ホンダフリードピラーカバー サフェ入れ

先日お預りしておりましたホンダフリードの純正ピラーカバーです。

裏側のクッションテープ(エプトシーラー)は新しい物を用意しておきましたが、なんと簡単に剥がれてくれたのでそのまま再利用可能です。まず最初にこれを確認しておくべきでした・・・。

表面は細かい梨地のザラザラがあるので、まずは#180のダブルアクションサンダーで研磨します。

その後角やフチなどを#240の手掛けで研磨します。ABS樹脂なので切削性が良く、体が黒い粉だらけになります。

斜体に装着すれば裏側は見えませんが、ザラザラになってエプトシーラーがちゃんとくっ付かなくなるのが嫌なのいでマスキングをしておきました。またサフェた飛ぶフチの部分までは#320でしっかり足付け処理をしておきます。

よく脱脂清掃し、プラスチックプライマーを塗布します。

続けてサフェーサーを塗布します。ウェットコートで塗り込み、コート間のフラッシュオフタイムをしっかり設けながら5コート程塗りました。

この後は自然乾燥させ、後日他のご依頼品と一緒に60℃40分程の熱を掛けておきます。

先日同じくサフェーサーを塗っておいたメッキパーツにも艶あり黒の塗装があるので、この後は平行して作業を行う予定です。

作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!