トヨタ1ZZヘッドカバー凸文字化&結晶塗装 完成

先日本塗りを終えていたトヨタ1ZZのヘッドカバーです。

最後に接着したステンレス製の凸文字を研磨します。

ステンレスなので腐食の心配は無いかと思いましたが、一応いつも通り最後にクリアーを筆で塗っておきました。

その後さらに60℃40分くらいの熱を掛けて完成です。大変お待たせしました!

最初の状態も紹介しますね。

元々は凸文字の無いヘッドカバーでしたが、

オーナー様自らステンレス製の切り文字をご用意いただき、こちらをご指定の位置にエポキシ接着剤で取り付けました。

色はブルーにパールを混ぜた色で、一緒にお預りした見本を参考にしています。

スチール製のホースパイプは、リン酸処理の時にメッキが剥がれて(溶けて)白っぽくなってしまいましたので、改めてプライマーも塗って黒(パール)の色を塗装しています。先に外して施工すれば良かったのですが、シーラー(液体ガスケット)が塗られていたので余計な事はしない方がよいかと思いそのまま作業しておりました。

文字の隙間もしっかり埋まっています。

それでは後程完成のお知らせメールを差し上げますね。この度のご依頼、誠に有難う御座いました!

トヨタ1ZZヘッドカバー 結晶塗装 本塗り

 先日凸文字を取り付けておいたトヨタ1ZZのヘッドカバーです。

最初の状態に比べると全体的にくたびれたような感じですが、これはリン酸を使った化成処理によって、アルミ素地の表面にリン酸被膜が形成されているからです。むしろピカピカの状態だと塗料は十分に密着しません。

 まずは全体にプライマーを塗布します。

 プラグホールはベースコートの黒を塗り、

リン酸でメッキが落ちてしまったホースパイプ部は、メッキ風の黒で塗っておきました。

今回丁度業者様からのご依頼で、RB26エンジンのヘッドカバー一式を塗装していまして、このホースパイプ部がいつも劣化して白っぽくなっているので、これ用に色を作製しています。黒にオーカーとイエロー・レッドパールを入れています。

 色は一緒にお預りした見本(バンパーヘッドライトウォッシャーの蓋)を参考にして、青をベースにブルー系のパールを入れています。

 ウェットに6コート塗り込み、

 140℃程の熱を30分くらい掛けると結晶目が出てきます。

 貼り付けたステンレス製の凸文字は隙間もなく、言われないと後から着けたとは判らない仕上りになっているかと思います。

この後はもう一度恒温器で120℃20分程の熱を掛け、後日凸文字を研磨して光らせます。どうぞもう少々お待ちくださいませ!

トヨタ1ZZヘッドカバー 凸文字接着

 先日お預りしておりましたトヨタ1ZZのヘッドカバーです。ブルー系の結晶塗装と、新たに凸文字化をご依頼頂いていた案件となります。

 今回の凸文字はオーナー様自らステンレス製の物をご用意して頂きまして、裏側はペーパー掛けをしておいていただいているのですが、「側面」は未処理だったのでサンドブラストで足付け処理をする事にしました。

 ガムテープを貼った段ボールに、裏返したステンレス切り文字を貼り付け、

 側面にサンドブラストを当てます。

アルミならリン酸処理でOKだったのですが、ステンレスの場合はそれは効かなく、ただこれらをペーパー掛けするのは余り現実的ではありませんからサンドブラストを行っています。バレル処理が出来ればそれでも良いですかね。

シンナーで洗って脱脂清掃をしました。

光っている方が表側で、ブラストが当たったいる方が裏側=接着面となります。

 ヘッドカバーは油っぽかったのでこちらもシンナーで洗い流すようにして脱脂清掃し、その後リン酸を使って化成処理を行っています。

 パイプボルトはシーラーが着いていたので外さずに作業をしたのですが、一緒にリン酸を掛けたら表面の被膜が取れてしまいました・・・。ですのでこちらもヘッドカバーと一緒にプライマーを塗り、艶消し黒で塗り直しておきます(ちなみに一緒に行ったR32用HKSのタペットカバーの方は大丈夫でした。落ちたのは黒色クロメートでしょうか・・・)。

 そして文字の貼り付けですが、しっかりとした位置出しが出来るよう、マスキングシートを作る事にしました。

今回のご依頼にあたって、オーナー様から(恐らくレーザーカットで使った)ベクトルデータをご提供頂いていたので、それを0.3mm程オフセットして大きくしたマスク型を作製します。

 それを指定の位置に貼り付けます。

 文字の右端をホースパイプ取り付け部の左側に合わせ、文字の上下を塩梅の良いところにし、水平に貼り付けます。

「YO」の下の部分と「16」の上の部分が若干平面部分を越えた為、ここで隙間が出来る事となりますが、こちらは接着剤で埋めるようにして対応します。

 実際に切り文字を置いてみて確認します。

 接着には高強度なエポキシ接着剤の3Mオフホワイトを使います。

 切文字の裏に万遍無く塗り込み、

 マスク型の0.3mm内側に貼るようにします。

ちなみに本件とは関係ありませんが、偶然にも現在「RB26」を「RB28」に変更する作業も並行して行っています。そちらもブルー系結晶塗装です。

 それぞれの位置が決まったらマスキングテープで仮止めし、このまま60℃20分程の熱を掛けます。

 その後すぐに恒温器(乾燥炉)から取り出し、余分をカッターで取り除きます(冷えるとカチカチになってカッターごときでは刃が立ちません)。

 ある程度隙間が空いている箇所があるので、

 そこにはエポキシプライマーサフェーサーを充填します。

 念の為とか考えていたら、結局ほぼ全周に筆指ししていました。

 刷毛目は残りますが、結晶塗装なのでこの辺はそのままで大丈夫です(艶々仕様の場合はこれらの処理が大変です)。

これで凸文字の貼り付けは完了です。

この後は再び(何かの序でに)熱を入れて硬化させ、後日タイミングが来たら本塗りを行う予定です(まだもう少し先になるかと思います)。

それでは作業が進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。どうぞもう少々お待ち下さいませ!

トヨタ1ZZヘッドカバー結晶塗装&凸文字化承ってます

 先日到着しておりましたトヨタ1ZZのヘッドカバーです。この度のご依頼、誠に有難う御座います!

 ご依頼内容は結晶塗装の青で、また色の参考としてヘッドライトウォッシャーカバーも一緒に送って頂きました。パールを入れる感じですね。

 また今回は、ヘッドカバーの天面にこちらのステンレス製の凸文字貼り付けも承りました。

凸文字はエポキシ接着剤で固定し、塗装後に天面を研磨して鏡面状に光らせます

 位置はこちらの画像を参考に、文字の右端(Vの右端)がホースパイプ左側の辺りに合わせるようにとご指定承っております。

それでは作業進行しましたらまた紹介をさせて頂きます。改めましてこの度のご依頼、誠に有難う御座います!