AlfaRomeo凸文字鋳造制作 完成

先日より作成していた金属製のAlfaRomeoの凸文字です。鋳込んだのは合計6個で、一応それぞれを残しておきました(材料に余裕が無かったら溶かして再利用しています)。

作業内容が判り易いよう、改めて最初の記事から紹介をさせて頂きますね。

↓まずは本業でヘッドカバーの塗装ご依頼を頂いている、PRO_Fit日記の記事からです。

アルファロメオヘッドカバー塗装&凸文字制作承ってます

↓今回行っている鋳造作業については私的な趣味(本業の付帯作業)も含まれていると言う事もあり、こちらの社外記での紹介としています。

AlfaRomeo凸文字 鋳型作製

時々「これと同じ文字だけ作って欲しい」(特にスカイラインのRB26を28にする為の「8」)といったお問い合わせを頂くのですが、当店はあくまでも「塗装屋」で、そういった事は単体ではお受付をしていませんので、それを明確にするべく「日記」と「社外記」で別けるようにしています。

AlfaRomeo凸文字 鋳込み

今回の鋳造やフライスにしても、その道のプロからすれば私が行っている事は遊び程度でしか無く、これを日記で紹介するにはさすがにおこがましいと言う事もあり、こちらで紹介をさせて頂いている次第です。

AlfaRomeo凸文字 鋳込み 2回目

またこういった付帯作業はそれ単体では利益は出せなくとも、「趣味」と銘打てばある程度の事は許される(笑)と言う事もあり、ただただ楽しくやらせて頂いています。

AlfaRomeo凸文字 切削(簡易フライス)

と言う訳で完成となります。

 上の三個は切削する前の段階で失敗したと判断した物で、ただ終わってから見てみると、「Alfa」と「Romeo」それぞれを別けて使えばこのうちから一つは作れたかも知れません。ただし型枠から外してしまったのでバイスに固定するのが難しく、なのでこれはこれで終了となります。

 上から4番目の物は途中まで切削はしたのですが、削った中から巣穴が見つかり、これは使えない物と判断してこの状態で止まっています(むしろなんか格好良いので工場の外壁に飾ろうかな、と)。

念の為ですがこういった物の販売、または単体での制作はしておりません。あくまでも「塗装の付帯作業」といった事に限られていますのでご了承下さいませ。

 そして実際に使える物が一番下の物で、ただこちらも実は一度で出来た訳では無く、「Alfa」と「Romeo」をそれぞれ良く出来た物から選んで使う「ニコイチ」となっています(下から二番目のがそれの余りです)。

ちなみに簡易フライスで削ったカスですが、最初は掃除機で吸っていましたが、今回はかなりの量になったので途中から回収するようにしました。これらも溶かして再利用出来ます。

 試しにヘッドカバーに置いてみました。

 大き過ぎず、良い感じのサイズになっているかと思います。

 また今回は結晶塗装では無く「艶々の塗装」の為、貼付け面の処理ではかなり気を付けた作業が必要になるかと思います。

結晶塗装ではある程度の粗は目立たなくしてくれますが、艶ありの塗装だとちょっとした隙間や接着剤の食み出しなどが目立ってしまうので、次の工程ではそこをどうするかです。峠を越したように見えても実はまだ趣味のレベルで、本番はこれからと言う感じです。

次からは本業(塗装)での作業になりますので、今後の内容についてはいつもの日記の方での紹介とさせて頂きます。少し先になるかと思いますがどうぞもう少々お待ちくださいませ!

AlfaRomeo凸文字 鋳込み

 先日より紹介しています、アルファロメオヘッドカバー用の凸文字制作です。

レーザーでカットして作ったMDF型を用意し、離型剤を塗ります。これを塗らないとMDFの接着剤が金属にくっ付いて中々取れてくれません。

 また今回は、金属の鋳造にベビーパウダーを使うと良いとの情報を得たのでそれも試してみます。離型効果と、毛細管現象で細部まで行き渡ってくれるのでしょうか(そこまでは良く調べていませんでして・・・)。

今回の鋳造に使うのはピューターなる金属で、

 融点が250℃くらいと、比較的低い温度でも溶けてくれる為、家庭用のカセットコンロでも十分使用が可能です。

 型に流し込み、蓋をします。

 蓋をするのは後で削る作業を軽減したいからですが、もしかしたらこれは辞めておいた方が良いかも知れません(後に発覚します)。

 土台の板を剥がしてみると、

 細部までの流し込みがちょっと足りていません。

 と言う事で続けてNo.2の型にも行います。こちらは少し多めに流し込みました。

ただどちらも微妙な感じで、試しに全ての板を剥がしてみると、中にはかなり大きな気泡が出来ていました。流し込んだ直後からボコボコと大きな泡が出ていたのは判っていましたが、どうやらそれが途中でそのまま固まっていたような感じです。一体何なのでしょう・・・。

と言う事ですが、既にNo.3、No.4の型も出来ていますので、次回はそちらでリベンジしたいと思います。次こそは、です。

ピューター入荷しました

factory3頼んでいた鋳造用のピューターが届きました!どうせ使うだろうと言う事で、今回は2キロ分を購入しておきました。

それにしてもこの数でこの形、どこかで見たような・・・

factory4 と言う訳でジャジャーン 、と、と・・・(苦)。

久しぶりに積んだので手牌の数が幾つだったとかを忘れていましたが、何だか随分と懐かしい感じがしました。この感触は何年ぶりでしょう・・・。

と言うか工場の二階がゴタゴタ過ぎて、こんな事をしている場合では全くないんですが(苦笑)。

鋳造も良いのですが、一段落したら大掃除もしないとですね~。

ロードスターヘッドカバー用MAZDA凸文字 完成

road57 前回作成した凸文字では「a」の部分に巣が出来てしまったので、今回はそれのリベンジとなります。

road58 今回の肝はここの湯道で、前回空気溜まりが出来てしまった箇所にこれを設けて、金属の流れをスムーズにさせようという作戦です。

road59 カットした板を組み合わせるとこんな感じで、「a」の中心に立っている柱の下側にある湯道を溶けた金属が通るようになっています。本当は柱の所に穴を開けた方が良いのかも知れませんが、そうなると残ったランナーみたいなのを後で削らなければならないのが嫌だったんですよね。この方式ならフライス加工で一緒に削れるので手間が掛からないと思ったのです。

road60 今回も2セット作りました。どちらにも湯道を作ってあります。

road61 前回作った失敗作も再利用します。そろそろ材料が無くなりそうなので先ほど2キロ追加しておきました。それにしても1キロあった材料はどこに行ったんだか…。

road62 溶かした金属を流し込み、蓋を被せて余分を減らします。

金属が冷え、板を剥がしてみると・・・

road63 ジャジャーンと!!ちゃんと湯道に流れてくれました~(嬉)。

road64 早速クロスバイスに噛まして簡易フライスで表面を削ります。

road65 実際は先ほどの裏側なのですが、まあイメージ的にこんな感じです。最初にあった1キロの内の消えた部分はこれになった訳ですね(苦)。

road66 バリを削るとこんな感じです。うーん、良いじゃないですか・・・(惚)。

road67型から抜いてヘッドカバーに乗せてみました。あとはエポキシ接着剤で固定するだけなのですが・・・

road68貼る部分は湾曲しているので、今度はこの面に合うように削ります。

その後はリン酸処理を行い、接着したらいよいよ本塗りですが、他の案件と一緒に行いたいのでもう少し先になるかもです。この後の作業はいつもの塗装の仕事と言う事で日記での紹介になると思います。どうぞもう少々お待ちくださいませ!