PCキーボード塗装 完成

 先日本塗りを行っていたHappy Hackingのキーボードです。ちょっと時間が出来たので組み付けを行いました。

 パッと見は普通のピンクですが、蛍光顔料を使って発色の良い淡い色味を出しています。簡単そうに見えますが、普通の顔料(自動車補修用塗料)ではこういうピンクは出せません(ただしこれらの画像ではそれを上手く表現出来ていないのですが・・・)。

 キーボードの配列が少し特殊なので、最初の画像を見ながら元に戻していきます。

 と言う訳で完成です!

最初の画像も紹介しますね。

元々は真っ白なキーボードで、FILCOのキーボードを買ったらおまけでついて来たような物だったので、どうせならと言う事で蛍光色用のサンプルにと塗装をしてみました。

 カバーだけの塗装なので簡単かと思いきや、最初に塗ったベースコートで素材が溶ける(!)と言う事態に陥り、取り敢えずクリアーを塗るだけ塗ってガッチリ固めてから塗り直していたりします。素材はABSだったと思いますが、PS(ポリスチレン)並みにヤバい素材でした・・・(と言ってもPC関連の樹脂では良くあります)。

 クリアーは塗っていますが、クドくならないよう艶消し仕上げにしています。ツルンとした艶消しは上品で高級感がありますよね。

いずれは工場の二階にある一室を受付窓口にするつもりで、そこにこういったサンプル品や色見本を並べ、ご希望される方には直接色を見れるようにしようと思っています。

 試しにストロボを設置した撮影デスクでも撮影してみました。

ストロボを使っても光をしっかり吸収してくれるハイミロンを背景にする事でピンクが良く映えます。

仕舞っておいても何なので、壁に引っ掛けて飾っておこうと思います。自然光が射し込む入口付近が良いですかね。

マイク塗装 デザイン案

以前サンプルとして作成したラップ塗装の色見本マイクですが、問い合わせは多い反面、コストの高い塗装なので中々ご依頼に至るケースが少ないのが現状です(しかしようやく一本入りました!)。

 と言う事で、もう少し簡単に出来る柄物の塗装を考えていました。オーダーメイドとなるとどうしても費用は高くなりますが、予めデザインが決まっていれば事前の打ち合わせの必要がないのでその分コストが落とせる、と言う算段です。

 パターン柄が出来ていれば、色を変えるだけでも大分違う雰囲気に。

と言う事なのですが、もう少し工夫を凝らしたいと思い、タブレットなる物を買ってみました。

デザインの仕事をしている従兄弟からは、「液晶タブレットが良いよ。安いのなら10万円くらいから買えるよ」とかサラッと言われましたが、いやいやいや、使えるかどうかも判らない物にそんなには出せませんって・・・(それよりも今は旋盤が欲しいです)。

ちなみに本当はWACOMのを買おうかと思っていたのですが、それよりもこちらの方が安くて大きくて使い易いと評判で、実際マウスと変わらないくらいの金額なので、これなら使い切れなくても後悔はしなくて済みそうです。

(その後試しに使ってみましたが、やはりイマイチ良く判らないので結局手描きでイラストを描いていると言う。笑)。

サンプル用PCキーボードカバー 本塗り

 先日より分解~作業を行っていた塗装サンプル用ARCHISSのキーボードです。

元々は黒いキーボードでしたが、CHERRY社製のMX軸スイッチに合うピンク色のキートップを見つけたのでそれに換装しました。

今回塗るのはこちらの外枠で、

 また、先程とは別のHappy Hackingのキーボードも一緒に塗ります。

 今回はサンプル用としてなので、普通ではあり得ないような派手さ具合にしてみたく、少し前に入手した蛍光顔料を使ってみる事にしました。

 艶有りにするとさすがにクド過ぎると思い、今回は艶消し仕上げにしています。

またもう一方のHHKBはかなり淡い蛍光ピンクにしました。

 こちらはキートップは白のままで使うので、クドさは抑えて爽やかな感じに仕上がると思います。

 スペースキーについてはピンク色のキートップでは合うものが無かった為、元々着いていた黒い物を塗装して再利用する事にします。

尚、PCに使われている樹脂は皮脂で溶ける程弱い為、大抵は使っている内にこういう風に部分的に艶が出てしまいますが、これは塗装を行えば防げます(しかしコストを考えると新品のキーボードを何個も買った方が安いです)。

本塗りは先日仕事で行ったデジタルカウンターと一緒に行い、その後熱も一緒に入れてあります。組み付けはまだ先になると思いますが、出来上がり次第撮影も行いたいと思います。

あとは蛍光色を上手く表現出来るような撮影を出来るかどうか、ですかね~。

塗装サンプル用キーボード 分解

 似たようなキーボードですが、それぞれ違うメーカーの物です。

画像の上にあるのが新たに購入したFILCOのキーボードで、手前にあるのが今まで使っていたARCHISSのキーボードです。使い過ぎてキートップは壊れるは艶は出るはで、そろそろ引退させてあげようかと思いました。

高さは若干FILCOの方が高いくらいですが、全体のサイズはほぼ同じで、メカニカルスイッチも同じCherry赤軸なので使い勝手は全くと言って良い程変わりありません。

自宅でも同じARCHISSのキーボードを使っていますが、一度このタイプのキーボードに慣れてしまうともう他のは使えません。これのお陰でどれだけ仕事が楽になっている事かと・・・(いやしかし打つのが仕事って訳でもないのですが)。

と言う訳で、今までお世話になってきたARTCHISSのキーボードに、先日購入したピンク色のキートップを組み込みこんで今回殿堂入り(?)して貰おうという作戦です。

試しに無くなった部分にピンクのキートップを挿し込んでみると、良い具合に装着出来ました。ちなみにGとWは良く使うキーなので、実用している時は他の使わないキー(QとかXとか)を外して移植していました。塗装の仕事だと細かいように思われますが、余りそう言う所は気にしない性格です。

 ちなみにこのキートップ、オモチャみたいな物ですが、文字部分はちゃんと透過するようになっていて、バックライト付きのキーボードにも対応するようになっています。ただ私のARCHISSは光らないので意味は無いっぽいですが・・・。

 また元々がテンキー付きキーボード用の物なので、今回のショートタイプの物には合わないキートップも何個かあります。印字が違う物もあります。

 と言う事ですが、細かい事は気にしない事にして取り敢えずこんな感じで装着出来ました。

 黒と蛍光ピンクの組み合わせはゴスロリっぽい配色で、これはこれで悪くは無いのですが、これで終わりだと塗装屋的では無いというかサンプル作りの意味が無いので、

 分解して枠を塗装出来るようにします。

スペースキーは長いのを切って繋げて短くしても良いのですが、折角なので既存の黒い物をピンクに塗って再利用しようと思います。この中だとミニカー色見本の真ん中の色が近いのでスペースキーにはそれを、枠は右端の一番濃いピンクにしようと思います。

他にも白い方のHappy Hackingのキーボードと、以前塗装した色見本マイクも新たに塗り直そうと思います。あと違うタイプの凄く大きなキーボードも届いていて、一体何をやっているんだか・・・(仕事の方がパンク気味でこれをやっている場合じゃないんですけれども・・・)。