色見本マイク 白系パール塗装

 先日サフェを塗っておいた色見本用のレジン製マイクです。

 マイクの塗装ではホワイト系の御依頼が多いので、今回は白から派生した感じのサンプルを塗装する事にしました。使うのは一般的なブルーパールとバイオレットパールです。

パールはそれ自体では色を隠蔽させない為、下地の白を活かしつつ、光が当たった時だけ色を変化させる感じですかね。基本はあくまでも「ホワイト」です。

 また今回は新たなデカールも作成しました。それぞれシルバーの上にマゼンタと特色ブルーを重ね、キャンディーカラーの様にしています。

デカールの作り方については以下の記事が判り易いかと思います。当初は私も悩んで色々なサイトを見て学びましたので、ご参考になればと思います。

1/43ポルシェミニカー用 デカール作成

ちなみに現在はデカールシートを像のロケットさんの製品に替えています。

 ベースコートを塗り、デカールを貼り付けます。こちらの塗装は白の上にブルーパールを重ねた仕様です。

 また今回はサンプル用なので、裏側にはゴールドのデカールを貼ってみました。

 そしてこちらはバイオレットパールを塗装した方で、デカールには同じ系統でマゼンタに印刷した物を採用しています。

昔、オールペン全盛期にこういう色のシーマとかセルシオがよく走っていましたが、最近めっきり見かけなくなりましたよね。トランクに立てていた自動車電話のアンテナ、凄く懐かしいです(笑)。

 ゼンハイザーのマイクでは白ベースに「SENNHEISER」のロゴをシルバーで入れる仕様が人気なので、こちらもSHUREで試してみました。

と言う訳でクリアーを塗って本塗り完了です。当店としては稀に見る爽やかな配色に(笑)。

 SHUREのロゴは下地にシルバーを印刷する事で、キャンディー塗装と同様透かした時に色の深味が出ます。少し前にご依頼を頂いた高級なイヤホン(日記では紹介していません)のロゴにこれを採用していて、オーナー様にも気に入って頂けたのでいつか見本を作ろうと思っていたんですよね。

 こちらも単にシルバーの上にマゼンタを重ねただけですが、非常に発色の良い格好良いロゴが出来ました。何故もっと早く気がつかなかったのでしょう(苦)。

それぞれの塗色は普通の3コートパールと変わり無く出来るので、これなら費用も据え置きで大丈夫そうです。

後日完成したら撮影してマイク塗装のウェブサイトにて紹介しようと思います。

自ら育てて店頭に並べて販売までを行う、まるで道の駅のよう(笑)。

マイク塗装 デザイン案

以前サンプルとして作成したラップ塗装の色見本マイクですが、問い合わせは多い反面、コストの高い塗装なので中々ご依頼に至るケースが少ないのが現状です(しかしようやく一本入りました!)。

 と言う事で、もう少し簡単に出来る柄物の塗装を考えていました。オーダーメイドとなるとどうしても費用は高くなりますが、予めデザインが決まっていれば事前の打ち合わせの必要がないのでその分コストが落とせる、と言う算段です。

 パターン柄が出来ていれば、色を変えるだけでも大分違う雰囲気に。

と言う事なのですが、もう少し工夫を凝らしたいと思い、タブレットなる物を買ってみました。

デザインの仕事をしている従兄弟からは、「液晶タブレットが良いよ。安いのなら10万円くらいから買えるよ」とかサラッと言われましたが、いやいやいや、使えるかどうかも判らない物にそんなには出せませんって・・・(それよりも今は旋盤が欲しいです)。

ちなみに本当はWACOMのを買おうかと思っていたのですが、それよりもこちらの方が安くて大きくて使い易いと評判で、実際マウスと変わらないくらいの金額なので、これなら使い切れなくても後悔はしなくて済みそうです。

(その後試しに使ってみましたが、やはりイマイチ良く判らないので結局手描きでイラストを描いていると言う。笑)。

クロマフレア風顔料の色変化

 パッと見はゴールドかオレンジにしか見えないこちらの色見本用マイクですが、

実はこの色、

 昨日紹介しました、クロマフレア風顔料No.4のマイクです。

全く別の色に見えますがどちらも同じ物で、光干渉顔料を使った塗装は見る角度によってこれくらい大きく変化するのが特徴です。それだけに何とかもうちょっと上手く表現出来ればと思うのですが、そうなるとこれはもうタイムプラス動画しかありませんかね(多分間違い)。

先日作成しておいたウレタンレジン製の色見本用注型マイクは、丁度業者様からのご依頼でリヤスポイラーにサフェ―サーを塗る業務があった為、こちらも一緒に塗らせて頂きました。

ちなみに今回新たに使ってみた里見デザインさんのウレタンレジンですが、元々使っていたウェーブのレジンキャストとの違いは判りませんでした(笑)。結局どちらも同じくらいの割合で巣穴はあり、何にしてもサフェは塗った方が間違いは無いようです。尚、現在ホワイト系でのマイク塗装のご依頼が結構入っていますので、その時にこちらの色見本用のマイクも何本か一緒に塗らせて貰おうと思っています。

新たに考えている色見本マイクのイメージとしては、一昔前のオールペン全盛期(懐)にY32シーマとかによく好まれた塗色で(!)、今更な感じはしますが、多分マイクとの相性は良いと思うんですよね。当時を知っている方は「これか~!」ときっと思われる筈です(笑)。

撮影機材 ハイミロン

 先日コメント欄からご紹介を頂きました、「ハイミロン」なる布を購入しました。

尚、ご紹介を頂いて参考にしたのはこちらのサイトとなります。

 幅は900ミリが規定で、長さは1200ミリ分を購入しました。送料を含め¥3,000くらいです。

 しかしどうみてもこれはグレーにしか見えない気が・・・

と思ったら、

 黒は内側にありました。どうやら植毛のような感じですかね。

生地は見るからに漆黒で、ただその分埃が凄く目立ちます(怖)。

 と言う訳で早速使ってみました。撮影は先日からストロボ設置改造中の撮影デスクです。

 確かに背景は黒くなって格好良いのですが、どうも彩度が足りない感じが・・・。

 実物のキャンディーグリーンはもっと鮮やかで深みのある色なのですが、こうやって撮影した物を見てみると単なるグリーンメタリックにしか見えません。

と思っていつものグラデーションペーパーで撮影してみたら、どうやらこちらも同じような感じなので、この色自体がちょっと難しいみたいですね。ホワイトバランスとか光の当たり方をもっと調整しないと駄目かもです。

 と言う事ですが、少し前に塗装したクロマフレア風顔料No.4の色見本マイクでも試し撮りをしてみました。

 こちらも塗装の光沢感は良い具合に出るのですが、肝心の色変化が全く感じられません。うーん、難しいです・・・。

 実物はもっと色が濃く、ピンクの色味も綺麗に出ているのですが、画像だとなんだかとても地味と言うか、暗い感じです。この画像からは想像も出来ませんが、オレンジもかなり出る色なんですけどね。

やはりと言うかストロボを使った撮影にはまだ慣れていない所があり、一筋縄ではいかないようです。

まあこれはストロボに限った事では無く、今の環境に至るまでにも数年は掛かっていましたから、出直しじゃないですが、ここからまた自分なりのセッティングを見つけていこうと思います。

しかしまたなのか、と(笑)。