2021京都~奈良行き②

先日に引き続き、夏季休暇(秋季休暇)で行って来た京都~奈良の紹介となります。恐竜に見送られての出発は朝からテンションが上がります(笑)。

・・・が!

二日目は週末土曜日という事もあり、バス停に着いた7時頃には既に行列が出来ていました。もう少し遅くなっていたらどうなっていたんでしょう・・・(と言うか地元民にすれば観光客は相当鬱陶しいでしょうね。本当にすいません・・・)。

ただやはりまだコロナ禍の影響は残っている感じで、恐らく京都で一番人気の清水寺周辺はまだ人もまばらでした。

バス停から少し歩き、本日最初の目的地に到着です!

いやー、中学生の時に来たのかどうかも全く覚えていません。

眼下に見える樹々は良い感じに紅葉していて壮観です。

ただインスタとかTwitterで流れて来る画像程に鮮やかになっているという訳では無く、まあこれがむしろ普通なんですよね。一度画像加工ソフト(Photoshop Lightroom)を使ってしまうと、加工した画像は見れば判ってしまう訳で、それを参考にして実際行って見ると「思ったよりそうでも無い・・・」なんて残念に思ってしまう事もしばしばです。

清水寺で私的に面白かったのは、床板の節の固い所だけが高く残っていたり、

建物の構造を見るのがとても面白かったです。よく重機を使わずこんな物が出来たと感心してしまいます。

自然の樹をそのまま使ったツリーハウスとかも良いですが、こういうカチッとしたのも堪らないですね。

板の裏に何か書いてあったりも見えます。修復の際に寄贈した方々の名前とかでしょうか。

そしてその後は銀閣寺に!

日が高くなるにつれて徐々に人も増えて来ました。これで外国人観光客も居たら到底ゆっくりは見れないだろうなぁ、と。

ここの庭園は枯山水と樹々との組み合わせがとても素敵です。季節や時代によって変えたりもするのでしょうか。

紅葉した樹々と苔との配色もとても良い感じで、ただきっと苔も単に放置している訳では無く、しっかり管理してこれが維持されているんだろうなぁと、つい裏方の作業を想像してしまいます。まあ塗装と同じですね。

そういえば今回の旅行は珍しく天候に恵まれたのが良かったです。今年の初夏に行った上高地は一日中雨の中を合羽を着て歩きましたので・・・(まあそれはそれで好きだったりしますが)。

そして今回の旅のメインでもある二条城に!

皇居のお堀に比べると、信じられないくらい水が綺麗です。

こちらがかの大政奉還が表明された大広間がある二の丸御殿です。今読んでいる司馬遼太郎氏著の「坂の上の雲」でようやくその辺の時代背景が判り、一度は来てみたかった場所ですね。聖地巡礼みたいな感じでしょうか。

後藤象二郎氏もここを通ったのか・・・と感慨深くなります(違うかも知れませんが)。

ちなみに中は撮影不可で、ただその方が諦めもついてゆっくり見れたのは良かったと思います。記憶はしたので、後でまた復習したいですね。

その後は城内を散策する事に!

それにしてもあのカーブとエッジを石積みで表現するとかヤバ過ぎです・・・。

建造物を修復している途中の写真なども展示されていました。NHKだか何かの番組で見たような気がしますが、違う場所かもですね。

その後は金閣寺に行こうかと思ったのですが、ちょっと遠かったのでこちらの京都御苑に行く事にしました。

・・・が!

残念ながら時間切れで御所には入れず・・・。

その後は日が暮れてから八坂神社の脇道を通って、

こちらの知恩院に行きました!

全く調べて来なかったのですが、ウェブサイトを見てみると夜間のライトアップが催されているとの事で訪れる事にしました。公式ウェブサイトがテクノポップみたいになっていて、これは何か間違えてしまったのでは・・・?と思いましたが、意外にも入口には行列が出来ていて、中に入るのに30分くらい並びました。

途中の茶室?にはアート作品が飾られていたり、

境内は凄い事になっていました(笑)。

うろうろしていると、この山門に上がらせてくれるイベントをやっていたらしく、列に並ぶことに。

鎌倉のどこかのお寺で芸能人が山門に上がっているのをテレビ番組で観た事がありますが、まさか一般人がそれを体験できると思っていなかったので、テンション上がりまくりです。

上は青くライトアップされていてまるでサイバーパンク状態です(笑)。

他には何やらトークショーが開かれていて、

なんと長さ50メートルもある書が展示されていました!これは凄い・・・。

てっきり何かの宗教的儀式かと思うような感じでしたが(笑)、こういうのはとても面白かったです。丁度書道のマンガ(とめはねっ! 鈴里高校書道部)を読んでいたのと重なったのも良かったですかね(漫画ですがかなり勉強になりました)。

この後は夕飯を食べに花見小路に行ったのですが、コロナ禍の制限が明けての週末だったからか人の数が非常に多く、それらに対応しきれなくなった各店舗は早々に看板を下ろしてしまっていて、夕食にありつけるまでには相当時間が掛かってしまいました。ちゃんと事前にチェックして予約しておけば良かったですね。

三日目は奈良の方に、十円玉で有名な平等院に行ってきました。また後日改めて紹介しようと思います。

2021京都~奈良行き①

今年は夏休みを取っていなかったので、土日の休業日に平日の金曜日を一日足して二泊三日で京都・奈良に旅行に行って来ました。平日を含めて完全に3日間休むなんて、恐らくサラリーマン(ディーラー内製工場の塗装屋)を辞めてから初めての事だと思います。

というのも効き腕の痛みがいよいよ酷くなってきて、ちゃんと休養を取らないとこの慢性的な痛みは改善出来ないと思い、前もって強制的に休みが取れるよう予約を入れておいたと言う次第です。

工場に出勤しないにしても自宅に居ると結局何か仕事に関係ある事をやってしまいますが、その点家から出てしまえばメールも見れないのでしっかり休みモードに入れます。カメラも持たず、撮影もいつものスマホ(Pixel3a)のみとなります。

と言う訳で念願の京都に到着です!最後にここを訪れたのは中学生の時かも知れません。

とりあえず急ぎ駅からタクシーに乗って、

こちらの和栗専門店「紗織 」にやって来ました!

早めに予約を取らないと食べる事も出来ないみたいなので、京都についたらまずこちらにやって来て整理券を貰う事にしました。3時間待ちくらいとの事なので、お昼くらいにまたやって来る事にします。

と言う訳で歩いて京都駅に戻り、荷物をロッカーに入れ、

近くを観光する事にしました。駅からとても近い場所にある東本願寺です。

初日の金曜日は平日なのでどこも比較的空いていました。

名前からしててっきり浅草の築地本願寺の総本山なのかと思っていましたが、どうやらそことは違う団体のようで、こちらが通称「東本願寺」なる真宗大谷派、浅草の方はそこから離脱して結成された「浄土真宗東本願寺派」の本山になるそうです。何か色々あったんでしょうか・・・。

予約してあるのは昼頃で、ただ一日の最初の食事が甘い物となるのはちょっと避けたいですから、軽くお腹に何かを入れておこうという事でコンビニでサラダを買って鴨川で食べる事にしました。

ちなみにこの後色々な有名所を観光しに行く事になるのですが、今回の旅で一番良かったのがこの鴨川という事になりました(笑)。四畳半神話大系によく登場していた川ですね(ポイントは少しズレていますが)。

そして三時間後・・・

念願の高級モンブランに!

普段私が食べている昼食のおよそ一週間分の食費がここに費やされていたりするので美味しく無い筈がありません(笑)。

面白かったのがお店の建物で、

周りだけを見るとお洒落な空間なのですが、上を見上げると屋根裏が剥き出しです。昔の建物をリノベーションしてそのまま使っているのだと思われ、断熱を考えるとスタイロフォームを貼って石膏ボードか何かを打つべきでしょうか、敢えてこれを見せるのが良いんでしょうね。

そして長年の念願だった伏見稲荷に!

鳥居が沢山ある事でも有名な場所ですが、

亡き父が写った写真でここに来た時の物があったのでいつか来たかったんですよね。

コロナ禍になる以前は凄い人混みだったと思いますが、今回は平日という事もあって比較的スムースに歩けました。

どの鳥居にも名前や住所が書いてあって、塗られている塗料にも違いがあるのが判ります。敢えて褪色し易いのを使っているのでしょうか・・・。

根本が腐って抜かれている物も多く見受けられましたから、こうやってエンドレスに奉納を繰り返して貰う事で運営が成り立っているのか!という邪な考えがつい頭をよぎってしまいます。

紅葉した樹々と相まって全体的にとても良い雰囲気でした。

小さい鳥居も沢山あって、

こちらは古くなると舞台裏に追いやられてしまうシステムのようです。後で自宅に送ってくれるように喜ぶ人も居るのでは・・・なんて思ってしまいます(私だったらライムグリーンに塗ってみたいです)。

途中時代を感じさせるお稲荷さんも居ました。

麓から頂上までは往復2時間くらいで、中々良い運動になりました。

その後は再び京都駅に戻ってロッカーから荷物を出し、

今回の目的の一つでもある変なホテルに!(笑)

入った瞬間から向こうで何かがモソモソと動いているが判り、テンションMAXです!(笑)

これはヤバいなーヤバいなーを心で連発していました(笑)。

動きが滑らかで変な機械音もせずとてもリアルです。

フロントを含め辺りは無人で、まずこの恐竜と、手前にある端末で受付を済まします。まあ実際のところ恐竜は居ても居なくてもチェックインには関係無いのですが(笑)。

その他Robiっぽいロボットのコンシェルジュみたいなのも居ました。恐竜の方にばかり意識が行ってちょっと存在感が薄いのが可哀そうですね・・・。

その後は夕飯を食べに街に出ます。大きな通りでは何かしらのデモを行っていましたが、こういうのも京都らしい風景の一つなのでしょうか?車道を列挙して歩いたりするとそれを見た子供が真似をしてしまうので、せめてマナーを守ってやられた方が良いのではと・・・。

ご飯はそれっぽい雰囲気の所へ。有名な小路みたいですね。

お酒は殆ど飲まなかったのですが、お勧めのメニューを片っ端から頼んで凄い量を食べてしまい、この後は動きが鈍くなってそのままホテルに戻る事にしました。もっと色々散歩したかったで勿体ない事をしましたね(次の日以降小路は凄い混み具合で大変でした・・・)。

二日目以降も色々な所に行ったのでまた紹介したいと思います。