トレース台改 切り絵の土台制作

先日いつもの従兄弟が工場にやって来て、彼が趣味?でやっている切り絵にバックライトを当てて光らせたい!と言う事となり、それのお手伝いをする事となりました。もはや決定権は私にはありません(笑)。

どういう風にするか全く決まっていなかったのですが、何故か丁度良さそうな材料が工場にあったので、今回こちらを使う事になりました。ゴボホ(もうやられたい放題な感じで。笑)。

枠はこのナラ材を囲って作る事になったのですが、そうなるとトレース台にあるスイッチが塞がれてしまうので、これの一部に穴を開ける事で回避する事にしました。ちなみに木工用のホールソーはブレが凄くて使い物にならなかったので、鉄鋼用のを使っています。

構造としては、トレース台の上に彼が作った切り絵を重ねるのですが、

 その間に、今流行りの?シーグラスを挟もう!と言うアイデアなのだそうでして、ただそうなると横から隙間が見えてしまいますから、それを木枠で囲って見えなくする作戦です。しかしそれってそんな簡単に出来る事じゃない気が・・・(恐)。

ちなみにシーグラスとは海岸に落ちているガラスの破片で、波に洗われて角が取れて丸みを帯び、曇りガラスのようになった宝石のような物です。業界の人なら「バレル処理すれば一発じゃねぇか!」とか思ってしまいそうですが(実際私もどうしてもそう思ってしまう傾向です。笑)、そう言う野暮な考えは駄目みたいです。

 まあ実際これには色々と深い意味があって、作業が進んだらもう少し詳しく紹介出来ると思います。贈られる人は感動して泣いてしまうのではと。

 ちなみに彼の本業は靴関係のデザイナーで、そう言う事もあって現在制作中の色相環立体色見本や、壁時計についてのアドヴァイスなども頂きました。「やっちゃんは何でも詰め過ぎるけん、もっと隙間を空けると良かよ?」とご指導賜りました。いやー、言われてみるとまさにその通りかと・・・(ちなみにやっちゃんは私の事です)。

他に画像が無かったので仕方ないのですが、左奥にあるのが今回彼が制作している「切り絵 光るVer.」です。所謂ウェディングボードと言う物で、全ての部位が繋がっているという縁起物なのだそうです。なるほど・・・。

一応改めてこの従兄弟について紹介しますね。

以前サーモス塗装のワークショップで、模擬的な事をする時に手伝って貰ったりしています。画像は先日Instagramでも紹介しました。

サーモス(模擬)ワークショップⅡ②


彼のブランドとか製品についてはこちらのページの方が判り易いかもです。去年の夏にやったワークショップにも参加してましたね。

色相環時計についても現在彼にデータを送ってデザインの見直しをお願いしているので、それらも進行次第また紹介したいと思います。ヤバいですね~今からドキドキしてしまいます(と軽くプレッシャーを掛けておこうかと。笑)。

不法投棄改善

工場の裏に置いている自動販売機ですが、そこに置いてあるゴミ箱に一時不法投棄(家庭ごみや車内のゴミ)が酷かったので、以前警告シールを作っていたりしました。まあ「ダミー」ってバラしちゃっているのですが(笑)。

自動販売機本体にこんな感じのドーム型のダミーカメラと警告シールを貼り、その後さらに四角いタイプの「いかにも監視カメラ」みたいな物と、「ここに家庭ごみを捨てられるとジュースの容器が捨てられなくなるので止めて下さい」的な張り紙を業者さんに貼って貰ってからは、派手な不法投棄は殆ど無くなりました。

で、先日工場にスーツ姿の若者がいきなり現れて、「あのー、あそこに置いてある自動販売機のオーナーさんでしょうか?」と聞かれたので、多分新たな自動販売機導入の営業マンかと思ったら、「実は昨夜あそこのゴミ箱に家庭ごみを入れてしまい、先ほど警告を見て捨てたゴミを戻そうと中を見たら、もう回収された後で・・・」と言う事でした。

今時正直な人も居るもんだなぁ・・・と至極感心していたら、「黒いパーカーを着ていたのが私です」と言う事で、最初は何を言っているのか判らなかったのですが、多分そのゴミに個人情報が記載された何かが入っていて、後にカメラで映った自分が不法投棄で特定されるのを恐れたのでは!と心の中で気づきました(笑)。まあそもそもダミーカメラって書いてあるので、よく読めばそんな心配も無用なのですが(笑)。

しかしわざわざ名乗り出てくれた事に関してはこちらの方が感謝したいくらいで、嫌な思いどころか救われた気分にさえなれました。

ちなみにダミーカメラはソーラー電池&充電バッテリー内臓のタイプがお勧めです(バッテリーの寿命が来ても昼間は灯火点滅してくれるので抑制効果が高いと思います)。

排気浄化装置 ベアリング交換

当工場で使っている塗装用の排気浄化装置(一番奥にある物)ですが、

去年の暮辺りからファンの辺りで異音が出ていて、どうやらベアリングに不具合が出てしまったようです。

その後は回転数を抑え気味にして様子を見ていましたが、音が徐々に大きくなってきたので、いよいよ何とかしなければと言う事に・・・。

 と言う事をこの装置を設置してくれた販売店の方(社長)に相談すると、何と新しいベアリングを手配してくれました! 少し前に知り合いを紹介して同じ装置が一台売れた見返りがこれにうちのような場末の工場でも日々が安心して仕事が出来るのはまさにこういった方々のお陰です。メーカーの方、関係者の方々有難う御座いました!

と言う訳で、先ほどの装置からベアリングとファン一式を取り外しました(当然のように作業はDIYです)。

ボルトの頭に錆が出ていたのでちょっと怖かったのですが、意外とここまでは簡単に外れて、ただこれのシャフトとプロペラが固着してしまっていて、それを抜くのにかなり難儀しました。羽根の方を変形させるとブレが出てしまうので、バーナーで炙りながらタガネをくさび代わりにし、ハンマーで叩いて少しずつ抜いていきました。

 手前が異音が出ていたベアリングで、奥が新品です。手で回した感じもかなり違いました。多分中でガタガタになっているのではと。

プロペラ側の穴に残っていた錆はアシレックスを使って綺麗に掃除し、シャフトにグリースをタップリ塗ってプラスチックハンマーで少しずつ叩いて入れました。良い機会だったので羽根はシンナーで洗ってこびり付いた塗料を取り除いています(汚く見えますがこれでも大分綺麗に落ちました)。

取り付けたら諸々の最終チェックをし、電源を入れていざスタート!

てっきり羽根が飛んでくると思いましたが(何故かそう言う事がよくあります)、予想に反して凄く良い感じに回ってくれました。

ベアリングを交換する前まではインバーターの周波数を落として回転数を抑えていましたが、これでようやく全開で稼働可能です。これが止まると仕事が出来ないので本当に一安心です。

参考までにこちらはこの装置を設置してくれていた時の画像です。

今回の原因について担当の方に聞いていただいたところ、こういった症例は今まで無く、ただ設置した最初の頃に激しくベルトのゴムが飛び散ら駆っていた事があったので、恐らくモーター位置の取り付け不良でベアリングに大きな負荷が掛かっていたのでは?と言う事でした。その後モーターとベルトの調整を(自分で)して問題は収まったのですが、その時のストレスが原因だったのかも知れません。

他には水の循環ポンプが時々固着して動かなくなる事もありましたが、配線をコンセントに変えたので取り外しが楽になり、またその原因も判ったので最近は殆ど回避出来ています。

ちなみに固着の原因は結晶塗装と2Kエナメルのベタベタ系なので、いずれこれらは廃止したいと考えています(っていつになったら楽になれるのだか・・・)。

STANDOX2019カレンダー②

 先日に引き続き、スタンドックスユーザーが毎年もれなく貰える2019カレンダーの紹介となります。

 7月はアルファロメオです。冒頭のページにあった説明によると、こちらは4Cスパイダーなる車種で、オールアルミ製エンジンを積んだMRなのだそうです。オーナーの顔、絶対カメラを意識してますね(笑)。

 8月はBMW MINIです。ご年配の女性が二人でオープンカーとは、日本ではちょっと見れない光景です。もしくは南青山辺りだと普通なのでしょうか。

 9月はフォードマスタングです。今気付きましたが全般的にオープンカーが多いですね。きっと日本ほど雨が降らないのでしょう。

 そして10月のフォードホットロッド!これは文句なしに格好良いですね~。そのフロントガラスの視認性で安全に走れるのかは別として(笑)。

 11月はモーガンで、3ホイーラーとは何のことかと思いましたが、なんと後輪が一個しかありません!

しかもこの3ホイーラー、今でも普通に新車で買えるみたいです。3ホイーラーでは無いのですがモーガン社のメイキング画像を見つけたので紹介しますね。なんとシャシーフレームに木枠を組んで、それにアルミ板を貼って作っています。

 12月はプジョーで、オーナーの格好からしてレース車両として使っていると思われる308GTiです。リヤナンバーは日本と違って封印が要らないのか、もしくは完全レース専用なのでしょうか。

それにしてもこの車両、随分変な塗り分けだと思いましたが(私的見解です)、なんとこれ、純正のカラーリングのようです。Bピラーの角度に合わせたっぽいですが、もっと寝かした方が格好良かったのではと・・・(元同僚がプジョー関連で働いているので評判はどうなのか今度聞いてみます)。

ちなみに今回のカレンダーは隅の方にQRコードが貼ってあって、各ページの画像をダウンロード出来るようになっています。私的には画像だけでなく、色名とか車種とか撮影した場所とか、もっとディープな情報を入れて貰えると嬉しかったのですが・・・。

尚、各画像は以下のオフィシャルサイトからもダウンロードできます。

Calendar motifs 2019

年賀状はもう書いていないのですが(頂いた方申訳御座いません…!)、もし出す事があるならこの辺の画像を使わせて貰うとか良いかもですね(それくらいでは怒られないと思います)。

そう言えば冒頭のページにはこのカレンダーの制作に携わった方々の紹介もされていました。

カレンダーにしては良く出来過ぎていて、これを無料で貰えるなんて凄い事だと思います(DUPONTもカレンダーありましたがまるでレベルが違います)。出来ればいつまでも続けて欲しいですね。