泡の混入が激しいです。

car229 またドライフラワーの色味に関しても、自然な状態のままだと微妙にパンチが足りません。ただこちらは既に染色用のダイロンを用意しているので、次回はそれのテストですね。

car230 それでも樹脂の中いっぱいに花を詰めて、しかもちゃんと上を向けられたのは良かったです。

本当、これで気泡さえなければ・・・。

car231 こちらに使ったドライフラワーは元々染色されている物で、やはりこれくらい色鮮やかな方が華やかで良いですね。染色用のダイロンは赤と青と黄色を買ったので、混ぜて色々試してみようと思います(どうもオレンジっていうのが無いみたいで)。

car232また今回ガラス片について気付いたのですが、そもそもこちらは色ガラスを使う必要は無く、透明レジンに塗料を入れて固めた物を刻んで使えば簡単に大量に造れそうです。ただ屈折率とかで綺麗に見えないかも知れませんけどね。この辺も試してみたいです。

car233今回花を入れた物は透明レジンを二回に分けて固めていますが、出来上がった物を良く見てもその層(つなぎ目)は全く見えず、この点は綺麗に出来たと思います。

次回こそはしっかり真空状態で花の奥までギュぅっと樹脂を行き渡らせ、透明感ほとばしる仕上がりにしてみたいと思います。

スマートキー ロゴ入れ塗装 テスト

key131 先日作成しておいたトヨタランクル用スマートキー用のマスキングシートです。ようやく色が決まりましたので早速テスト塗装を行いました。

key132 今回は元々サイズの小さいスマートキーカバーに「LAND CLUISER」のロゴを塗装で入れようという事ですから、一文字辺りのサイズは普通ではあり得ない程のサイズになっています。

通常であればデカールで行うのですが(そもそもそのつもりでした・・・)、カバーの窪みに埋め込むトヨタの極小エンブレムと色を合わせようと言う事でこちらも塗装になっています。

key133 マスキングシートの使わない部分を、ちょっと試しに1円玉に貼ってみました。尋常では無いサイズなのが判ると思います。

key134 テスト用の被塗物としては、いつもの注型ミニカーを使います。

ベースカラーのホワイトパールは、スマートキーカバー本体に塗った色と同じ「トヨタホワイトパールクリスタルシャイン」(カラーコード:070)で、少し前にこちらで紹介した痛車風のキーホルダーの時に一緒に塗っておいた物です。あの色はこの色だったんですよ。

key135 ロゴの色は3コートSPFシルバーで、まず下色に黒を塗り、その上に樹脂で15倍に薄めたSTANDOX SPFシルバー原色を塗っています。

key136 ロゴが余りにも小さいので実際はどれぐらいシルバーを塗っているのかよく判りませんから、目安としてこちらの色見本にも同じ様に塗る事にしました。

key137 ロゴの方のマスキングを剥がしました。

key141 さらにクリアーも塗っています。丁度お急ぎ(納期指定)でマイク塗装のご依頼があったので、タイミングよくこちらも一緒に塗る事が出来ました。

マイクの塗装はライブの関係上納期を急がれる方が多く、ただお金が勿体ないので(納期指定のオプションは5割程上がってしまいます)、出来るだけ早めにお問合せを頂ければと思います。尚年内完成は既にお受付を終了しております。

key142こちらも同じくクリアーを塗りました。

ただやはりと言うかあのサイズのロゴへの塗装だとどうしても塗装(塗膜)は控えめになってしまうので、同じ15倍希釈のシルバーでも明るさが弱いように感じます。

こちらはまた後日改めて検証してみたいと思います。

key138 それよりもどうしても諦めきれていないのがこちらのレーザー加工機によるマスキングテープのレーザーカットで、物理的に刃が回ってカットするカッティングプロッターの仕上がりではどうしても気に入らない部分があって、それに比べるとこちらのレーザーカットした物ではとても満足のいく仕上りなのです。

もはやマスキングで出来る域を超えているのは重々理解はしているのですが、どうせならさらに高みを目指したいので、もう少しこちらを詰めてみようかと考えております。

key140カッティングプロッターを使っている方ならこれがどういう仕上がりなのか良くご理解を頂けているかと思います。カッティングプロッター速度を一番遅くしても角では刃の回転が追い付きませんが、レーザーだと並行と垂直がキッチリ出ています。

key139 ただレーザーでもここまでのサイズとなると使い方はかなりデリケートで、カットするその時の気温(雰囲気温度)にまでも左右されてしまう程なのでこれも中々思うようにはいきません。少し前に試した時は上手くいっていたのですが、今回は殆どが失敗していたんですよね。

と言う事でもう少しこの辺を煮詰めてみて今一度テスト塗装を試みてみようと思います。

長らくお待たせしておりますがどうぞもう少々お待ち頂ければ・・・と思う次第です。