NISMOドライカーボン製導風板 本塗り4回目

先日「O」の赤までを塗っておいたNISMOのドライカーボン製導風板です。その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

カーボン抜きにした部分の凹みが激しいので、ここからはそれを平滑にする為の作業となります。

ただし下地を出すとそこで一発アウトな為(恐ろしくて想像も出来ません)、余り攻める事は出来ず、ここでのペーパー掛けはある程度全体を均す程度に留めます。通常の2コート塗装(ソリッド・メタリックパール)なら多少下地が出ても修正は可能ですが、3コート塗装となると1ミリの傷でもその周辺最低100mmは暈しに必要なので各ロゴの再マスキングが必要で、塗り直しは結構大変です(出来ない事は無いですがそれはかなりの損失ですので・・・)。

フチは下地が出やすいので#1300相当の布状研磨副資材(アシレックスオレンジ)で足付け処理を行っています。

よく脱脂清掃し、

 クリアーを塗って本塗り完了です。

 まだ段差が残っているので本塗りと言うよりは下塗り的な作業です。

ただここでゴミが混入するとマズイので、作業自体は本塗りと同じくデリケートに行っています(これ単体では採算が合わなくなるので他のご依頼品と一緒に塗らせて頂いております)。

 ぱっと見は良い具合に見えますが、

まだあと二回は必要そうです。これがあるのでマスキングシートを貼ったままクリアーを塗るのは避けたかったのですが、カーボン抜きでこのシャープさを優先させるにはそれで間違いは無かったと思います。

この後はいつも通り一晩自然乾燥させ、後日60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NISMOドライカーボン製導風板 本塗り2~3回目

 先日カーボン抜きのマスキングを行い、日産純正のホワイトパール(カラーコード:QT1)、クリアーを塗っておいたNISMOのドライカーボン製導風板です。

その後60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させておきました。

 貼っておいたマスキングシートを全部剥がします。

 糊が残っていると大変な事になるので、シリコンオフとブラシでしっかり除去しておきます。

その後全体を足付け処理し、ベースコートクリアーを塗りました。

 そして「O」を塗る準備を行います。

隣の「M」をガイドとして位置を決め、マスキングシートを貼り付けます。

 赤を塗ります。フェラーリのロッソコルサ(カラーコード:300)を使いました。

赤に塗った「O」の輪郭の仕上がりが悪かったのですが、今回はそれを修正せずそのままクリアーを塗る事にしました。

この後再び60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させてます。

そして後日、全体を#800で軽く研磨して足付け処理を行い、

再び「O」を塗りました。今回は輪郭(マスキング際)の修正だけなので薄膜で、シャープで美しい線に仕上げています。

車体を塗っていた頃はこういった塗り分けをする機会は余りありませんでしたが、元々「塗った事が判らないように」といった事を優先した塗装だった為にちょっとした事が気になってしまい、どうしても時間を掛けてしまいがちです。

 タッククロス(粘着物質が付いた不織布)を使って埃を取り除き、

クリアーを塗って3回目の本塗りが完了です。最初の下塗りを含めると4回目ですね。

今回は「O」も綺麗に仕上がりました。

カーボン地を活かした箇所はまだ段差が激しいので、この後まだあと2回はクリアー塗装を行う予定です。

段差は強く出来てしまいましたが、各ロゴの輪郭が綺麗に仕上がっているのが判るかと思います。

通常のロゴ入れであれば修正が可能ですが、今回のようにカーボン地を活かした場合、色が食み出たらそこで終了(!)なので、やり方を変則的にしています。

この後は再び60℃40度程の熱を掛けて塗膜を硬化させます。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NISMOドライカーボン製導風板 本塗り

 先日下準備を行っていたニスモ社のドライカーボン製導風板です。

用意したマスキングシートを所定の位置に貼っていきます。製導風板自体は各辺が平行になっている訳では無いのでそれを意識しつつ、各ロゴがバラバラになってしまわないよう良い塩梅に配置していきます。事前に一度仮貼りをしておいたお陰で安心して作業が出来ました。

難しいのは食み出た部分で、位置が判り易いよう下にトレース台(光るプレート)を置いて作業をしています。

食み出た部分はカットするのではなく裏側に巻き込むようにして固定しています。フチの部分も塗り分けます。

 カーボン板の裏側はフチより少し内側で全面をマスキングしています。

そしていよいよ本塗り開始です(ただし本塗りといってもこの後の段差取りがあるのでまだ作業は半分にも至っていませんが・・・)。

色は日産純正色のホワイトパール(カラーコード:QT1)で、まずはカラーベース(ソリッドカラーの白)から塗っていきます。

3コートで最も重要なのがこのカラーベースで(調色もこれが最も難しいです)、しっかり隠ぺいするよう4コート塗っています。

その後はパールベースを塗布します。通常は3コート程塗りますが、樹脂分を減らして2コートにしています。車体のように大きい面積の場合はムラや暈しを考慮してコート数を多めにするのが一般的ですが、この面積ならその心配も無いのでコート数を減らす方を優先しています。

そして通常ならここでマスキングを剥がしてからクリアーを塗りますが、

 今回はそのままクリアーを塗りました。

ただしいつものようにテロっとさせずミッドコートで控えめにしています。

 大丈夫?!と思われるかも知れませんが、

以前マイクにファイアーパターンで艶消しクリアーを塗った時に検証していますので大丈夫です。

またこの時はクリアーだけでしたが、

それ以前に黒→クリアーに塗った上に白→クリアーを塗ったテストも行っていて、

きっちり輪郭がシャープに仕上がっているのが判るかと思います。自転車フレームの新車時の塗装などはこの方法だと思います。

  デメリットとしては表面張力でフチに塗料が溜まり「段差が激しくなる」という事で、ただこれに関してはこの後のクリアー(最低2回)で解消する予定なので問題無いと思った次第です。それよりも抜きにした各ロゴのフチのシャープさを優先しました。

この後はこのまま60℃40分程の熱を掛けて塗膜を完全硬化させ、後日マスキングテープを剥がします。糊残りしてもシリコンオフで拭けるので(塗料は溶けないので)問題ありません。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。次はNISMOの「O」を赤で塗る工程ですね。

どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NISMOドライカーボン製導風板 下準備

 先日一回目の下塗りクリアーを塗っておいたニスモ社のドライカーボン製導風板です。その後60℃40分程の熱を5回くらい掛けて塗膜を硬化~締まり切りにしておきました。

 硬化したクリアーの表面にはカーボン繊維の目が出ていて、

  また繊維が重なる部分で無数の細かい巣穴が出来ています。

本来ならここでもう一度下塗りクリアーを行う予定でしたが、今回は先に文字入れ(抜き)を行い、その後それの段差を取る事にしました。

具体的には、

「クリアー→クリアー→ホワイトパール&レッド→クリアー」

と言ったところを、

「クリアー→ホワイトパール→クリアー→レッド→クリアー」

といった順番に変更です。どうしてそうなったかというと、思っていたよりも大きな巣穴が発生しなかったからで(殆ど筆挿しで埋まりました)、この方が最終的に平滑な仕上がりになるからです。

(足りなかったら最後にもう一回クリアーを塗ります)。

  当て板を使って全体を#800で研ぎ、その後フチなどは布状研磨副資材(アシレックスレモン)で足付け処理を行います。

また本来なら#800のペーパー目を#1200~#1500で均しますが、この後はまだ下塗りを何度も行うので、今回は#800のままでフィニッシュとします。#800のままだと硬化後には多少ペーパー目が残りますがいずれ消えるので問題はありません。

 よく脱脂清掃し、マスキングの準備を行います。

マスキングシートから不要な部分を除去しました(カス取り)。

マスキングシートを作成する時に意外とやりがちなのが、必要な部分も一緒に剥がしてそのまま捨ててしまう事で、

例えばこの「’」も、うっかりしていると一緒に剥がしてそのまま忘れてしまう事があります。

今回は塗り直しという事が出来ないので(カーボン地を活かすので)、念を入れて3回以上のチェックを行いました。

またNISMOの「O」の部分は赤(フェラーリロッソコルサ:300)で塗るので、こちらはこの時点ではマスキングはせず、一旦一緒にホワイトパールで塗ってしまいます。この辺もウッカリしているとやってしまいそうなので何度もメール(作業内容)を見返しました。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

NISMOドライカーボン製導風板 下塗りクリアー

 先日ロゴの準備(確認)をしておいたニスモ社のドライカーボン製導風板です。

  最初に勤めていたディーラーの内製工場では、基本的に扱うものは純正品である事から、ドライカーボン素材といった物を扱う機会は全く無かったのですが(そもそも当時は流通していませんでしたし)、その後独立して構えた工場の真ん前にチューニングショップがあって、そこからのご依頼でR34ドライカーボンのフロントバンパーを何度か塗らせて貰い、毎回大変な思いをしている内に重要な事に気が付きました。とにかく最初の段階でどれだけ脱脂が出来るかが肝心なんですよね。繊維が重なった箇所に出来る巣穴に残った離型剤をしっかり除去する必要があります。

 最初はシンナーやシリコンオフ、アセトンなどの溶剤を使って脱脂清掃し、その後はスコッチとウォッシュコンパウンドで研磨・洗浄を行います。

ある程度やったら水を流してみて確認をし、このように水が弾いてしまうのはまだ全然ダメな状態です。最終的にこれが完全になくなるようにまでします。

その前に、一旦足付け処理の為に#400で足付け処理を行います。ちなみにドライカーボンは固いので#800程度のスコッチでは足が付きませんから、ある程度の番手が必要です。

その後は再びスコッチ&ハジキシラズです。

しかし弾く弾く!(恐)。

そんなこんなを繰り返していく内にしっかり親水性になったらようやく下塗り準備完了です。

ちなみに今回はまな板くらいのサイズだったのでハジキシラズを使いましたが、ボンネット程のサイズとなるとかなりの使用量となるので、そういった場合は工業用石鹸(ピンク石鹸)を使ったりもします(握りこぶし二個分くらいは使いますので)。

 その後よく水気を取り、台にセットして下塗り準備完了です。

 最後はシリコンオフでしっかり脱脂をし、

トップコートクリアーを塗ります。

画像で2コート塗った状態で、カーボン繊維の凸凹は出ていますが、巣穴は比較的少ないです。さすがNISMO製といったところでしょうか。

この時点で残っている巣穴にはクリアーを筆挿しし、

 最後に3回目のクリアーを塗って下塗り完了です。

カーボン繊維目は残っていますが予想よりは断然良い状態です。

この後は60℃40分程の熱を掛けて塗膜を硬化させ、表面を研いで平滑にし、もう一度下塗りクリアーを行うか、または先にロゴ入れ(ロゴ抜き)を行う予定です。完全硬化後の様子を見てからですかね。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

また今回一緒にバイク用カーボンフォークも一緒に塗っていますので後ほどそちらも紹介いたします。