色色色見本

 タイトルがゲシュタルト崩壊しているみたいですが、実際のところ塗装した物が色々と溜まっていたので少し整理をする事にしました。

画像はいつものようにプレートに貼って色見本を作製しているところで、奥のは半艶黒と艶消し黒、手前は白の上にブルーパールとバイオレットパールを塗った物です。こちらは先日マイクに塗装した色ですね。

 土台部分に使っているプレートは大量に購入した5.5mm厚のMDF板をレーザーで切り抜いている物で、フックで壁に引っ掛ける場合と、スチール製のドアなどに磁石で貼付けるどちらにも対応出来るようにしています。

磁石は当初100円ショップで買っていましたが、大量に使うならネットでまとめて買った方が断然安く、ただ中には欠けていたり少し小さい物があるので、そういった物は塗装ブースの壁に貼っているビニールの浮き止めなどとして使っています。

壁にフックで引っかける色見本はこんな感じで、もう場所が無いので取り敢えずはこれで一段落としていますが、時間(じゃなくてスペース!)が出来ればグレーを作りたいと思っています。一口にグレーと言っても赤味・青味・黄味で全然印象が違って見えて、これがあると結構助かると思うんですよね。

 磁石で貼り付けるタイプの色見本は、工場の二階に入った直ぐにあるスチール製のドアに貼り付けています。主に一階の現場で使う場合が多い物で、その辺の柱や壁にくっつけて配合データを見ながら色を作れるのでとても便利です。

 他にも以前塗装した物が棚の奥に眠っていたので壁に飾ってみました。受話器の部分はそのままでは落ちてしまうので、スピーカーの穴の所に番線を通して裏に回し、強引に固定すると言う方法で。

こちらは少し前に塗装したMIDIキーボードで、光に当たるこの場所なら色変化の大きいクロマフレア風顔料も判り易いかと思い、工場二階の入口の真上に引っ掛けるようにしました。配置的にはもうちょっと上にしたかったのですが、実際に持って、また場所を移動して色の変化を確認出来るよう、簡単に取り外しが出来る高さにしています。

こちらは先日施工したマイクのラップ塗装を行った時に一緒に塗っていた色板で、どちらも本塗りの練習用としての物なので表現が良くありませんが、こういった物も後々役に立つかと思い、一応最後まで仕上げています。

 

塗装も長くやっていればある程度の経験は積めますが、年齢と共に落ちていく物もあるので、こういった物を残して少しでも長く塗装の仕事を続けていければ、と思っています。

あ、でも先日電話を頂いた元上司(所謂親方)はもう70歳になるとの事で、その後独立して今でも現場作業をされているとの事を聞いて何だか安心しました(笑)。

1/1のプラモデル

一昨日の7月2日から新宿で、なんと1/1のロボットのプラモデルが展示されているそうです。しかも本日の4日には、パーツをランナーから取り外して実際に組み立てると言うイベントをやっていたらしいです!

『ボーダーブレイク』「1/1プラモデル プロジェクト」が始動!職人のクオリティが半端ない

素材はスチロール樹脂(一般的なプラモデルと同じPS=ポリスチレン)との事で、公開されている動画を見ると、樹脂の塊をCNCで削り出したり3Dプリンターで作ったりと、ちょっと信じられないような事をやっています。実際に組み付けるとなると重さも出てくるでしょうから、強度の保持なども凄く大変そうな気がします。

ちなみに組み付けなくても良いなら真空成型で作るという手もありますが、今回のはそう言う訳では無いですから、単にゲームの宣伝としてはちょっとあり得ないコストの掛け方なのでは・・・と、想像するだけで恐ろしいです。普通のサイズのプラモデルも販売されるようですが、データをそのまま使いまわせるという訳でも無いでしょうし・・・。

組み付け時の過程や出来上がった姿も是非見てみたく、行けるとしたら今度の日曜日ですが、うーん、ちょっと難しいかもです・・・。

マイク塗装 デザイン案

以前サンプルとして作成したラップ塗装の色見本マイクですが、問い合わせは多い反面、コストの高い塗装なので中々ご依頼に至るケースが少ないのが現状です(しかしようやく一本入りました!)。

 と言う事で、もう少し簡単に出来る柄物の塗装を考えていました。オーダーメイドとなるとどうしても費用は高くなりますが、予めデザインが決まっていれば事前の打ち合わせの必要がないのでその分コストが落とせる、と言う算段です。

 パターン柄が出来ていれば、色を変えるだけでも大分違う雰囲気に。

と言う事なのですが、もう少し工夫を凝らしたいと思い、タブレットなる物を買ってみました。

デザインの仕事をしている従兄弟からは、「液晶タブレットが良いよ。安いのなら10万円くらいから買えるよ」とかサラッと言われましたが、いやいやいや、使えるかどうかも判らない物にそんなには出せませんって・・・(それよりも今は旋盤が欲しいです)。

ちなみに本当はWACOMのを買おうかと思っていたのですが、それよりもこちらの方が安くて大きくて使い易いと評判で、実際マウスと変わらないくらいの金額なので、これなら使い切れなくても後悔はしなくて済みそうです。

(その後試しに使ってみましたが、やはりイマイチ良く判らないので結局手描きでイラストを描いていると言う。笑)。

マイク レース塗装

マイクの塗装で「マーブル塗装」(ラップ塗装)についてのお問い合わせが多いのですが、如何せん手間が掛かるのでその分コストも掛かり、どうにかもう少し手軽にそれらしい塗装が出来ないかと色々考えていました(と言うのが一年くらい前の事なのですが・・・)。

と言う訳で、我々大田区民の誇り(?)でもある蒲田ユザワヤで材料を買って来ました(と言うのが去年の秋くらいだったのですが・・・)。

ちなみに昔のユザワヤの店員さんはかなりの塩対応で、子供ながらに「ここは卸問屋か!」と思う程でしたが、最近は随分と親切になっています(笑)。

 購入したのはスカートの裾?などに着けるレース生地で、

 マイクに使うので細かい模様の物を、

 また伸びるタイプやそうで無い物など、色々な種類を選んでみました。

 かなりの種類がありましたが、やはりと言うか花柄模様が多かったです。

 「レース塗装」は元々自動車やバイクのカスタムペイントに使われている技法で、昔からそう言うのがあるのは知っていましたが、私が行っていたのは元の状態に戻す「補修塗装」(板金塗装)だった為、こういった塗装には今まで全く興味がありませんでした。周りにやっている塗装屋さんも居ませんでしたし、実際に見るのもやるのも今回が初めてです。

 塗るのはいつもの色見本用に作ったレジン製のマイクで、下色に粗めのシルバーを塗って、十分に乾いたら先ほどのレースを巻いてクリップで固定します。

 その上から黒を塗り、レースを剥がすとこんな感じになります。和柄っぽくてマイクに良く似合いますよね。

 左は黒の面積を多めに、右はシルバーを多めにしてみました。

今回は先にシルバーを塗ってから黒を塗り重ねましたが、逆のパターンでも良いのかも知れません(この辺はいつもの通り前情報は無しで何も調べずに試しています。間違っていてもどうか気になさらないようにと)。

 ちなみに今回はどれも仕事の序で、この度ようやくキャンディーブルーの御依頼が入ったので一緒に試してみようと思った次第です。このまま何も無ければ今回のレース生地はあと数年は放置されていたかも知れません。忙しいのは有難いのですが、いつもとは違う事を試す為の時間がもう少し欲しいところです(まあこれはやる気の問題でもあると思いますが)。

 仕上げにSHUREのデカールも貼り、最後にクリアーを塗って本塗り完了です。こちら側はゴールドのロゴですね。

 やはりと言うかキャンディーレッドと黒の組み合わせは鉄板で、パンクやヘヴィーメタル、ロックや演歌などにも似合いそうです。

SHUREのロゴはゴールドとシルバーを使いましたが、ただシルバーがちょっと目立ち過ぎたので、今度は赤メタリックのロゴを作ってみようと思います。青メタリックは上手くいったので、多分そちらも行けるのではと(その節はご教授有難う御座いました!)。

使ったレース生地は同じですが、こちらは何回か重ねて黒を多めに塗っています。柄が重なっても違和感は無いので、工夫次第で色々出来そうですね。

 今回は花柄のレース生地でしたが、鳥や虫、竜などの動物柄などがあれば面白いかもですね。服飾関係の仕事に従事している従兄弟ならきっとその辺について詳しい筈なので、今度色々教えて貰おうと思います(靴関係なので全然違うと思いますが、取り敢えずプレッシャーだけ掛けておこうと思いまして。笑)。

もう少し回数を重ねて、問題無さそうなら(安定して出来るようになったら)正規にお受付も出来るようにしたいと思います。いやー、楽しいですね(笑)。