エアコン設置

 今の工場に引っ越してからおよそ8年、遂にうちにもクーラーが!

長い間耐え忍んでいましたが、ネットで比較的安い製品を見つけたので清水の舞台から飛び降りる勢いでクリックしてしまいました。持続給付金では無く、自腹での購入です(と言うか当店はこれが一円も貰えません・・・)。ここまで本当に長かったです(涙で画面が滲んで見えません)。

 冷房出力は7.1kwで、カタログによると30畳用との事です。エアコンなので勿論クーラーだけじゃなく暖房も使えます。

ちなみに安く買えたのには理由があって、恐らくは去年発売された製品で(型遅れ品)、また取り付けは自分で手配するスタイルです。店舗を持たず新製品は取り扱わない、ネット販売専門のショップさんですね。

取り付けは自分でやろうかとか一瞬考えましたが、その間に働いていた方がトータルではコストを落とせる筈なので、普通にプロの方にお願いする事にしました。

 ただエアコンを取り付ける場所はスプレーガンが引っかけてある壁の上側なので、工事の邪魔にならないようその辺にあった計量器やら塗料などを全部を出さなければならないのが大変でした・・・。

無事設置が完了し、ついでなので換気扇なども掃除しておきました。

ちなみに何故ここに取り付けたのかと言うと、主に冷やしたいのは人間(私)では無く被塗物の方でして、ここ数年の夏はちょっとあり得ないくらいの猛暑ですから、本塗りを行う時のブース内雰囲気温度をどうにか下げたかったのです。

取り付けた場所が判り易いよう、以前ブースを作っている時の画像で紹介しますね。

塗装ブース奥にある部屋には強制送気用のファンが左右に一基ずつ設置されていて、窓から吸い込んだ外気をここから一時フィルターを通ってブース天井に送るようになっています。

なのでその通り道にクーラーを設置すれば、冷えた空気がブース全体に行き渡るという算段でして、「これ以上硬化剤もシンナーも遅く出来ない・・・!」と言う問題にも対処出来るようになりました。今の小物塗装の場合、肌を残さないような塗り方にしているので(特にテールランプ)、一番乾燥硬化が遅い仕様(MSハードナー25-40+リターダーシンナー35-40)ではもはや不十分だったんですよね。しかも油断するとナイアガラ(取り返しがつかないようは激しいタレ)になったりでコントロールが難しく、真冬の方が余程塗り易いです。

画像は以前の物で、今は床がもっと汚いです。あの扉の奥の部屋がキンキンに冷やされ、天井からクリーンでクールなエアーが舞い降りる!と言う寸法です(しかし直ぐに排出されてしまうという・・・)。

とにかくこれで仕事効率と私のモティベーションも上がるのは間違いが無く、これからの地獄の夏も少し楽しみです。

小物塗装工場の購入②

 前回に引き続き、将来小物塗装工場となるかも知れない物件探し(の妄想)をしています。

今の工場は賃貸で、この先塗装の仕事を続けると永遠に家賃を払い続ける事になりますから、だったら安く買える郊外に塗装の仕事が出来る物件を買ってしまえば!?と言う作戦です。今払っている工場の家賃の5年分以下の金額なら、もしかして何とかなるのでは?、なんて安易に考えています。住宅ローンなら金利も安いですしね(ちなみに今借りている東京都からのローンより安い筈です)。

 塗装のご依頼自体は年々増えているので、本来なら今の環境のまま人を雇って会社の規模を大きくしていくのが一般的なのかも知れませんが、私的には利益よりも自分のやりたいような仕事を続けていきたいと思っているので、今後はさらに規模を縮小していこうと思っています。もっとネチネチとした作業に時間を費やしたいのです。

ただいきなり引っ越しは大変ですし、今すぐ規模を縮小するつもりも無いので、まずは工場を移転した際に東京都から借りたローンが終わったら新たに借金をして(苦)物件だけ先に買っておき、5年くらい掛けて徐々に環境を構築していこうと考えています。一応は現在事業計画書らしいのも作っています。

色々探してみると、なんと今の工場の一年分くらいの家賃で買えてしまうような物件も!

ただこれららの物件は当然「工場」ではないですし、床面積も少なければ今までのような内容の仕事は出来ませんから、その辺はよく考えないといけないと思っています。

最終的には極小さい物を自宅の作業場で行うつもりですが、対象を限定し過ぎるのはまだ早いと思っていて、その前のワンクッション、また一応資産として残る物があればといった感じです。頚椎症が酷くなって指が思うように動かない・・・となった時、今のように家賃が掛かる環境は厳しいと思っています。

ちなみに自宅は資産とは呼べなく「死ぬ直前まで支払い続ける」というローン地獄でして、塗料の置き場所に仕方なく・・・といった感じで買いました(トランクルームとかも考えたのですが危険物なので無理でした)。

私的な希望としてはビルトインガレージがあって、そのまま床に水を撒いて排水が出来る場所が欲しいのですが、意外とそういった物件は少ないのが現状です。後付けのスレートとかトタンで作った倉庫付き物件などはありますが、最初に借りた横浜県川和町の工場でそれは凝りているので(冬は寒くて夏は死にます)、やはりちゃんとした断熱の入った壁と屋根がある所が希望です。そういう点で今の工場は凄く良く、なので一般住宅っぽいところを探しているんですよね(勿論住み込みも想定して)。

ちなみに「工場」や「会社」として買うとなると色々面倒そうですが、「セカンドハウス」としてであれば普通の家と同様、税金は安く済むようです。てっきり住民票を移さないと駄目だと思っていましたが、全然そういう事は必要ないそうです。その辺の事に関しては以下のサイトが判り易かったです。

別荘を持つと、どんなお金がかかるの?

この方の場合、自宅からの交通費も含めて年間の固定経費が60万円くらい掛かるとの事ですが、私の場合今の工場の一~二か月分の経費なので全く問題ありません。

そうなんです、家賃さえ無ければ・・・。

 

この方のブログで他に面白い記事があったのでそちらも紹介します。

物件価格150万円!? 格安別荘は屋根に要注意

この記事でも紹介されている通り、別荘=セカンドハウスはもはや特別な物では無くなっているようです。バブルの頃に作った物件が今や重荷でしかなくなっているようで、確かに趣味としてだけだと手は出せませんが、そこでお金を生む事が出来れば(仕事が出来れば)誰にでもチャンスはあるのでは、と考えてます。都内で車庫まで借りているなら車の維持費より安いのではと・・・。

通勤は熱海を例にすると片道2時間くらいで、これが毎日となると苦痛でしかありませんが、私の場合行ったら帰って来ないつもりなので問題ありません(笑)。通勤ラッシュ時に行く必要も無いので新幹線では無く東海道線でゆったり片道¥2,000で行けるので、一か月4往復として¥16,000の通勤費なら十分安いです。

来年のオリンピックは本当にやるのかやらないのか判りませんが、どちらにしてもその時期を過ぎればさらにこういった物件は値下がりしていくでしょうし、そもそも人口が減少していくので空き家はどんどん増えるでしょうから、もし本当にそういった機会があったらチャレンジできるよう、準備だけでもしている訳です。

茶工場付き、敷地面積2500㎡でこの値段とかヤバイです(笑)。

色々購入

 いつも利用させて頂いているアクリル屋さんから端材セールのお知らせメールがやって来て、まだ在庫が無くなったという訳では無いのですが(と言うか溢れてます)、うっかり誘惑に負けてしまい2箱を購入してしまいました。

私の場合断捨離とは全くの逆方向で、このまま行くといずれ床が抜けてしまうんじゃないかと・・・。

 ちなみに購入したのは2mm~5mm厚の端材で、中身はランダムですが今回は2ミリと3ミリ厚の透明タイプが多かったです。

こうなると何かに煽られているような感じで、もっとバンバンと使っていかないとです・・・。

 他には業者さんにお願いしていたアルミの切り文字も出来上がってきました!

 またいつもは手で作っていた「8」の文字も今回一緒にお願いしていたりして、これはなんて助かる・・・!

他には直圧ブラスト用のタンクも買ったりしていて、届いた物を見てちょっと小さかったかなと思いましたが、今まで使っていた吸い上げ式はそのまま使うので、こちらは「ここぞ」という時だけ、それ以外は今まで通り専門の業者さんにお願いしようと思っています。

そしてこちらはヘッドライト補修用のプライマーで、以前行ったオートサービスショーでこれの存在を知ったので今回初めて取り寄せてみました。ちなみにパッケージはCromaxになっていますが中身はSTANDOXと同じで問題は無く、要は1ケース(6個入り)も要らなかったので、いつもとは別のルートから入手したという訳です(なのでCromaxの方でした)。この辺は同じ大元のAXALTAとして統一しても良さそうな気がしますけどね。

ちなみにヘッドライトを塗ろうなんて言う事では無く、ちょっと試してみたい事があるだけです。

他にクリアー等の副資材は特段いつもの通りなのですが、コロナ騒動で世界的情勢が不安定な感じがしたので、いつもより多めに在庫をしておくようにしています。まあ塗料も使わないと腐るので本当に少しだけですが(バフレックスは何と加水分解しました・・・!笑)。

コロナ騒動はまだ当分続くと思われるので、守りを固めつつ、作業効率も高めていければと思っています。ただし心許ない財源の中で(笑)。

溶剤用噴霧ボトル

脱脂の時に使うシリコンオフを入れた噴霧用ボトルですが、最近アルコール系をよく使うので、さらにもう一個増やす事にしました。

 業界ではとてもメジャーなダイヤスプレー エクセレント500です。自宅でも愛用しているので今回で4個目ですね。

 入れるのはこちらのIPS=イソプロピルアルコールで、業者様からのご依頼で業務用エアコンを12セット塗る事となり、ただ素材がPS(ポリスチレン)なのでヘキサン系の脱脂剤(シリコンオフ)では素材を侵してしまうので使えなく、缶から直接使うのが面倒なので今回改めてボトルを用意したという次第です。

 で、ふと気が付くと予備用のOリングが二種類×2個分入っている事に気が付きました。

 そういえばこのボトル、15年以上使っていますがまだ交換した事が無かった気が・・・(そんなに長持ちしてメーカーさん大丈夫なのでしょうか・・・)。

 と言う訳で、噴射パターンを変えられる先端のノズル部分と、

 そのノズルを固定する根元の部分のOリングを交換してみました。

先端のOリングはもはや柔軟性が無いくらいの状態になっていて、今まで少しスカスカだった感じが新品同様に!これであと15年くらいは大丈夫そうです(こんなに丈夫に作ってしまってメーカーさん本当に大丈夫なんでしょうか。笑)。