コペン バンパーセンサー(ソナー)塗装 完成

copen13大変お待たせしました!ダイハツコペン用純正バンパーセンサーの塗装、本日完成となります。

最初の状態も紹介しますね。

copen1元々はこのように黒い製品で、中央は金属素材につや消しの黒が塗ってあって、周りはプラスチック素地そのままとなっています。

copen2ネックなのはこれ以上部品の分解が出来ない事で、それにより間に挟まれたゴムリングが外せない為、マスキングで作業しなければならない事です。

copen2しかもこのゴムはシリコーン樹脂系のようでマスキングテープもしっかりと張り付いてくれません。

copen5そこで考えた対応策としてはゴムリングの内側と外側を別々に塗る方法で、これならマスキングテープをしっかり固定出来るので綺麗に塗り分ける事が可能です(と言う程簡単でも無く、かなりの手間も掛かっているんですけどね)。

copen14ただこのパーツは今回が二回目となるので、マスキングシートのデータは予め作成してあった物が使えたのでその分は楽でした。

copen15またピッタリのサイズに綺麗な円を手作業でカットするのは非常に難しいのですが、その点はいつも仕事で使っているカッティングプロッターのお陰で助かっています。

copen16中央の金属部分にはフライス加工した時の溝みたいなのがありましたが、表面に塗られていた黒を多少削れたので殆ど目立たなくなりました。

copen17光を反射し過ぎて艶具合がよく判らないので少し暗い場所に移して撮影してみました。

copen18色はコペン純正色の「ブライトシルバメタリック」(カラーコード:S28)で、クリアーは高品位なタイプのクリアーに変更しています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

コペンバンパーセンサー(ソナー) 本塗り

copen2大変お待たせしました!ダイハツコペンの純正バンパーセンサー(ソナー)、無事本塗り完了しておりますのでご安心下さいませ。

copen11 コペンのソナーは以前も施工例があって、分解はおろか中央にあるゴムが取れない構造になっているのでそのまま塗らなければなりません。

周りのプラスチックは多少シボっぽくなっているので#800で研磨しています。中央のヘアーラインもゴムにペーパーが当たらないようにして極力削りました。

copen12 ゴム近くの境界線(と隙間)はペーパーが当たらないのでいつものようにナイロンブラシとウォッシュコンパウンドを使って細部まで足付け処理を行います。

copen その後良く脱脂清掃し、台にセットしました。

copen1 マスキングシートは以前作った時の物があり、また自分なりの作業工程も出来上がっているのでかなり助かっています(と言ってもかなりリスキーではあるのですが)。

まずはゴムの外周から内側をマスキングし、プラスチックプライマーを塗布します。

copen2 続けてベースカラーのシルバーを塗ります。色はコペン純正色の「ブライトシルバメタリック」(カラーコード:S28)となります。

copen3 シルバーを塗り終わったら内側のマスキングを剥がします。

copen4 十分にテープフリーな状態になってから、今度はゴムの内周から外側をマスキングします。

copen5 今度は内側をシルバーを塗ります。

copen6 マスキングを剥がしました。良い具合に出来ているのが判ると思います。

copen7 最後にゴム部分のみをマスキングします。

ちなみにこのゴムはシリコーン系なのでマスキングの糊は殆どくっ付きません。上の状態でエアーブローをすると飛んでいってしまいます。なのでエアー圧はかなり絞ってのクリアー塗装となります。

copen8 一回目のクリアーは6割程度に留め、二回目のクリアーをしっかり塗り込んだら即スピナールでマスキングを取り除きます。塗り終わって15秒くらいでしょうか。クリアーは高品位なタイプのクリスタルクリアーとなります。

copen9 粘度の高い塗料(クリアー)は表面張力によってフチにクリアーが溜まる傾向があり、塗装直後はマスキングシートと被塗面が一体化してしまっています。クリアーを塗った直後であればまだ流動性があるので、マスキングシートを剥がせば自然にクリアーが伸びてくれます。さらにここでも表面張力が働くのでゴムの方にクリアーが移るという事もありません。

 

copen10かなりスムースに作業をしているように見えますが、現物を見た事がある塗装屋さんなら多分狂気の沙汰だと思う筈です。私も出来ればもうやりたくは無く、ほぼ毎日これの事を考えていました(苦)。何とか無事に終わり、後は後日熱を掛けて硬化させれば完成となります。

ただ勝って兜の緒をじゃありませんが、まだ油断は禁物ですね。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

ダイハツコペン コーナーセンサー(ソナー)塗装承ってます

copen 先日到着しておりましたダイハツコペン用の純正コーナーセンサー(ソナー)です。この度のご依頼、誠に有難うございます!

copen1 こちらのコーナーセンサーは以前も同じ物を施工していて、やはりと言うか今回の部品も分解は出来ませんから、リング状の黒いゴムはマスキングでの対応となります。

ただしこのゴムは通常のゴムでは無くどうやらシリコーン系で、マスキングテープすらまともにくっ付いてくれないので本塗りはかなり難儀となる恐れがあります。失敗した場合のリカバリーも難しいので、私的には余り手を出したくない案件ではあるのですが…。

以前の施工例の画像も紹介しますね。

copen7この時はソリッドカラーの白だったのでペーパー目などは気にしなくて済みましたが、今回はシルバーなのでデリケートにならざるを得ません。

copen2さらに今回の部品は、恐らく前回には無かったであろう、中央の金属部品の表面にヘアーライン状の凸凹があります(一体何故・・・苦)。

ただオーナー様も気づかなかったくらいですので、実際に車体に装着されれば殆ど判らないと思いますから、今回は特に気にせずこのまま足付け処理のみで塗装を行う事とします。

塗色についてはコペン純正色の「ブライトシルバメタリック」(カラーコード:S28)で、クリアーは高品位なタイプの「クリスタルクリアー」への変更で承っています。

最近は特にお勧めしなくてもクリスタルクリアーをご指定される方が多く、皆さんよくこちらのサイトを見られているなぁと、少々戦慄を感じています関心している次第です(笑)。

それでは作業進行しましたらまた紹介させて頂きますね。改めましてこの度のご依頼、誠に有難うございます!