DIY空調服レビュー

空調服(ファン付き作業服)作製

先日既製品を寄せ集めして作った空調服ですが、その後の経過は良好で、今年の異常的な猛暑でも何とか効率を落とさず作業出来ています。と言うか他の現場の皆さんはどうやってこの暑さを凌いでいるのかが不思議です(勿論クーラーとかは無しで)。

これを使う上で良かった点としては、作業中の体を冷やしてくれる事以外に、内臓電池が死んだiPodも普通に使える事です。

今までは別体のモバイルバッテリーを繋げて使っていましたが、携帯するにはとても邪魔&重いのでその辺に置いていましたが、Bluetoothの電波が届かなくて音楽がブツ切れになるととても気持ちが悪い・・・。
さらに酷いと機器同士のリンクが切れてしまうので、その都度同調し直さなければならないと言う、ちょっと面倒な事態になっていました。

が、今回の空調服に使っているのは普通のモバイルバッテリーなので、USBケーブルで簡単に電源が取れるというのが結構役に立っています。最近仕事中に聞く音楽はiTunesよりもYouTubeの方がメインなので、結構な勢いでバッテリーを消耗しているんですよね。

デメリットとしては塗装中に使うと色々な意味で危険(!)で、特にいつまでもベタベタする焼き付け型のメラミン系塗料(結晶塗装)は、ファンの周りから中の下着まで良い具合に汚染してくれます。ウレタン系と違って熱を入れないといつまでも固まりませんから、これくらいなら大丈夫だと思ってもかなりの量が吸い込まれていたようです。

ちなみに今回の空調服の使用をきっかけに、下着(Tシャツ)を綿からポリエステルに変えました。

今までは通勤時や私服はドライフィットなどの合成繊維を、仕事の時は(何故か)綿100%に拘っていたのですが、今の時期なら肌のアレルギーなども出ないので、仕事着も速乾性の物に替えてしまって快適になったと言う訳です(コメント頂いた方のお勧めがきっかけでした)。これのお陰もあって不快指数がかなり減りました。

ちなみに音楽を聴きながら仕事をするなんてそれってどうなのか!と思うかも知れませんが、嫌な気持ちで仕事をするより(されるより)、楽しい気分でする(やって貰った)方が良い物が出来ると思っているので、これについては問題は無いと思っています。

塗装の仕事は、少なくとも今までやって来た仕事の中で一番楽しく遣り甲斐のある事ですが、それでも心が折れる事が多々あり(ナパームで工場ごと焼き払って欲しいと思う程に)、そんな時にモティベーションを上げるに音楽はとても必要な物だと思っています。東日本大震災の時に配信された「We’re not alone」とか、まさにそうだったのではと。

残暑も含め、あと一ヶ月くらいはこの暑さに耐えるしか無さそうですので、なんとかこれで今年を凌いでいければと思っています。

しかし来年以降は一体どうなっているんだか・・・。

1/1のプラモデル

一昨日の7月2日から新宿で、なんと1/1のロボットのプラモデルが展示されているそうです。しかも本日の4日には、パーツをランナーから取り外して実際に組み立てると言うイベントをやっていたらしいです!

『ボーダーブレイク』「1/1プラモデル プロジェクト」が始動!職人のクオリティが半端ない

素材はスチロール樹脂(一般的なプラモデルと同じPS=ポリスチレン)との事で、公開されている動画を見ると、樹脂の塊をCNCで削り出したり3Dプリンターで作ったりと、ちょっと信じられないような事をやっています。実際に組み付けるとなると重さも出てくるでしょうから、強度の保持なども凄く大変そうな気がします。

ちなみに組み付けなくても良いなら真空成型で作るという手もありますが、今回のはそう言う訳では無いですから、単にゲームの宣伝としてはちょっとあり得ないコストの掛け方なのでは・・・と、想像するだけで恐ろしいです。普通のサイズのプラモデルも販売されるようですが、データをそのまま使いまわせるという訳でも無いでしょうし・・・。

組み付け時の過程や出来上がった姿も是非見てみたく、行けるとしたら今度の日曜日ですが、うーん、ちょっと難しいかもです・・・。

塗装後のブレーキキャリパー動画

少し前に業者様から塗装のご依頼を頂いたポルシェのブレーキキャリパーですが、その後Youtubeに動画をアップロードされたとの事でご連絡を頂きました。

頂いたメールには「出来栄えが素晴らしくお客様にもたいへん喜んでいただきました。」とのお言葉も頂戴し、非常に嬉しく、また安心しました。いつもそうなのですが、完成後に頂くメールは内容を見るまで「一体何かあったのでは・・・」と、ついつい要らぬ心配をしてしまいます。

尚、こちらでの動画の紹介はご承諾を頂いておりまして、また動画中では普段見れないような塗装の艶具合なども確認出来るかと思いますので宜しければどうぞ。

この度もご贔屓頂き有難う御座いました!

プライムビデオで「ゴースト・イン・ザ・シェル」

ふとKindleを弄っていると、攻殻機動隊の実写版「ゴースト・イン・ザ・シェル」がプライム会員無料で見られるとの事で、早速先日観てみました。

ちなみにこの映画、評判は余り芳しく無かったので微妙かな~?と思っていたのですが、いやいや予想以上の楽しめました。既存のストーリ―からの寄せ集め感は否めませんでしたが、元の原作を知っていた方が良いか、または知らない方が良かったかと言うと、私は知っていた方が楽しめたと思います。ただそれ故に、目で見える部分だけしか表現出来ていない軽さが少々残念ではありましたが・・・。

ストーリー以外にちょっと残念だと思ったのは、序盤に出て来た芸者ロボットの顔に何故日の丸が描かれているのとか(あれに萌える人が居るんでしょうか・・・)、街の巨大なデジタルサイネージの映像も何故芸者風なのかとか、その辺の意図がちょっと判りませんでした。日本人からすると未来のロボットとか広告は、そんな物では無い気がするのですが・・・。

ちなみにKindleやPCモニターで映画を観る事は殆ど無いのですが、今回は余り期待していなかった(そこに時間を割けなかった)と言う事で、お風呂に入りながら全編を観る(!)と言う作戦で行きました。以前こちらで紹介した、湯船の上に棚を置けるというあのシステムです。

お風呂用快適グッズ 改

Kindleは防水では無いのですが、Ziplokに入れれば浴槽に落ちても問題ありませんし、腰痛持ちになってからはとにかく長くお風呂に浸かるようになったので2時間くらいはあっという間です。薄くて読み易い本ならお風呂に入っている間に読み終えるくらいですので(時々意識を失って水没しますが。笑)。

ちなみにこの「ゴースト・イン・ザ・シェル」ですが、本当はちゃんと映画のスクリーンで観たくて、実は上映している映画館まで行っていたのですが、一緒に行った同伴者の要望によりこちらでは無く、その隣でやっていた「キングコング 髑髏島の巨神」の方を観るという事になりました(苦)。

まあでも興味が無い人にこれを観せても多分面白く無いと言われそうなので、となると本当に見たい映画はやっぱり一人で行った方が良いんだあろうなぁと改めて感じます。なので今回の結果としてはKindleで一人で観れて凄く楽しめました(笑)。

以前行ったような一人レイトショー、是非また行きたいですね~。